メール相談例 106
以下の例はすべて 肝鬱陰虚 (肝鬱日久化火 陰血を傷つけて陰虚火旺) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 鬱病
2. 微熱
3. 鬱病/アトピー/カンジダ


★ 鬱病

女  70歳 もっとも治して欲しいこと : 2年ほど前からのうつ病から来る「胸腺」の痛みと薬の飲用による、足のだるさ、 歩行困難な状況をまた不眠、「うつ病」そのものを治していただきたいです。 胸腺の痛みは朝と昼の間、昼と夜の間のような空腹時におこり、間食をすれば治る事が多いが体重増加予防のため、 間食を控えております。 とにかく体が動かせず、何をするにも疲れてしまい、呼吸困難となり、不安が襲い、不眠となり死にたくなります。 肺活量が無いためか鼻呼吸ではなく、口呼吸ですのでのどが渇き、水分を沢山取ってるつもりです。 全身 : だるい 気がふさぐ 汗っかき(上半身のみ)不眠 顔面 : 普通 頭痛 目がまぶしい 口 唇 舌 : 口が臭い 口が乾く 喉 気管 : 咳が出る 呼吸困難 切れやすい痰が出る 胸 脇 : 動悸がする 胸が痛い 胸苦しい 大便 小便 陰部 : 便秘 頸部 背 手腕肩 : 緊張時に手指にふるえがくる 腰 膝 下肢 : 足がだるい 無力で歩けない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >何をするにも疲れてしまい、呼吸困難となり >のどが渇き、水分を沢山取ってる 年齢から見ると腎陰や腎精の虚があると考えてよいでしょう。 >胸腺の痛みは朝と昼の間、昼と夜の間のような空腹時におこり、間食をすれば治る事が多い 間食で治る胸痛というのは、おそらく胸腺の痛みではなく胃の上部や食道の症状ではないでしょうか? 腎陰虚になり体液が乏しくなると「虚火」が起こり、飢餓感が出ます。 間食で治るとなると、この飢餓感の一種ではないかと思われます。 >不安が襲い、不眠となり死にたくなります。 心情が抑鬱されて情緒不安になったり怒りやすくなったり、或いは悲嘆したりするのは 「腎陰が不足すると虚陽が上浮し、昇って心神が乱される」というメカニズムによります。 だから「養陰清熱」と「解鬱」を平行させて行えば腎陰虚と肝鬱の双方が改善されます。 おすすめの漢方処方 (1) 滋水清肝飲(じすいせいかんいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 男  41歳 もっとも治して欲しいこと : 10年程前から鬱、精神不安定で、常に倦怠感にさいなまれています。 ため息 「疲れた」連発。対人恐怖症 その他の身体状況: 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 不眠 眠ってばかり 健忘症 顔面 : 顔面麻痺 顔面痙攣 めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌 : 口が臭い 舌がもつれる 口が乾く 喉 気管 : 声がかすれる 大便 小便 陰部 : 便秘 尿の切れが悪い 陰部が痒い インポではないが元気がない 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 足が冷える 足がだるい 無力で歩けない 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 抜け毛 フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 常に倦怠感にさいなまれています うつを訴えられる方は余り倦怠感については云われないものですが、 あなたのはここに特徴があります。 > 目がかすむ  目がまぶしい  耳鳴り > 口が乾く > 尿の切れが悪い  陰部が痒い > 腰が痛い  腰がだるい  足が冷える  足がだるい > 声がかすれる‥‥‥‥‥‥‥‥‥(声の門は肺にあり、声の根は腎にあり) > 健忘症‥‥‥‥‥‥‥‥‥(腎は髄をつかさどり脳は髄の海、脳海空虚) これらは一連の腎陰虚という体液の消耗を指しています。 それで倦怠感が目立つのでしょう。‥‥‥‥‥‥(腎は作強の官) > にきび  抜け毛  フケ性 これも陰虚ゆえ陽気が興奮する病変にあたります。(陰虚陽亢) > 気がふさぐ,怒りぽい 加えて気鬱がある所より疏肝解鬱剤は必要でも、こればかりでは逆効果になる。 滋水しつつ解鬱する「水中疏木法」でなければ実効を得がたいでしょう。 --- 問題は肝鬱日久ともなると極めて化火し易くなり、それが陰血を傷つけて 頭暈耳鳴,口燥咽干,心煩多夢或いは不眠,大便燥結,小便淋漓,口苦舌紅, 脉弦細而数など種々の陰虚火旺證象を呈することである。 この時にもし繰り返し常法通りに疏肝すると、その薬味が香燥であるため 必らずや陰血を更に虧損するだろう。そうすれば肝気はますます滞り、肝火は愈熾んになる。 これではいくら“疏”しても疏ならず、反って肝火傷陰を助長する。 --- おすすめの漢方処方 (1) 滋水清肝飲(じすいせいかんいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 微熱

男  31歳 もっとも治して欲しいこと : 微熱をとりたい  3,4年前から、毎年寒い時期になると微熱が数ヶ月続く。 期間が徐々に長くなり最近は1年の約半年は微熱がある。 胸の辺りに寒気のような違和感を感じる。 ボーっとして考える力が働かない。 午後に特に熱っぽくなる。疲れやすい。頭がかゆい。 肺のレントゲンや血液は異常なく、どの病院でも自律神経失調症と言われる。 全身 : だるい 健忘症 怒りっぽい さむけ 微熱 午後から熱が高くなる 顔面 : 赤い 鼻血 耳から汁がでる    口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 痰は無い   大便 小便 陰部 : 切れが悪い 痔の出血がある 陰部が痒い 腰 膝 下肢 : 足の裏がほてる 頭皮 : かゆい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >期間が徐々に長くなり最近は1年の約半年は微熱がある。午後に特に熱っぽくなる。 長期の微熱は「内傷発熱」といって、漢方では肝鬱陰虚の証にみられます。 臨床では微熱か又は午后の潮熱(潮が満ちるようにきまった時間になると熱が出る症状)です。 熱勢は情緒の変動につれて起伏があり、比較的にはっきりした「陰傷」の傾向を示します。 >胸の辺りに寒気のような違和感を感じる。 >喉が詰まった感じ 肝気鬱滞があるので胸脇苦満があり、気滞が喉の“梅核気”を起こします。 >ボーっとして考える力が働かない。(腎は骨を主り、髄を生ず。脳は髄の海なり。) 肝腎の陰虚があるので、脳海空虚になれば健忘・精神萎縮して頭の回転も動作も鈍くなります。 >疲れやすい。 >小便 陰部 : 切れが悪い 陰部が痒い >頭がかゆい。足の裏がほてる 腎陰虚から精気が乏しくなり疲労しやすく、排尿や陰器に影響が出ます。 また陰虚による“虚熱”が頭皮熱や足熱になって現れます。 おすすめの漢方処方 (1) 滋水清肝飲(じすいせいかんいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 鬱病/アトピー/カンジダ

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : @2,3年くらい前に仕事でうつ病になり、いったん良くなったりしたのですが、 ここ3、4ヶ月ほどは、毎日、憂鬱であまりやる気がおきません。 生理前に特に憂鬱になります。 食欲はあるのですが、ご飯を食べた後に眠くなり、体が重くなります。 疲れやすいので、毎日元気に過ごしたいです。 A小学生から中学生くらいのときまで、アトピーだったのですが、ここ3ヶ月くらいでまた症状が出てきた。 主に腕と顔の周り(あごのあたり)です。 B半年くらい、左の耳の付け根あたりに慢性の偏頭痛があります。 ぴきっとした痛みがあります。顎関節症なのでしょうか。 C大学生くらいから、カンジタの症状でたびたび病院に行っています。 薬をもらって、使用した後は治まるのですが、数ヶ月するとまたぶり返します。 生理前にひどくなる気がします。 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 眠ってばかり 顔面:普通 めまい(ごくたまに) 頭痛 頭が重い 目が痒い 鼻水 クシャミ 口 唇 舌:口が臭い 口内炎ができる 歯茎が腫れる 口は乾かない 喉 気管:切れにくい痰がある 胸 脇:胸やけがする 吐き気がある 腹部:食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘 夜間排尿が多い 陰部が痒い 腰 膝 下肢:足が冷える むくみがある(夕方) 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 かゆい 湿疹 にきび リンパ腫 婦人:月経が遅れる 月経痛がある おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > アトピーだったのですが、ここ3ヶ月くらいでまた症状が出てきた > 大学生くらいから、カンジタの症状でたびたび病院に行っています。 ともに陰虚体質であることを示唆している。 > 毎日、憂鬱であまりやる気がおきません。生理前に特に憂鬱 > になります。食欲はあるのですが、ご飯を食べた後に眠くなり、体が重くなります。疲れやすい その上での鬱病なので加味逍遥散では50%の当たり。 陰虚を補いつつ肝鬱を解き放ってやらなければならない。 おすすめの漢方処方 (1) 滋水清肝飲(じすいせいかんいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (参照)ブログ「水中疏木
    メール相談例 目次