11.29肝腎陰虚[虚火]証
 肝腎陰液虧虚,虚熱内擾,以眩暈耳鳴,五心煩熱,低熱顴紅,脇痛,腰膝酸軟,舌紅少苔,脈細数等為常見症的証候。


1. 寝汗 2. ドライアイ 3. 足の裏のほてり 4. 飛蚊症

1. 寝汗

女 41歳 もっとも治して欲しいこと:一番目:多汗(寝汗、脇汗)     4年位前から全身にひどい寝汗をかく様になった     寝巻、布団はびっしょり、髪の毛もびっしょりになる     目を覚ますと止まる 年々ひどくなる     特に生理前〜生理中がひどく、それ以外の日にもかくとことがある     汗はベットリした感じ     脇の汗はほぼ一日中、衣類が広い範囲で濡れるほど     ベットリしており、2年程前から臭いもするようになった     緊張している時はドッとでるが、緊張していない時にも常に脇は濡れている     気心知れた友達と話していても脇から汗が流れる     頭皮、お尻腿にも汗をかく 下着が濡れるほど     寒がりで冷え性なのに、電車に乗った途端冬でも頭から汗が流れてくる     その際脇の汗も流れるほど     途端に覚めて、寒くなる     夏でも足はいつも冷たいが、足の裏はひどい汗     辛い物を食べると、頭皮から尋常でない汗が流れでる     二番目:目の疲れ     すぐに目が疲れる 瞼がすぐ重くなる 午後になると目が窪む     目が重くなることで眠くなる気もする     休みの日でも午後になると瞼が重くなり、頬が伸びて老け顔になる     若いころから目が疲れて顔が老ける     三番目:体温調節ができない     高校生くらいから体温調節はあまりできないが、やはり4年前くらいからひどくなった       体の表面が寒いのに、中は熱いこともある     最近午後になると急にカーッと熱くなり、汗がでて、すぐ寒くなる     長袖を下ろしたり、上げたり常にしている     以前は手のひらがいつも冷たかったが、最近赤く熱くなっていることが多い     寒がりなのに急にどうしょうもなく暑くなる 四番目:眠気、呆け     いつも眠い すぐ疲れる 頭がまわらない だるい 石が載っているように体が重くだるい 全身:だるい 気がふさぐ 痴呆(ぼけ) 健忘症 怒りっぽい さむけ 微熱 午後から熱が高くなる    汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:白い 赤い 瞼がむくむ めまい 目がかすむ 目がまぶしい なみだ目 口 唇 舌:舌苔が厚い 口が臭い 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管:切れにくい痰がある 胸 脇:胸やけがする 腹部:腹が張る 腸が鳴る 大便 小便 陰部:下痢 頻尿 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濃い 脱肛 頸部 背 手腕肩:肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ)  かゆい 婦人:月経痛がある 血の塊が混じる おりもの 乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 4年位前から全身にひどい寝汗をかく様になった > 汗はベットリした感じ > 脇の汗はほぼ一日中、衣類が広い範囲で濡れるほど > 夏でも足はいつも冷たいが、足の裏はひどい汗 通常は「気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する」結果、肝腎陰虚になります。 あなたの場合は高校生くらいからといいますから、殆ど生まれつきの体質的偏向があります。 陰虚になると陰陽のバランスが取れず「内擾(自律神経失調)」が起こり、 汗という心液が漏れるようになります。 心液は大切な陰液ですから、漏れれば漏れるほど益々陰虚が高じます。 これでは年齢的にも妊娠・出産に支障が出るでしょう。 > 若いころから目が疲れて顔が老ける > いつも眠い すぐ疲れる 頭がまわらない だるい > 小便の出が悪い  切れが悪い  尿が濃い > 腰が痛い 腰が冷える > 斑点(しみ)  かゆい 目は肝、しみも肝斑、眠い頭がまわらないのは(脳)髓虚、 尿が濃いのも、腰痛 冷えも腎陰虚。 おすすめの漢方処方 A: 無名方・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (地黄・麦門冬5 熟地・天門冬・党参・枇杷葉4 黄岑・石斛3 枳殻・黄連・甘草2)38

★ ドライアイ

女  39歳 もっとも治して欲しいこと:1.ドライアイ……仕事帰りなどは瞬きもつらいです。わざとあくびをして涙を出さなくてはならないほどです。 2.ニキビ……あごのあたりに出来る、あまり目立たないけれども痛いにきびです。 全身:だるい 怒りっぽい 顔面:暗い色 目が赤い 目が痛い 鼻が乾く 鼻づまり 喉 気管:声がかすれる 切れにくい痰がある 大便 小便 陰部:便秘 腰 膝 下肢:足の裏に汗をかく 皮膚 頭皮 毛髪:斑点 にきび 若白髪 婦人:月経量が多過ぎる・血の塊が混じる 生理前に胸が張る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ドライアイ‥‥‥あくびをして涙を出さなくてはならないほど 肝は目に開竅する。 肝血が不足し、目は其の所養を失ったのです。 > あごに痛いにきび 肝血虚は肝腎陰虚のひとつです。 陰虚は長引けば必ず陽亢して鬱熱を生じます。 > 夏場にいつもむくみがでる > 足の裏に汗をかく 腎は湿を伴い、鬱熱と結べば「湿熱」に化します。 > 月経量が多過ぎる・血の塊が混じる 鬱熱のせいで経血が増え、また血塊ともなります。 肝腎陰虚 (気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する) の証に該当します。 次のホームページを参照して下さい。 ※ ブログ「ドライアイ(目渋)」が出ていますので参考にして下さい。 おすすめの漢方処方 A: 杞菊地黄丸合一貫煎加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (枸杞子・熟地黄・疾藜子・何首烏・天門冬・地黄・山薬・女貞子・菊花・白芍3 山茱萸・牡丹皮・玉竹2 甘草1)37

★ 足の裏のほてり

女  46歳 もっとも治して欲しいこと : 手のひらのほてり・足の裏のほてり 元々子宮腺筋症があり生理痛がひどい為、今年の夏は婦人科で偽閉経療法をしているせいか上記症状酷いです。 婦人系の漢方は制約が有って飲めません。 どう対応したら良いでしょうか? その他の身体状況:基本的に寒がりでお腹などの皮膚を触ると冷たいです。 食欲は普通にありますが、倦怠感が抜けません。睡眠が十分だと感じないこともあります。 全身:だるい ときに微熱 気がふさぐ 汗をかきにくい 顔面:普通 頭がすっきりしない 口 唇 舌:喉がたまに乾くが沢山は飲みたくない(冷たいものは極力摂らない) 腹部:腹が張る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:軽い便秘と下痢はあり 腰 膝 下肢:腰だくるなるとこあり むくむことがある 足がだるい時あり 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:若白髪 婦人:月経量が多過ぎる 出血が止まらない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 元々子宮腺筋症があり生理痛がひどい為、今年の夏は婦人科で偽閉経療法をしている > 腰だくるなるとこあり むくむことがある 足がだるい時あり 足の裏がほてる > 若白髪 > 月経量が多過ぎる 出血が止まらない これは漢方では肝腎陰虚の体質といいます。 女性には大変多いのです。 > 手のひらのほてり・足の裏のほてり 陰虚だと陰陽バランスの崩れから虚熱というものが発生して虚煩を起こし、眠りが浅くなります。 肝腎陰虚 (気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する) の証に該当します。 おすすめの漢方処方 A: 大補陰丸・大補元煎加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄柏・知母・熟地・亀板・人参・山茱萸・山薬・枸杞・杜仲・当帰・甘草)

★ 飛蚊症

女  50歳 もっとも治して欲しいこと : 飛蚊症に悩まされております。 見え方としてはカエルのたまご、髪の毛、水が溢れるような線、流れ星、コバエ、糸くずなど量も多く、 四六時中それらを追ってはたまにノイローゼになりそうになります。 イライラで肝が上こうしてるのか、肝が上こうしてイライラするのか、 他の症状、起床時の手指のこわばり、めまい、唇の皮向け、爪が割れる、たまに鼻血、耳鳴り、胃内停水、脇痛があります。 眠りも浅く夢をたくさん見ます。舌には歯根があります。 まぶたのむくみや肝斑も気になる。 今もメールを打ってると、画面に雪が降ってる感じで飛蚊症が舞ってます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 四六時中それらを追ってはたまにノイローゼになりそうになります。 > イライラで肝が上こうしてるのか、肝が上こうしてイライラするのか、 > 今もメールを打ってると、画面に雪が降ってる感じで飛蚊症が舞ってます。 自分から「 肝が上こうしてるのか」と云っているほどですから、よほど切羽詰っているのでしょう。 かといって飛蚊症が実証のわけは無いでしょう。 イライラするのは“肝燥”によるものでしょう。 『辨証録選要』によれば、 「肝経は怒りに因って病むものだが、若し肝血が少ないと、たいして怒るほどの事でなくとも大いに怒り、 たいして悩むほどの事でなくともひどく悩む事になる。何故なら肝血が少ないと“肝燥”になり、 肝燥になると気逆になりやすいからだ。」とあります。 > 起床時の手指のこわばり、めまい、唇の皮向け、爪が割れる、そして、たまに鼻血、耳鳴り、脇痛 > 眠りも浅く夢をたくさん見ます。 > 肝斑も気になる 肝腎の陰虚は決定的、しかも虚火が燃え上がっています。 「肝は孔を目に開く」といって、視力と「肝」は密接な関係があります。 肝腎は「乙癸同源」といって同根の臓です。 (肝乙は木、腎癸は水。水が木を養う。水が涸れれば木も枯れる。) 腎の陰精が上って肝陰を養い、肝陰は肝気となって目に注ぐのです。 いまは肝腎両臓の虧損があるようです。 肝腎陰虚 (気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する) の証に該当します。 おすすめの漢方処方 A:滋陰地黄湯・・・・・・・・・・(煎じ薬) (地黄6 山萸肉・山薬4 沢瀉・茯苓・丹皮・知母・黄柏・楮実子・枸杞子3)35 800証候