メール相談例 11
1. ニキビ 2. 脂漏性湿疹

★ ニキビ

女   25歳 もっとも治して欲しいこと: ニキビとニキビ跡(ストレスかホルモンのバランスかとにかく 顔中ニキビがひどく本当に悩んでいる。長い目でと思い、2年位にきび専門の病院に通っている がある部分が治っても、次から次に出きてしまい、外出を避けたい位とにかくヒドイのです。 頬なんて赤くなって痛く、最近は頬から顎にかけてボコボコと。あらゆる努力と労力を3年は費 やしています。お肌キレイになりた〜い!!。) その他の身体状況: 生理不順もなく、身体的には健康。 全身 : 汗をかきにくい  時々不眠 顔面 : 普通  目がまぶしい 大便 小便 陰部 : 便秘(時々)出が悪い時もある 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : おできや化膿  にきび 婦人 : 月経痛がある(排卵日に子宮の右か左、毎月どちらかがキューっと締め付けられ痛い感じ) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >頬なんて赤くなって痛く、最近は頬から顎にかけてボコボコと。 >生理不順もなく、身体的には健康。 ニキビは次の様に分類されます。 1. 肺熱型 2. 熱毒型(膿疱型) 3. 脾胃湿熱型 4. 血淤型 この分類法では2.熱毒型(膿疱型)がもっとも疑われます。 皮膚と肺胃の関係から、先ず肺胃に蘊熱が溜まりやすい体質であること、 次に外界の刺激物(毒邪)に触れて熱と毒が互いに結びついて丘疹や膿疱になるものと想像されます。 <漢方まんだら>のページの中の A-2熱>B-2(合)心 火毒上攻011 (火熱の邪が頭面を上犯すると瘡瘍となる) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「火毒上攻・結為瘡瘍癰腫」という状態だと想像されます。 これに対しては「清熱解毒・散結消癰」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 連翹敗毒丸(れんぎょうはいどくがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 脂漏性湿疹

女  44歳 もっとも治して欲しいこと : 2年前からアレルギー症状が出始め、頭皮の痒みとフケから始まり、 今では頭皮のただれで瘡蓋だらけになりました。 この期間、皮膚科からステロイド剤の塗り薬とかゆみ止めを服用していますが、治らずに酷くなっています。 今まで、ニキビなど出来たこともなかったのですが、最近になって眉に吹き出物ができてしまいました。 また、ここ数ヶ月に喘息症状まで出て夜間に呼吸困難で眠れないことが多々あります。 全身 : だるい 気がふさぐ 汗をかきにくい 顔面 : 目がかすむ 目が痒い 鼻が乾く 気管 : ゼイゼイ音がする 大便 : 便秘 腰 膝 下肢 : 肩の痛み 腰がだるい 膝が痛い 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 かゆい 湿疹 おできや化膿 フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >頭皮の痒みとフケから始まり、今では頭皮のただれで瘡蓋だらけになりました。 >ニキビなど出来たこともなかったのですが、最近になって眉に吹き出物ができてしまいました。 >喘息症状まで出て夜間に呼吸困難で眠れないことが多々あります。 2年も脂漏性湿疹が続くと湿熱火毒も加わります。 漢方では皮膚は肺の領域と考えるし、肺・大腸は表裏一連のものとして扱いますから、 便秘・脂漏性湿疹・喘息はみな同一原因に関連付けられます。 足の陽明経という経絡で結ばれている肺・大腸の湿熱毒を除去しなければなりません。 火毒上攻 (火熱の邪が頭面を上犯すると瘡瘍となる) の証に該当します。 次のホームページを参照して下さい。 http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1013/kmandara2/22.html おすすめの漢方処方 (1) 地防解毒湯(じぼうげどくとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次