14.2.5湿熱阻痺証
 湿熱蘊阻于筋骨関節,以身熱,肢体関節腫脹沈重,灼熱疼痛,舌紅苔黄膩,脈滑数等為常見症的証候。


1. 全身の痛み、こわ張り、痛覚過敏 2.

1. 全身の痛み、こわ張り、痛覚過敏

男 41歳 もっとも治して欲しいこと:全身性の痛み、強張り、痛覚過敏。 特に腋の下とその周辺、ソケイ部と太股内側の痛みが強い。 右が特に症状が強く、腋やソケイ部は刺すような痛みで重い物を持ったり、しゃがむのが苦痛です。 その他虫歯がない歯痛、肩凝り・痛み、臀部痛(一昨年7月に梨状筋の切除手術をしました) それ以外の箇所もちょっとした刺激で痛みがでます。 一番痛い箇所は姿勢、時間帯等で変わり、体をこすったり、かいたりするだけで唇が灼熱感というか 痺れるような感じになります。 立っている時や横寝してる時が一番痛みが少ないかもしれません。 飲食後、痛みが強くなることが多いような気がします。 逆に一眠りするとほんの少し痛みが軽減するような気もします。 その他、体が痒くなりやすい、耳の閉塞感、右足先の痺れ感、筋肉のぴくつき等多くの不定愁訴があります。 大きなきっかけとなったのは、3年前に歩いていてぎっくり股関節のようなものをおこしてしまい、 右の臀部痛と足先の痺れがでたのがきっかけで、少しずつ痛みが全身に拡がっていきました。 ただそれ以前から、軽度のものですが多くの不定愁訴があり、特に歯の痛み、体が痒くなりやすい、 膝の痺れるような痛み、肩凝り、かすみ目、耳の閉塞感などがありました。 現在、仕事ができず、家に居ることが多い。 全身:気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 熱しやすく冷えやすい 顔面:普通 瞼がむくむ 頭痛 目がかすむ 目が痛い 目が痒い 鼻づまり クシャミ 耳鳴り 耳が痛い 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌苔が厚い 舌がもつれる 歯茎から血が出る 口は乾かない 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 咳が出る 切れやすい痰が出る 胸 脇:動悸がする 脇が痛い 脇が詰まった感じ 腹部:腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:頻尿 夜間排尿が多い 小便の出が悪い 切れが悪い 痔が痛む 痔の出血がある 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腕の痛み 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い しびれる 足が冷える かかとが痛い 皮膚:発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 さめ肌 にきび 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : これは漢方では“熱痺”、“脉痺”、“皮痺”、“腰尻痛”などと呼ばれており、湿熱痺の証です。 湿邪と熱邪が肢体・関節・筋肉・経脉に相合着して局部に気血の閉塞不通の証候を造成する。 > 体をこすったり、かいたりするだけで唇が灼熱感というか痺れるような感じになります。 > 体が痒くなりやすい、耳の閉塞感、右足先の痺れ感、筋肉のぴくつき等 多くは人体の陽気が偏盛で、内に蘊熱を有するものが風寒湿邪を感受した后に鬱熱化したことに因って起こる。 主要な症状は、関節や筋肉局部の紅腫・疼痛・重着(しびれ)で、触れると熱感がある。 また肢体の経脉の走行方向に沿って掣痛や脹痛や灼痛が起こる。 おすすめの漢方処方 A: 二妙丸+宣痺湯・・・・・・・・・・(煎じ薬) 800証候