15.17上熱下寒証
 泛指上部有熱,下部有寒的証候。


1. 腹鳴(みぞおち) 2. 胃弱/歯ぎしり 3.

1. 腹鳴(みぞおち)

男 17歳 もっとも治して欲しいこと:1番目、中学生のころから腹部(みぞおち部)の腹鳴で、空腹時に大きな音を立てながら鳴りつずける。 また、おならが多く、がまんすると、徐々にたまり不快感を感じ、さらにたまるとパンパンに膨れて苦しい。 二番目、下痢する傾向。 三番目、ちょっとしたことで汗が出てなかなか止まらず、体が冷えるまで出る。 全身;だるい 汗っかき 寒気 熱しやすく冷えやすい 不眠(昼は眠く夜はなかなか寝付けない) 顔面;白い 鼻水 耳鳴り 花粉症 口唇舌;唇の色が紫色で乾燥 舌苔が厚い(白色で若干黄色がかっている) 唾液が多い 口が渇く 喉気管;痰はない 腹部;腹が張る 腹が鳴る 大便小便陰部;下痢(または軟便であり量は多い)  腰膝下肢;足が冷える 皮膚頭皮毛髪;乾燥 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 腹部(みぞおち部)の腹鳴で、空腹時に大きな音を立てながら鳴りつずける。 > また、おならが多く > 下痢する傾向にあり(下寒) > ちょっとしたことで汗がでて、なかなか止まらず、体が冷えるまで出る(上熱) 冷えと熱がみぞおちで交錯して安定していません。(上熱下寒証) 上焦の熱邪を清泄し、同時に脾胃を温補してやらなければなりません。(清上温中おすすめの漢方処方 A: 益中湯《雑病源流犀燭》・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (人参、白朮、黄連、黄岑、枳殻、干姜、甘草)

★ 胃弱/歯ぎしり

男  24歳 もっとも治して欲しいこと : 胃弱で食が細く太れず、吐き気があり喉には痰が絡みます。 食べれる時と食べれない時の波があります。 とにかく胃弱と痰を改善したいです。 もともと10代の時から胃弱で良く胃の不調がありました。 今までに飲んだ事のある漢方薬とその結果: 2年から六君子湯と平胃散 食事量は少し増えましたが、痰は改善しませんでした。 今年から六君子湯と八味地黄丸 痰の改善がなかったので漢方薬を切り替えてもらいました。 今現在も胃の不調と痰の改善はありません。 全身:だるい 怒りっぽい 顔面:普通 めまい 頭痛 頭が重い(目が疲れる) 口 唇 舌:(舌苔は厚くはない)歯茎が腫れる(歯ぎしりをするので) 歯茎から血が出る(歯ぎしりをして歯が痛い時) 唾液が多い 喉:切れにくい痰がある 吐き気がある 食欲が無い 皮膚:にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 胃弱で食が細く太れず、吐き気があり喉には痰が絡みます。 この症状なら六君子湯を選ぶのが普通です。 しかしこれで良くなかったのですから何か別の要因が隠れているのでしょう。 > 歯茎が腫れる(歯ぎしりをするので) 歯茎から血が出る(歯ぎしりをして歯が痛い時) 歯ぎしり(噛歯)が特異的です。 歯ぎしりはどうして起こるか? よく云われるのは精神的なことですが、必ずしもそうとも限りません。 中医学の治験を調べてみましたら面白いのが見つかりました。 ‥‥‥ 56歳の男の噛歯 心下痞満、食則腹中脹甚、時有干嘔、打吃噫気、大便不爽、小便黄、舌紅、苔黄白而膩、脈弦数。 湿熱内蘊、阻于中焦、気機不暢。 (みぞおちが痞え、ものを食べると腹が脹って少ししか食べられない、干嘔がありゲップが出る。 これは湿熱が胃の辺りにこもっていて気の昇降がうまくいかないためである。) これらはみな「寒熱并存」の反映である。 よって寒熱併用の処方を使う。 おすすめの漢方処方 A:半夏瀉心湯加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (半夏・黄岑・干姜・厚朴・竹茹4 党参・大棗6 木香・牡丹皮・黄連2 生姜1)39 800証候