6.9心陰(虧)虚証
 陰液虧虚,心与心神失養,以心悸心煩,失眠多夢,頭暈健忘,舌紅少苔,脈細数等為常見症的証候。


1. マイナス思考 2. 傾眠と不眠の両方 3.

1. マイナス思考

女 41歳 もっとも治して欲しいこと:1番目:マイナス思考の改善。 様々な体調不良に悩まされいろんなところに助けを求めてきましたが、結局他力本願である。 諸悪の原因がこの思考パターン(癖)にあるのではないか?と思っています。 自身の思い込みにより、体調に悪影響を及ぼし実際に不調が続いているのではないか?と思い始めています。 自己評価が低く、無気力。 テニスなどでぎっくり腰・熱中症・極端な疲労により1週間ほど寝込むなどを繰り返している。 2番目:体調に対する強烈な不安感<何年か前、原因不明で四肢の脱力 (立膝もできない、自力歩行困難、腕で身体を支えられない)、 窒息感(舌が喉に落ち呼吸困難となる感覚)、悪心、死への恐怖、(どこかの)痛みでうなされ眠れない> 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 微熱 汗っかき 寝汗をかく (脚、目覚めた直後に火照る時があります)   不眠(寝つきが悪い、疲れていて眠りたいのに眠らない、布団に入りたくない) 眠ってばかり(休みの日に気を許すと昼過ぎまで何度も目覚め&眠りを繰り返してしまいます) 顔面:赤い めまい 目がかすむ 目がまぶしい 目が痛い 目が痒い(耳もかゆい) 鼻水 クシャミ  口 唇 舌:口が臭い 舌がもつれる 口が乾く(唇も非常に乾いています) 喉 気管:喉が詰まった感じ 切れにくい痰がある(痰というか鼻水が喉に落ちています) 胸 脇:脇が詰まった感じ 大便 小便 陰部:どちらかと言えば便秘 小便の出が悪い 陰部が痒い 頸部 背 手腕肩:肘の痛み(テニス肘、腕の痛み(パソコン使用による腕のコリ) 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい  足の裏がほてる(朝は冷えて靴下とレッグウォーマーが欠かせないが、午後には裸足になってしまう) 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) 美白化粧品で顔が化粧かぶれ(今年急に赤く腫れてかゆみが出るようになった) 婦人:月経量が少い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 諸悪の原因がこの思考パターン(癖)にあるのではないか?と思っています。 心身は相互的な関係にあり、どちらが主でどちらが客であるというものではありません。 どちらかが悪ければ、それはどちらも悪いのです。 一方を治すようにすれば片方も治ります。 ブログ「神経質で気の小さな人へ」 > 原因不明で四肢の脱力(立膝もできない、自力歩行困難、腕で身体を支えられない > 窒息感(舌が喉に落ち呼吸困難となる感覚)、悪心、死への恐怖、(どこかの)痛みでうなされ眠れない パニック障害に似ていますね。 > 不眠(寝つきが悪い、疲れていて眠りたいのに眠らない、布団に入りたくない) > 眠ってばかり(休みの日に気を許すと昼過ぎまで何度も目覚め&眠りを繰り返してしまいます) > 口が乾く(唇も非常に乾いています) > 足の裏がほてる(朝は冷えて靴下とレッグウォーマーが欠かせないが、午後には裸足になってしまう) > 美白化粧品で顔が化粧かぶれ(今年急に赤く腫れてかゆみが出るようになった) > 顔面:赤い 不眠は日中の(心の)陽気が夜になっても引いていかないためです。(心火亢盛) これは(心の)陰気が足りなくて陽気を吸収しきれないのです。 原因は心陰虚で、陰虚から来る虚火です。 ブログ「嗜眠、嗜睡、傾眠おすすめの漢方処方 A: 天王補心丹・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (生地・当帰・天門冬・麦門冬・酸棗仁・柏子仁・人参・玄参・丹参・五味子・茯苓・桔梗・遠志)

★ 傾眠と不眠の両方

女  24歳 もっとも治して欲しいこと : @ 傾眠: 仕事に支障がでてきているため。 A 汗っかき: 冬でも脇に汗をかいているほど。夏場は背中にびっしょり汗をかいてしまう。 B 手足のかゆみ みみず腫れになるほど、掻いてしまう。特に夕方から夜にかけて 全身:さむけ 微熱 午後から熱が高くなる 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 不眠 眠ってばかり 顔面:めまい 頭痛 胸 脇:脇が痛い 脇が詰まった感じ 腹部:腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:尿が濃い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い むくみがある 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 不眠 眠ってばかり > 冬でも脇に汗をかいているほど。夏場は背中にびっしょり汗をかいてしまう。 不眠は日中の(心の)陽気が夜になっても引いていかないためです。(心火亢盛) これは(心の)陰気が足りなくて陽気を吸収しきれないのです。 原因は心陰虚で、陰虚から来る虚火です。 > 手足のかゆみ みみず腫れになるほど、掻いてしまう。特に夕方から夜にかけて > 食べてもすぐ腹が減る > 尿が濃い > 足の裏がほてる みな陰虚陽亢の証候です。 おすすめの漢方処方 A: 天王補心丹・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (生地・当帰・天門冬・麦門冬・酸棗仁・柏子仁・人参・玄参・丹参・五味子・茯苓・桔梗・遠志) 800証候