6.4心気陰両虚証
 気陰両虚,心与心神失養,以心悸気短,神疲頭暈,失眠多夢,顴紅,舌紅少苔,脈弱而数等為常見症的証候。


1. 午後のだるさ 2. 多汗 3.

1. 午後のだるさ

女 27歳 もっとも治して欲しいこと:1番:午後からのだるさ。午後からの体温が37.0〜37.6度と微熱。  手足と唇が痺れた様な感じで重くだるい。胸・腹から力が抜けていくような感覚。 2番:肌の乾燥。特に顔の乾燥。顔の真ん中、鼻から顎にかけてカサカサで皮のめくれが酷くたまに痒くなる。  頭が痒い。血が出るほどかいてしまう。フケは無い。 3番:暑くて寒い。顔、首後ろ、手・足の裏は熱くのぼせる。その他は鳥肌が立つほど寒い。  特に二の腕から背中にかけて夏でも冷えて寒い。異常なほど喉が渇く。飲んでも潤わない。 その他の身体状況:普段からため息の様な呼吸をしていてうまく息が吸えない。  嫌な事、怖い事などがあると心臓のあたりが痛くなり息が出来なくなる。 汗っかきで手・足の裏、顔は熱くのぼせるが、二の腕がブルッと寒い感じもするので、汗をかきながら着込んでいる。 汗は全身にかくが、特に顔や頭、手・足の裏に汗が吹き出る。 右足の付け根から少し上に違和感がある。たまにチクチク痛む。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 午後から熱が高くなる 汗っかき 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:顔色悪い クマ めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい なみだ目 鼻水 口 唇 舌:口が乾く (舌体が肥大して歯形が著明。舌の周辺が赤い・舌苔は薄く白い・舌の先に赤い斑点がある) 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 声がかすれる 咳が出る ゼイゼイ音がする 呼吸困難 切れにくい痰がある 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 大便 小便 陰部:小便の出が悪い  頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い 膝が腫れる脚が痛い しびれる かかとが痛い 足がだるい  足の裏がほてる(坐骨神経痛のため腰からつま先にかけて痛みがある) 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 ただれ にきび 婦人:なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 午後からの体温が37.0〜37.6度と微熱。 > 顔の真ん中、鼻から顎にかけてカサカサで皮のめくれが酷くたまに痒くなる。頭が痒い。 > 異常なほど喉が渇く。飲んでも潤わない。 これは陰虚がかなりひどい。 > 普段からため息の様な呼吸をしていてうまく息が吸えない。 > 嫌な事、怖い事などがあると心臓のあたりが痛くなり息が出来なくなる。 その陰虚は心と肺の陰虚。 > 汗っかきで手・足の裏、顔は熱くのぼせるが、二の腕がブルッと寒い感じもするので、汗をかきながら着込んでいる。 > 汗は全身にかくが、特に顔や頭、手・足の裏に汗が吹き出る。 > その他は鳥肌が立つほど寒い。特に二の腕から背中にかけて夏でも冷えて寒い。 > 舌体が肥大して歯形が著明。舌の周辺が赤い・舌苔は薄く白い・舌の先に赤い斑点がある おまけに気虚もひどい。 おすすめの漢方処方 A: 生脈散加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆・小麦・牡蛎10 党参・黄精5 麦門冬・五味子3)46

★ 多汗

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : 多汗  小さいときから汗かきでしたが、社会人になってから、脇、背中、頭皮のあせの量が多くなり、 現在では顔の汗もひどくなってきました。 高校生くらいのときは、熱いものを食しても顔の汗などかかなかったのに、今は暑いと感じた時、緊張したとき、 運動時に鼻の下など滴が出来るほど汗が出て恥ずかしいです。 緊張を感じた時や暑いと思うとカーっと一気に暑くなり、まるで、更年期のホットフラッシュのようです。 そして一気に汗だくになります。 でも寒さにも弱く、プールの時間などはひとりだけ唇が真っ青になるなど、暑さにも寒さにも弱いです。 手は常に火照っている感じで、足は痛いくらい冷えたり、ほてったりと様々です。 しかし冬場など、寒くてブルブル体は震えているのに、脇の下には汗をかいているような状態です。 排尿は1日に2回程度。1回のときもあります。水分はマメにはとりませんが、食事のときは500ml以上飲みます。 水分を大量にとりながらでないと、食事がとれません。それなのに排尿回数が少ないのは気になります。 二番目:気弱  幼いころからとっても気が弱く、人からの見られ方をとても気にしています。 気が小さい、気が弱い事がコンプレックス。 三番目:原因不明の痛み  多分、胆のうだとは思うのですが、不定期に胆石症のような痛みが発作のように起こります。 必ず夜間にひどくなり、救急にかかりますが胆石もなく、検査結果には何の異常もありません。 しかし、痛みは尋常じゃなくじっとして居られず、のたうち回るなどの表現が適切なほどです。 全身: だるい 気がふさぐ さむけ 発熱 微熱 午後から熱が高くなる 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい    眠ってばかり 顔面: やや赤い 瞼がむくむ めまい なみだ目 鼻づまり 鼻水 クシャミ 濃い鼻汁 耳から汁がでる 口 唇 舌: 舌苔が厚い 口が臭い 口が乾く 胸 脇: 動悸がする 大便 小便 陰部: 便秘 腰 膝 下肢: 足が冷える むくみがある 足がだるい 足の裏がほてる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 脇、背中、頭皮のあせの量が多くなり、現在では顔の汗もひどくなってきました。 > でも寒さにも弱く、プールの時間などはひとりだけ唇が真っ青になるなど、暑さにも寒さにも弱いです。 > 冬場など、寒くてブルブル体は震えているのに、脇の下には汗をかいているような状態です。 汗を収斂する力が乏しくて汗腺が緩んでいる状態です。 そういうのを皮膚の気虚といいます。 皮膚の機能には肺や脾が関与していますから脾肺の気虚が原因です。 脾肺が気虚であると寒さに弱くなります。 > 水分を大量にとりながらでないと、食事がとれません。 > それなのに排尿回数が少ないのは気になります。 気虚だけでなく陰虚といって、津液(唾液や体液)の不足もあります。 それで排尿回数が少ないのです。 > 気が小さい、気が弱い事がコンプレックス > 不定期に胆石症のような痛みが発作のように起こります。 気虚が心や胆で起これば「心虚胆怯」となり、肝っ玉が小さくなります。 「神経質で気の小さな人へおすすめの漢方処方 A: 生脈散加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆・小麦・牡蛎10 党参・黄精5 麦門冬・五味子3)46 800証候