10.5腎陰虚(熱)証
 臓腑陰液陽気倶虚,以眩暈耳鳴,神疲,畏寒肢凉,五心煩熱,心悸腰酸,舌淡少津,脈弱而数等為常見症的証候。


1. 肌荒れ 頬がボコボコになる 2. 冷えのぼせ1,2 3. 仙骨の痛み 4.

1. 肌荒れ 頬がボコボコになる

女 32歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目、肌荒れ。  29歳頃(約3年前)からなのですが、両頬の下側(鼻から下全部)がボコボコになる事があります。 ニキビではなく痒みも赤みもなく、ただボコボコと毛穴が盛り上がるような感じですがコメド等は一切見えません。 私はホルモンバランスの崩れを疑っているのですが、生理は一応ズレながらも毎月きています。 ボコボコになる時は大体、生理と次の生理の間が多く治る時は何もしなくても一気に引いていきます。 また関係あるかはわかりませんが、毎日1〜2度、極端な眠気に襲われます。 眠らないようにと立って作業をはじめても、フラッと意識が遠くなります。 二番目、便秘 正しくはスッキリとした排便をしたいです。 一応毎日排便は心がけているのですが、食べている量に対して出る量が少なく 放っておくとどんどんお腹が張ってきます。おならも増え、ニオイもきつくなります。 全身:怒りっぽい 寝汗をかく 顔面:赤い 頭痛 鼻水 耳が痛い 口 唇 舌:口が臭い 口が乾く 腹部:腹が張る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 切れが悪い 脱肛 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 婦人:月経量が少い 月経が遅れる 月経痛がある おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 便秘 頻尿 切れが悪い > 寝汗をかく > 月経量が少い 月経が遅れる 月経痛がある おりもの 肝腎陰虚の傾向があります。 > ただボコボコと毛穴が盛り上がるような感じ > 生理と次の生理の間が多く治る時は何もしなくても一気に引いていきます。 月経後は血虚・陰虚が起こり、次第にそれが回復していきます。 しかしその速度が遅いと 陰<陽 の関係となり、陽気の鬱滞が起こります。 それが皮膚に現れるのではないかと思われます。 > 毎日1〜2度、極端な眠気に襲われます。 これは傾眠(うつらうつらする)になります。 ブログ「嗜眠、嗜睡、傾眠」を参照してください。 腎陰が不足していると しばしば脳が覚醒を失います。 お年寄りの日向ぼっこ中の居眠りもそうです。 おすすめの漢方処方 A: 一貫煎・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (生地・沙参・麦門冬・当帰・枸杞・川楝子)

2. 冷えのぼせ1

女 21歳 もっとも治して欲しいこと:一番目 冷えのぼせ、去年の冬にその期間の冷えのぼせがひどい。  上半身は37度以上あり、下半身は氷の様な冷たさ。 何をするにもだるく、頭痛や結膜充血、赤ら顔、脂漏、アレルギー、膀胱炎が悪化。 二番目、異常発汗。幼稚園の頃から、手足の発汗があり 常に湿っている。なぜかお酒を飲むと収まる。 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい さむけ 微熱 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい  眠ってばかり 顔面赤い 瞼がむくむ チック 頭痛 頭が重い 目が赤い 目がまぶしい なみだ目  目が痛い 目が痒い 鼻づまり 鼻水 クシャミ 濃い鼻汁 鼻が乾く 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌苔が厚い 口が苦い 口が臭い アフター性口内炎がでる 歯茎が腫れる 喉 気管:喉が詰まった感じ 切れにくい痰がある 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 胸苦しい 脇が痛い 脇が詰まった感じ 吐き気がある 酸っぱい水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 食べてもすぐ腹が減る 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える こぶらがえり むくみがある 足がだるい   無力で歩けない 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 斑点(しみ)  かゆい 湿疹 にきび リンパ腫 抜け毛 フケ性 婦人:月経量が多過ぎる 月経が早くなる 月経痛がある 血の塊が混じる 出血が止まらない おりもの  乳房にしこりがある 小便 陰部:便秘 排尿痛がある 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い 陰部が痒い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肩の痛み −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 上半身は37度以上あり、下半身は氷の様な冷たさ。 > 何をするにもだるく、 > 結膜充血、赤ら顔、脂漏 > 手足の発汗があり 常に湿っている。 ここに現れている熱症状は本当の熱ではなく、虚熱といいます。 陽>陰 のようにバランスが陰虚に偏っています。 > 腰が痛い 腰がだるい > がだるい 無力で歩けない 足の裏がほてる これがその証拠です。 おすすめの漢方処方 A: 味麦地黄丸加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (地黄6 山茱萸・山薬4 沢瀉・茯苓・牡丹皮・麦門冬3 五味子2 竜骨・牡蛎・石決明10)58 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

冷えのぼせ2

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : のぼせ 足の冷え 冬に暖房が利いた部屋にいると血が頭の方にのぼってきて、顔のまわりばかり熱くなり頬が真っ赤になる。 灼熱感がある。目もかすみ、ボーっとする。 頭の方にばかり血が上り熱がこもるが、足の方には血が下がってこないため、 暖かい部屋にいるのに体は寒気がしている。 足は夏場でも常に冷えている。 一度のぼせると、頬の赤みが引くまでに2〜3時間かかる。 のぼせるきっかけとして、他に精神的なもの(緊張・イライラ・恥ずかしい)、 目を酷使した時でも同じようにのぼせが起こる。夏場はのぼせにくい。 全身:怒りっぽい さむけ 午後から熱が高くなる 汗をかきにくい 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 顔面:赤い めまい 目がかすむ なみだ目 耳鳴り 口 唇 舌:口は乾かない 腹部:腸が鳴る 大便 小便 陰部:便秘 腰 膝 下肢:足が冷える   皮膚 頭皮 毛髪:にきび   婦人:月経が来ない (多のう胞卵巣症候群) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 血が頭の方にのぼってきて、顔のまわりばかり熱くなり頬が真っ赤になる > 足は夏場でも常に冷えている > 月経が来ない (多のう胞卵巣症候群) > 目がかすむ なみだ目 耳鳴り > 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 陰陽がバランス良く保たれておれば頭寒足熱となり、全身が程よく温かい健全な状態になります。 もし陰陽のうち、陰が虚すと陽気を保持する母体が不足して、陽気は衝脈を伝わって上へと昇り顔が熱くのぼせます。 (これを陰虚内熱による虚熱といいます) 反対に下の方の足は陽気が来ないので冷えます。 陰虚内熱は妊娠と関連する任脉にも伝わり、血は熱灼され量が少なく質稠となり、月経は不調となり排卵に異常をきたします。 虚熱はまた上部の津液をも熱灼するので目がかすんで涙目や耳鳴りとなります。 夜になると陽気は体内へと戻りますが、体内の陰が不足しているので戻りきれないで溢れたものが潮熱盗汗となります。 治療には養陰清熱・凉血調経の法が取られます。 おすすめ A:清血養陰湯《婦科臨床手冊》加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) (熟地・地黄・女貞子・旱蓮草6 牡丹皮・芍薬・黄柏・玄参・丹参3)39

★ 仙骨の痛み

女  46歳 もっとも治して欲しいこと : 1番目:仙骨の棒で押したような強い痛み (4年前のぎっくり腰以降、強い痛みでほとんど日常生活ができず、家にひきこもっています。 24時間痛み、ここ数年で時間がたつにつれ、痛みは全身にまわっています。 全身が痛むときは、仙骨が痛くないため、比較的動けます。医者に行くことができる日もあります) 2番目:腰から下、とくに太もも全面の強い冷え 夏(エアコン)と冬(10月から4月)まで、冷えがひどく眠れないことがよくあります。 足先やふくらはぎなどはむしろ温かく、太ももの前側、腰、お尻のうしろが冷えます。 ねるときは、カイロを腰に4枚貼り(夏も)、太ももに電気毛布をあてます。 全身:なんとなくだるい 健忘症 さむけ 微熱(夏) 上半身が汗っかき  カイロを貼っているので寝汗をかく 寝つきが悪く不眠 顔面:普通 瞼がむくむ(水を多く飲んだ翌朝) 年に数回のめまい 月に数回の頭痛 月に数回の頭が重い  月に数回 目がかすむ 目が赤い(白目が赤くなることもある) 目がまぶしいこともある  目が痛い(太陽が強いとき) 目が痒いときもある 鼻づまりのときもある ときどき耳鳴り 口 唇 舌:口が苦いときもある 口が臭うと感じるときもある アフター性口内炎がでる 口が乾く 喉 気管:ほこりっぽい感じで咳が出る 痰は無い 胸 脇:脇が痛いことがある 胸やけがするときもある 吐き気があるときもある 腹部:胃の辺りが痛い 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿 冬になると夜間排尿が多い 冬になると小便の出が悪い  陰部が痒いことがある 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える ふとももの足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 斑点(しみ) 頭がかゆい 湿疹 油をとるとにきびができる 抜け毛 フケ性 婦人:月経痛がある 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 腰から下、とくに太もも全面の強い冷え > ねるときは、カイロを腰に4枚貼り(夏も)、太ももに電気毛布をあてます。 冷えが強い割りに矛盾する症状も幾つかあります。 > 足先やふくらはぎなどはむしろ温かく > 微熱(夏)上半身が汗っかき カイロを貼っているので寝汗をかく > 目が赤い(白目が赤くなることもある) 目がまぶしいこともある > 口が臭うと感じるときもある アフター性口内炎がでる > 口が乾く > 冬になると小便の出が悪い 陰部が痒いことがある > 頭がかゆい 油をとるとにきびができる 抜け毛 フケ性 むしろ熱の症状の方が多いほどです。 このような熱はどこから来るのでしょうか? それは「腎陰不足・陽亢生熱」といって、陰虚から来る虚熱なのです。 いわば谷川の水が枯れて、水の無い所は日に焼けて熱くなり、水のある所は冷えているという状態です。 陰虚は夜に現れ方が強くなります。 > 全身が痛むときは、仙骨が痛くないため、比較的動けます。 だから日中は冷えが消えている時もあるのです。 急遽 腎陰を大補しなければなりません。 おすすめの漢方処方 A: 大補陰丸+青蛾丸・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄柏・知母・熟地・亀板・補骨脂・胡桃・杜仲) 800証候