メール相談例 05
1. 胆道閉鎖症
2. 


★ 胆道閉鎖症

女 生後 約6ヶ月 もっとも治して欲しいこと:胆道閉鎖症 生後4ヶ月で「胆道閉鎖症」であると診断され、葛西式手術を受けた。 胆汁そのものが排出されるようになったのは確認されました。 しかし将来的にはおそらく肝臓移植が必要になるだろう、と言われています。 肝臓移植の時期を少しでも遅らせるために漢方で何か有効な治療法はないものか。 全身 : 午後から熱が高くなる(平熱が36度半、熱が上がると37度)     汗っかき(眠っている時、頭部が濡れるほど汗をかいている) 便 : 普通の便より白っぽい。普通の便が茶色だとすれば黄色っぽい。 顔面 : 目がかゆいのか、しきりに手で顔をこすることがある。 腹部 : 肝臓が肥大している。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胆道閉鎖症 肝胆は表裏の臓器で、漢方では少陽経の病変として現われ、病位は半表半裏にあります。 この少陽胆経に「湿熱」の邪が止まり経気が疎通しないと胆道閉鎖を起こし黄疸がでます。 >眠っている時、頭部に触ると手が濡れるほど汗をかいている……目合則汗 >午後から熱が高くなる……寒熱往来 特徴は「目合則汗,兼有寒熱往来,兩脇滿悶,口苦,欲吐,舌苔薄黄」と書かれています。 >目がかゆいのか、しきりに手で顔をこすることがある。 >肝臓が肥大している 「肝は目に開く」といい黄疸も一番先に目に現われます。 <漢方まんだら>のページの中の A-2熱>B-1肝 熱留少陽005 (熱が半表半裏の間に留まる/少陽病) の証パターンが可能性として考えられます。 すなわち「傷寒化熱入裏・邪在半表半裏」という状態だと想像されます。 これに対しては「散寒清熱・升発少陽経気」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1)小柴胡湯(しょうさいことう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次