11.61肺腎陰虚証
 湿熱蘊結肌膚証 湿熱之邪蘊結肌膚,以皮膚起水泡,或皮膚潮紅,肌膚腫脹、糜爛、流水、結痂、浸淫成片,掻痒,苔黄膩等為常見症的証候。
 同義詞:肌膚湿熱証,



1. 掌蹠膿疱症 2. 3.

1. 掌蹠膿疱症

女 44歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目 酷い倦怠感、非常に疲れやすいのを改善したい。 30代から生理前緊張症と生理痛でひと月の半分くらいは体のだるさ、眠気、背中や肩のこりで悩まされていました。 多忙時は口内炎(ヘルペス)をくりかえしていました。 女性はみなそういうものなのだとずっと我慢して来たのですが、40代になって上記の生理前と期間中の不調の他、 忙しい時期が続いたりすると、激しい舌炎や歯茎の腫れの痛みで食事が取れなくなったり、 1月の厳寒期に必ずぎっくり腰に近い激しい腰痛(暖めるとましになる)になるなどひどい状態になることが増えてきました。 すぐに疲れる、スタミナがない感じで何事も億劫でやや鬱傾向、体力に自信がなくなってきたのでこの先に悲観的になってしまいます。 去年から2−3月の春先や、梅雨時、その他疲れた時期にだるくてしょうがない、頭がどんよりして回転が非常に遅い、 一日中眠くてたまらない状態が続き生活に支障がでてくるようになりました。 二番目:両足裏の皮膚疾患(水虫ではない。掌跡嚢胞症か) 30代から少しずつ悪化してきています。足と足指の甲はきれいな皮膚なのですが、足の裏と側面と指のまたが全体に赤くなっており (冬などは比較的炎症がましになります。)、猛烈なかゆみを伴います。 1−2ミリ径の透明な水泡が指先などにでき、(日が経過すると中が黄色くなるものもあります)そのうちその部分周辺がはがれる、 という経過を繰り返し、足裏全体の皮膚が肥厚してアトピー肌のようになっています。 梅雨時から夏場に特にかゆみと嚢胞がひどくなります。 夕方や夜にかゆみがひどくなり、嚢胞のできていない部分でも土踏まずなど赤くなっている足裏全体が猛烈にかゆくなります。 三番目:良性ポリープなどをなくしたい。 人間ドックで見つかり、5年以上経過観察扱いになっているものがいくつかあります。 いずれも良性のものですが、悪性に転化しないか長期観察をすすめられ、憂鬱の種です。 子宮頸管ポリープ、胃腺底ポリープ、乳房の嚢胞、肝臓の肝血管腫です。 その他の身体状況:20代より右前額部に限局して白髪。 太ももに赤紫色の糸のからまったような模様(クモ状の血管のようなもの)が浮き出ています。血おの症状だと聞いたことがあります。 軟便や便秘、嘔吐や胃酸が喉元にあがってくるという症状(一昨年から去年に多発)はここ数年からでてきました。 全身:だるい 気がふさぐ 痴呆(ぼけ) 健忘症 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 眠ってばかり (いつも眠い。一仕事をしては目を開けていられない程の眠気に襲われ、食事の前も後も眠い。よく眠れるし、目覚めもよい。) 顔面:普通 目が赤い 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌:口が臭い 口は乾かない 舌のふちが歯形状 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿(量は多い。色はうすい) 非常におならが臭い おならが多い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足の裏がほてる(夜) 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい(両足の裏) 湿疹(両足の裏) さめ肌(とくに脚) 抜け毛(非常に多い) 若白髪 婦人:月経量が少い 月経痛がある 月経が早くなる 血の塊が混じる おりもの 乳房にしこり(嚢胞がある) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 非常に疲れやすい > 舌の歯形痕より湿があると思う > 目を開けていられない程の眠気に襲われ、食事の前も後も眠い。 これだけなら虚証の方へ考えるかもしれません。 > 足の裏と側面と指のまたが全体に赤くなって、猛烈なかゆみを伴います。1−2ミリ径の透明な水泡が指先などにでき > 梅雨時から夏場に特にかゆみと嚢胞がひどくなります。 しかしこんな症状を見ると邪実であることは間違いありません。 (邪実とは邪が実していて実証のこと、対して正気が虚なら気虚の虚証というふうに虚実を定義します) 足の水泡と痒みから「湿熱」があることは、これもまた間違いありません。 胆経は足の裏から始まるので胆経湿熱が予想されます。 > 口内炎(ヘルペス)をくりかえしていました。 > 激しい舌炎や歯茎の腫れの痛み > 非常におならが臭い > おりもの > 足の裏がほてる(夜) みな「湿熱」を裏付けています。 > 厳寒期に必ずぎっくり腰に近い激しい腰痛になる とすると、きっとこれも「湿熱」と関係があるのでしょう。 寒い時期に起こるからといってすぐ寒気に結び付けてはいけません。 寒期にはカロリーの高い食べ物を多く食べるので「湿熱」が溜まりやすい事もあります。 > 子宮頸管ポリープ、胃腺底ポリープ、乳房の嚢胞、肝臓の肝血管腫 > 20代より右前額部に限局して白髪。 湿熱が長く停滞するとポリープや嚢胞や血管腫へと形を変えていく可能性が大です。 また湿熱から血熱へと変化すれば若白髪の原因にもなります。 > 太ももに赤紫色の糸のからまったような模様(クモ状の血管のようなもの)が浮き出ています。血おの症状だと聞いたことがあります。 これも淤血ではなく、湿熱による毛細血管のアレルギー的表現かも知れません。 おすすめの漢方処方 A: 二妙丸加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (蒼朮・黄柏・黄耆・党参・意苡仁・忍冬藤・蒲公英・茯苓・沢瀉4)36 800証候