8.18脾虚痰湿証
 脾気虚弱,痰湿内蘊,以食少,腹脹,便溏,体胖困重,疲乏嗜睡,舌淡胖,苔白膩,脈濡緩等為常見症的証候。


1. 常にだるくて眠い 2. どろりとした眠気 3. 口臭/膿栓 4. 胸の違和感 5. 痰と咳

1. 常にだるくて眠い

女 28歳 もっとも治して欲しいこと:常にだるい、常に眠い、食欲がありすぎる、寝ても寝ても眠い、 黄色おりもの多い、イライラする、顔のにきび、しみそばかす、むくみ、下半身の冷え、便秘 、、、など絞りきれないくらい全ての不調がどれも引けをとらず出てます。 でも、イライラして止まらない日があったり(一日一回は必ずイライラします)、 やりたいことがあるのにどうしても無気力で力が出せない(悲観的になり自己否定して何も できなくなったり)、あと食べると眠くなってどうにもならなくなることが一番何につけても困ってます。 今までに飲んだ事のある漢方薬とその結果: ・おりものが多いことで薦められた「竜胆しゃかん湯」 ・水毒、湿熱、気滞が複雑にからまってるということで「当帰芍薬散」 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 眠ってばかり 顔面:赤い 瞼がむくむ めまい 頭が重い 目が赤い(黄色) 鼻づまり 鼻水 クシャミ 口 唇 舌:口が臭い 口は乾かない 喉 気管:喉が詰まった感じ 痰は無い 胸 脇:胸苦しい 脇が詰まった感じ 腹部:腹が張る 食べてもすぐ腹が減る(おならが多い) 大便 小便 陰部:便秘 尿が濃い 痔が痛む 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肩の痛み 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) さめ肌 にきび 抜け毛 若白髪(頭皮臭い) 婦人:月経量が多過ぎる 月経が早くなる 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの 子宮筋腫 乳房にしこり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 常にだるい、常に眠い、寝ても寝ても眠い > 黄色おりもの多い、イライラする、顔のにきび、しみそばかす、むくみ、下半身の冷え > 無気力で力が出せない(悲観的になり > 食べると眠くなってどうにもならなくなる 「水毒、湿熱、気滞が複雑にからまって」いるのではなく、 脾の気虚(脾虚)によって痰飲が生じ、それが停滞して「むくみ」や「おりもの」になっています。 眠いのも気虚が根底にあるからです。 「竜胆しゃかん湯」で攻めてもだめだし、「当帰芍薬散」で補ってもだめです。 おすすめの漢方処方 A: 完帯湯+不換金正気散・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (陳皮・厚朴・蒼朮・霍香・半夏・白朮・山薬・党参・白芍・車前子3 柴胡・荊芥・甘草2 砂仁・草豆寇1)38

★ どろりとした眠気

女  45歳 もっとも治して欲しいこと: どろりとした眠気が起きてどうしようもない。  読書、パソコン操作、運転中などにどろりと眠気に襲われる。 ここ数年、体重が増えた。余分な体重で、気分も重くなります。 全身:気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 睡眠の始めは体がとてもぽかぽかしている。朝方は逆に冷えている。 顔面:普通 口唇舌:口臭 大便 小便 陰部:便秘と下痢を繰り返す 陰部が痒い 腰 膝 下肢:腰は持病 冷えやすい 時々むくみます 皮膚 頭皮 毛髪:脂性 皮膚のきめは粗い 毛髪は薄く、少ない方 婦人:月経量が多すぎる。オリモノが多い時もあり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > どろりとした眠気が起きてどうしようもない。 漢方では頭へ清陽が昇らず、と表現します。 何かが邪魔をしていて陽気が上がらないのです。 > 体重が増えた。余分な体重で、気分も重くなります。 > 月経量が多すぎる。 > 朝方は逆に冷えている。 > 便秘と下痢を繰り返す > 時々むくみます > オリモノが多い時もあり 脾胃の陽気が不足して病的な「痰飲」を生じています。(陽虚痰凝) > 腰痛は持病 冷えやすい 陽虚は脾胃(こちらが主)と腎の両方で起こっています。 おすすめの漢方処方 A: 滌痰湯+右帰丸・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (半夏・枳実・茯苓・陳皮・党参・石菖・竹茹・天南星・甘草・肉桂・附子・生姜・熟地・枸杞子・山薬・莵絲子・杜仲・山茱萸・当帰)

★ 口臭/膿栓

女  37歳 もっとも治して欲しいこと:一番目:口臭、便臭、鼻臭  二番目:膿栓をなくしたい。  三番目:慢性扁桃炎、上咽頭炎  四番目:カンジダ症、低血糖症 口臭に悩んできました。周りの人からはっきり指摘された事も数回あります。 慢性扁桃炎と上咽頭炎がかなり前からあり、喉から膿栓という悪臭のする膿みのようなものが頻繁に出てきます。 膿栓は耳鼻咽喉科でたまに取ってもらっていますが、常に扁桃腺に膿が溜まっている状態で、それが原因なのか口臭がひどいです。 喉から黄色い、痰がよく出てきます。 鼻臭もひどいです。 カンジダ症もあり、舌は常に白くて、白いおりものも出ます。 甘いものを沢山食べるとお臍のあたりが痛くなり、口臭もひどくなります。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:普通 頭が重い 鼻づまり 鼻水 クシャミ 口 唇 舌:舌苔が厚い 口が臭い 歯茎が腫れる   喉 気管:喉が痛い 咳が出る 切れやすい痰が出る 腹部:臍の辺りが痛い 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 尿を失禁する 頸部 背 手腕肩:首が痛い 肩の痛み 腰 膝 下肢:腰がだるい 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい にきび リンパ腫 婦人:おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 舌苔が厚い 舌は常に白くて > 切れやすい痰が出る > 喉から黄色い、痰がよく出てきます。 > 甘いものを沢山食べるとお臍のあたりが痛くなり、口臭もひどくなります。 > 臍の辺りが痛い 痰が生成する原因は消化機能の衰えで「脾虚」といいます。(脾は生痰の源) 舌苔が白膩であることがその事を証明しています。 脾虚の人は甘いものを好み、またそれが原因になり脾虚を更に進めています。 > カンジダ症もあり白いおりものも出ます。 > リンパ腫 白帯下もリンパ腫も湿痰の症状のひとつです。 > 慢性扁桃炎と上咽頭炎がかなり前からあり、喉から膿栓という悪臭のする膿みのようなものが頻繁に出てきます。 > 口臭に悩んできました。 口臭は多分 膿栓のせいでしょう。 膿栓も痰の変形のひとつです。 脾(消化器)の働きを活発にすれば痰は生じなくなり、膿栓も出来なくなるでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 二陳湯加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (半夏・陳皮・茯苓・白僵蚕・党参・黄耆・白朮・貝母4 生牡蛎10)42

★ 胸の違和感

女  25歳 もっとも治して欲しいこと : のどの奥から胸の辺りがじわじわと、痛みは無く重いような違和感がある。 嚥下しづらいところもある。 親や学校の先生に相談したりしたが、あまり聞いてくれなかったり「気の持ちようによるものでは」といわれる。 不安、嫌なことやストレス、気候の変化?を感じると胸の重さが強くなる。 呼吸をするのも億劫になってくる。 やや怒りっぽく、神経質。 ちょっとしたささいなことで心配になったり、強い不安を感じたり心を揺さぶられやすい。 最悪パニックに陥ることもある。 全身:健忘症 だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 熱しやすく冷えやすい 顔面:普通 頭痛 目がまぶしい 鼻水 クシャミ 鼻が乾く 耳鳴り 口 唇 舌:舌苔が厚い 唾液が多い 口が乾く 喉 気管:喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る シャックリ 胸 脇:胸苦しい 腹部:腸が鳴る 大便 小便 陰部:痔が痛む 痔の出血がある 頸部 背 手腕肩 腰 膝 下肢:腰がだるい 腰が冷える 足が冷える 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:湿疹 にきび 婦人:月経痛がある 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > のどの奥から胸の辺りがじわじわと、痛みは無く重いような違和感がある。 > 心配になったり、強い不安を感じたり心を揺さぶられやすい。 > 舌苔が厚い > 喉が詰まった感じ 切れやすい痰が出る 漢方に"怪病に痰多し"という言葉があります。 なんとも原因不明の病気(怪病)には痰が原因となっている場合があるという事です。 痰が心胸部位にあって気機を阻害し昇降作用が失調すると息苦しく呼吸困難になります。 またこの痰が咽喉を梗阻すると「梅核気」という喉のつっかえも起こります。 おすすめ A: 半夏厚朴湯加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (半夏・茯苓6 厚朴・紫蘇葉3 生姜1 鬱金・香附子5)29

5. 痰と咳

男  46歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目 咳 ひと月ほど前に風邪ひいてからずっと咳がでる。 肺が弱いのか、20代のころ肺気胸で手術をし、それ以後も空咳が習慣的に出る。 今は歌をうたうと喉に痰がからむ、冷気に触れると咳がでる。夜は咳はでない。良く眠れる 二番目 足(ふくらはぎ、膝うら)のだるさ 夕方以降 足がだるくて仕方がない。特にふくらはぎがだるくて、マッサージをしてもらうとよくなる。 これも風邪を引いて3日目からずっと続いている。 三番目 目のかすみ(今年に入って特に、朝目がかすんで書類が見えない) その他の身体状況:舌が大きい、先端が赤い、赤い斑点がある 全身:だるい 汗をかきにくい 顔面:目がかすむ 鼻水 口 唇 舌:口は乾かない 喉 気管:咳が出る 切れやすい痰が出る 大便 小便 陰部:下痢 切れが悪い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:湿疹 にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ひと月ほど前に風邪ひいてからずっと咳がでる。 > 今は歌をうたうと喉に痰がからむ、冷気に触れると咳がでる。 ひと月だと既に外感の邪(肺寒)はなく、内因としての脾虚による痰湿が残留しています。 > 風邪を引いて3日目からずっと足(ふくらはぎ、膝うら)のだるさ むくみがある > 背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 肌肉・四肢は脾によって滋養されているのですが脾虚のためだるさや痺れになっています。 > 朝目がかすんで書類が見えない 風痰上擾で「痰湿」の仕業です。 “漢方まんだら”に「今年の風邪と六安煎」の例が出ていますので参考にして下さい。 おすすめの漢方処方 A: 六安煎加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (半夏・陳皮・茯苓・白芥子・杏仁・貝母・白朮4 枳殻3 甘草2 生姜1)34 800証候