3.11気血両虚証
 気血虧虚,形体失養,以神疲乏力,気短懶言,面色淡白或萎黄,頭暈目眩,唇甲色淡,心悸失眠,舌淡脈弱等為常見症的証候。


1. 体中がかさついている 2. 息苦しく動悸も 3.

1. 体中がかさついている

女 45歳 もっとも治して欲しいこと:一番目、生まれながら、体中がかさついている。  ひどくなったのは10年前位から。手の荒れ、爪の変形。 そして、3年位前からがさらにひどくなり、全身のかゆみ、特に、足、背中、腕、首、顔、頭が痒くてたまらない。 二番目、色が黒い。 10年ほど前から、特にひどくなり、なかなか日焼けが元に戻らない。 5年前から目の周りのクマがひどく、茶色になっている。 全身:だるい 怒りっぽい 頭痛 目がかすむ 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌苔が厚い 口が臭い 舌がもつれる 大便 小便 陰部:腸が鳴る 下痢 頻尿 皮膚:発疹 斑点(しみ)  かゆい 湿疹 さめ肌 婦人:月経量が少い 月経が来ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 生まれながら、体中がかさついている。 > 全身のかゆみ、特に、足、背中、腕、首、顔、頭が痒くてたまらない。 > 目の周りのクマがひどく、茶色になっている。 > 月経量が少い  月経が来ない これらは皆「血虚」の症状です。 慢性蕁麻疹とは少し違いますが、老年皮膚掻痒症に近いようです。 > お腹がなる。下痢 もう一つこれが加わるので「気虚」も兼ねています。 おすすめの漢方処方 A: 当帰飲子・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (当帰・白芍・川弓・生地・疾藜子・荊芥・防風・何首烏・黄耆・甘草)

★ 息苦しく動悸も

女  34歳 もっとも治して欲しいこと:息苦しさ 8月くらいから突然息苦しくなり(昼夜問わず)時々動悸もおこる、 その時同時に血の気がひくような感じがある、死んでしまうのではという不安な気持ちになる このような症状がまったく出ない日もある 電車に乗れない(各停ならなんとか乗れる)、夜寝る時に横になって息苦しくなることもある) その他の身体状況:舌→歯型がある、足先がしびれる 全身:だるい 怒りっぽい 汗をかきにくい 顔面:普通 めまい 頭痛 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 尿が濃い 頸部 背 手腕肩:肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が冷える しびれる 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 婦人:血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 怒りっぽい > 便秘と下痢をくりかえす 尿が濃い > かゆい これを見ると気虚や冷えではないようです。 > 突然息苦しくなり(昼夜問わず)時々動悸もおこる > 血の気がひくような感じがある、死んでしまうのではという不安な気持ちになる > 電車に乗れない(各停ならなんとか乗れる) この心気の不安は何から来るのか? 心気を養うのは心血と心陰です。 「便秘」「かゆい」「尿が濃い」などは体液の欠乏ですから心陰の虚です。 心気はまた他の臓器との関連では、心脾両虚・心腎陽虚などになって現れます。 それで「下痢」「おりもの」などもあるのでしょう。 これらを総合すると心の気血両虚の証と考えられます。 おすすめの漢方処方 A: 養心湯  (黄耆・茯神・白茯苓・半夏曲・当帰・川弓・遠志・酸棗仁・肉桂・柏子仁・五味子・人参・甘草・生姜・大棗) 800証候