11.34肝鬱脾虚証
 肝失疏泄,脾失健運,以脇脹作痛,腹脹食少,情緒抑鬱,便溏不爽,或腹痛欲便、瀉后痛減,脈弦緩等為常見症的証候。
 同義詞:肝脾不調証


1. 子宮筋腫 2. 生理前の不安感 3. 胃痛/下痢 4. 抜け毛と鬱 5. めまい/不安症 6. 重症の肺気腫

1. 子宮筋腫

女 37歳 もっとも治して欲しいこと:子宮筋腫(直径約7cm)があります。 自覚症状は特に無いのですが、毎回の生理痛がひどいです。 子供の頃にアフター性口内炎をやり、その後25年ほどたってからひどい口唇ヘルペスに1度なりました。 その5年後くらいに1度だけ口唇ヘルペスを発症しましたが、唇に1箇所だけの軽いものでした。 また、大腸ポリープを2回(2個ずつ)とっています。 私の体質としては冷え性で顔色が悪く、ぶつけるとすぐに青あざができます。 しもやけが出来たり、下り気味のことが多いです。 低血圧で上は常に100以下です。 全身:汗をかきにくい 寝汗をかく 眠ってばかり 顔面:白い 頭痛 目がまぶしい 口 唇 舌:唇の色が紫色 口は乾かない 喉 気管:痰は無い 腹部:腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:下痢 血便 頸部 背 手腕肩:腕の痛み 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が冷える 足が冷える こぶらがえり むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:にきび 婦人: 月経痛がある 血の塊が混じる 子宮筋腫 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 下り気味のことが多いです。 > 毎回の生理痛がひどい これは「肝欝脾虚」という状態です。 “木克土”(肝木が脾土を克する)ともいい、即ち「肝欝」が主因です。 肝欝があると冲任脉を狂わせ、生理困難症を引き起こします。 また肝欝に責められて「脾虚」にもなり、それで痰湿を生み、 それが長期のうちに次第に凝結すると > 子宮筋腫(直径約7cm)があります。毎回の生理痛がひどいです。 > 大腸ポリープを2回(2個ずつ)とっています。 筋腫やポリープを形成します。 故に直接 子宮筋腫を無くする事を考えるより先に肝欝脾虚を解消することです。 おすすめの漢方処方 A: 微調三号合桂枝茯苓丸・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (党参・白朮・茯苓・枇杷葉3 猪苓・意苡仁10 半夏・陳皮・桂皮・牡丹皮・桃仁・白芍2)44

2. 生理前の不安感

女 32歳 もっとも治して欲しいこと:生理前(生理一週間ほど前)の不安定、イライラ、うつ、寒気 、頭痛、視力低下、 眠気、倦怠感、生理1.2日め生理痛、倦怠感、月経に塊があります  生理に関係なくでるニキビ(顎 額)膿をもっている 全身:だるい 気がふさぐ さむけ 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:頭痛 頭が重い(生理前など) 目が痛い(目の奥が生理前に痛くなることがある) 口 唇 舌:口は乾かない 腹部:胃の辺りが痛い(左側) 腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 かゆい にきび 抜け毛 婦人:月経痛がある 血の塊が混じる 乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 生理前(生理一週間ほど前)の不安定、イライラ、うつ、 > 生理1.2日め生理痛、倦怠感、月経の塊 精神と強い関係を有するのは「肝気」です。 だるい・気がふさぐ・怒りっぽい等は「肝気鬱滞(肝鬱)」の症状です。 肝には精神情志の調節をする働きがあります。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 > 生理痛 肝経は下腹部とくに陰器を通り、月経と深いつながりがあります。 > ニキビ(顎 額) にきびやシミ(黄褐斑)は気の停滞のために皮膚の疎泄作用が悪くなるから出来ます。 気をめぐらせる主体は肝です。 生理不順は肝経から治さなければなりません。 吹き出物は脾胃の不調を治さなければなりません。 この肝と脾胃の関係はまた互いに関連しています。 すなわち肝経が脾経を圧迫しています。 おすすめの漢方処方 A: 丹梔逍遥散加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (柴胡・白芍・当帰・茯苓・白朮+意苡仁・敗醤草4 山梔子・牡丹皮3 甘草2 生姜・薄荷1)38

★ 胃痛/下痢

男  35歳 もっとも治して欲しいこと:胃痛 18歳のときに胃痛が始まり、慢性的に痛い。 少し食べるとお腹が膨らみ、苦しくなる。 朝方によくいたくなる。左わき腹も痛む。 背中全体が硬く疲れやすい。 全身:だるい 気がふさぐ 午後から熱が高くなる 汗っかき 寝汗をかく 不眠 眠ってばかり 顔面:白い めまい 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い 目が痒い 鼻水 クシャミ 鼻が乾く耳鳴り 口 唇 舌:歯茎から血が出る 唾液が多い 口は乾かない 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 咳が出る 呼吸困難 切れやすい痰が出る   胸 脇:胸苦しい 胸やけがする 吐き気がある 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 大便 小便 陰部:下痢 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:足がだるい 無力で歩けない 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 湿疹 抜け毛 フケ性 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 18歳のときに胃痛が始まり、慢性的に痛い。少し食べるとお腹が膨らみ、苦しくなる。 > 朝方によくいたくなる。 > 下痢 下痢もあり、朝方に痛むのは脾胃の陽気不足です。 > 胸苦しい 胸やけがする 吐き気がある 脾胃だけの問題ではなく肝気の欝滞があり、それが弱い脾胃を圧迫しています。 いわゆる木剋土(肝剋脾)の状態です。 おすすめの漢方処方 A: 甘草瀉心湯加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (生甘草・黄岑・仏手・大棗・党参・半夏4 黄連・干姜・木香2)30

★ 抜け毛と鬱

女  31歳 もっとも治して欲しいこと: 髪の抜け、うつ状態 一番に治したいのは髪の抜けです。円形脱毛ではないようです。 過去に二度、同じように髪が抜けた事があるのですが、洗髪時に特にわかります。 運転中にイラッとしたり、生活の中でぐるぐる考えてしまうことがあり、頭皮がカーッと熱くなります。 二番目に治したいのはうつ状態です。(三年以上) 普段、些細なことが気になり、びくびくする。 カラオケにぜひ行きたいのですが、極度に緊張したり、声が反響して聞こえたり、のどの閉塞感や苦しさで辛いだけです。 朝起きると理由もなく不安でいっぱいで起きるまでに時間がかかってしまうこともあります。 過去の失敗を思い出してくよくよすることも多いです。 便秘傾向で、生理も不順です。生理前には決まって太りますし、胸が痛いくらい大きくなります。 目の下のクマが長年気になります。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 微熱 汗をかきにくい 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:白い 瞼がむくむ めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 鼻が乾く 耳が痛い 口 唇 舌:舌がもつれる 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管:喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 胸やけがする 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘 尿が濁る 尿が濃い 痔が痛む 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が冷える 足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 にきび 抜け毛 婦人:月経量が少い 月経が遅れる 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 髪の抜けと、うつ状態 > 生理前には‥‥‥胸が痛いくらい大きくなります。 > 月経量が少い 月経が遅れる 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの 女性の月経は衝脈・任脈ふたつの経絡が直接につかさどっています。 またその両経の流れを支配するのが肝経絡です。 従って肝経が鬱滞すると衝脈・任脈は順調に流れず、月経痛を起こします。 肝経はまた脇腹を通り、額を抜け、頭の巓頂に至ります。 それで経期の乳房脹痛や前頭部と頭頂の抜け毛になります。 > 朝起きると理由もなく不安でいっぱいで 肝はまた決断の臓器なので、肝鬱気滞はくよくよした鬱の状態を来たします。 > 喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る 肝経の鬱滞は続いて消化器の脾胃経へも影響を及ぼし、痰を生じ梅核気にもなります。 > 目の下のクマが長年気になります 肝鬱で血流が悪いとこのような淤血も出るでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 柴胡疏肝散・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (柴胡・陳皮6 芍薬・枳殻・川弓・香附子5 甘草3)35

★ めまい/不安症

女  53歳 もっとも治して欲しい事: 20年前から 長く立っていたり歩くとふらふらしてくる。 外出が怖くなり、不安症にもなってます。ほとんど一人では近くしか行けません。 二年前から更年期症状も出てきて、死にたくなる。 全身:だるい、気がふさぐ、寝汗 顔面:普通、めまい、耳鳴り 便:普通 腹部:空腹感があるが、体は食べられない へそまわりが堅い 腸というより子宮が張って動けなくなる時がある 腰:腰痛がある、足はとても冷え、いつも靴下をかさねばきしている 婦人科:閉経 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 空腹感があるが、体は食べられない これは「胃強脾弱」といって胃は食べ物を受け付けても、それを消化する脾が虚していて受け入れない状態です。 こうなる原因は「肝克脾」というアンバランスな関係が前提にあるからです。 肝克脾とは肝気が鬱滞して積もってくるとその圧力を脾胃に及ぼすことを云います。 脾胃は肝鬱の影響を受けて本来の昇降作用を発揮できず摂食が不良になります。 > 歩くとふらふらしてくる。外出が怖くなり、不安症にもなってます。 > 足はとても冷え 肝鬱は血虚を伴い、冷えや更年期障害などになります。 精神状態を司るのは五蔵の「心神」です。 心神は「心血」に宿っていますが血虚になると心神が養われず、めまいや不安症をもたらします。 肝欝脾虚 (気鬱や怒りが長く続くと脾の消化機能を悪くする) の証に該当します。 http://www.geocities.jp/youjyodo2/kmandara2/29.html 「疎泄が足りないと鬱になる」 http://youjyodo.cocolog-nifty.com/kimagure/2004/02/post_1.html おすすめの漢方処方 A: 補肝湯《医宗金鑑》加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (当帰・白芍・川弓・熟地・酸棗仁・麦門冬・木瓜・甘草・攻塊花・代代花・香附子)

★ 重症の肺気腫

男   47歳 もっとも治して欲しいこと: 肺気腫を10年以上治療しており、現在は在宅酸素しています。最重症です。 胃の調子も悪いです。最も困っている事は気力に乏しく、不安神経症を持っている事。対人関係に最も困っています。 その他の身体状況: 緑内障、白内障、右目失明、両耳難聴 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗をかきにくい 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 不眠 顔面:白い めまい 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 鼻水 鼻が乾く 鼻血 耳鳴り 耳が痛い 耳から汁がでる 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌苔が厚い 口が苦い 舌がもつれる アフター性口内炎がでる 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る 唾液が多い 口が乾く 口が乾くが飲みたくない 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 声がかすれる 呼吸困難 痰は無い 胸 脇:動悸がする 胸が時々痛い 胸苦しい 脇が時々痛い 胸やけがする 酸っぱい水が上がる ただの水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 排尿痛がある 小便の出が悪い 切れが悪い 頸部 背 手腕肩:肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い 足が冷える 足がだるい 無力で歩けない 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:抜け毛 フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :重症の肺気腫で気力が乏しいだけなら、これまでに補中益気湯、六君子湯などを用いたというのはうなずけます。 しかしよく見ますと > 気がふさぐ 怒りっぽい‥‥‥肝鬱 > 熱しやすく冷えやすい 不眠‥‥‥虚熱 > 目が赤い 鼻が乾く 鼻血 耳鳴り 耳が痛い 耳から汁がでる‥‥‥虚熱 > 舌苔が厚い 口が苦い 舌がもつれる アフター性口内炎がでる‥‥‥虚熱 > 胸苦しい 脇が時々痛い 胸やけがする 酸っぱい水が上がる‥‥‥肝鬱 > 胃の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る‥‥‥肝鬱 > 排尿痛がある 小便の出が悪い 切れが悪い‥‥‥肝鬱 > 抜け毛 フケ性‥‥‥虚熱 などと、どう見ても気虚だけとは思われない症状が連なっています。 気虚をもたらすのは何か、その先の本当の原因がありそうです。 > 不安神経症を持っている事です。対人関係 これなどは特に「肝鬱」が指摘されるところで、肝鬱が長く続くと化火といって熱化するものです。 また肝鬱は脾胃の虚を招きやすく「肝鬱脾虚」ともなります。 おすすめの漢方処方 A: 柴胡疏肝散加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (柴胡・川弓・鬱金・白朮3 茯苓4 枳殻・赤芍・白芍・香附子・青皮・陳皮・甘草2)30 800証候