10.9腎陰陽両虚証
 腎的陰陽倶虚,以畏冷肢凉,五心煩熱,眩暈耳鳴,腰膝酸痛,遺精早泄,尺脈弱等為常見症的証候。


1. 膝が痛い 2. 3.

1. 膝が痛い

男 54歳 もっとも治して欲しいこと: 1. 膝の痛み/去年の秋ぐらいから、少し深酒をすると右膝を伸ばすと痛かったり曲がりにくくなった。 そのうちにその痛みが取れなくなって来て、たまに左膝も痛くなってきた。 しばらく座っていると、あいたたと言いながら伸ばすような次第で、しばらく歩いたりすると気にならなくなる。 立って左と右の膝を見比べると、右膝は伸びきっていない。 無理に伸ばそうとしても痛くてつっかえるようで伸びない。 普段タバコは吸わないが、飲んだ時にたまに吸うと、翌日膝の状態は悪いような気もする。 しばらく酒を控えると少し改善する気もするが、あまり良くならない。 普段あまり気にならないが、少し飲む日が続くと骨盤のすぐ上あたりの背中が張っていたり軽い痛みがあったりする。 2. ほほ骨の上あたりの赤いうっ血?としみ これは長年とれないが、昔は夏場には出なかったが最近は年中あってシミになっている。 これも飲む日が続くとひどくなるように思う。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 寝汗をかく(たまに) 顔面:普通 赤い(頬骨の上だけ) 瞼がむくむ 目がかすむ 口 唇 舌:歯茎が腫れる 口が乾く(朝方) 大便 小便 陰部:頻尿(午前中) 切れが悪い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 膝が痛い 膝が腫れる 脚が痛い 右足裏の土踏まずの少し親指よりの辺りが凝っている 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 膝の痛み/去年の秋ぐらいから、少し深酒をすると右膝を伸ばすと痛かったり曲がりにくくなった。 > 頻尿(午前中) 切れが悪い > 口が乾く(朝方) 酒は熱性の飲み物です。 一時的に体が温かくなってもその後の放熱も大きいので結果的には冷えます。 長い飲酒の習慣から陰精や陰血を失い、やがてはそれは腎陽にも及び、腎の陰陽両虚証へと進みます。 その結果として腎の守備範囲である骨の病気、膝骨性関節炎などが起こります。 治療法は「滋陰温陽」となります。 おすすめの漢方処方 A: 壮骨関節丸・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (狗脊・仙霊脾・骨碎補・桑寄生4 独活・木香・乳香・没薬2 続断・補骨脂・鶏血藤・熟地黄1)28 800証候