8.25寒湿困[蘊]脾証
 寒湿内盛,困阻脾陽,以[月完]腹脹悶,口膩納呆,泛悪欲嘔,口淡不渇,腹痛便溏,頭身困重,
或身自発黄而晦暗,或白帯量多,体胖,舌淡胖,苔白膩,脈濡緩等為常見症的証候。
 同義詞:湿困脾陽証;太陰寒湿証;寒湿中阻証,



1. 腹満と便秘 2. ゲップ/下痢 3. 梅雨時の不調

1. 腹満と便秘

男 35歳 もっとも治して欲しいこと:一番目:胃が風船のように張る事  げっぷを出したいのに出なくて喉に違和感があり胃が膨れて胸が苦しく喉に違和感がある。 その影響か、小食になり体重が減って慢性的な疲れ、生命力の低下を感じるようになった。 その他、腕を組むと胃を圧迫して吐き気がある。 二番目:下腹部が痛くなるまで便秘する事  便通がほとんど無く、下腹部が痛くなるぐらい溜め込んだ後の翌朝に500mlの牛乳を飲むと 1日かけて下痢して全て排泄している。  現在は、晩に市販の大黄甘草湯を半錠服用している。 すると翌日には催しますが小出しに何度も排泄しますが快便はなく残便感が残る。 三番目:にきび。毛穴などの角栓から吹き出物が発生し赤いにきびに発展する。 全身:だるい 気がふさぐ 痴呆(ぼけ) 健忘症 怒りっぽい さむけ(夏でも羽毛布団)    汗っかき 熱しやすく冷えやすい 不眠 眠ってばかり(昼眠い) 顔面:赤い 瞼がむくむ(朝) めまい 頭痛 頭が重い 目が赤い 鼻が乾く  口 唇 舌:舌がもつれる 喉 気管:喉が詰まった感じ 声がかすれる(声が出にくい) ゼイゼイ音がする(実際には聞こえない)     切れにくい痰がある(咳払いで取れる) 胸 脇:胸が痛い 胸苦しい 胸やけがする 吐き気がある(腕を組んだ時) 腹部:胃の辺りが痛い 腹が張る 食べてもすぐ腹が減る(すぐ満腹で食べれない) 大便 小便 陰部:便秘 下痢 便秘と下痢をくりかえす 排尿痛がある(日に1度程度) 切れが悪い 尿が濁る 皮膚 頭皮 毛髪:おできや化膿 にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 血圧は55-100前後で朝は平衡感覚鈍く地面が斜めに見える事があり、そのまま壁にもたれる。 > さむけ(夏でも羽毛布団) > 小食になり体重が減って慢性的な疲れ、生命力の低下を感じる > 下腹部が痛くなるまで便秘する 消化器(脾胃)の陽気が乏しくなり冷えて、 > 胃が膨れて苦しい。 > 腕を組むと胃を圧迫して吐き気がある。 気の昇降機能も低下しています。 > 切れにくい痰がある(咳払いで取れる) > 胸やけがする > すぐ満腹で食べれない 脾気虚のため痰湿が内生しています。 > 毛穴などの角栓から吹き出物が発生し赤いにきびに発展する。 痰湿が長引くと熱化してニキビを生じます。 ブログ記事の「飽食と腹脹(腹満)」を参照してください。 おすすめの漢方処方 A: 升陽益胃湯加減‥‥‥(煎じ薬)  (黄耆・人参・半夏・白芍・防風・羌活・独活・橘皮・茯苓・甘草・沢瀉・茯苓・白朮・柴胡・黄連)

★ ゲップ/下痢

男  28歳 もっとも治して欲しいこと: 2年前から食中、食後3〜4時間〜終日の腹部膨満感、ゲップ。胸の不快感、喉の違和感。 起床してスグ出る事もあります。出したくても出ないこともあり、出るまでは上腹部が苦しいです。 胸も詰まった感じと、熱い感じがあります。 体や手足のほてりも強いです。急に体がカっと熱くなる事もあります。 睡眠も夜中、早朝に目が覚め、早い鼓動音が気になってそれからなかなか寝付けません。 頭の後ろの頭痛もたまに有り、顎を大きく開くとカクカク鳴ります。 便は基本的に慢性の下痢っぽく緩いです。便秘はしたことありません。 全身:怒りっぽい 不眠 顔面:普通 頭痛 目が赤い 鼻づまり 鼻水 濃い鼻汁 耳鳴り 口 唇 舌:口が苦い 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 咳が出る 切れやすい痰が出る 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 胸やけがする ただの水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 腹が張る 大便 小便 陰部:下痢 脱肛 痔の出血がある 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肩の痛み 手指がしびれる 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 食中、食後3〜4時間〜終日の腹部膨満感、ゲップ。胸の不快感、喉の違和感。 > 慢性の下痢っぽく緩いです。便秘はしたことありません 「旋覆代赭湯の応用」を参照してください。 寒湿内欝 (寒湿の邪が脾の消化機能を妨げている場合) の証に該当します。 次のホームページを参照して下さい。 おすすめの漢方処方 A: 旋覆代赭湯加減‥‥‥(煎じ薬)  (旋覆花1.5 代赭石・瓦楞子5 党参・半夏・刀豆・厚朴・枳殻2 柿蒂・陳皮・霍香2.5 丁香・蒼朮1 砂仁・白寇仁0.5)32

★ 梅雨時の不調

女  24歳 もっとも治して欲しいこと : 梅雨時の湿気の多い時期の不調が治らない。  六君子湯、当芍丸、半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、勝湿顆粒、麦味散、防風通聖散、を飲んだことがあります。 だるい、気がふさぐ、怒りっぽい、ねむってばかり、汗っかき、さむけ 白い、たまにめまい、頭痛、動悸がする、吐き気がある、呼吸困難、 腸が鳴る、食欲不振、嘔吐しやすい、手足が痺れる、全身倦怠感、 食事量が少ない、震える、不安感が強い、 肩凝り、便秘と下痢、月経量が少ない、月経が遅れる、生理痛がある、 むくみあり、冷え症、代謝が悪いからか痩せにくい、(これが1番の悩みです) とにかく湿熱をからだから追い払い、代謝をよくし、元気になりたい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 梅雨時の湿気の多い時期の不調が治らず > だるい、吐き気がある、食欲不振、嘔吐しやすい、食事量が少ない、むくみあり、冷え症、代謝が悪いからか痩せにくい、 > 湿熱か痰湿の症状かと予測しています。 おっしゃる通り“湿”が停滞しています。 原因は脾胃の消化機能の低下です。 単に健胃薬や消化剤を服用するだけでは解決しません。 今まで飲んできた「六君子湯、半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、勝湿顆粒」などは皆 脾胃の働きを助け、 痰湿を去るものばかりなのに何故効かなかったのでしょうか? それは気虚や痰湿のほかに昇降機能を改善することを考えなかったからです。 胃気は下降し(濁気降下)、脾気は上昇する(清気上昇)のが正常な状態です。 脾胃気虚がスタートで、次に痰湿が溜まりますが、そこで止まらないで更に“清陽下陥”または“脾陽下陥”へと進みます。 こうなると溜まった湿濁はゴミとなって、発酵すれば熱をも発します。 それは「脾胃虚弱而湿邪不化,陽気不升之証」すなわち湿困脾陽証です。 おすすめの漢方処方 A: 升陽益胃湯‥‥‥ (煎じ薬) (黄耆4 半夏・人参・羌活・防風・白朮・独活・茯苓・沢瀉・白芍3 柴胡・陳皮2 黄連・甘草1)37 800証候