9.32.4肝血虚動風証
 肝血虧虚,虚風内動,以肢体震顫、麻木、掻痒、拘急,頭暈眼花,面白,舌淡,脈弱等為常見症的証候。


1. 瞼がピクピクする 2. 3.

1. 瞼がピクピクする

女 68歳 もっとも治して欲しいこと: 四ヶ月くらい前から左目の上瞼が時々ピクピク し始めた。  気にしなかった。最近は二日に一度くらい痙攣し しばらく続く。 多いときは一日三度くらい。 目を開けてるのがしんどくなる。眼帯して歩きたい心境。 治ると視力や視野には関係ない。 半月前に 30分くらいテレビ見ていて 急に 電波障害のように画面がピカピカし 気が付くと 自分の左目の下瞼の方を中心に 目薬点眼したように水っぽい感じ・・真ん中はハッキリ見えるのに足元を見るときに 水中で目を開けてるように物が見える。 ガラスのようにキラキラしていたり、シャポン玉に光を当てたように柔らかな虹色に見えたり。 目をつむっても 水っぽい光方は消えず ずっと続いた。 視力検査や眼底検査も色々したが、異常無しの診断結果。 そのあと 夜まで目の回りが重い感じがした。 病院に行く前に軽い頭痛を感じた。 左目のチック症状は 二日に一度くらいの割りになってきて不安。 [下肢]:半年前 起立性低血圧 (椅子から立つと115→90に下がる) [目]:まぶしい感じはあり。25才で一人息子を出産後 目が弱視気味。 [汗]:子供の頃から汗を掻いた記憶がないほど 真夏でも平気。昨年の異常熱帯日続きもクーラー使用ゼロ。 [肩]:肩凝りは異常な固さと言われる。 昨年末 インフルエンザ予防接種時に検温で33.5度の超低体温と解り 三回やり直しました。 食欲は自分では満腹感・空腹感ともになく 点滴針が入りにくくなり やり直しは4〜5回は常。 食べてくださいていわれて義務感で食べているだけですが。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 四ヶ月くらい前から左目の上瞼が時々ピクピク し始めた。 瞼は脾胃がつかさどる分野です。 ピクピクするのは風(ふう)の現象で、内因による内風ゆえ肝風になります。 肝が旺盛で脾が虚していると、肝は脾に乗じて瞼に風を起こします。(脾虚肝旺而生風) > 真ん中はハッキリ見えるのに足元を見るときに 水中で目を開けてるように物が見える。 > 目をつむっても 水っぽい光方は消えず 眼は肝がつかさどる分野です。 肝風による眼花という現象です。 > そのあと 夜まで目の回りが重い感じがした。 > 病院に行く前に軽い頭痛を感じた。 > 半年前 起立性低血圧 (椅子から立つと115→90に下がる)。 > 25才で一人息子を出産後 目が弱視気味。 みな肝風による眩暈・頭痛・視力減退です。 > 肩凝りは異常な固さと言われる。 筋肉も肝がつかさどる分野です。 肝血虧虚により虚風が内動して筋肉が拘急します。 > 子供の頃から汗を掻いた記憶がないほど 真夏でも平気。 > 検温で33.5度の超低体温 肝血虧虚、いわゆる血虚です。 暑さに耐えられても寒さには弱いでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 補気鎮驚湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (黄耆8 柏子仁4 遠志・菖蒲・茯苓・当帰・白芍・酸棗仁・半夏3 川弓・胆南星2 細辛・甘草1)39 800証候