5.1.7気虚血淤[凝]証
 気虚運血無力,血行淤滞,以面淡而晦暗,身倦乏力,少気懶言,疼痛如刺,痛処不移,舌質淡紫,
或有紫斑,脈沈渋等為常見症的証候。


1. 猫に噛まれて舌痛に 2. 舌の痛み 3. 背中の痛み 4.

1. 猫に噛まれて舌痛に

女 41歳 もっとも治して欲しいこと: 舌痛。  2年前から舌先がやけどのような痛みになりどんどんひどくなっていって口の中がヒリヒリしたり、 舌先や舌縁等が痛くなった。 きっかけは、飼い猫に足首の辺りを噛まれ、4日間くらい抗生剤の点滴に通いました。 痛みと腫れがひどく痛くて歩くのもやっと、正座はできなくなって、なかなかよくならず(数カ月かかりました) 良くなるのか、ものすごく心配していた頃に発症しました。 一時期は、喋るのも苦痛だったので、それを思うと今は、良くなったと思うのですが痛い時は結構痛い。 1日のうちでも、痛みの程度が違う。 口 唇 舌:口が臭い 口が渇くと気になる 口が乾く 喉 気管:痰は無い 腹部:腸が鳴る 腸を悪くしてから、ゴロゴロすることやガスがひどくなった 大便 小便 陰部:軟便程度のことが多い  頸部 背 手腕肩:肩の痛み 右側が少しこってる 腰 膝 下肢:足が冷える 婦人:月経痛が少し −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > H21.8から舌先がやけどのような痛みになり、舌先や舌縁等が痛くなった。 > 飼い猫に足首の辺りを噛まれ、痛みと腫れがひどく 余程運が悪かったのですね、毒蛇に咬まれたようなケースです。 半年ほど経っていますのでもう後遺症の段階です。 下痢しやすかったり腹にガスが溜まり腹脹がある脾虚の体質のため回復が遅いのでしょう。 ※ブログ「舌の痛み(舌痛症)」を参照してください。 おすすめの漢方処方 A: 血府逐淤湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆10 赤芍・桃仁・当帰・川弓・牛膝・桔梗・枳殻・柴胡・地竜・延胡索3 紅花・甘草2)44

2. 舌の痛み

男 68歳 もっとも治して欲しいこと:舌痛症  6、7年前より舌がひりひりと痛む、いろいろと医者に掛かったが改善されない。 全身:気がふさぐ 口 唇 舌:舌がもつれる 口が乾く 喉 気管:喉が詰まった感じ 声がかすれる 咳が出る 切れにくい痰がある 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 腰 膝 下肢:腰が痛い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 6、7年前より舌がひりひりと痛む > 便秘と下痢をくりかえす 年数が経っていますのでもう後遺症の段階です。 下痢しやすいのは脾虚の体質のためです。 ※ブログ「舌の痛み(舌痛症)」を参照してください。 おすすめの漢方処方 A: 血府逐淤湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆10 赤芍・桃仁・当帰・川弓・牛膝・桔梗・枳殻・柴胡・地竜・延胡索3 紅花・甘草2)44

★ 背中の痛み

女  52歳 もっとも治して欲しいこと : 就寝時の背中が痛み、二番目 乾燥性湿疹。どちらも10年以上くらい 全身:物忘れ さむけ(冬場) 汗をかきにくい 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 背中の痛みで目が覚める 顔面:普通 瞼がぴくぴく めまい(ときどきくらくら) 目の奥が痛い目が疲れやすい 耳鳴り(拍動性) 口 唇 舌:口の中が切れやすい(血豆とか) 歯茎は弱い 口は乾かない 喉 気管:たまに咳が出る 胸 脇:動悸がするときどき 胸苦しい げっぷときどき ときどき吐き気がある 腹部:胃の辺りが痛いときどき 腹が張るときどき 大便 小便:咳をすると尿が漏れるたまに 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 両方の肩の痛み(50肩) 足首、手首がひねりやすい 腰 膝 下肢:腰が痛いときどき 腰がだるい(生理時) 腰が冷える 膝が痛い 手足が冷える 足がだるい(生理時) 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 湿疹 いぼ 頭皮に化膿するおできができる(若い時から) 抜け毛 婦人:月経量が多いときもある 月に2度あったり、なかったり 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 寝ている時の背中の痛みは10年以上まえから ここのところは仰向けでも、横向きでも駄目です。痛みで何度か起きる > 別に1年くらい前からの50肩もある。手を後ろに持っていくのも痛い 随分長い間苦しんでおられますね。 このように長いのには体質的な原因があると思われます。 > 頭皮のでき物(若い時から) > 10年以上 乾燥性湿疹 赤黄色っぽくしわしわしたかんじ  > 瞼のぴくぴく こちらも長く、両者は根本でつながっているようです。 両者に共通となるのは「脾胃気虚」からくる「気血不足」という証です。 気血不足となると「気血凝滞」が起こりやすく、背痛や肩周炎が起こると長い間治りません。 「脾虚」→「肝旺生風」となれば眼皮跳も起こりやすいし、 毛嚢炎(頭皮のでき物)も長い期間繰り返します。 おすすめの漢方処方  A:活絡効霊丹合黄耆枝枝五物湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬) (当帰・丹参・絡石藤3 制乳香・制没薬・鶏血藤4 黄耆6 威霊仙・羌活・赤芍2 制川烏・桂技・甘草1)36 『中医臨床』通巻89号(Vol.23 No.2)//張錫純の黄耆 その著作と医案集にみる用法 “気虚のために経絡の流れが阻害され, 気血が通わず,慢性の痛みをもたらしている症状にも,張錫純は 活絡効霊丹(当帰・丹参・乳香・没薬)に黄耆・桂枝・三稜・莪朮などを加え,補気活絡化淤することで痛みを止めている。” 800証候