今月の“医話”

【 目 次 】

(11) カニババ(胎毒)おろし
(10) 肥満の相談
(9) 五十肩に柴胡桂枝湯
(8) 強精回春と提肛法
(7) 大青竜湯を鼻の病気に使った経験
(6) 当帰芍薬散で逆子をなおす
(5) 中国人の見た小柴胡湯死問題
(4) とこずれ(褥瘡)の温灸療法
(3) O−157と漢方
(2) 老人性痴呆症は止められないか?
(1) 春先の目の痒みに−−−−花粉症など


カニババ(胎毒)おろし > 生まれて12時間か12日以内に赤ちゃんに飲ませると、腸に良い菌が着き、 > アレルギー疾患等になりにくい漢方薬があると聞きました。 「まくり」といいます。 浅田宗伯著・勿誤薬室方函口訣という本には次のように書かれています。 --- 小児、初生至四五歳、便不和、吐乳、腹脹、滞食、無故発熱、夜啼、腹痛諸証皆主之。 甘草、黄連、紅花、大黄。(甘連大黄湯加紅花) この方は専ら胎毒を去るを主とす。世にマクリと称する。 --- また中国では次のような記事がありました。 新生児黄疸はアジアの新生児に圧倒的に多い現象である。 一般には正常な生理現象として考えられており、 生後二三日から現れて二週間以内には自然に消えていく。 小児の元気がよくて食欲があれば治療の必要もない。 もし出生後24時間で早くも黄疸が現れ、次第にひどくなり、 時には新生児涙嚢炎を伴ったり、2,3週間しても退かなかったり、 且つ発熱や貧血があれば、これはもう病理的な黄疸であるから 原因を究明して治療しなければならないのは当然である。 中医では「胎黄」とか「胎疸」とかいって、母胎の中に 溜まっていた湿熱の毒素が新生児の大小便から胎毒と なって排出されれば心配ないものとしている。 しかしもしも湿熱が留まることが長いと、 小児の臓腑は壊れやすいから脾の消化機能は失調し、 黄疸が消えた後も食欲が戻らなかったり、 下利便が止まらなかったりすると、これは既に 脾気が損傷を受け、肝木刑克脾土という現象になっており、 後日、肝脾不和という体質が厄をもたらすことになる。 --- > 煎じるのでしょうか?飲ませ方も教えてください。 上の目的で俗に「カニババ(胎毒)おろし」と称し、昔の人は初生児の宿便を下ろすのにマクリを使いました。 甘草、黄連、紅花、大黄 の四種の薬草各1gを水100ccで10分間とろ火で煎じて、 その汁を脱脂綿に含ませ、赤ちゃんに吸わせるのです。 苦いも甘いもまだ知らない赤ちゃんは黙って吸ってくれるそうです。 一日に一度でいいです。薬液は冷蔵庫で保管する。最初の2〜3日だけで終了にしてください。
肥満の相談  編集室の皆様: 私は成人女子で小さい頃から肥っています。 最近の二年間でまた体重が増えました。 痩せようと思って色々な減肥薬や保健品など、又かなりの運動や食事制限もしていますが 思うように痩せません。 目下のところ、体重が私のガンです。 一寸動いただけで呼吸は荒くなり動悸がして、月経さえ狂って来ました。 かかりつけの医師は単純性肥満だと言います。 中薬で減肥できると聞きました。 どうぞ何か良い方法がありましたら御紹介下さい。 回答:  中医では肥甘のもの、醇酒や厚味のものを取り過ぎて湿熱がたまり、脾の運化が失調し、 栄養が消費されずに脂肪が膏化し、気血の流れが悪くなっている、と見なします。 中等度以上の肥満には適当な治療が必要です。 中医治療: 益気健脾・利湿去痰を主とします。 1.中薬基本方:   黄耆・蒼朮・白朮・陳皮・半夏・厚朴・茯苓・沢瀉・制何首烏・生山査子・番瀉葉(センナ)・   荷葉・意苡仁         一日一剤、20日を以て1療程(クール)とする。 2.単験方:   〔番瀉葉・沢瀉・山査子〕   〔木香・陳皮・沢瀉・車前子〕   〔黄耆・防己・沢瀉・山査子・丹参〕   減肥軽身方(黒丑・草決明・沢瀉・山査子・白朮・制何首烏)          江蘇省姜堰市中医院主任医師 謝兆豊                (中国中医薬報 1995.7.21.より) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  50数年前、母方の祖母は大変肥満していて、毎食に肉や油のものを摂っていました。 母方の祖父、鮑培元は医に詳しく、特に婦人科・小児科で郷里に名を馳せていました。 祖父は祖母の為に処方し、祖母はそれを常服していました。 私が15歳の時、石家庄の国医学校で医学を学んでいた時の記憶では  生山査子15 陳皮 9 茯苓12 沢瀉15 甘草 3g 荷梗 3尺 という処方でした。 18歳で卒業して故郷に帰った時には外祖母はすっかり痩せていて、とても元気でした。 尋ねますと「上の処方を半年ばかり飲んだら効いてきたのです。」とのこと。 外祖父に方意を聞きますと 「肥えている人というのは痰湿が多すぎる。 脂っこいものばかり食べると湿が集まって痰になりやすい。 二陳湯化痰の良剤であり且つ能く湿を行らせる山査子内積を消すと本草書に記載がある。 沢瀉・茯苓水湿を下へと導く荷梗は清利の品で泥水から生えて泥に染まらず、中空であるために上を清し下に通ずる。 この処方の意はこの清平にある。」 その後、北平国医学院へ行き、同級生に紹介して肥満病を沢山治療し、半年も服薬すると 皆良く効きました。 卒業後この処方を基にして生意苡仁30gを加え、荷梗は荷葉15gに改めました。 意苡仁は湿を行らし健脾に働き、生荷葉は水面に浮いていて、葉の上には脈絡が走り水路のようである。 荷梗と同様どちらも軽清の品である。 最近の文献には高脂血症・高コレステロール症を治療するものとして (1)葛根・生山査子・草決明30g (2)沢瀉単味でも血中脂肪分を低下するという報告がある。 (3)「人民軍医」1975年第10期の問題と解答に    脂肪肝の症状・診断と治療法を示せ−−−に対して    二陳湯加減 及び   〔山査子30 草決明・何首烏・黄精15 胡黄連12g〕    が上げられていました。 (4)私は患者に生山査子・生荷葉をお茶代わりに飲んでもらっています。 上述の中薬の降脂作用は沢山の実験を経ているが、外祖父が早年処方したものと相互に参照すると 祖国医学も捨てたもんじゃないと言えます。 彼は当時、現代医学で明らかにされた薬理を用いた訳ではなく、中医の理論を基礎にして提出した 治方である。 これは 「中国医学は偉大な宝庫である。努力して発掘し、高めなければならない。」という 毛首席の言葉を体現したものである。                  「燕山医話」 楊潤芳 より
五十肩に柴胡桂枝湯  私は肩凝症(五十肩のこと)の治療に<傷寒論>の小柴胡湯・桂枝湯をよく使います。 二方を合わせた柴胡桂枝湯は調気活血と同時にまた風寒湿邪を去り、 経絡を暢通します。 桂枝は性味が辛温で活血・去風湿・温通経脈・利関節に働く。 白芍は血分に入り、血脈を和し、緩急止痛する。 <本経>では白芍は血痺を除くとされている。 芍薬に甘草を配合すれば芍薬甘草湯で仲景は攣急を緩め、疼痛を止めている。 柴胡桂枝湯を肩凝症に用いる時はこれに白芥子一味を加える。 多くの本草書では白芥子は辛温薬としている。 私の経験によればこれは辛凉薬とすべきで、 辛味があっても一寸煮るだけで刺激は直ぐに小さくなるから気にする必要はない。 白芥子の功能は消腫止痛・通行経絡で、 肩凝症の治療に白芥子の効果は大変良いものがある。 頑固で治りにくい者には15g以上を用いても良い。 ある肩凝症の患者の場合は症状が重く、痛みが耐えられず、 昼夜寝られず、立っても座ってもどうにもならなかった。 私はすぐに小柴胡湯・桂枝湯の二方の上に白芥子だけでは足らず、 川烏・草烏・附子に虫類薬も加え、白芍の用量も二倍にして、 やっと一,二週間飲んで効果が出てきた。                 「燕山医話」 王大経 より
強精回春と提肛法  更年期というのは女性では45〜55歳、男性では55〜65歳頃で、 性ホルモン減少の過渡期にあたります。 『黄帝内経』 には人体の発育・成長・退化・老衰について、 女子は7、男子は8と明確にその 「天数」 なるものを提示しています。 女性は2×7=14歳頃になると 「天癸至り、......月経が定期的に始まり、妊娠できるようになる」 男性は2×8=16歳頃になると 「腎気が盛んになり、天癸至るや射精が始まり、 陰陽が合わされば受精させることが出来る」 このように先天の腎気が充満して初めて生殖能力が生ずる。 女子は7×7=49歳頃になると 「妊脈が虚して、......天癸が尽きて生理が止まり、妊娠できなくなる」 男性は8×8=64歳頃になると 「天癸が尽きて精液が無くなり、腎臓は衰え、...... 歯や髪が抜け、......五臓は皆衰え、筋骨は力無くなり、 ......子供を作ることが出来なくなる」 男女でこの数字を越えてなお可能なら、 それは腎気がまだ有り余っている人である。 男女の生殖能力は腎に属し、腎水が充分にあればこそお互いにそれを出すことが出来る。 腎水の盛衰が有限であると言っても修練によっては 腎機能を強化し、延年益寿・延緩青春も可能である。 気功においても更年期を10〜20年、遅らせることが出来る。 ここに推薦する強精回春法とは 「提肛法」 という簡単な運動で、通勤途中に立っても座っても 練習が出来る。 即ち両目を軽くつむり、肛門に意識を置いて収縮したり緩めたりを 三分間以上繰り返し、疲れたら休めばよい。 此の方法で痔瘡を2〜3週間で治すことが出来るばかりか、 肛門の前に位置する 「会陰」 は人体の任・督二脈が出会い、 全身の陽経・陰経と連係するところであるので これを鍛錬すればホルモンの内分泌機能を調節して 内臓機能を増強することが出来る。 また此の運動が陰部を刺激して婦人病を防ぐことにもなり、 女性の冷感症を治癒させ、肌を美しく艶やかなものにする。 (中国医学網 より) http://www.sino-medicine.com/
大青竜湯を鼻の病気に使った経験  大青竜湯は仲景の 《傷寒論》 に出てくる処方なれど、 一般に中医師で臨床に使う例はあまりない。 私はいささか悟るところがあり、近来次のように使っている。 《傷寒論》 にある大青竜湯についての条文は次の二条だけである。 S.038 中編,太陽中風、脉浮緊、発熱、悪寒、身疼痛、 不汗出而煩躁者、大青龍湯主之。
若脉微弱、汗出悪風者、 不可服之。
服之則厥逆、筋てき肉じゅん、此為逆也。 S.039 中編,傷寒、脉浮緩、身不疼、但重、乍有軽時、 無少陰証者、大青龍湯発之。 K1223 痰飲A,病溢飲者、当発其汗、大青龍湯主之、 小青龍湯亦主之。 上記の原文を見てもいかなる状況を云うのか意味が分かりにくい。 多くの注釈家は中風の病に有寒の脈、傷寒病に有中風の脈 と言うところで分からなくなっている。 (*)Youjyodo注  38条は傷風見寒であり、39条は傷寒見風であるとは Mes( 9) #509  でも言及したことがある。 更には 「若脉微弱、汗出悪風者、不可服之。 服之則厥逆、筋てき肉じゅん、此為逆也。」とあるので これを発汗の重剤だと錯覚している為に本方を使うことが大変少ない。 千百年来の良方も棚上げしてしまっては誠に惜しい。 筆者は近年、久年の鼻病に用いて確実な効果を上げており、 そのいくつかを挙げてみたい。 1.長年の鼻病で朝、薄着だったり冷気に接触してくしゃみを連発し、 清涕が止まらないのは 「溢飲」 である。 2.朝、鼻が詰まっていても太陽が出て暖かくなると鼻が通るのは、 原文で云うところの 「身不疼但重、乍有軽時の証」 である。 寒気にあえば鼻が詰まり、太陽が出て暖かくなると軽くなるのは表寒未解のせいである。 3.鼻の粘膜が紅腫肥厚したり鼻涕が黄色く乾くのは、 その呼吸が熱いことからも裏熱の徴候である事が分かる。 鼻の粘膜が蒼白肥厚していて涕清で固まらなければ 寒証であり、小青竜湯がよく、本方の適応ではない。 4.鼻が痒かったり眼が痒かったり、耳が痒かったりするのは 子供によくある事で、肺熱上擾である。 5.一部の患者では大便が秘結することがある。 そんな場合には大柴胡湯、涼膈散、防風通聖散などで 通腸して肺熱を瀉すことにより治療効果を増すことが出来る。 肺と大腸が表裏をなすとは誠に真理である。 6.小児患者の一部では唇が紅く乾く者があり、これは 燥火の然らしむるところ、先ずもって裏熱を清する事である。 (中国医学網 より) http://www.sino-medicine.com/life/life03/life03-2.htm
(3) O−157と漢方  日本の漢方医・中野勝輝先生がO−157感染について  「中国中医薬報」社の副社長兼副編集長で著名な中医の専門家・王(王奇)教授と対談した。 中野勝輝 : (略) O−157は初期には腹痛・腹瀉・血便・微熱ひいては尿毒症・脳神経障害 ・昏迷に至り、生命の危機さえある。 中医ではどのように対処すれば良いでしょうか? 王(王奇) : O−157感染は中医の疫毒の範疇に入ります。 中医の病因学説では疫毒の気というのは発病が急激で 病情が重く、伝染性・流行性があるのが特徴です。 『温疫論』 には 「温疫の病は風・寒・暑・湿のいずれにも属さず、 天地の間にある一種特異な気に感じて起こるものである」 とあり、 この疫気を 「毒邪」 言うのです。 (略)O−157は臨床症状から考えて 「疫毒痢」 に属します。 『丹渓心法』には「また時疫は痢をなし、一方では家中・年齢の上下にわたって伝染する」とある。 時疫の毒邪は腸道に壅盛すると気血を燔灼し、心竅を蒙弊すると 腹痛・便血・神昏などの症を起こします。 治療には弁病論治に重点を置き、清熱解毒・凉血活血を主とします。 処方としては白頭翁湯・黄連解毒湯・小承気湯の類が選ばれます。 小承気湯は通因通用で瀉下排毒により時疫痢疾を治します。 黄連解毒湯は清熱解毒を通して腸をきれいにします。 白頭翁湯は清熱解毒に凉血を兼ねて色々な細菌感染によって 引き起こされる腸道伝染病に対して大変効果があります。 O−157は重くなると溶血性尿毒症・栓塞性血小板減少性紫癜を 起こすので凉血活血薬は血流の微小循環を改善し、 これらの併発症を予防することが出来ます。 解毒薬と活血薬を併合して使う事は既に清代の医家・王清任 が創った “解毒活血湯” に於いて見られます。 我々はその考え方に学べば、O−157の呈する腹痛・腹瀉の症状を見てこれを寒湿によるものと 弁治してはなりません。 痛瀉要方・五苓散などの方を以てしては中々に効果を上げることは出来ないでしょう。 中野勝輝 : (略) WHOはO−157感染の治療にこれ以上の抗生物質を使うことは 良くないといっています。 今ほど王教授が言われた清熱解毒の中薬による治療は抗菌性があるばかりでなく、 体内の毒素を排除する上でも好ましいものです。 日本ではO−157の感染者は殆ど全部、西洋薬で治療しています。 漢方医にはこの方面における実践経験がありません。 中医薬が伝染病や流行病にも力を発揮できるようになることを期待しています。 王(王奇) : 中医薬で伝染病を防治することは大変重要な課題です。
若しこの難関を突破できれば中医薬を世界的に認めさせ ることが出来ます。事実、古今から中医薬で伝染病を 治療したという無数の尊い経験が蓄積しています。 (略) これからはもっと新聞等のメディアを通して伝染病の 中医薬治療の方法を宣伝しなければなりません。 (略)「時疫」 疾病の研究には清熱解毒法から着手するのも一法だと思います。                       (中国中医薬報 1996.10.25 より)
(6) 当帰芍薬散が胎位を正すこと  当帰芍薬散は<金匱要略・婦人妊娠編>にあり、「 婦人が妊娠して腹中が急痛する 」 のを治す処方である。 急痛とはひきつれて痛むことで、肝気乗脾・気血不足の上に水気がある時になるのである。 故にこの処方は養血柔肝・健脾利湿によって安胎止痛の効果を上げるものである。 私はこの処方で妊婦の胎位不正を治療して著効を上げている。 例えば初めて妊娠したある女性は一月程前に産科の検診で 胎児が臀位であることが発見され、 羊水過多が胎位異常の原因と診断され、 妊婦にはその他の異常は無かった。 当帰芍薬散を処方し、 当帰・白芍・白朮・茯苓・沢瀉 9 川弓 5g を用いた。 五日間分出して、一週間後の再検査では胎位は正常に戻っており、羊水過多の症もなく 順調に女の子を生んだ。 また別の女性で初めての妊娠七ヵ月の時、 胎位不正が発見され、同じように当帰芍薬散を5剤飲んで再検査したら胎位は正常に戻っており、 順調に男の子を生んだ。 当帰芍薬散は本来 「 妊娠して腹中が急痛する 」 のを治す処方であるのにどうして また羊水過多の胎位不正を治すのだろうか? 白朮・茯苓・沢瀉 は健脾利水するから過剰な羊水を除くことが出来る。 当帰・川弓・白芍 は気血を調理するので胎位を正しく動かすことが出来る。 これが祖国医学のいわゆる「異病同治」、「治病求本」の道理である。                        「南方医話」 陳雨蒼 より
(5) 中国人の見た小柴胡湯死問題  焦樹徳教授は次の三点をあげて考えている。 1.薬材としての柴胡の品種が適当であったか? (別な話になるが同日の新聞記事に、王埼(王へん)教授から中野勝輝氏へ 宛てた返信が載っており、次のようである。) 「 中国で出回っている柴胡には北柴胡・狭葉柴胡・長白柴胡・興安柴胡・ 大葉柴胡・長茎柴胡・膜縁柴胡・金黄柴胡・多脈柴胡の分類があり、 もっとも常用しているのは北柴胡である。 」 2.柴胡を修治加工して使っていたか? 3.日本の漢方医と中国の中医は同一レベルとして考えてはならない。 漢方医というのは漢代の医学に基づいたと言う意味の名前であり、 中医はそれを基礎として発展して、弁証論治という精華に到達した、 それ以後の中国固有の医学である。 中医は必ず弁証論治によって投薬するから副作用はあり得ない。 中薬のみならず西薬にも適応するかどうかと言う証の問題がある筈だ。 ペニシリン・ショックでも死人が出たが、 これも薬が悪いのではなく使い方が悪いのであろう。 前述の王埼(王へん)教授からの返信には又、次のように書かれている。 「 わが国では小柴胡湯を使い始めてから1700余年になるが、 歴代の医家でこれを用いて死に至ったという報告をした者はいない。  1984〜1995年までの中医薬文献の中でも“小柴胡湯の副作用報告”の例は見当たらず、 まして死亡報告も無い。」                         (中国中医薬報 1996.4.5. より)
(4) とこずれ(褥瘡)の温灸療法  42歳の女性患者、張某という中風の病人。 かつて公社の医院で治療を受けていたが、効果が無かったので地区の中医院へ変わり、 入院検査をしている内に尾てい骨部に4×3センチの褥瘡(とこずれ)が現れ、 瘡口には浸出液と膿かさぶたがある。 外科に変わり抗生物質の貼り薬をしてみたが傷口は治らなかった。 そこで艾灸法を用いることにした。 先ず膿かさぶたを生理食塩水で洗い取り去り、 棒状の艾条の一端に火を着けて瘡面を熏ずること日に二回、一回に20〜30分間かける。 灸后は勿論消毒ガーゼで覆い、感染を防ぐ。 観察の結果は施灸を始めてから三日目には瘡面が紅潤して来て、 五日目には瘡口周囲に肉芽が新生して来、八日目には治った。 久病で体力が衰え、長期間ベッドに寝ている病人は毎日一回、15〜20分間 艾条にて熏ずれば褥瘡が予防出来るだろう。                        (中国中医薬報 1994.9.5. より)
(2) 老人性痴呆症は止められないか?  中医学では老人性痴呆症を腎精虧損、脳髄漸衰、心力減退、心血不足として捉え、 治療には補気益血、補腎健脳を主としている。 これは血中コレステロールの低下をはかり、動脈硬化症を防止することでもある。 大脳は腎精からの不断の生化濡養を受けているが、 若し腎精が不足し髄海が空虚になると健忘、反応遅鈍、抑鬱、情緒不穏などの症状が現れる。 この時に補益腎精の薬物を使うことが出来る。  例えば何首烏は益腎固精補髄に働く。 現代の薬理研究でも何首烏のコレステロールの抑制吸収、動脈の粥状硬化の緩解を証明している。  熟地は補腎添精益髄し、  菟絲子は補腎固精し、  枸杞子は填精補髄する。  杜仲には降圧と鎮静の作用があり、  黒胡麻には益腎補精、健脳且つ潤腸するので老人には誠に良い。 若し杜仲・何首烏・黒胡麻の三薬を煎じて長期に渡って服用すれば 補腎添精、益髄健脳するのみか動脈硬化をも防治できる。  心は亦、神志と思惟活動を主り、心の気血が充溢すれば精神は充沛し思考は敏捷となる。 神明は気血の栄養に依る。 つまり大脳は気血の濡養を待って始めて正常な思惟活動が出来る。  老年になると気血は虧虚し、心力は漸衰し、大脳の濡養が失われて心智不利、 神智健忘、反応遅鈍、注意力散漫などの症状が出て、やがては老人性痴呆症につながる。  薬物としては人参が心気を益し、心神魂魄を安んじ、知能を益する。 人参はコレステロールの代謝を調節して高脂血症を防ぐことを現代の薬理研究が証明している。  竜眼肉は補心安神、長智強魂する。  霊芝草は強心穏脳定智する。  柏子仁大棗は心血を養い心神を安んずる。  黄耆は補気養神し、血圧を下げ、高脂血症の発生を遅らせる。  黄精は精気を補い心脾を益し、大脳の動脈硬化も防止する。 老年の心気血の不足による精神障害には人参・竜眼肉・柏子仁・黄耆・大棗の煎湯を用いると良い。                         (中国中医薬報 1994.9.12.より)
(1) 春先の目の痒みに−−−−花粉症など 春季のカタル性結膜炎はアレルギー症状のひとつで、アレルゲンは野草・樹木の花粉・バイ菌などです。 中医ではその原因を体質的熱盛に加えて、春季の風邪に感染し、 風温熱邪が目に上壅した為であると考えています。  治療には〔去風清熱・活血消滞〕をはかり、一般には 「消風散加減」を用います。 蝉衣・薄荷 2 牛蒡子・荊芥・連翹・瓜呂根・生地・赤芍・当帰 5  川弓 3                       (中国中医薬報 1994.4.11 より)