4.4.4湿熱蘊蒸証
 湿熱蘊緒熏蒸,以身熱発黄,汗出熱不退,或但頭汗出,咽痛腮腫,肢酸困倦,尿短黄,舌紅苔黄膩,脈濡数或滑数等為常見症的証候。


1. 頭汗 2. 3.

1. 頭汗

女 37歳 もっとも治して欲しいこと:一番目、汗をとめたい 汗が大量にでる 特にひどいのは頭汗。  首、背中、顔も滝のように流れる。 下半身も椅子にあとが残る場合が多い(特に湿度の高い日や夏)頭はシャワーをあびた状態。 いきなりカーッと熱くなって(特に頭、首、顔)じわーっとかいたかと思うと滝状態。 少し動いたり座ってるだけの時もかきます。 駅に着いて電車に乗るとひどいです。 あせったりしても上半身特に顔頭首が熱くなり異常な汗が流れます。 かわくと髪の毛は白い粉がこびりつき(ミネラル?)首背中はベタベタする。 水分はよくとります。 座ってるだけでいきなり発汗が始ったりもします。 お風呂上がりは頭首背中の汗がなかなかひきません。(ぬるめの温度) 手は全く汗をかかない。足はかくが異常ではない気がする。 更年期障害を疑い、婦人科に行くが違うのではないかとの事です。 生理は27歳ごろから2〜3日と短く量もへり、思えばその後から汗も徐々にひどくなっていったような気もします。 30歳前から汗が気になり、当時は生活も不規則でストレスも多かったです。 冬は回数がましになりますが、汗をかくときはコートを全部ぬいで風で熱と汗をかわかします。 末端冷え性です。お尻腰は冷たいです。 湿度の高い日や雨の日、夏がひどく年々汗はひどくなります。 二番目 リウマチ。  発症当時、腕があがりにくい、痛みがある程度でしたが五カ月後全身に強い痛みがでて大学病院を紹介されました。 全身はれて、発熱が続き飲み薬だけでは治まりきらず、注射を打って痛みとはれがなくなりました。 当初は1週間に1本打っていましたが今は1〜2ヶ月に1本打つぐらいに落ち着いてはいます。発症後3〜4年経過。     その他の身体状況: 33、34歳でリウマチ発症 34歳で早期の子宮けいがん発見 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 発熱 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 顔面:白い 赤い 瞼がむくむ 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い 目が痒い 鼻づまり 鼻が乾く 口 唇 舌:口が苦い 口が臭い 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管:朝起きると切れやすい痰がある 胸 脇:脇が痛い 脇が詰まった感じ 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 リンパ腫 抜け毛 婦人:月経量が少い 乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 特にひどいのは頭汗。首、背中、顔も滝のように流れる。 > お風呂上がりは頭首背中の汗がなかなかひきません。 > 湿度の高い日や雨の日、夏がひどく年々汗はひどくなります。 > 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 リンパ腫 抜け毛 体質的に湿熱が鬱滞しやすいようです。 > 発症後3〜4年経過。リウマチ 全身はれて、発熱が続き これも湿熱が絡脈を阻滞したために起こったことでしょう。 同じ体質所以の発症です、水分代謝を良くしなければなりません。 800証候の4.4.4湿熱蘊蒸証 おすすめの漢方処方 A: 加味四苓散・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (猪苓・木通・沢瀉・茯苓・黄岑・牛蒡子・車前子4 灯心・黄連2)32 800証候