14.1.1風痰入[阻]絡証
 肝風挾痰阻閉経絡,以肢体麻木不仁,甚或[病<難-丙][病<奐-丙]不遂,或肌膚麻木掻痒,眩暈,口角流涎,苔膩等為常見症的証候。



1. ふらつき、舌がもつれる 2.

1. ふらつき、舌がもつれる

男 37歳 もっとも治して欲しいこと:一番目:ふらつき・めまい 2012年7月末に脳梗塞をしました。その際1ヶ月の入院。 その際の症状はふらつき、めまいが最初に始まり、その後言語障害でした。 今は言語障害はほとんど残っておりません。 脳神経内科では左の大脳梗塞ということで、めまいは脳梗塞とは直接的な関係は無いとのことですが、 ベットから起き上がれるようになった入院中よりふらつきを感じはじめ、今に至っております。 耳鼻科にて耳の問題もほぼ無いといわれました。(ほんの少しの眼振が見られるとのこと) ふらつきはある程度常時ふわふわふらふらとした感じがしますが、毎回同じような状況において起こるわけではなく、 下を向いたときや柔らかいソファ・椅子に座っている時、座っていたあと立った時、回転した時です。 そして足の裏から来るような感じや頭が据わらないといった感じもあります。 回転性ではなく柔らかいところを歩いているような感じです。 乗り物乗っている時は感じません。 二番目:頭がボーとする 頭がボーとすること特に疲れた後やストレスを感じたと思ったあと数日続きます。 言葉がうまく出てこなかったり、舌がもつれることもあります。 現実感があまりないといった感じで、どこに焦点をあてて物を見てよいかわからない場合があります。 それは同じものが沢山ある場合です。 島縞模様やドット柄等です。 その他の身体状況: 目のかすみ、痛み、光に敏感;視力は左右1.5くらい 飛蚊症が気になる;眼底検査では問題なし 首こり 左耳鳴 喉・器官のつまり感 冷え性 たまに食欲が若干ないことがある 緊張した場合や手が冷えた時に手汗がある たまに眠りが浅くよく夢をみたり起きたりする 脳梗塞再発の不安感やうつになっていないかなどの不安感が強いです。 全身:だるい(ときおり) 健忘症 寝汗をかく 冷えやすい 眠ってばかり 顔面:赤い 顔面麻痺(口角のひきつり) めまい 目がかすむ 目がまぶしい 目が痛い 左耳鳴り 口 唇 舌:舌苔が厚い? 舌がもつれる 喉 気管:喉が詰まった感じ 声がかすれる(人とたくさん話した時) 咳が出る 痰は最近だけある 頸部 背 手腕肩:たまに背中が痛い 筋肉がぴくぴくする 腰 膝 下肢:腰が痛い(この数日) 足が冷える 足がだるい(たまに虚脱感がある)筋肉がぴく ぴくする −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 2012年7月末に脳梗塞をしました。 > ふらつき、めまいが最初に始まり、その後言語障害でした。 > ふらつきは‥‥‥下を向いたときや柔らかいソファ・椅子に座っている時、座っていたあと立った時、回転した時です。 > 回転性ではなく柔らかいところを歩いているような感じです。 > 言葉がうまく出てこなかったり、舌がもつれることもあります。 > うつになっていないかなどの不安感が強いです。 この脳梗塞はコレステロールが原因のものではなかったかと思われます。 コレステロールは漢方では“”という病的な産物のひとつとして捉えられ、脾虚が大元の原因です。 脳の言語中枢の辺りにコレステロール由来の血栓が生ずると絡脉の経気が不通となり、「舌強(もつれ)」が起こります。 また痰は“”と結びつきやすく、長く留まると“風痰”になります。 それが ふわふわ感になります。 "怪病に痰多し"といって、痰というものは非常に奇怪な症状を引き起こすことがあります。 特に精神に与える影響が大きく、不安感をもつ場合は先ず疑ってかからなければなりません。 肝風が痰を挾んで経絡を阻閉すると肢体は麻木不仁となり、半身不遂や肌膚麻木や眩暈・口角流涎となる。 痰を消すには脾の運化機能を活発にし、風を去るには去風剤の助けを借ります。 おすすめの漢方処方 A: 資寿解語湯 (煎じ薬)  (半夏・天南星・茯苓・陳皮・枳売4 生姜・附子・全蠍3 防風・羌活・天麻2) 800証候