メール相談例 12
以下の例はすべて 火毒蘊結……(火熱の邪が蘊結して解けなければ瘡瘍癰腫となる) の証に該当します。 ここに解説の要点を集めてあります。 1. おでき 2. 顔にできるオデキ 3. 臀癰(お尻のおでき) 4. 化膿性疾患 5. 尋常性乾癬 6. 慢性蕁麻疹

★ 多発性毛膿炎 [病<節(せつ)] おでき

男   32歳 病名と経過 : ここ数年間、背中、臀部、大腿部、腹部のみに膿疱が多数出続けている。 小さいものでニキビ大、大きいものになると5〜6cmにもなり、 大きいものは、痛みを伴いながら腫脹し、排膿を繰り返す。 膿が出きった後は、色素沈着し跡が黒々と残る。 全身 : 怒りっぽい  汗が出る  寝汗をかく  眠ってばかり 顔面 : 普通  ニキビ等なし 腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 大便 : 下痢  痔ろうの手術経験あり(現在完治) 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  おできや化膿 若白髪
返事 : これはどうも多発性毛膿炎の一種、[病<節(せつ)]であろうと思われます。 いわゆる「おでき」ですね。 「諸痛痒瘡、皆心(しん)に属す」といって、皮膚の瘡瘍(できもの)は 多くは心(しん)の責任であると考えます。 おすすめの漢方処方 (1) 加減消毒散(かげんしょうどくさん)・・・・・・・・・・肩・背癰の場合 (2) 仙方活命飲(せんぽうかつめいいん)・・・・・・・・・・全般の場合 (3) 臀癰方(でんようほう)・・・・・・・・・・臀癰の場合

★ 顔にできるオデキ

女  21歳 もっとも治して欲しいこと : 鼻にできるおでき。鼻の周辺に大きく腫れたおできがよくできる。 ニキビよりかなり大きく痛みがあり、赤く膨らむ。顔には時々ニキビができるが、 鼻だけにはおできができる。 全身 : だるい  眠ってばかり 顔面 : 白い   瞼がむくむ 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  口が乾く 大便 小便 陰部 : 下痢  頻尿 頸部 背 : くびや肩が凝る  背中が痛い       皮膚 頭皮 毛髪 : おできや化膿  にきび 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >鼻の周辺に大きく腫れたおできがよくできる。 おできは頭面や項(うなじ)や胸背・臀部など色々なところに出ます。 こういうのは一括して「無名腫毒」といいます。 多くは膏梁厚味の御馳走を食べ過ぎて、湿熱火毒が内鬱したために経絡が塞り、 気血が凝滞して紅腫熱痛するものです。 これは言うまでもなく内鬱している湿熱火毒を解毒して汗や大小便で外へ出して やらなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 仙方活命飲(せんぽうかつめいいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 臀癰 (お尻のおでき)

女  36歳 もっとも治して欲しいこと : お尻におできができる。    10代のころからで、化膿して跡が黒く残る。    1ヶ月に一度程度で、できるのは臀部のみ。 顔面 : 白い  鼻詰まり、鼻水、くしゃみ、鼻が乾く、耳が痒く汁が出る(片方のみ) 腹部 : 胃の辺りがたまに痛い、腹痛(たまに) 頸部 背 : 首や肩がこる、背中が痛い 婦人 : 月経の周期が定まらない(28から40)、血の塊が出る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >お尻におできができる。10代のころからで、化膿して跡が黒く残る。 >1ヶ月に一度程度で、できるのは臀部のみ。 「邪熱結聚」による臀癰(でんよう)といいます。 もともとは外傷からの感染が原因です。 場所が足の太陽膀胱経に属します。 これは「多血少気」の経絡で臀肉が厚実なため、気血の流れが壅遏しやすいのです。 感染による邪熱が結聚して気血壅遏の結果、臀癰になったのです。 味の濃い物や油物の取り過ぎが原因で六腑に熱が蓄積して「湿熱火毒」が生じています。 おすすめの漢方処方 (1) 臀癰方(でんようほう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 化膿性疾患

女  67歳 もっとも治して欲しいこと :  膠原病を患っており、その治療のため服用しているプレドニンの副作用で抵抗力や免疫力 が低下して帯状疱疹や化膿性疾患に悩まされたり、血糖値がなかなか下らなかったりして います。現在は丹毒でほほから排膿しています。 そこで漢方薬で抵抗力や免疫力を高める方法があるのかを知りたいのです。 全身 : 半身不随 以前脳梗塞をやったため 顔面 : 普通  顔面麻痺  目がかすむ  鼻が乾く 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる 腰 膝 下肢 : むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  おできや化膿 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 膠原病を患っており、その治療のため服用しているプレドニンの副作用で抵抗力や免疫力 > が低下して帯状疱疹や化膿性疾患に悩まされたり血糖値がなかなか下らなかったりしています。 膠原病はどんな種類のものか書いてありませんが、本当にプレドニンによる 副作用が現れているのか又は自分の体質的な原因で帯状疱疹や化膿性疾患が 現れているのか? > そこで漢方薬で抵抗力や免疫力を高める方法があるのかを知りたいのです。 いづれにせよ病名や検査値に関係なく漢方独自の理論で、いかにして現状を 改善するかを考えます。 すなわち抵抗力や免疫力を高める目的というではなく、現在の化膿疾患に対 する治療法になります。 おすすめの漢方処方 (1) 仙方活命飲(せんぽうかつめいいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 尋常性乾癬

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 尋常性乾癬、オイリー肌(顔のみ) 両方とも思春期の頃からなんですが、乾癬のほうは最初頭だけにできて、社会人になって からはストレスのせいか耳の後ろやうなじの髪のはえぎわ、背中、おへその中などに出て きました。そんなに痒くはないのですが、フケの量はすごいです。 背中は5センチくらいのものができているんですが、最近入院をしたら(別の病気で) 普通の湿疹が背中いっぱいに広がってしまいました。 これがそのうちかたまって乾癬になるのでは・・・と思っています。 その他の身体状況 : 今はそうでもないのですが、思春期の頃はひどい便秘症でした。 そのせいかにきびもたくさんできて、40歳を過ぎてもオイリー肌で困ってます。 全身 : だるい 怒りっぽい 汗っかき 顔面 : 普通 瞼がむくむ 目が赤い(疲れたとき) 耳鳴り(ストレスがたまったとき) 口 唇 舌 : 口が臭い(かもしれないと思っている) 大便 小便 陰部 : 切れが悪い(たまに) 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 湿疹 フケ性 婦人 : 月経量が少い 子宮筋腫(最近手術しました) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >耳の後ろやうなじの髪のはえぎわ、背中、おへその中などに出 >てきました。そんなに痒くはないのですが、フケの量はすごいです。 もともと湿熱がこもりやすい体質で、それが鬱久して化毒したものでしょう。 毒熱熾盛ともなると表面に大量の脱屑を生じます。 清熱凉血・解毒除湿を図らなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 銀消湯(ぎんしょうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 解毒清営湯(げどくせいえいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 慢性蕁麻疹

男  38歳 もっとも治して欲しいこと : 背中を中心に首のうら(うなじ)、太もものに湿疹(蕁麻疹?) カサカサした感じで掻くとみみず腫れになる。子供の頃から机の角でひっかりたりするとみみず腫れになる 全身 : だるい さむけ(足裏が冷える) 汗っかき 寝汗をかく 不眠(眠りが浅い感じがする) 顔面  : 普通、アレルギー性鼻炎あり、耳の穴に湿疹があり痒い 口 唇 舌 : 舌が痛くなって冷や汗が出ることがある(なり始めると数日、数ヶ月続くときがあり) 喉 気管 : 年中ノドがいがらっぽい 大便 小便 陰部 : 下痢気味 腰 膝 下肢 : 足の裏が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 後頭部に汗をかく(結構気になる) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 最初は「血熱妄行」として消風散を飲んで調子が良かったが、一ヶ月後には効かなくなった。 これは消風散は去風ばかりが強くて除湿の力が及ばないからではないかと考え直し、 中国中医薬報の「苦参」の記事を参考に変方した。 おすすめの漢方処方 (1) 苦参消疹湯(くじんしょうしんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次