11.9心肺陰虚証
 心与肺的陰液虧虚,以心悸咳嗽,五心煩熱,顴紅盗汗,舌紅少苔,脈細数等為常見症的証候。


1. 喉に何かひっかかったような感じ 2. 3.

1. 喉に何かひっかかったような感じ

女 37歳 もっとも治して欲しいこと: 1番目:2年前から一度食事の最中に物をつかえて、とれたものの 常に喉に何かひっかかったような感じが今でも続いています。 1年前からは初めて花粉症、今年に入って風邪を引き、そのたびに鼻水が鼻に出ず、 喉に直接流れるため喉に痰が絡んでいるような状態になっています。 さらに何かひっかかったような感じも常にあるのでストレスになっています。 現在風邪はまだ治っていませんが鼻の通りは良く、喉は飲み込むと異物感と痰(鼻水?)が常にあります。 喉周辺を触ると少し腫れがあり時折ズキズキします。咳はまったくありません。 2番目:冬になると腰骨の辺り、背中、下着に触る部分や生理前後は外陰部の近くの足の付根など 汗の出やすい皮膚部分が猛烈に痒くなり夜中に掻きむしる為皮膚が象の皮膚のようになります。 寝ている時は身体の体温が高いせいか寝汗をかき、汗が出やすい状態だからかもしれませんが 普段は手足は冷たく日常は汗っかきではありません。 全身:寝汗をかく、熱しやすく冷えやすい、眠ってばかり 顔面:白い、頭痛、鼻が乾く 口 唇 舌:唾液が多い、口が乾く   喉 気管:喉が痛い、喉が詰まった感じ、切れにくい痰がある 胸 脇:動悸がする、胸が痛い 大便 小便 陰部:痔の出血がある、外陰部が痒い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い、肩こり 腰 膝 下肢:腰が痛い、足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:水泡(夏に手にできる)、にきび(顔に硬いのが1つ最近できました) 婦人:ひどい月経痛がある、血の塊が混じる、おりものが多い、子宮筋腫、乳房にしこりがある(良性) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 2年前から‥‥‥常に喉に何かひっかかったような感じ > 1年前からは初めて花粉症、‥‥‥鼻が乾く > 夜中に掻きむしる為皮膚が象の皮膚のようになります。 皮膚・肺系統に陰虚・乾燥があります。 > 身体の体温が高いせいか寝汗をかき、 > 痔の出血がある これらも肺の陰虚による症状です。 > ひどい月経痛がある、血の塊が混じる、おりものが多い、 陰虚は肺のみに止まらず、肝腎にも及んで肝腎陰虚もあります。 おすすめの漢方処方 A: 養陰清肺湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (生地・玄参・麦門冬・生甘草・貝母・白芍・牡丹皮) 800証候