11.40肝胃不和証
 肝気鬱滞,横逆犯胃,胃失和降,以胃[月完]、脇肋脹満疼痛,[ロ愛]気、[ロ厄]逆、呑酸,情緒抑鬱,不欲食,
苔薄黄,脈弦等為常見症的証候。
 同義詞:肝気犯胃証,



1. 胃痛 放屁 ゲップ 2. 胃痛 胸やけ 吐き気 3. 腹筋が固くなる 4. 胃が張って空腹感を感じない

1. 胃痛 放屁 ゲップ

男 33歳 もっとも治して欲しいこと:昨年頃より、夜になると胃の付近がズキズキと痛み出す。 また胃の痛みがする頃に腹が張り出し、放屁をすると胃の痛みが軽くなります。 屁の臭いが生臭いにおいで、しかも頻繁に出てしまいます。 ゲップも同様で、ゲップをすると胃の痛みが軽くなります。 食欲不振や吐き気といった症状はまったくありません。 健康診断で「血小板の数値が若干高い」との事。 胃の付近の痛みや腹の張り・放屁とこれら血液検査の結果は因果関係があるのでしょうか? 八味地黄丸を貧血(出血)対策で飲んでいますが、尿の回数が半減し、黄色い尿が出ています。 全身:尿酸値も高いときで7.4あるときがありますが、ビール等はほとんど飲みません。 よく水分を取り、ウーロン茶中心に毎日2.5〜3リットルの水分を飲みます。 腰 膝 下肢:寝ているときに、足がつるときがある。足の裏をつるときもよくあります。 頭皮 毛髪:夜になるとアタマが痒く、フケも出ます。髪もベタっとなりやすく、一日でも洗髪しないと顕著です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 胃の痛みがする頃に腹が張り出し、放屁をすると胃の痛みが軽くなります > ゲップをすると胃の痛みが軽くなります。 肝気鬱滞による「肝克胃」の現象です。 ブログ「胃痛・腹脹・背中痛」に相談例があります。 > 寝ているときに、足がつるときがある。足の裏をつるときもよくあります。 > 夜になるとアタマが痒く、フケも出ます。髪もベタっとなりやすく、一日でも洗髪しないと顕著です。 > これら血液検査の結果は因果関係があるのでしょうか? 肝気鬱滞は肝血や肝陰の不足が原因です。 血や陰液が不足すると相対的に虚熱が生じて、筋肉の痙攣が起きたり油脂の分泌がふえます。 いくらかは血液検査にも影響が出るかもしれません。 > 八味地黄丸 黄色い尿が出ています。それまでは、透明の尿が出ていました。 透明な尿は正常で、黄色い尿は熱がこもっていて良くないです。 虚熱がある人には八味地黄丸のような熱性の処方は不適当です。 > よく水分を取り、ウーロン茶中心に毎日2.5〜3リットルの水分を飲みます 虚熱があるので生体が欲するのかもしれませんが、少し多すぎませんか? もし尿酸値を気にして意図的に飲んでいるのなら止めたほうがいいです。 自然に欲する分だけ飲むようにしてください。 おすすめの漢方処方 A: 柴胡疎肝散・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (柴胡・陳皮・枳穀・川弓・白芍・香附子・甘草)

★ 胃痛 胸やけ 吐き気

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 吐き気 胸やけ 喉のつまり  何も食べていないのに胃痛 胸やけ 吐き気がしはじめ、吐くのが嫌で外出も外食も怖くなりました。 毎日朝から夕方まで吐き気と胸やけは続きますが、不思議と夜になると治まり、少しモノを口にすることができます。 その他の身体状況: 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 微熱 汗をかきにくい 眠ってばかり めまい  舌がもつれる 唾液が多い 口が乾くが飲みたくない 喉が詰まった感じ 喉が痛い 声がかすれる  咳が出る 痰は無い 胸やけがする 吐き気がある 胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い  便秘と下痢をくりかえす 肩の痛み 足が冷える にきび 月経が早くなる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 胃痛胸やけ吐き気 逆流性食道炎でしょう。 肝鬱気滞による痰湿内阻と胃降の失調が原因です。 メール相談例「胸やけ/げっぷ/胃痛」の例が出ています。 おすすめの漢方処方 A: 半夏瀉心湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (党参・半夏・黄岑・延胡索・大棗3 烏賊骨7 茯苓5 干姜・黄連・甘草2)33

★ 腹筋が固くなる

女  28歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目 鍛えてもいないのに腹筋の辺り(胃と臍の周り)。なぜかテーブルみたいに固いことです。 ストレスが続くと圧迫感を感じて軽い吐き気がする状態になります。 ストレスがなくても不思議なくらい固くて、張った感じで辛いです。 下腹部も臍の回りほどカチカチではありあませんが、張った感じで少し苦しいです。 二番目 肌の乾燥。顔などはいくら保湿してもカサカサです。最近、黄色くくすんできた気がして、とても気になっています。 その他の身体状況: 食事のあと、胃が重たく苦しくなることがあります。 あと飲み物を一度にたくさん飲むと、しばらく胃に水がたまっているような気持ち悪さがのこります。 慢性結膜炎や、ニキビなど、炎症が起きやすい気がして、それも気になっています。 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい さむけ 不眠(寝つきが悪い 顔面:赤い 瞼がむくむ めまい(たちくらみ) 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目が痛い 耳が痛い(つけねにしこり) 口 唇 舌:舌苔が厚い 舌がもつれる 歯茎が腫れる 口は乾かない 喉 気管:喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る 胸 脇:吐き気がある 腹部:胃の辺りが痛い(圧迫感) 臍の辺りが痛い(圧迫感) 腹が張る 食欲が無い 大便 小便 陰部:便秘 腰 膝 下肢:足が冷える むくみがある 足がだるい  皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) かゆい 湿疹 おできや化膿 にきび フケ性 若白髪 婦人:月経が早くなる 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの 子宮筋腫 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 腹筋の辺り(胃と臍の周り)がなぜかテーブルみたいに固い > 不思議なくらい固くて、張った感じ > 怒りっぽい さむけ、ほんの少しでも涼しいところだと途端に寒気がします。 肝気は伸び伸びと春の気配が相応しいのに、ストレスに大変弱いのです。 肝気が停滞して流れなくなると肝鬱という状態になり、筋肉は硬直し、末端の血行が悪くなり四肢は冷え、また怒りの感情が生じます。 > 圧迫感を感じて軽い吐き気がする > 食事のあと、胃が重たく苦しくなる > 喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る 停滞した肝気は胃を圧迫して「肝胃不和 (気鬱と怒りが肝を傷つけ胃の消化機能に影響する)」の状態になります。 圧迫された胃は消化が悪くなり痰を生じ、喉が詰まる梅核気という状態になります。 > 肌の乾燥です。顔などはいくら保湿してもカサカサです。 > 慢性結膜炎や、ニキビなど、炎症が起きやすい 胃が健全に働かないと津液が乏しくなり肌は乾燥し、炎症が起きやすくなります。 おすすめの漢方処方 A: 四逆二陳湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (柴胡・枳実・白芍・半夏・陳皮・茯苓4 甘草2)26

★ 胃が張って空腹感を感じない

女  41歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目=みぞおち辺りの張り、痞えが取れない(食事に関係なく常に張っている) 二番目=吐き気(車酔いした時のような気持ち悪さ、胃がスッキリしない) 三番目=食欲不振(胃が張っている為、空腹感を感じない、食べ始めると食べたい気持ちは出てくるが、量がたべられなくなった) 四番目=体重減少(体重が10キロ近く減ってしまい、食べても太れなくなってしまった) 五番目=胃がチャポチャポする(朝起きた時点や、空腹時でもチャポチャポしている) 六番目=右眼の奥の痛みと違和感が取れない、両眼の周りがモヤモヤしていてスッキリしない  一昨年の3月、帰宅途中に気分が悪くなり、夜に嘔吐と下痢をしてから胃が不調になってしまった。(下痢はその時だけです) だんだん眼も疲れ易くなり、右眼の奥の痛みや違和感が出るようになった。 胃の不快感がどんどん酷くなり、徐々に体重も減り始め、食べても太れなくなってしまった。 胃が不調になる前は、食べる事が大好きで、胃のトラブルなど全くありませんでした。 胃が不調になる前日まで、普段通り食事も食べられていました。 発症の原因はストレスだと思います。(かなりストレスがありました) その他体質=平熱が低い、アルコールに弱い、花粉症、乗り物酔いする、紫外線に弱い(肌が赤くブツブツができてしまう) 皮膚の乾燥(冬場のみ) 全身:怒りっぽい 汗っかき(特に上半身、頭部も) 冷えのぼせ 顔面:白い ?目が痛い(目の奥の痛み) 鼻が乾く 口 唇 舌:舌苔が厚い 唾液が多い 口が乾く 胸 脇:吐き気がある 腹部:腹が張る(胃の辺り) 食欲が無い 胃の辺りの動悸 胃が不調になってから、約2年になります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > みぞおち辺りの張り、痞えが取れない(食事に関係なく常に張っている) > 吐き気(車酔いした時のような気持ち悪さ、胃がスッキリしない) > 食欲不振(胃が張っている為、空腹感を感じない、食べ始めると食べたい気持ちは出てくるが、量がたべられなくなった) 胃気は下るのが正常なのに、痞えて停滞しています。 それは相克の位置にある肝気が強くて胃を圧迫しているためです。 「肝気犯胃」または「肝胃不和」といいます。 > 胃がチャポチャポする(朝起きた時点や、空腹時でもチャポチャポしている) 圧迫された胃が昇降の機能を果たせず、胃内停水の状態になっています。 > 右眼の奥の痛みと違和感が取れない、両眼の周りがモヤモヤしていてスッキリしない 肝気もまた肝鬱の状態で、肝と関連性の高い眼に気が届いていません。 緑内障へと進む可能性もあります。 > 発症の原因はストレスだと思います。(かなりストレスがありました) ストレスはもっとも肝気を停滞させ肝鬱の状態にさせます。 今まで使われた処方の多くはみな脾胃に対するもので、肝気に対しては考慮がされていません。  肝胃不和 (気鬱と怒りが肝を傷つけ胃の消化機能に影響する) の証に該当します。 ※ ホームページのメール相談例「嘔気/もたれ」「食欲不振/吐き気」の例が出ていますので参考にして下さい。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散+香蘇散(柴胡・白芍・当帰・茯苓・白朮・香附子・紫蘇梗・陳皮4 甘草2 生姜1)35 800証候