9.37肝胆湿熱証
 湿熱内蘊,肝胆疏泄失常,以身目発黄,発熱,口苦,脇肋脹痛,或脇下有痞塊,納呆嘔悪,厭油膩,
尿黄,舌紅苔黄膩,脈滑数等為常見症的証候。


1. 頭皮の脂漏性皮膚炎 2. 頭皮が痒くて抜け毛が多い 3. 脂性肌 4. インポ 5. 眠い/疲れやすい/掌蹠膿疱症

1. 頭皮の脂漏性皮膚炎

女 28歳 もっとも治して欲しいこと:【一番目】頭皮の脂漏性皮膚炎  4年程前、頭皮を触る癖が付き、その頃から頭皮のかゆみ・フケ・赤みが出るようになった。  毎日シャンプーしても数時間後にはかゆみが出る。  朝起きると、枕にフケが付き、髪を振るとパラパラ落ちてくる。  かゆみは、後頭部の耳上3cmあたりとうなじの生え際、おでこの生え際から頭頂部にかけてがひどい。 【二番目】皮膚の湿疹・ニキビ・掻痒感  こめかみ・あご・おでこ・頬に、ぶつぶつとたくさん吹き出ている。  突起の先端が乾燥し、くすんだ赤っぽい色になっている。  他の部分も全体的にボコボコしている。毛穴が黒く目立つ(黒ニキビ)。  乳液やクリームを塗らなくても、油っぽくなる。  身体は、耳の裏・胸の間・背中が油っぽく、ぶつぶつができて、かゆい。  掻くとみみず腫れのようになる。(もともとなりやすい。) 【三番目】便秘  高校生の頃から便秘になり、かれこれ10年以上経つが、慢性化している。  ひどい時で8日間ほど。平均で3〜4日出ない。  生理前になると決まって悪化する。  意識して水を多く飲むと出やすくなるが、普段からあまり水を多く飲むほうではないため難しい。  10ヶ月ほど前に思い切って胃腸内科で大腸顕微鏡検査を受けたが、原因は見当たらず。  ただし長年の便秘のためか、腸壁に炎症が見られた。 全身:汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 顔面:赤い(もとはオークル系の色白) 鼻が乾く 口 唇 舌:唇の皮が剥けやすい 歯茎から血が出る 口が乾くが飲みたくない 喉 気管:痰は無い 腹部:腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘 尿が濃い 痔の出血がある 腰 膝 下肢:足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 かゆい 湿疹 にきび フケ性 婦人:血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 頭皮のかゆみ・フケ・赤み > こめかみ・あご・おでこ・頬に、ぶつぶつとたくさん吹き出ている。 > 耳の裏・胸の間・背中が油っぽく、ぶつぶつができて、かゆい。 > 便秘  尿が濃い  おりもの 湿と熱が合わさって「湿熱」になると上のような症状が現れます。 なぜ湿熱がたまるかというと、肝の疎泄作用が滞って肝胆の経絡(通り道)に居残るからです。 おすすめの漢方処方 A: 升降散+竜胆瀉肝湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (白僵蚕・蝉衣・姜黄・大黄・竜胆・沢瀉・木通・車前子・当帰・柴胡・生地・黄岑・山梔子・甘草)

★ 頭皮が痒くて抜け毛が多い

女  28歳 もっとも治して欲しいこと: 頭皮が痒くて抜け毛が多い 全身:だるい さむけ(足先のみ)微熱(いつも37度台)不眠 顔面:瞼がむくむ 頭痛 鼻づまり 口 唇 舌:歯茎が腫れる 喉 気管:声がかすれる 胸 脇:胸が痛い たまに吐き気がある 腹部:腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい にきび リンパ腫 抜け毛(洗ってもにおいがあるときがある) フケ性 婦人:月経量が少い 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > いつも頭皮が痒くて抜け毛が多い > 瞼がむくむ > 腹が張る たまに吐き気がある > 足が冷える むくみがある > 抜け毛(洗ってもにおいがあるときがある) フケ性 > おりもの あまり胃腸が強くなくて「湿」が溜りやすい体質のようです。 湿が長く居座るとやがて熱を帯びてきて「湿熱」になります。 湿熱は体の上部ではフケや痒みや抜け毛になります。 体の下部ではむくみやおりものになります。 おすすめの漢方処方 A: 清脾朮苓湯・・・・・・・・・・(煎じ薬) (茯苓・白朮・蒼朮・黄岑・麦門冬・山梔子・沢瀉・芒消・枳殻3 連翹5 茵陳蒿4 生地黄10 灯心草・竹葉1 生甘草2)50

★ 脂性肌

男  38歳 もっとも治して欲しいこと : 顔全体を中心として、首周り・頭皮・胸・背中の酷い脂性肌。顔が際立って酷い。  高校時代から今まで22年間。季節問わず脂性肌。 ニキビは夏はあまり出ず、冬になると化膿も伴ったりして顎や鼻、頬、フェイスライン、額など全体に出やすい。 背中や胸、お尻にも出来やすい。 若い時は脂性肌と共に常にニキビ酷かったが、ニキビはだんだん落ち着いてきたが酷い脂性肌だけは変わらない。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい・・これらは脂性肌のせいで 夏だけ汗っかきで手足の平もしっとり。 熱しやすく冷えやすい 睡眠短いと翌日カラダが熱く感じる 気温が22度以下になると酷い末端冷え性が出る。ずっと室内にいても手足しもやけ。 顔面:色は白いがやや赤みがある(色白だけどニキビ跡と敏感肌のせい) 口 唇 舌:舌がもつれる(滑舌が悪い・声が細い) 口内炎がよくできる 口は乾かない 喉 気管:痰は無い 扁桃腺が腫れて熱出すことが多かったが、最近は少ない。 胸 脇:動悸がする(緊張したとき) 腹部:人並み以上に食べるが、痩せすぎ。特に上半身胸まわりが。 大便 小便 陰部:便秘(冬場になることが多い)、下痢もするほう。 頸部 背 手腕肩:最近、肩と首が凝ることがある。昼寝して起きたときに何故か両手がしびれていることがある。 腰 膝 下肢:腰が弱い 足が冷える(冬のみ) こぶらがえり(たまに) 足の裏がほてる(夏のみ) 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) おできや化膿 にきび その他: 耳がよく電車でトンネルに入った時のようになる。 爪水虫が治らない。 タバコ吸わない。アルコールは時々。 耳あかはいつもしっとり濃い色。 人一倍蚊に刺される。 運動不足は否定できず。 ヒゲも体毛も毛深くはない。 頭髪は白髪が1,2本のみで、全く薄くなってもいない。 のど仏が人一倍突き出している。 性欲はいつもある。 歯並び悪い。虫歯もある 母親がわりとニキビあったらしい。 朝起きるとしっとり目ヤニがついている。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 顔全体を中心として、首周り・頭皮・胸・背中の酷い脂性肌。顔が際立って酷い。 > 夏だけ汗っかきで手足の平もしっとり。 熱しやすく冷えやすい > 爪水虫が治らない。 > 耳あかはいつもしっとり濃い色。 > 人一倍蚊に刺される。 > 朝起きるとしっとり目ヤニがついている。 どれも湿熱の症状ばかりです。 > 性欲はいつもある。 これも肝胆経に熱があると性器を興奮させます。 あまりひどいと精気を消耗します。 おすすめの漢方処方 A: 竜胆瀉肝湯・・・・・・・・・・(煎じ薬)   (沢瀉・木通・車前子・生地4 当帰・柴胡・黄岑・山梔子3 甘草・竜胆2)32

★ インポ

男  53歳 もっとも治して欲しいこと : インポ 喉の渇き 多汗  10日位前から激しい喉の渇きとものすごい汗、同時に性欲もなくなり全く勃起しなくなりました。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき 寝汗をかく 眠ってばかり 顔面:普通 頭が重い 目が赤い 目が痛い 耳から汁がでる 口 唇 舌:口が臭い 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管:痰は無い 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘切れが悪い 尿が濃い インポ 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い かかとが痛い 足がだるい 立ち仕事の影響かも? 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 湿疹 フケ性 若白髪 頭部に湿疹がありかなり痒い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 10日位前から激しい喉の渇きとものすごい汗、同時に性欲もなくなり全く勃起しなくなりました。 > 耳から汁がでる > 尿が濃い > かゆい 湿疹 フケ性 若白髪 頭部に湿疹がありかなり痒い これら から「湿熱」が多そうです。 湿熱がこもりやすいのは肝胆の経絡です。 肝胆二経は陰部を通ります。 湿熱がこの経絡を阻害すると陽痿になります。 おすすめの漢方処方 A: 竜胆瀉肝湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)   (黄岑・山梔子・車前子・沢瀉・茯苓・赤芍5 竜胆・柴胡・当帰・牛膝3 甘草1)44 蜈蚣三

★ 眠い/疲れやすい/掌蹠膿疱症

女  44歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目 酷い倦怠感、非常に疲れやすい。  30代から生理前緊張症と生理痛でひと月の半分くらいは体のだるさ、眠気、背中や肩のこりで悩まされていました。 多忙時は口内炎(ヘルペス)をくりかえしていました。 40代になって激しい舌炎や歯茎の腫れの痛みで食事が取れなくなったり、 厳寒期に必ずぎっくり腰に近い激しい腰痛(暖めるとましになる)になる。 すぐに疲れる、スタミナがない感じで何事も億劫でこの先に悲観的になってしまいます。 頭がどんよりして回転が非常に遅い、一日中眠くてたまらない。 二番目 両足裏の皮膚疾患 掌跡嚢胞症ではないかと思っています。 足の裏と側面と指のまたが全体に赤くなっており、猛烈なかゆみを伴います。 1−2ミリ径の透明な水泡が指先などにでき、(日が経過すると中が黄色くなる)足裏全体の皮膚が肥厚しています。 梅雨時から夏場に特にかゆみと嚢胞がひどくなります。 三番目 良性ポリープなどをなくしたい。 人間ドックで5年以上経過観察扱いになっているものがいくつかあります。 いずれも良性のものですが、悪性に転化しないか長期観察をすすめられ、憂鬱の種です。 子宮頸管ポリープ、胃腺底ポリープ、乳房の嚢胞、肝臓の肝血管腫です。 20代より右前額部に限局して白髪。 太ももに赤紫色の糸のからまったような模様(クモ状の血管のようなもの)が浮き出ています。(血おの症状だと聞いたことがあります) 全身:だるい 気がふさぐ 痴呆(ぼけ) 健忘症 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 眠ってばかり (いつも眠い。一仕事をしては目を開けていられない程の眠気に襲われ、食事の前も後も眠い。よく眠れるし、目覚めもよい) 顔面:普通 目が赤い 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌:口が臭い 口は乾かない 舌のふちが歯形状 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿 非常におならが臭い おならが多い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足の裏がほてる(夜) 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい(両足の裏) 湿疹(両足の裏) さめ肌(とくに脚) 抜け毛(非常に多い) 若白髪 婦人:月経量が少い 月経痛がある 月経が早くなる 血の塊が混じる おりもの(透明-うすいクリーム色) 乳房にしこり −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 非常に疲れやすい > 舌の歯形痕より湿があると思う > 目を開けていられない程の眠気に襲われ、食事の前も後も眠い。 これだけなら虚証の方へ考えるかもしれません。 > 足の裏と側面と指のまたが全体に赤くなって、猛烈なかゆみを伴います。1−2ミリ径の透明な水泡が指先などにでき > 梅雨時から夏場に特にかゆみと嚢胞がひどくなります。 しかしこんな症状を見ると邪実であることは間違いありません。 (邪実とは邪が実していて実証のこと、対して正気が虚なら気虚の虚証というふうに虚実を定義します) 足の水泡と痒みから湿熱があることは、これもまた間違いありません。 胆経は足の裏から始まるので胆経湿熱が予想されます。 > 口内炎(ヘルペス)をくりかえしていました。 > 激しい舌炎や歯茎の腫れの痛み > 非常におならが臭い > おりもの(透明-うすいクリーム色) > 足の裏がほてる(夜) みな湿熱を裏付けています。 > 厳寒期に必ずぎっくり腰に近い激しい腰痛(暖めるとましになる)になる。 とすると、きっとこれも湿熱と関係があるのでしょう。 寒い時期に起こるからといってすぐ寒気に結び付けてはいけません。 寒期にはカロリーの高い食べ物を多く食べるので湿熱が溜まりやすい事もあります。 > 子宮頸管ポリープ、胃腺底ポリープ、乳房の嚢胞、肝臓の肝血管腫 > 20代より右前額部に限局して白髪。 湿熱が長く停滞するとポリープや嚢胞や血管腫へと形を変えていく可能性が大です。 また湿熱の熱が長引き、散血すれば血虚となり若白髪の原因にもなります。 > 太ももに赤紫色の糸のからまったような模様(クモ状の血管のようなもの)が浮き出ています。(血おの症状だと聞いたことがあります。 これも淤血ではなく、湿熱による毛細血管のアレルギー的表現かも知れません。 おすすめの漢方処方 A: 二妙丸加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (蒼朮・黄柏・黄耆・党参・意苡仁・忍冬藤・蒲公英・茯苓・沢瀉4)36 800証候