メール相談例 100
以下の例はすべて 飲食積滞 (不消化物は胃中で宿食となる/食積証) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 臭いげっぷ
2. 食後の膨満感
3. 便やガスが異常に臭い
4. 口臭
5. 食べ過ぎた時の胃痛


★ 臭いげっぷ

男  21歳 経過 :   食後、数時間経過後もげっぷをすると、腐敗臭のような、以前に食事したものの臭いがします。 舌苔は少なく、熱はないのですが、いつも体が熱っぽく感じます。 消化不良かわかりませんが、腹部の皮下脂肪はかなりあります。 つかめる程度ですが、、、。 何かこのげっぷに対して改善効果のある漢方薬や対処法ありませんでしょうか? 全身 : だるい  怒りっぽい  微熱   汗が出る  不眠 顔面 : 白い  普通  目がまぶしい 目が痛い 額と鼻から脂汗(鼻からの汗はきつい臭い) 口 唇 舌 : 口が臭い 唾液が多い 口は乾かない 喉 気管 : 喉が痛い 胸 脇 : 酸っぱい水が上がる 腹部 : 胃の辺りが痛い  腸が鳴る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  漢方の古典には「飲食自ら倍すれば腸胃すなわち傷(ヤブ)る」とあります。 暴飲暴食は食滞を招き、脾胃の健運を失調させます。 「食滞」とは“卵の腐ったようなげっぷをし、酸っぱい胃液が上にあがってくる”とか、 “噫気 <アイキ>(おくび)”が出て、口臭、不消化、悪心、胸悶などの症状を伴います。 > 酸っぱい水が上がる > 胃の辺りが痛い というのも含めて、暴飲暴食・食物停滞の為に運化失調(消化不良)となり、 消化器官に「湿熱」が停滞したものです。 おすすめの漢方処方 (1) 加味保和丸(かみほわがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 食後の膨満感

男  21歳 病名と経過 :   子供の頃からそうだったのですが、食事をしたあと大きくお腹が張り 膨満感がすごく、腹痛を起こすこともあります。 腹痛はひどいことが多く、下痢が完全に排出されるまで止まりません。 食欲はふつうですが多少食べ過ぎることもあります。 体型は筋肉質ですが、他の部分に比べて腹周りや下腹部に脂肪が多いです。 この症状が1年程前から強く感じられるようになりました。 2年程前から生活が不安定になり、睡眠不足や食事を取らないなどの ことが多くなりました。そのせいで頭皮が傷んでしまい禿げかかった のですが、4ヶ月前から生活リズムを改善することで禿げは治りました。 しかし腹部の膨満感だけはなかなか治りません。 全身 : 不眠 顔面 : 普通 胸 脇 : 酸っぱい水が上がる 腹部 : 腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >食欲はふつうですが多少食べ過ぎることもあります。 《医学正伝》という昔の書物には「この病気の原因の多くはほしいままに 辛酸のものを食し、ほしいままに熱い酒を飲み、また寒涼生冷のものを食す ことを繰り返していると胃腸の具合は“朝傷暮損,日積月深”に弱ってきて、 ついには腹痛を起こす。」と書かれています。 これを「食傷脾胃証」といい、飲食不節によって「食滞中阻,脾胃納化失常,升降失司」 の状態になっているのです。 症状としては「胃腹脹滿疼痛、嘔吐酸腐,曖気厭食或腸鳴腹痛、瀉下糞便、 臭如敗卵或大便秘結」となります。 >食事をしたあと大きくお腹が張り膨満感がすごく、腹痛を起こすこともあります。 >腹痛はひどいことが多く、下痢が完全に排出されるまで止まりません。 >胸 脇 : 酸っぱい水が上がる >大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす まったく同じですね。 更には次の様に進行します。 「若遷延日久,傷津脱液導致脾胃虚弱,飲食稍多即欲吐或瀉、胃納不佳、口渇不欲飲、 面白少華、倦怠乏力,四肢不温、舌質淡、脉細弱等脾胃虚寒之症。」 (もしもこれが長引くと体に必要な水分が不足し、脾胃が弱くなる。 一寸食べ過ぎただけで胃にもたれて吐き気や下利が起こり、食欲は減り、 口は渇いても左程飲みたくもなし、顏の血色が悪く、体がだるく、冷え性になる。 これは脾胃虚寒之症である。) おすすめの漢方処方 (1) 加味保和丸(かみほわがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 便やガスが異常に臭い

男  18歳 もっとも治して欲しいこと : 便やガスが異常に臭い(便が下痢でない時はあまり臭わない)、 下痢などをよく起こす。 全身 : たまにだるい 顔面 : 白い  鼻水 胸 脇 : 胸やけがする  時々吐き気がある 腹部 : 腸が鳴る 大小便陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  血便 腰膝下肢 : 手も足も冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >便やガスが異常に臭い(便が下痢でない時はあまり臭わない)、下痢などをよく起こす。 下利便に穢臭がするのは実熱証です。 虚寒証では大便清稀といって余り臭いません。 実証で下痢するのは通常では「食積腹瀉」以外にはありません。 >胸 脇 : 胸やけがする  時々吐き気がある >腹部 : 腸が鳴る >大小便陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  血便 すべて「食積(食滞・宿食)」と関連があります。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 脾胃には陰陽昇降があります。 脾は陰に属して昇を主り、胃は陽に属して降を主る。 昇はすなわち精を昇することを指し、降は濁を降することを指している。 精とは食物中の精微と栄養をいい、濁とは食物中の糟粕と廃物をいう。 水穀の精気は脾に上輸されて後、人体各部に栄養として四布され、生命を維持する 作用を発揮する。 糟粕と水分は大小腸と膀胱の働きによって清と濁に分離され、体外に排出される。 昇と降の異常は病的現象をひき起こす。 胃では胃気不降になって降せず、また不降しないばかりかかえって昇するという 二種の状態が起こり、胃気不降すなわち糟粕が順次下方へ伝送されず、 上焦ではのどや食道がつまり、中焦では胃部痛や腹脹し、下焦にあっては便秘となる。 不降反昇では、嘔吐、げっぷ、しゃっくり、反胃などの証をひき起こす。 病が長引きなかなか治癒せず、あるいは外邪を挟在するようなときには「食積」と いう病理産物を発生することになる。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 食積(食滞・宿食)のきっかけは暴飲暴食ですが、生来脾胃が虚弱なことが上げられます。 下利便が異常に臭いのは宿食が停滞していて消化せず、残渣を混有しているからです。 「腹脹滿,曖腐(げっぷ)、呑酸、厭食,舌苔垢膩」もあることでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 加味保和丸(かみほわがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口臭

男  23歳 もっとも治して欲しいこと : (1)慢性的強い口臭(2)脂肪肝(3)肥満                防風通聖散を服用した結果、舌苔は減少したものの口臭に変化はなし。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  微熱  眠ってばかり 顔面 : 白い  めまい  目がかすむ  目がまぶしい 口 唇 舌 : 口が臭い  口は乾かない 喉 気管 : 声がかすれる 胸 脇 : 酸っぱい水が上がる 腹部 : 腹が張る  食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 下痢  尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  フケ性  かゆい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 口臭というのは臓腑に積熱があることが前提です。 その積熱が湿熱・食積・痰濁などと結びついて「陰湿留垢之臭」を発するものと考えられます。 《景岳全書》には「腸胃食積口臭,呑酸曖腐,[月完]腹脹滿,舌苔腐膩等」とあります。 (胃腸に食積があると口臭があり、酸っぱい水が上がったり臭いゲップが出たり、 腹が張ったり、舌苔が厚くなったりする。) >酸っぱい水が上がる >腹が張る >舌苔は減少したものの口臭に変化はなし 結びつけるのは一寸強引かな……(^-^) >下痢  尿が濃い 尿が濃いのも湿熱があるからです。 だからこの下痢は熱性の下痢でしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 保和丸(ほわがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 食べ過ぎた時の胃痛

男  60歳 もっとも治して欲しいこと : 食いすぎ傾向の時、夜間など胃が痛い、よく動いて気に入ったおかずの場合時など 食いすぎ傾向にあるが、めずらしいことではないが、八月までは良く食べたなあと思い眠れた 十月頃より前記の様なことに気がついた。 昼間もあるが、仕事でほとんど気にならない。が、しかし以前からこんな状態になった事はなかった。 キハダのせんじ薬や、アロエでは治らないものか。 顔面 : 普通 頭痛 鼻づまり 腹部 : 胃痛い(食後二時間くらいのあいだ) 腰が痛い事がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >少し食べ過ぎ状態になると、胃が痛い2時間くらい経過すると気にならなくなる 脾胃は気の昇降をつかさどります。 脾は昇をつかさどり、胃は降をつかさどります。 暴飲暴食して消化能力を超えると飲食物が胃に停滞して胃の降下機能が働かなくなります。 これを気滞といい「通ぜざれば痛む」で胃痛となります。 原因は分かっているのですから同じ事は繰り返さないで下さい。 >しかし以前からこんな状態になった事はなかった。 食べた物と消化能力との按配でいつも同じとは云えません。 またこの様な事を繰り返していると終いには「食積」となり、胃痛が持続するようになります。 >キハダのせんじ薬や、アロエでは治らないものか。 苦味が胃を刺激して一時的に胃の内容物を降下させるので救われますが、今度は腸が負担を受ける事になります。 一時しのぎに過ぎませんから程々にしてください。 おそらくは既に食積が出来ているでしょうから、これを無くすのが根本治療になります。 おすすめの漢方処方 (1) 保和丸(ほわがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次