3.14陰陽両[虧]虚証
 臓腑陰液陽気倶虚,以眩暈耳鳴,神疲,畏寒肢凉,五心煩熱,心悸腰酸,舌淡少津,脈弱而数等為常見症的証候。


1. 足萎えて歩けない 2. 赤ら顔 3.

1. 足萎えて歩けない

男 43歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目:足萎え 筋肉が固まり歩けない 膝が鳴り痛む 二番目:汗疱から爪周炎、傷の治りが遅い 三番目:アレルギー 買い物袋を手首にかけただけで赤く腫れる等、皮膚トラブル わりと筋肉質、もともとのぼせやすい体質で、子供の頃、鼻出血が多く、胡桃を食べると寝れなかった ハウスダストに弱く鼻炎あり 20歳でくも膜下出血で倒れ手術を受ける、以後めまいが続く(器質性で年々改善) 同時にイライラ・不安・思考の堅さ、筋の過緊張が現れる 30歳後半で六味丸、桂枝加竜骨牡蛎湯、加味帰脾湯(就寝前、多夢のため)を 状態はかなり改善するも、のぼせは残る 加齢とともに口臭と体臭がきつくなり、食べたものの臭いが身体から 夜勤勤務が始まり、不眠がつよくなる、ふけ症、汗疱も目立つように 40歳の夏、突然アレルギーで蕁麻疹と眼瞼の腫れを その後、アレルギーが増悪・軽快を繰り返す、冷えのぼせも進み下肢のかゆみから冷えも 3ヶ月ほど前の冬、洗剤かぶれから爪周炎、抗生剤治療中 1ヶ月ほど前から足に力が入らず、しゃがむと立てない 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 不眠 顔面:赤い めまい 頭痛 目がかすむ 目が赤い 目が痒い 鼻づまり 鼻が乾く 耳鳴り 耳が痛い  耳から汁がでる 口 唇 舌:唇の色が紫色 唇が腫れる 舌苔が厚い 口が苦い 口が臭い 歯茎が腫れる 口が乾く 喉 気管:呼吸困難(胸が膨らまない感じ、むせる) 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 胸苦しい 胸やけがする 酸っぱい水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い(以前は大食) 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿 夜間排尿が多い 小便の出が悪い 切れが悪い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い 脚が痛い 足が冷える かかとが痛い 足がだるい  無力で歩けない 足の裏がほてる(以前は) 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 湿疹 さめ肌 ただれ 水泡 おできや化膿 リンパ腫 抜け毛 フケ性 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 一番目:足萎え 筋肉が固まり歩けない 膝が鳴り痛む > 20歳でくも膜下出血で倒れ手術を受ける、以後めまいが続く 「腰膝酸軟(足が無力で歩けない)」を参照してください。 おすすめの漢方処方 A: 二仙湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (仙茅・淫羊霍・巴戟天2 寄生・川続断・白芍・生山薬4 益智仁・狗脊・当帰・白菊花・生地・陳皮3)40

★ 赤ら顔

女  18歳 もっとも治して欲しいこと : 赤ら顔 寝起きは普通だが、徐々に赤みが増す。 特に頬全体が赤い。顔色がくすんでる。 次に、ニキビ跡 (額以外はほとんどニキビ跡で埋め尽くされてる。) 1年前まではニキビが沢山あり、過度なケアを辞めてから今はたまに口周りに出る程度。 肌が弱い。毛穴もある。 全身:だるい 怒りっぽい 冷えやすい 顔面:赤い 鼻づまり 口 唇 舌:口が臭い 口が乾く 大便 小便 陰部:便秘 切れが悪い 腰 膝 下肢:足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 赤ら顔。特に頬全体が赤い。 > ニキビ跡 今はたまに口周りに出る程度。 > 足先が冷える 便秘 顔が赤くのぼせるのは更年期によくあることです。 年若でもホルモンの陰陽バランスの狂い(陰陽両虚)からきます。 「更年期障害に二仙湯おすすめの漢方処方 A: 二仙湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (仙茅・仙霊脾4 当帰・巴戟天・黄柏・知母3)20 800証候