漢方コンピューター診断ソフトと基準資料


 “煎じ薬”を飲みたい方だけがこのソフトを利用できます。
あなたが自覚する症状のすべてを相談表から選ぶことによって、
どこまでコンピューターが証候鑑別診断できるか、ひとつの試みです。


  基準とする証候は「中医証候鑑別診断学」 (人民衛生出版社1989年版)
に提示されている311の証候を用いました。


  参考処方は本書および姉妹編である「中医症状鑑別診断学(第2版)」
(人民衛生出版社2000年版)
 及びその他、わたしが永年かかって蒐集した各種
中医学書からのすぐれていると思われた数千に及ぶ処方から引用しています。


 当然、コンピューターだけでは機械的に過ぎますから最終的な判定に於いては
わたしの個人的な判断が加わっています。

なおメールを下さった方の中から随意に、1日2名様に限って診断結果を お知らせします。選にもれて返事が来ない場合もあります。
このへんが甚だ 「きまぐれ」 なところです。 すぐに返事が来なくても気長にお待ち下さい。



< 漢方相談表の例 >