11.2心腎不交証
 心与腎的陰液虧損,陽気偏亢,以心悸,心煩失眠,耳鳴,頭暈,腰膝酸軟,夢遺,便結尿黄,古紅少苔,脈細数等為常見症的証候。
 同義詞:心腎陰虚陽亢[火旺]証


1. 精神不安 2.

1.精神不安

女 35歳 もっとも治して欲しいこと:一番目、 精神的にソワソワして落ち着かない、緊張、対人不安、イライラ 二番目、頭、体の熱感、手足のほてり お腹や足腰に力が入らない感じ。 今夏、また手足のほてりと気分の落ち着かない感じ、疲れやすい、胃のポチャポチャ感があり、 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 微熱 午後から熱が高くなる 寝汗をかく 眠ってばかり 顔面:普通 頭痛 目が痒い 喉 気管:声がかすれる 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 腹部:腸が鳴る 大便 小便 陰部:頻尿 陰部がかゆい 頸部 背 手腕肩:肩の痛み(こり) 手指がしびれる(雨の日) 腰 膝 下肢:足がだるい 足の裏がほてる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 精神的にソワソワして落ち着かない、緊張、対人不安、イライラ 精神や心は脳にだけ依存して居るのではありません。 脳は五蔵の内臓にも依存していて、身体全体で心の状態を作り上げています。 なかでも「心腎相交」といって、心火と腎水が互いに交流し合えば程好い温かさとなり心神は清明となります。 しかし心労で心気と心血(陰)を使い果たす一方で、腎水不足もあると「心腎不交」となり、心の神明は不安定となります。 > 頭、体の熱感、手足のほてり > 動悸がする 胸苦しい 心血(陰)が不足すると“陰虚すれば火旺す”で、心の虚火が燃え上がり心悸となり、 内熱はまた手足のほてりともなります。 > お腹や足腰に力が入らない感じ。 > 頻尿 陰部がかゆい 虚火はまた膀胱に迫ると頻尿や陰痒になり、腎気を脅かすと足腰に力が入らなくなります。 これは「婦人臓躁」という病気です。 腎陰不足を補い、心火偏亢を抑えるようにして心腎が交流するようになれば心神は安定します。 心腎不交 (水火が交わらず上熱下寒の状態) の証に該当します。 おすすめの漢方処方 A: 天王補心丹・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (地黄・当帰・天門冬・麦門冬・酸棗仁・柏子仁・人参・玄参・丹参・五味子・茯苓・桔梗・遠志・朱砂) 800証候