14.2.6風寒湿凝滞筋骨証//風寒湿阻証
 風寒湿邪阻滞筋骨関節,以肢体関節游走性疼痛,或沈重疼痛等為常見症的証候。


1. 肘の痛み 2.

1. 肘の痛み

女 48歳 もっとも治して欲しいこと:一番目:テニス肘 8年前、流れ作業での腕の使い過ぎで物が持てない状態になった。(両腕) 未だに疼痛が取れず、時折指先に痺れがある。 二番目:花粉症 14年前から。主に微熱で、杉、檜がアレルゲン。目の痒さ、鼻水あり。 全身:だるい 汗っかき 顔面:普通 目がまぶしい なみだ目 目が痛い 目が痒い 鼻水 口 唇 舌:歯茎から血が出る 口は乾かない 喉 気管:切れやすい痰が出る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 咳をすると尿が漏れる 痔の出血 頸部 背 手腕肩:肘の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 膝が痛い 膝が腫れる 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) かゆい 湿疹 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 8年前、流れ作業での腕の使い過ぎで物が持てない状態になった。(両腕) > 未だに疼痛が取れず、時折指先に痺れがある。 > 腰が痛い 膝が痛い 膝が腫れる これだけ治りが遅いのにはご自身の中にも原因があります。 おそらく血虚気血不足のため肘を通る経絡から風寒湿の邪がいまだに追い出せないのでしょう。 風湿相搏 (風湿の邪が筋肉・関節に止まり、経絡が不通になる) 寒湿凝滞 (寒湿の邪が経絡を塞ぐ場合) の証に該当します。 おすすめの漢方処方 A: 黄耆桂枝五物湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆8 白芍・桂枝・大棗・当帰・姜黄・桑枝4 生姜1)33 800証候