15.4.中焦湿熱証
 湿熱伝入中焦脾胃,多見于湿熱為患的中期階段,以身熱不揚,午后熱甚,?腹痞脹,嘔悪不食,渇不多飲,尿黄便溏等為常見症的証候。


1. 朝は平熱で昼食後に微熱が出る 2. 3.

1. 朝は平熱で昼食後に微熱が出る

女 42歳 もっとも治して欲しいこと:4年前位から年中、朝は平熱で昼食後に必ず微熱があり就寝するまで微熱がある (平熱35.7°位〜微熱36.6°) 生理前や花粉症の時期は朝から微熱があり昼食後37.2°位になる 胃の不調、食べたものがいつも停滞している気がしたり吐き出さないが吐き気が起こる 他に気になるのが肌の痒み 外陰部が物凄く痒かったり外陰部が痒くない時は全身が何となく痒い (油ものや甘い物を食べた時特に痒くなり体温が高くなる) 全身:だるい 微熱 午後から熱が高くなる 汗っかき 熱しやすく冷えやすい 生理前後に不眠 顔面:頬が赤い めまい 頭が重い 目が赤い 目が痛い 鼻づまり 耳鳴り 口 唇 舌:唇の色が紫色 唇が腫れる 口が臭い 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 口が乾くが飲みたくない 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 切れにくい痰がある 胸 脇:胸やけがする 吐き気がある 腹部:腹が張る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 小便の出が悪い 陰部が痒い 腰 膝 下肢:腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい  皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) かゆい さめ肌 にきび 抜け毛 若白髪 婦人:月経量が少い 月経が遅れる 月経痛がある 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 胃の不調、食べたものがいつも停滞している気がしたり吐き出さないが吐き気が起こる > 外陰部が物凄く痒かったり外陰部が痒くない時は全身が何となく痒い > (油ものや甘い物を食べた時特に痒くなり体温が高くなる) まず脾経に湿鬱があります。 それが日を経て湿熱化し、外陰部を通る肝経にも影響が及び掻痒になっています。(肝経湿熱) > 4年前位から年中、朝は平熱で昼食後に必ず微熱があり就寝するまで微熱がある > 生理前や花粉症の時期は朝から微熱があり昼食後37.2°位になる 中医学で「湿鬱による微熱」と分類されている所の解説には次のようになっています。  多くは湿邪が鬱して熱化したものである。 飲食による内傷から「脾虚」となり、「水湿」が鬱阻します。(脾虚水湿鬱阻の証) 湿は陰邪なので、陰邪は陰分において旺盛となります。 陰分とは午后のことで、午後に発熱が起ります。 また湿性は粘滞なため発病は緩慢で、且つ気機を阻滞するので胸悶・嘔悪が起ります。 陰邪は口が乾いても飲む事を欲せず、また湿邪は下方へ降って粘滞する故に大便は粘滞であったり希薄であったりします。 湿鬱は化熱しやすいので「宣化暢中,利湿清熱」の方法をとります。 処方は三仁湯加減を選びます。 三仁湯 おすすめの漢方処方 A: 三仁湯加減 800証候