メール相談例 24
以下の例はすべて 湿邪内欝 (脾虚湿勝の人が湿邪に外感すると内外の湿邪が相乗的に反応する) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 下痢
2. 下痢/小便の出が悪い


★ 下痢

女  49歳 もっとも治して欲しいこと : 下痢症 最近普段でも下痢気味、時々急激な下腹の差し込む痛みがともなう。 汗かき、寝汗をかく、目が眩しい、目がかゆい、最近よく喉が渇く、 腹部はおなかが良く鳴る、大便の切れが悪い、足の裏がほてる、 夏蒸し暑くなると腕などに湿疹ができ痒くなる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 自然界の風・火・暑・湿・燥・寒の「六気」の過多あるいは不足は 人の生命現象と極めて密接な関係があります。 この異常な六気を「六淫」といって発病の原因と考えています。 >下痢症、最近普段でも下痢気味、時々急激な下腹の差し込む痛みがともなう。 >おなかが良く鳴る、大便の切れが悪い、 >汗かき、寝汗をかく、 >夏蒸し暑くなると腕などに湿疹ができ痒くなる これだけでもう“湿”が原因である事は明らかです。 「湿滞」には内外の二つがあり、脾の運化失調に関するのは「内湿」です。 「脾は湿を悪み、燥を喜ぶ」といい、湿の停滞は脾の機能低下につながります。 それを「脾虚湿盛証」といいます。 >最近よく喉が渇く、 >目が眩しい、目がかゆい、 >足の裏がほてる、 湿が久しく停滞すると熱化して「湿熱」となります。 痒みやほてりや湿疹がそれです。 しかし「時々急激な下腹の差し込む痛み」とありますから湿熱は表面だけで、 (膵臓と小腸)には「寒湿」があります。 この寒湿を温めて乾燥しなければ慢性の下痢は治りません。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 脾は太陰湿土の臓なり,性は温を喜び寒を悪み,燥を喜び湿を悪む。 脾は寒湿によりて困る所なり,升降運化が其の常度を失すれば, 飲食は化せず大腸に走りて瀉を作す。 其の腹瀉の状は,腸鳴り腹瀉し,糞質は清稀で穢臭少なし。 寒邪に因りて内攻される,故に腹痛のときは熱を喜び暖を欲する, これは寒湿が脾を困らせるなり。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− おすすめの漢方処方 (1) 胃苓湯(いれいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 新加平胃散(しんかへいいさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 下痢/小便の出が悪い

男  39歳 もっとも治して欲しいこと : 1番目 胃腸弱い お酒を飲むと、翌日に食欲不振、下痢 夏場に食欲不振、下痢   お腹がゴロゴロする ストレスを受けると食欲が無くなる ミゾオチ左右が不快、その背中側も不快(軽い痛み)   下腹部、膀胱あたりに力が入らない 寝ている時に、吐きそうになり口まで来て起きる 便通は良い方   以上は、生まれつきとか、十年来             2番目 5年前に尿管結石になって以来、腎系が弱い 明け方尿が出る 尿の出がいまいち 残尿感 排尿時に力みが必要 全身:だるい 気がふさぐ さむけ 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面:普通 鼻づまり 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌がもつれる アフター性口内炎がでる 口は乾かない 胸 脇:脇が痛い 胸やけがする 酸っぱい水が上がる 腹部:脇腹が痛い 腸が鳴る 食欲が無い 大便 小便 陰部:夜間排尿が多い 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い インポ 早漏 腰 膝 下肢:腰が痛い 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:にきび フケ性 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > お酒を飲むと、翌日に食欲不振、下痢 > 肛門に熱感がある 膀胱がすっきりしない > 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い > 5年前に尿管結石になって以来、腎系が弱い > にきび フケ性 若白髪 脾(消化器系)と下焦(腎・膀胱経)に湿滞があります。 また湿が久しく停滞すると熱化して「湿熱」となります。 > インポ 早漏 あるいはこれも湿熱のせいかも知れませんね。 おすすめの漢方処方 (1) 胃苓湯加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次