9.31寒滞肝脈[経]証
 寒邪侵襲,凝滞肝経,以少腹冷痛,或陰器収引疼痛,或巓頂疼痛,遇寒痛増,得温痛緩,悪寒肢冷,嘔吐清涎,
苔白,脈弦緊等為常見症的証候。 同義詞:肝経実寒証;肝寒証,


1. 睾丸痛(寒疝) 2. 3.

1. 睾丸痛(寒疝)

男 44歳 もっとも治して欲しいこと:一番目、医師から言われた、心因性と思われる尿意切迫感。  二番目、慢性前立腺炎に伴う左睾丸部の痛みと、座席時の圧迫刺激による尿意切迫感 昨年10月、突然の強烈な尿意切迫感を感じ、排尿後も3分と持たずトイレに立ちたくなる尿意切迫に遭う。 泌尿器科を受診し、神経性頻尿と診断。さらに慢性前立腺炎とも診断される。 発症当日から不眠が3日続き、動悸、めまい、肩こり、頭痛も毎日併発。 特に就寝時の尿意切迫と動悸が酷く、精神的にも壊れた状態となる。 急激な尿意切迫は2日ほどあるが沈静化。 現在は左睾丸の痛みと、痛み刺激による尿意切迫感があり、運転仕事や事務仕事に大変支障が出ている。 精神的にも壊れたのか、動悸や足の甲の痛みを感じるほどの冷感、時折眼球奥の痛みと、頭痛、肩こり。 緊張が強い場合、動悸に加え、後頚部の痙攣、顔面の引き攣りが生じている。 対人恐怖症にでもなった気がして、ますます、精神的に滅入っている。 今一番気になっているのは、左睾丸部の引きつった痛みと、座席時の圧迫刺激による尿意切迫感。 二番目にきになっているのは、極度の神経過敏や、恐怖症。 全身:健忘気味 怒りっぽい さむけ 入眠困難 考えがま止まらない 焦る 緊張時に後頚部がこわばる 顔面:普通 瞼が凹む 顔面痙攣  頭痛 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い 口 唇 舌:口が苦い 口が臭い 舌がもつれる 口が乾く 喉 気管:声がかすれる 胸 脇:動悸がする 腹部:ヘソの奥にも動悸がする 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 切れが悪い 痔が痛む 痔の出血がある インポ(不完全勃起)          左睾丸部の引きつった痛み 鼠径部の冷感 頸部 背 手腕肩:背中が凝る 手指が痙攣する 腰 膝 下肢:足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 左睾丸部の痛みと、座席時の圧迫刺激による尿意切迫感 前立腺炎よりも むしろ睾丸炎に近いものです。 《金匱要略》という昔の書物に「寒疝」という病気が出てきます。 陰嚢が冷痛して腫硬し、痛みが睾丸へと引き、陰茎は挙らず(勃起不全)、暖めるのを喜び寒さを畏れ、 形寒く肢冷等がある。 これは寒邪が厥陰(肝)経を襲ったからである。 例えば湿地に坐臥したり寒い時期に河を渉ったり、雨雪を冒したり磚石(レンガ)の上で臥坐したり、 風冷の処で過労になったりしたのが原因である、と書かれています。 > 足の甲の痛みを感じるほどの冷感、時折眼球奥の痛みと、頭痛、肩こりに悩まされる。 > 後頚部の痙攣、顔面の引き攣りが生じている。 肝経は鼠径部や性器を通って下肢へと降りています。 それで足の甲の痛みや冷感を感じます。 また肝は目・脳天・筋肉をつかさどるので眼痛・頭痛・肩こり・痙攣などを現します。 > 心因性の原因があると見て、極度の神経過敏や、恐怖症が根底にあると思います。 心の問題は二次的に現れたもので、主なる原因ではありません。 余りにも症状が強かったために精神的に煽りを食ったのでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 暖肝煎・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (当帰・小茴香・烏薬・茯苓6 枸杞子9 肉桂・木香3 生姜1)40 800証候