5.3.1陰虚内熱証
 陰液虧虚,虚熱内生,以低熱不退,盗汗顴紅,口干欲飲,小便短黄,大便干結,舌紅少津,脈細数等為常見症的証候。 同義詞:虚熱証,


1. 盗汗と不眠 2.

1. 盗汗と不眠

女 46歳 もっとも治して欲しいこと: <1番目>睡眠時に体温の上下があり、就寝ご中、暑くなって1,2時間おきに目が醒め、汗が引くまで眠れない。 ここ1か月半ほど続いている症状ですが、過去数年間にもたまにありました。 <2番目>両足のひざ下が就寝時につって起きることがある。 <3番目>就寝時に手指のしびれがあります。 寝不足の時などは朝や午前中に鼻水が出ることがあります。 ツムラの六君子湯を通常の量を服用すると、舌が痛くなったり鼻水が出るようになったりするので少量にしています。 全身:健忘症 さむけ 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 不眠(暑くて起きてしまう) 顔面:普通 目がまぶしい 鼻水(午前中) クシャミ   口 唇 舌:唇の色が紫色 アフター性口内炎がでる 口が乾く 頸部 背 手腕肩:手指がしびれる 腰 膝 下肢:膝が痛い こぶらがえり むくみ 足の裏がほてるときがあった 皮膚 頭皮 毛髪:水泡(夏になると手足の指に汗ぽうができる)  婦人:月経が遅れる 月経が早くなる 月経が来ない 子宮筋腫(多数) 乳房にしこり(多数) 卵巣嚢胞 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 睡眠時に体温の上下があり、就寝中、暑くなって1,2時間おきに起き、汗が引くまで眠れない 盗汗と不眠ですね。 両方とも陰陽失調から起きます。 汗は心液に属し、盗汗は心陰不足を意味します。 「心は神明をつかさどる」といい、脳とつながっています。 だから心陰不足はまた心煩や不眠の原因になります。 漢方ではこういう煩熱を「陰虚内熱」といい、「夜寐盗汗,五心煩熱,腰膝酸軟」を伴います。 > 両足のひざ下が就寝時につって起きる 五心煩熱とは手や足のほてりであり、こむらがえりは腰膝酸軟の一つかも知れません。 > 通常の量を服用すると、舌が痛くなったり、鼻水が出る ブログ「舌の痛み(舌痛症)」の 4.肝腎陰虧型 になります。 > 寝不足の時などは、朝や午前中に鼻水が出ることがあります。 ブログ「くしゃみ 肺腎陰虚」を参考にして下さい。 おすすめの漢方処方 麦味地黄丸加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (熟地黄・山茱萸・山薬4 沢瀉・茯苓・牡丹皮・五味子・黄柏3 麦門冬5 浮小麦10)42 800証候