6.29痰湿蒙閉心竅[神]証
 痰湿之邪蒙閉心神,以神識癡呆,朦朧昏昧,喉中痰鳴,胸悶痰多,頭暈,身体困重,面色晦暗,苔膩脈滑等為常見症的証候。


1. 健忘 2.

1. 健忘

女 20歳 もっとも治して欲しいこと: 健忘  (ここ数か月で、3秒どころかたった今言われたことも忘れたりするようになりました) 過眠 (充分な睡眠をとっても眠くて仕方ありません) 飲酒、喫煙はなし。 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 午後から熱が高くなる 汗っかき 眠ってばかり 顔面:目がかすむ 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌:唾液が多いにも関わらず口が乾く 唾液がなんだか粘っこい 喉 気管:切れやすい痰が出る 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 酸っぱい水が上がる 頸部 背 手腕肩:背中に直径1cm前後のニキビが複数 腰 膝 下肢:腰がだるい 足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 切れやすい痰が出る > 酸っぱい水が上がる 脾胃の働きが悪く、水分代謝が停滞して痰飲を生じています。 > 健忘(ここ数か月で、3秒どころかたった今言われたことも忘れたりするようになりました) > 過眠(充分な睡眠をとっても眠くて仕方ありません) > 唾液が多いにも関わらず口が乾く 唾液がなんだか粘っこい 頭には眼耳鼻口などの官能をつかさどる器官があります。 これらの穴は「清竅」といって頭脳につながっています。 その頭脳も“心神の竅”という意味で“心竅”といいます。 本来清らかな状態であるべき心竅への通路が何かの原因で阻止されると、 頭脳は敏捷な反応が出来なくなります。 いまは生じたが頭の経絡の気の流れを幾らか阻んでいます。 それを「痰濁擾心」といい、健忘の遠因になります。 濁痰上擾・痰迷心竅 (痰濁が清竅を塞ぐと神明は失われる) の証に該当します。 おすすめの漢方処方 A: 加味茯苓湯・・・・・・・・・・(煎じ薬) (人参・陳皮・半夏6 茯苓・香附子・益智4 烏梅・甘草2 生姜1)35 800証候