4.7.4熱痰証
 痰濁與邪熱互結,以咯吐黄痰,発熱口渇,舌紅苔黄膩,脈滑数等為常見症的証候。


1. 頭がボーっとする 2.パニック発作

1. 頭がボーっとする

男 35歳 もっとも治して欲しいこと:一番気になること 頭全体がボーっとしやすく目の焦点がすぐ宙をさまよってしまう。 一点に視点を集中するのに苦労する。 目が疲れやすく、目がボーっとしてるとよく言われる乱視が強いです。 2番目に気になること ある程度睡眠をとってもすぐ眠くなってしまう。 6,7時間寝てもまだ寝たり無く一日だるい。 3番目に気になること早漏気味 背中の凝り、便秘、耳鳴り。体がすごく硬く、ストレッチなどでほぐすと少し良くなる。 固体に近い痰が出る。 普段はのどに詰まってる感じでお風呂など体があったまると非常に粘り気の強いほぼ固体のような痰が出てくる。 左目がはれぼったく、左耳に耳鳴り、左の耳たぶにしこりができやすい 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 眠ってばかり 顔面:耳鳴り 白い 瞼がむくむ(左) 目がかすむ 鼻づまり 口 唇 舌:舌苔が厚い 口が臭い 舌がもつれる 歯茎から血が出る 喉 気管:切れにくい痰があるいびきをかく 大便 小便 陰部:便秘 頸部 背 手腕:肩背中が凝る 腰 膝 下肢:腰が痛い 皮膚 頭皮 毛髪:おできや化膿 フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 頭全体がボーっとしやすく目の焦点がすぐ宙をさまよってしまう。 > ある程度睡眠をとってもすぐ眠くなってしまう。 > 非常に粘り気の強いほぼ固体のような痰が出てくる。 > 舌苔が厚い  口が臭い  舌がもつれる ボーッとして思考力低下をきたすのは「清陽不昇,濁陰不降」といって 清気が痰に邪魔されていて頭へ上れないためです。 痰はまた気の流れを阻害するのであちこちで熱を生み、熱痰となります。 それが口臭やフケなどになります。 おすすめの漢方処方 A: 黄連二陳湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (陳皮・半夏・茯苓・黄岑・烏梅・黄連・甘草・生姜)

★ パニック発作

男  32歳 もっとも治して欲しいこと : 10年以上前からバスや電車に乗りドアが閉まると動悸がし始め、パニック発作が出ます。  呼吸が浅く速くなり、のどが締め付けられる感じがして、吐き気もします。 痰ものどに引っ掛かり、短い一駅の間でも息が苦しくなります。 バスや電車に乗れないので行きたい所に行けません。 精神科の薬をもう10年以上飲んでいますが、副作用が強くて止めたい。 しかし、薬をやめると離脱作用が出てきます。 夜寝ている時に急にパニック発作で動悸が激しくなり、飛び起きてしまいます。 全身:疲れやすい さむけがしやすい 微熱もしやすい 汗をかきにくい 顔面:普通 頬が少し赤い 頭が重い 目が疲れやすい 目が重い感じがする 口 唇 舌:口が乾きやすい 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉を痛めやすい 喉が渇きやすい 電車やバスに乗る時に呼吸困難になる 痰がひっかかる 胸 脇:電車やバスに乗る時に動悸がする、吐き気がある 左の胸が痛いときがある 腹部:太って腹に肉がある 大便 小便 陰部:少し小便の切れが悪い 陰部が痒い 腰 膝 下肢:運動不足で足がだるい 左足の親指の付け根が少し痛い 皮膚 頭皮 毛髪:左頬に小さいしみ 頭がかゆい フケ性 若白髪が少しある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 10年以上前からバスや電車に乗りドアが閉まると動悸がし始め、パニック発作が出ます。 > 吐き気もします。痰ものどに引っ掛かり、短い一駅の間でも息が苦しくなります。 > 太って腹に肉がある 神経症 (神経官能症) にパニック様の症状についての解説があります。 "胆は 中正の官なり, 決断出ず" といって、決断力のない精神状態がパニックの原因となります。 "痰火が擾乱すれば,心神は不寧となり,思慮は過度に傷つき,火熾と痰鬱で不眠になる。" すなわち痰火が胆をおびやかしてパニック発作を起こしているのです。 太っているのが痰の存在を表しています。 痰熱 (痰飲が長引いて熱化した場合) ※ ホームページのメール相談例「不安感/動悸」の例が出ていますので参考にして下さい。 おすすめ A: 温胆湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (茯苓5  竹茹・半夏・枳実・陳皮・酸棗仁・遠志・合歓皮3  竜骨・牡蛎10  甘草2)48 800証候