11.50肝火犯肺証
 肝火熾盛,上逆犯肺,肺失粛降,以胸脇灼痛,急躁易怒,口苦口干,咳嗽陣作,甚至咳血,舌紅苔薄黄,脈弦数等為常見症的証候。
 同義詞:木火刑金証


1. 咳喘息 2. 3.

1. 咳喘息

女 36歳 もっとも治して欲しいこと:@昨年秋からの喘息。  先月から悪化し、咳込みがひどくて眠れません。昨日から脇腹の骨が痛みます。  こみ上げるような咳が苦しいです。ここ数日は痰が喉の奥深くから出てきます。 A以前から慢性的にある、吐き気、めまい、頭痛、全身倦怠感、無気力、怒りっぽさ、疲れやすさ、帯下。  定期的にひどくなって起き上がれないようだったり、軽くあったりします。  いずれも夕方にはぐったりとしてしまいます。 B10年くらい前からの紫外線アレルギー。  強い日差しを浴びると、ほんの何秒くらいでも皮膚に赤い細かい水泡ができ、激しいかゆみが10日間くらい、 乾くまで続きます。掻くと体液が流れ、流れた部分に水泡ができ激しい痒みが広がります。 顔以外の全身に水泡ができるので夏がこわいです。 全身:気がふさぐ 怒りっぽい 冷え症 熱しやすく冷えやすい 不眠 顔面:赤い、黄色っぽい まぶたが時々痙攣する 風呂上がりなどにめまい 頭痛 頭が重い 目が赤い  なみだ目 鼻づまり 鼻水 クシャミ 濃い鼻汁 口 唇 舌:歯茎が腫れる 口がまずい 喉 気管:喉がつまる 咳が出る 切れにくい痰がある 胸 脇:胸が痛い 脇が痛い 腹部:脇腹が痛い 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 腰 膝 下肢:しびれる 足が冷える 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:にきび 抜け毛 フケ性 若白髪 婦人:月経が遅れる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 昨年秋からの喘息。 > 咳込みがひどくて眠れません。昨日から脇腹の骨が痛みます。 > 一日中咳込んでいましたが、痰はなかったのです。 > 喉の奥深くから痰が出る咳に変わりました。 経過が長く、咳込みにより脇腹が痛むことから症状の激しさを感じます。 はじめは痰が無かったのに今は少し出るようになった事から「肝と肺」に問題があるようです。 > 10年くらい前からの紫外線アレルギー。 > 皮膚に赤い細かい水泡ができ、激しいかゆみ これも大変な異常です。 「赤い細かい水泡」から肝火の存在が思われます。 私のブログに「肝火犯肺(1)」「肝火犯肺(2)」があります。 本来なら肺が肝を制御する役割にあるのですが、肝火が強すぎると逆に肺が熱で焼かれるという現象です。 強すぎる肝火を抑えれば肺の機能が回復します。 おすすめの漢方処方 A: 瀉白散合黛蛤散加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (桑白皮・知母6 地骨皮・黄岑・海蛤殻5 桔梗4 青皮・陳皮・青黛・甘草2)39 800証候