メール相談例 13
以下の例はすべて 温邪犯肺 (外感により温邪が肺衛を侵犯する/温病の初期) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 鼻炎 (前頭洞炎)
2. 風邪が治りにくい
3. アレルギー性鼻炎
4. 滲出性中耳炎 1,2
5. 咳痰
6. 風邪?
7. 咽喉痛
8. 風邪を引きやすい
9. 咳嗽
10. 鼻かぜ
11. インフルエンザA型


★ 鼻炎 (前頭洞炎)

女  31歳 病名と経過 : 4年前に大学病院で前頭洞炎との診断。 医者には持病の範囲なのでどうしても辛くなったら来なさいと言われました。 常に痰はありますし、頻繁な頭痛やのどにまわる鼻汁に悩まされています。 目頭の奥が重いような締め付けられるような不快感もあり ちょっとしたことで気管支炎にもなり易くなったように思います。 全身 : だるい、気がふさぐ、怒りっぽい、微熱 顔面 : 普通、頭痛、頭が重い、目が痛い、鼻づまり、濃い鼻汁、鼻がかわく 喉 気管 : 咳が出る、切れにくい痰がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  前頭洞炎のような感染症を漢方では「外感病」といって、 内臓に起因する「内傷病」とは区別しています。 外感病は急性か亜急性で、治療法さえ正しければ比較的治しやすいものです。 あなたの場合はいつも風邪を引いているような状態です。 鼻に関係があるのは漢方では五行の中の「肺」です。 肺は皮毛とともに外邪への抵抗に関与しています。 即ち体温調節、皮膚の潤沢、汗の排泄、水液代謝をつかさどり、外邪が人体に侵襲すると、 鼻汁が出たり、発熱、悪寒するなどはみな肺の病症です。 肺は呼吸を主っており、鼻は呼吸の出入口である。 肺気が順調であれば、呼吸も順利であり、鼻の通利、臭覚機能も正常に発揮される。 肺が疾病にかかると鼻は塞がり臭覚もきかなくなる。 鼻の病でよく肺の治療を行うのはこのためである、と言われます。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲加味(そうぎくいんかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬) なお、HPの症例 DBの五官科に 鼻淵087 の実例が出ていますから参考にして下さい。

★ 風邪が治りにくい

女  38歳 病名と経過 : 肩こり・ストレス(憂鬱)から風邪を引くことが多く、一度引くと喉の 痛み・筋肉痛・鼻水・咳(咳が一番ひどい)と、一通りの症状を経ないと治らない。 たいてい熱は37度台か37度未満。平熱は36.3度。 すっきりするまで1ヶ月以上かかる、治りかけに引きなおす場合も多い。 小さい頃から風邪を引きやすかった。 全身 : 常にだるい  健忘症  怒りっぽい   眠い 現在(風邪の症状として): さむけ  微熱  午後から熱が高くなる  汗は出ていない   寝汗をかく  不眠 顔面 : 常に頭が重い  目が赤い  なみだ目   鼻がかわく 現在 : 目が痛い  鼻づまり  鼻水  濃い鼻汁 口 唇 舌 : 鼻が乾く  口が乾く 喉 気管 : 喉が痛い  咳が出る  切れやすい痰が出る 腹部 : 食欲が無い  食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い  肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足(足首から先)が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  にきび  抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >肩こり これは生活習慣病とでも言うべきもので身体に病因がある訳ではありません。 ですから体をほぐす以外に良い方法はありません。 肩凝りに「葛根湯」などと宣伝しているむきがありますが、無効です。 >風邪を引きやすいこと ここで可能なのは風邪にかかったら出来るだけ速やかに治療する事が出来るだけです。 >一度引くと喉の痛み・筋肉痛・鼻水・咳(咳が一番ひどい)と、一通りの症状を経ないと治らない。 このような経過をたどる風邪を漢方では「風温病」といいます。 そしてその症候を「風熱犯肺証」と分類します。 風熱犯肺の結果、肺が宣散粛降機能を失して咳嗽・咽痛などの症状になった場合は 風熱を「辛涼軽剤」でもって軽く発散してやらなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) *ホームページの「処方DB」に 桑菊飲093 の解説があります。

★ アレルギー性鼻炎

男  25歳 もっとも治して欲しいこと: 小学生の時からのアレルギー性鼻炎(埃、ペットの毛)と それに伴う咳、痰。 全身 : 平熱低め(35.9位) 顔面 : 頭痛   鼻づまり  鼻水  クシャミ  濃い鼻汁 口 唇 舌 : 唾液が多い 喉 気管 : 切れにくい痰がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >頭痛 : 鼻づまり  鼻水  クシャミ  濃い鼻汁 このようなアレルギー性の症状は何らかの外因によってもたらされるものです。 その外因とはウィルスであったり、仰るような「埃、ペットの毛」であったりします。 要するに人体が外因によって侵襲されたのです。 漢方では侵襲する外因を大きく次の様な二つに分けて考えています。 1. 風寒‥‥‥寒邪 2. 風熱(風温)‥‥‥温邪 また外因をストレッサーとする所から「外邪」と呼んで急いで排除すべきものとしています。 いま口鼻或いは皮毛から入って悪さをしているものを症状から遡って考えると 2.の「温邪」に該当すると思われます。 鼻は肺の外竅といわれ肺と密接に繋がっていますので、肺の機能が妨げられると鼻に影響が現れます。 鼻がつまったり鼻水やクシャミが出たりするのは「肺の宣散機能」が阻害されたからです。 それでこのような状態を「温邪犯肺証」といい、風邪の一種と考えられます。 肺は「衛気」(えき)という“気”を以って皮膚外表を保護しています。 鼻塞流涕などは「肺の衛気」の乱れによって起こる事です。 即ち「風熱之邪客於肺衛,正邪相争」の結果だと考え、外邪を駆逐し、 正常な肺の正気の宣散機能を回復させようとします。 おすすめの漢方処方 (1) 銀翹散加味(ぎんぎょうさんかみ1)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 滲出性中耳炎 1

女  6歳 もっとも治して欲しいこと : 1歳ごろより滲出性中耳炎を1年のほとんど発症している。 風邪をひいて鼻水が出ると鼻と耳をつなぐ官が炎症を起こし、鼓膜の内側の中耳に水がたまる病気。 アレルギーを持っているので少し風邪をひいただけですぐ鼻水が出て、薬(抗生剤等)を飲ん でもなかなか鼻水が治らない。 できればアレルギー体質も治して欲しいです。 汗っかき  寝汗  おねしょ 咳 たん 花粉の時期 あるいは ほこりっぽい布団で目がかゆくなります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >少し風邪をひいただけですぐ鼻水が出て >滲出性中耳炎を1年のほとんど発症している。 肺の経絡は耳の中へ入っているので、肺が慢性的に風熱を感受していると 「化火上犯」といって、耳竅や鼻竅が閉塞して不通になります。 当然、臭覚も耳の聞こえも悪くなります。 風熱による閉塞のために「中耳積液」の状態になったのが滲出性中耳炎です。 >咳 たん >目がかゆくなります。 風熱という原因を除去しなければ問題は解決しません。 抗生物質が風邪に対して無効であることは誰でもが知っています。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 滲出性中耳炎 2

女  4歳 もっとも治して欲しいこと : 生後7ケ月ぐらいの時にはしかになり、その時中耳炎になりました。 その後1歳の冬頃から風邪が元で再び中耳炎になり、滲出性中耳炎と診断されました。 耳と鼻をつなぐ耳管が短いとのことで少し風邪を引いただけですぐに中耳炎になってしまいます。 ひどい時は、毎週のように鼓膜を切開しては、中の膿を吸引していました。 毎年冬になるとこれの繰り返しです。 その他の身体状況 : 汗っかき  鼻づまり  鼻水  濃い鼻汁  咳が出る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >少し風邪を引いただけですぐに中耳炎になってしまいます。 >鼻づまり  鼻水  濃い鼻汁  咳が出る 肺の経絡は耳の中へと入っています。 肺経が「風熱」の外邪を受けすみやかに治らないと、それはやがて「肺火」になって 竅(眼耳鼻口などの穴になっている器官を竅と呼びます)と経絡を共に塞いでしまいます。 閉じ込められている肺気を宣泄して肺火を清解しなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 咳痰

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : (1)咳きこむ 半年ぐらいまえに風邪を引き微熱が1ヶ月程続き、咳き込む状態が (一旦でると20〜30分ぐらい止まりまならい)3ヶ月ほど続きました。 二月前に39度8分の高熱がでて、その後咳き込む状態が続いています。 首をしめられてるような息苦しさがあり、痰が沢山でます。咳が出ないときでも息苦しい。 暖かいところから寒いところ、または逆の場合に咳きこみやすい。特に電車に乗った時。 (2)便秘 3〜5日に1回の割合。3年前に転勤してからひどくなりました。 食欲はありますが、便の量が少なく、お腹がすっきりしません。 全身 : だるい  微熱  汗っかき 顔面 : 赤い  目がかすむ 口 唇 舌 : 口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  咳が出る  呼吸困難  切れにくい痰がある 胸 : 動悸がする  胸苦しい 腹部 : 腹が張る  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘  咳をすると尿が漏れる 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある  足がだるい  足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい 婦人 : 月経量が多過ぎる  月経が遅れる  月経痛がある  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >二月前に39度8分の高熱がでて、その後咳き込む状態が続いています。 >首をしめられてるような息苦しさがあり、痰が沢山でます。咳が出ないときでも息苦しい。 >だるい  微熱  汗っかき >口が乾く >切れにくい痰がある >足の裏がほてる 漢方では風邪を風寒性のものと風熱性のものに分けています。 これは二月前にかかった風熱性の風邪が治りきらずに気管(肺)に残っている様です。 「肺は嬌臓」といい大変もろいので、一旦かぜを受けると容易に肺気が停滞してしまいます。 風熱性の風邪は油濃いものや甘味のものを多食する人が罹りやすいといわれています。 肺気が停滞すると肺熱となり、「肺は水道の上源」なので水液の瀦留から痰濁を生ずるよう になります。 そして肺熱と痰濁が結びついて「肺熱咳痰」の症状になります。 おすすめの漢方処方 (1) 麻杏石甘湯(まきょうせきかんとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 風邪?

女  32歳 治して欲しいこと : 数年前から気管支が圧迫されるように、痛いような重いような感覚がある 呼吸が苦しいことはないが、時々心臓の脈が強く打ち、怖くなる(心臓あたりが痛い) 頭がいつも重く、微熱が長く続く。 二番目:半年ほど前から、むくみが激しい。特に足。次に顔。 足は、足首からふくらはぎにかけて、湿疹のようなものができ、かゆい。 3月に39度の熱が5日ほど続き、薬局で「マオウ」という顆粒状のものを購入した。 それまで発汗せず苦しかったのが、よく効いて1日で熱が下がった。 全身 : だるい 微熱  午後から熱が高くなる 顔面 : 白い 瞼がむくむ 頭が重い 目が痙攣する 鼻が乾く 鼻血(毎日のよう に)      耳鳴り(急に耳に蓋をされたように詰まり、その後キーンという音が遠くで聞こえる) 喉 気管 : 喉が痛い 痰は無い 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い  胸苦しい 腹部 : 腸が鳴る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 背中が痛い 右肘の痛み 両肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 膝が痛い 足が冷える かかとが痛い むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  湿疹  さめ肌 若白髪 婦人 : 月経が遅れる  月経が早くなる  月経痛がある  血の塊が混じる  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >気管支が圧迫されるように、痛いような重いような感覚がある。 >頭がいつも重く、微熱が長く続く。 >だるい  微熱  午後から熱が高くなる >鼻が乾く 鼻血(毎日のように) 耳鳴り >喉が痛い まだ風邪が完全に治っていないのではないですか? >3月に39度の熱が5日ほど続き、薬局で「マオウ」という顆粒状のものを購入した。 >それまで発汗せず苦しかったのが、よく効いて1日で熱が下がった。 麻黄(マオウ)剤は風寒性の外感に用いる「温散薬」なので発汗しやすいのですが、果たして 適薬であったかどうか危ぶまれます。 何故なら上記のような症状ですと風寒性の外感ではなくて風温性の外感です。 それに温熱薬を当てると逆になります。 風温性の外感には「凉散薬」を与えて発汗させなければなりません。 さもないと風邪は後々までも残ります。 現に耳鳴りは肺経に風熱を感受して、それが内にこもって耳へと上犯したものです。 微熱や鼻が乾くのも鼻血が出るのも喉が痛いのもまだ肺熱が清解されていない証拠でしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 咽喉痛

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 4ヶ月前に花粉症が悪化し鼻水が大量に出て副鼻控炎になり、 辛夷清肺湯エキスで鼻は良くなったがのどの炎症がとれない。 喉頭の右側が押すと痛い。(風邪をひくといつもそこの同じ場所が痛くなる) その炎症のため黄色い痰や透明な痰が出て、そのため右の耳の中でプチプチいう。 喉頭がイガイガして朝、声がかすれる。喉頭の右奥が痛く、黄色い痰が出るようになった。 頭の乾燥性脂漏湿疹も悪化している。 * 毛膿炎が2年ほど前からくりかえし(1〜2ヶ月おき)臀部にできる。 * ひどい便秘症で、毎日夕食前に1回、麻胡仁丸エキスを飲んでいます。 * 20年前から両ひじと頭部後ろと右の耳の中に乾燥性脂漏湿疹ができます。 * コレステロールが若い時から高い。 全身 : だるい  怒りっぽい  寝汗をかく  不眠 顔面 : 普通   目が赤い  耳鳴り   口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い  アフター性口内炎がでる 喉 気管 : 喉が痛い  切れやすい痰が出る  大便 小便 陰部 : 便秘     皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  かゆい  湿疹  水泡  おできや化膿  フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >喉が痛い >切れやすい透明な痰と黄色い痰の両方がでる。 咽喉痛症は風・火・痰・虚の四方面以外にはありません。 現在もなお進行形で風邪を引いておられます。 >臀部に毛膿炎ができ >両ひじと頭部後ろと右の耳の中に乾燥性脂漏湿疹が こういう風火型の体質だから風熱感冒を引きやすいのです。 風邪でない時には「臀癰(お尻のおでき)012」や「ふけ症(脂漏性皮膚炎)027'」の治療をして下さい。 http://member.nifty.ne.jp/Youjyodo/Db2/12.htm http://member.nifty.ne.jp/Youjyodo/Db2/27'.htm おすすめの漢方処方 (1) 銀翹散(ぎんぎょうさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 風邪を引きやすい

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : 風邪を引きやすくて困っています。 最近でも1ヶ月に一度くらいは風邪を引き病院に行く始末です。 ちょっと雨に濡れたぐらいでも引いてしまうこともあります。 引いた時、熱は37度前後(微熱)、のどが痛く体がだるい。関節痛。咳はあまり出ません。 あまりの免疫力のなさに将来不安になります。仕事にも支障がでて困っています。 全身 : だるい さむけ  微熱  眠ってばかり 顔面 : 普通  頭痛  鼻づまり 口 唇 舌 : 口が乾く 喉 気管 : 喉が痛い 腹部 : 胃の辺りが痛い 大便 小便 陰部 : 下痢  陰部が痒い 腰 膝 下肢 : 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : さめ肌 婦人  : 月経が来ない(昔から生理不順) おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >風邪を引きやすくて困っています。 >あまりの免疫力のなさに将来不安になります。 繰り返しひくのはきっと一つ一つの風邪をしっかりと治しきっていないために 抵抗力が身につかないのではないでしょうか。 これからは風邪は一つ一つを完治するようにしてください。 >のどが痛く体がだるい。関節痛。咳はあまり出ません。 >口が乾く 漢方では風邪を寒性のものと熱性のものに分けています。 寒性のものには温性の薬を、熱性のものには凉性の薬を与えないと効果がありません。 もしこれが逆になると治療どころか自己免疫力をも損なってしまいます。 この咽痛は風熱性のものと考えられますから「凉散薬」を与えて発汗させなければなりません。 さもないと風邪は後々までも残ります。。 風邪を撃退できた時にはそれが免疫力の強化となって自分の体力になります。 おすすめの漢方処方 (1) 銀翹散(ぎんぎょうさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 咳嗽

男  32歳 もっとも治して欲しいこと : 咳嗽 10年ほど前から、春から初夏、秋口の花粉ピーク 時期に咳が出るようになった。 (2) 花粉症 15年ほど前から発症。病院の検査の結果、イネ科雑草が一番ひどく、スギ、 ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ等、初春から晩秋にかけてアレルゲンがある状態。 全身 : 汗っかき 眠気 顔面 : 普通 鼻づまり クシャミ  濃い鼻汁  たまに頭痛 口 唇 舌 : 口が臭い  口が乾く 喉 気管 : 咳が出る  切れにくい痰 大便 小便 陰部 : 頻尿 皮膚 頭皮 毛髪 : 首廻りから胸部にかけてイボが多い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >咳嗽 10年ほど前から、 >花粉症 15年ほど前から発症 >鼻づまり クシャミ  濃い鼻汁 >切れにくい痰 鼻づまり・濃い鼻汁・切れにくい痰などは皆、鬱熱の症状です。 陳旧性の、多分アレルギー性の「肺熱」が蓄積していて取れないのでしょう。 漢方ではアレルギーを「風邪(ふうじゃ)」の一つと考え、その熱性のものを「風温邪」と 呼びます。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 鼻かぜ

女  3歳半 もっとも治して欲しいこと : 夏は全く風もひかず元気なのですが、冬になると、 とたんに風邪をひきやすくなります。特に、自転車の前籠に乗せて走ると、絶対にひきます。 鼻水が出ている子供のそばで遊んでもほぼ確実にひきます。 普段は声も大きく、食欲旺盛。外でよく遊ぶ どちらかといえば夏は便秘、冬は普通。 (1)まずくしゃみと透明の鼻水が大量に出て、 (2)翌日くらいから37.5℃から37.8℃程度の微熱が出ます。 (3)そして一旦鼻水が3日くらいでとまり、 (4)半日ほどして、半透明の鼻水が出始め、だんだん濃度が濃くなり、 (5)最後に黄色くなって固まって、治る という経過をとります。(1)から(5)がぴったり2週間で、小児科の薬を飲んでも 飲まなくても症状や期間ともに同じです。 むしろ、飲むと皮膚に症状が出るので、最近では飲まないことが多いです。 「飲まないと喘息になりますよ」といわれて、どきどきしています。 (お願い)自転車に乗せないようにしたり、体を温める食べ物を食べさしたりと、養生は続け ようと思いますが、風邪にひいたかな、と思う時に応急的に飲ませる薬を教えていただけませんか。 常備薬として家に置いておきたいと思っています。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >まずくしゃみと透明の鼻水が大量に出て、 >翌日くらいから37.5℃から37.8℃程度の微熱が出ます。 >そして一旦鼻水が3日くらいでとまり、 >半日ほどして、半透明の鼻水が出始め、だんだん濃度が濃くなり、 >最後に黄色くなって固まって、治る 大変よく観察しておられます。 大人でも子供でもまったくその通りの経過をたどる「鼻かぜ」が多く見られます。 漢方では侵襲する外因を大きく2つに分けて考えています。 1. 風寒‥‥‥‥‥‥寒邪 2. 風熱(風温)‥‥‥温邪 寒邪による鼻かぜは寒気に始まって流涕・クシャミになり、寒気ばかりで全く発汗 はしません。 温邪による鼻かぜは寒気・流涕・クシャミは上と同じで すが、寒気する一方で食事の時などには汗ばむことがあります。 寒熱が入り混じっているように感じます。 鼻水が「最後に黄色くなって固まって」くるのは明らかに残余熱ですから2.の「風熱」の 風邪でしょう。 鼻は肺の外竅といわれ肺と密接に繋がっています。 肺は「衛気」(えき)という“気”を以って皮膚外表を保護しています。 鼻塞流涕などは「肺の衛気」の乱れによって「肺の宣発」機能が阻害されたからです。 > それから、日常的に飲ませると有効と思われるお茶があれば教えてください。 肺の母である脾胃によって肺の衛気は供給されますので脾胃を強くするのが対策です。 朝鮮人参の粉末などを飲ませてあげてください。 おすすめの漢方処方 (1) 桑菊飲(そうぎくいん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ インフルエンザA型

男  61歳 もっとも治して欲しいこと : いま流行のインフルエンザA型 初日は背中にぞくぞくとした寒気を感じ、水涕がたらたらと流れ落ちた。 次ぎに夜中にどんどん喉が痛くなり始め、翌日は頭痛でうかつに顏を動かすことも出来なくなった。 また形容しようのない腰のだるさがある。食欲は全くない。 全身 : だるい  さむけ  汗が出る 顔面  : 普通  めまい  頭痛  鼻水  クシャミ 口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 喉が痛い  咳が出る  切れにくい痰がある 腹部 : 食欲が無い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  インフルエンザのような激しい症状のある風邪のことを「風毒」と言い、普通の気候不適による 「傷風感冒」とは区別して「時行感冒」といいます。 そして感冒には「風寒性」のものと「風熱性」のものがあります。 症状からは一見、風寒のように思われますが、自汗・咽痛・切れにくい痰などからは風熱も感じられます。 流れ落ちる鼻水と食欲のなさから根底には脾肺の気虚が普段からあって、 そこへ風熱を感受したと考えれば説明がつきます。 --- 皮毛と鼻に関係があるのは肺です。 肺は体表の気をつかさどり、風寒・風熱の邪から一身を守ります。 体表の気のことを「栄衛(えいえ)」といい、肺が関与するので「肺衛」「肺の衛陽」とも言います。 風邪が肺衛を損傷すると外邪に負けて感染したことになります。 この肺の衛気が虚弱であると風邪への抵抗力が弱いと言う事です。 「食欲が全くない」というのは肺のみならず、脾の気虚をも示しています。 また「肺は水道の上源」であるので肺気が虚すると水分代謝が失調して水涕が漏れ出します。 --- 風邪を引いたからといって徹頭徹尾、風邪薬で風邪をやっつけるのでは無謀です。 脾肺の気虚を補いつつ、やんわりと風邪を追いやる方法を取らなければなりません。 このように正気を補いつつ邪気を去る方法のことを「扶正去邪法」といいます。 おすすめの漢方処方 (1) 玉屏風散加味(ぎょくびょうぶうさんかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次