メール相談例 27
以下の例はすべて 湿熱外欝 (湿熱の邪が経絡に留まり、瘡毒湿疹を発する場合) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 
2. 背中にできるニキビ
3. 手の主婦湿疹
4. 下肢の湿疹
5. 顔首にできる発疹
6. 掌蹠膿皰症
7. 手指の水疱(汗疱症)
8. ドライアイ/湿疹/ニキビ  (付)ニキビ様のおでき
9. にきび/肥れない
10. ニキビ


★ 背中にできるニキビ

男  34歳 病名と経過 : 背中にできるニキビに悩んでいます。 23歳ぐらいの時から顔にはほとんど出ないのですが背中、肩、などに10年以上も 出つづけております。 便秘にならないようにと毎日アロエ粉末を寝る前に適量飲み便通は毎日あります。 食事もあぶらっこい物はできるだけ食べないように気おつけており、 コーヒー、タバコ、酒は飲んでおりません。 特にビールを飲むと次の日体中に湿疹がでてしまいますので。 またアレルギー性鼻炎にも悩まされており春先の花粉症にも悩んでおります。 全身 : だるい つかれやすい 顔面 : 普通 口舌唇 : アフター性口内炎ができやすい 胸脇 : 胸やけがする 大便小便陰部 : 便秘気味(2日に1回) 小便は普通 皮膚 : 背中、上腕部におできや化膿(ニキビ) 顔にはほとんど出ません −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 座瘡(ニキビ)でも顔にはほとんど出ないで背中や肩などに 集中するというのは珍しいですね。 >特にビールを飲むと次の日体中に湿疹がでてしまいます >またアレルギー性鼻炎にも悩まされており春先の花粉症にも悩んでおります。 この二点に特徴があります。 ビールは湿熱性の飲料で、飲んだ後に体内に「湿」と「」が残留します。 多分ビール以外にも色々な食べ物からも「湿熱」を受け取りやすい体質 なのでしょう。 その為にアレルギー症状として湿疹や鼻炎が発症するのでしょう。 このように飲食に関する原因を「内湿」といって、常に脾胃の運化失調を伴い、 下痢をしたり又反動で便秘をしたりするものです。 体内に生じた「湿毒」は皮膚に流注し欝滞すると丘疹・水泡・潰爛などとなり、 またニキビ状にもなります。 これを「湿勝成毒」の現象と言います。 また背中は膀胱経の通り道ですので特に膀胱経に湿熱が停滞しやすい のかも知れません。 尿が遠く、濃いとか出渋るとか何か変化はありませんか? おすすめの漢方処方 (1) 除湿解毒湯(じょしつげどくとう)・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 卑解滲湿湯(ひかいしんしつとう)加味・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 手の主婦湿疹

女  37歳 病名と経過 :  小さい頃からアトピー性皮膚炎と診断されました。 子供の頃はハウスダストによる湿疹で手や足の関節の内側や首の廻りによく湿疹が できていました。 最近では汗をかく時期以外はそう苦になりませんが、10年以上前から手に湿疹が できるようになりました。 特に寒い時季にひどくなり、手の甲、指のまた、指はもちろんのこと、ひどい時は 手のひらにもできます。 水を使うことがひどく億劫になり、痒くて寝られないこともあります。 痒くなり、かくと赤くはれ、透明の汁が出て、傷があかぎれになり、痛みます。 皮膚が乾燥すると、余計に痒くなります。 季節の変わり目には鼻炎になり、こちらも辛いのです。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  漢方に「鵞掌風(がしょうふう)」という変わった病名があります。 手のひらが鵞鳥の足のようにガサガサに荒れて痒くなる皮膚病で、 現代の主婦湿疹に似ています。 その成因には、 胃中火旺血燥 血不栄於皮膚 復以外受寒涼侵襲 以致凝滞不運而生風 成為此症 (胃中の火が盛んになると血液が熱を持って乾燥し、皮膚に栄養が行かなくなる。 加えて気候が寒くなると血行が悪くなり、を生じて痒くなり、この症状になる。) と言うふうに書かれています。 手のひらは心包経の通るところで、血熱の溜まりやすい所です。 また肌肉は脾胃のつかさどる所で、手のひらの筋肉は胃中の火によって 熱せられます。 手は水仕事によってしばしば湿気にさらされます。 すると湿と熱が相打ち、湿疹を発します。 更に寒涼の外気の侵襲を受けると風を生じて掻痒感が起こります。 全ての原因は「胃中の火」です。 これがあなたのアレルギーの源です。 おすすめの漢方処方 (1) 去風地黄丸加味(きょふうじおうがんかげん)・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 除湿止痒洗薬(じょしつしようせんやく)・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬)           *注意 (1)は内服薬、(2)は湿布薬です。

★ 下肢の湿疹

女  43歳 病名と経過 :  皮膚が乾燥し、痛痒がある(とくに足、蕁麻疹のようなぶつぶつができる) 特に皮膚の乾燥についての診察をお願いします。 ・よく喉が乾く ・首や肩がこる ・月経量が多い、おりものがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  これは一種の湿疹と考えれば良いのでしょうか。 皮膚が乾燥しているとのこと、それなのにブツブツが出るというの は何か矛盾しているような症状ですね。 通常は湿疹体質は肌がべとついているものなのですが、条件によっ てはアトピー性のように乾燥している場合があります。 当然、後者の方が悪質です。 そしてどちらも「湿熱」が原因です。 もともと「内湿」というものは“”の運化失調によって生じます。 そうなったのは食生活の不摂生に原因があります。 それが経時的に「熱化」して「湿熱」に変わっているのです。 湿疹の本家本元は“脾”にあります。 “脾は湿を憎む”といって、「湿熱」があると“脾”の働きが悪くなります。 これを「湿熱蘊脾」といいます。 また“脾は肌肉を主る”ので肌肉に湿熱の病変が生ずることになり、湿疹となっています。 これを「湿勝成毒」といいます。 発生部位が特に下肢ということになると「脾経の湿熱」が「肝経」にも及んでいるようです。 即ち「肝胆湿熱」を兼ねています。 肝経はまた婦人の月経と関係があり、湿熱などのために失調すると月経異状や帶下(おりもの) をきたします。 「月経量が多い、おりものがある」と言うのは「湿熱下注」の結果です。 湿疹体質で皮膚が乾燥するのは「湿熱」において、[湿<熱]の場合です。 熱が多いために皮脂が乾燥して補充が追いつかないのです。 「よく喉が乾く」のもこの「熱」のせいです。 しかし「湿」もあるので少し口を潤せばもうそれ以上の水分は欲し くないはずです。 また「心(しん)は血液を主る」ので瘡瘍(できもの)の痛痒は心(しん)への結果の現れです。 即ち「諸痛痒瘡、皆心(しん)に属す」という訳です。 おすすめの漢方処方 (1) 卑解滲湿湯(ひかいしんしつとう)・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 新加抽薪飲(しんかちゅうしんいん)・・・・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 顔首にできる発疹

女  22歳

もっとも治して欲しいこと: アトピー性皮膚炎と言われたが... 顔首などに赤い発疹ができる(睡眠不足の時やストレスがたまったと思うとき) 全身 : だるい 顔面 : 目がまぶしい 口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる 腹部 : 腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  かゆい  湿疹   ただれ   にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :   顔首などの体の上部にできる湿疹は[湿・熱+風]の組み合わせが多いものです。 出たり出なかったりというのが「」の性格で、掻痒を発する元凶でもあります。 いわばアレルギーそのものです。 「湿」はただれ、「」は赤みです。 風湿熱の三者が合わさって発疹となるまでにはそれなりの過程があります。 先ず脾胃に湿熱があるのが前提です。 昔の人は次のように言っています。 「酒を飲み、おいしいものや栄養価の高いものをたらふく食べ、食事が終ってすぐ横になると、 湿熱の気が化すことができず、腹部にたまって腹脹腹満となる。 このような熱が体内にできるのは、湿熱のものの多食によって脾の運化が失調し、 熱が鬱積して起こったもので、裏実熱閉の証候を呈する。 この熱は、甘いもの、おいしいもの、栄養価の高いものなどの過食によって、 脾が水湿を運化できなくなって起こったものである。」 >全身 : だるい これは「湿」の特徴です。 「脾胃は四肢をつかさどる」ので脾胃の機能低下が手足のだるさとなって現れます。 これを専門用語では「湿熱蘊脾」といいます。 体内に出来た湿熱が外部環境の湿熱や刺激的な食品・薬物などと遭遇すると「内外合邪」となり、 皮膚で発症するのです。 >口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる 「口は脾の竅<キョウ>となす」と言われています。 脾胃湿熱の異常が口にアフター性口内炎という湿熱性の炎症として現れています。 おすすめの漢方処方 (1) 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)


★ 掌蹠膿皰症

女  25歳 もっとも治して欲しいこと :  両足の裏と右手の手のひらの一部に小さな水泡が毎日たくさんできます。 1回さわるとだんだんかゆくなってきますが、中の水(黄色っぽい)を出してしまうと、 かゆみがおさります。 お風呂できれいに洗って、水泡をわずかに切ったりして裸足で寝るが朝起きると、 また水泡が大量に復活してしまいます。 以前、もっとひどかったときに皮膚科に行って、菌の検査をしてもらったが、 水虫の菌は見つからなかった。 今はその時もらったステロイドの薬を毎日塗っているが、塗るのをやめると、 もっとひどくなってしまいます。 でも塗ってる今でも充分症状はひどい。 小さな頃からアトピーだが、最近はずいぶん楽になってきています。 今気になっているのは、この足の症状だけ。 アトピーで弱くなったところに何か感染しているのか、アトピーの症状なのか、 アトピーとは無関係か、原因がわからない。 見かけを書くと、その症状に侵された部分は赤く変色して、他の部分よりもつるつるした感じで、 その上に小さな水泡がたくさんある状態です。 若干足の横にも広がってきているのでサンダルもはけず、ショッピングに行ってお釣りをもらう時 など右手を出すのに躊躇してしまったりと気が滅入る一方です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >両足の裏と右手の手のひらの一部に小さな水泡が毎日たくさんできます。 >……中の水(黄色っぽい)を出してしまうと、 >朝起きると、また水泡が大量に復活してしまいます。 >皮膚科に行って、菌の検査をしてもらったが、水虫の菌は見つからなかった。 >赤く変色して、他の部分よりもつるつるした感じでその上に小さな水泡がたくさんある状態です。 これは多分「掌蹠膿皰症」(しょうせきのうほうしょう)と言う病気でしょう。 一種の過敏性反応疹で、難症です。 女性は男性に比べて多く、30-50歳内に発病率がもっとも高いものです。 慢性扁桃腺炎、化膿性牙齦病、副鼻腔或いは其他の感染症があることが 原因である場合もありますが必ずしもそうとは限りません。 漢方では風熱火毒(アレルゲン)を外因とし、湿熱蘊結内因として相互に影響 し合って成毒化したものと考えています。 よく見られるのは「胆経湿熱証」です。 皮疹の多くは足蹠より始まり、掻破すると滲液が出て、膿疱湿爛の重症となる。 このような熱が体内にできるのは、湿熱のもの(辛熱性の食べ物、甘いもの、 おいしいもの、栄養価の高いものなど)の多食によって脾の運化が失調し、 熱が鬱積して起こったものです。 治法は清熱化湿,益気健脾法となる。 おすすめの漢方処方 (1) 二妙丸(にみょうがん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 手指の水疱

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 肩こり 指の皮膚炎 肩から首がこり、2〜3週間に一度(2〜3日)頭痛がする。 いつもお腹が痛い。じっとしていて痛いのではなく、おへその辺りを押すと痛い。 足が冷え、むくむ。朝からむくんでいるときもよくある。 手は冬もほてる。指に皮膚炎があり、きれいに治るときもあるが(最近は常に炎症がある) 手にほてりを感じると皮膚内に水疱(1ミリくらいのがいっぱい)ができており (かゆみもある)、表面が乾燥して水疱が裂ける。 かゆく、痛く、熱を持っている。ステロイド剤を処方されたりしたが必ず再発する。 小学生の3〜4年生からあり、以前は夏には治まっていたが最近は年中ある。 10代の頃はニキビなんかできたことがなかったが、23歳の秋頃からニキビ (吹き出物)ができても治りが悪くなり、顔全体に広がった。 今はアトピー用の基礎化粧品等でほとんどないが、常に1〜2個の赤い、芯のあるニキビがある。 全身 : だるい 顔面 : 普通  頭痛 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  肩の痛み 腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  ただれ  水泡  にきび 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >手は冬もほてる。指に皮膚炎があり、……皮膚内に水疱(1ミリくらいのがいっぱい) >ができており(かゆみもある)、表面が乾燥して水疱が裂ける。 >かゆく、痛く、熱を持っている。 これは「汗疱症」というものかも知れません。 天気が温暖になると皮膚の汗腺が開いて、そこから黴や細菌などの侵入を受けやすくなります。 漢方ではそういう状態を「そう理疏松」といっています。(そう=[月奏]) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 自然界の風・火・暑・湿・燥・寒の「六気」の過多あるいは不足は 人の生命現象と極めて密接な関係があります。 この異常な六気を「六淫」といって発病の原因と考えています。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 六淫の中の「風・湿」が皮膚に欝滞(浸淫)して発散しないと水疱になります。(免疫力の低下) 現代中医学ではこれを「風湿鬱膚水疱」と読んでいます。 「そう理疏松」の状態を「そう理緊密」にしない限り、六淫を締め出す事はできません。 >腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある >頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  肩の痛み >婦人 : おりもの 上の三症状は“水湿”によるものと考えられます。 水湿はまた“痰飲”とも“水毒”とも呼びます。 四肢の停水は四肢浮腫となり、溢飲証といいます。 水湿が経絡に留まれば硬直や凝りになります。 水湿が腎や子宮にあれば下肢が冷えたり、帶下(おりもの)になります。 >いつもお腹が痛い。じっとしていて痛いのではなく、おへその辺りを押すと痛い。 水湿の病変には脾肺腎の三臓が関わっており、中でも「脾は生痰の源」と言って、 水湿の病変の根源です。(脾=膵臓・小腸) 臍腹部は脾の部位です。 脾の運化作用に異常があるからでしょう。 >皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 水湿が長く留まると熱を帯びてきて、熱は更に風を呼び込みます。 これを「風熱挟湿」といい、ニキビや痒さになります。 去風除湿清熱の法にて風湿熱の三淫を除かなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 除湿胃苓湯(じょしついれいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 消座飲(しょうざいん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ ドライアイ/湿疹/ニキビ

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : ドライアイ(2年): とにかく乾く 寝ているとき半目   頭皮の湿疹(9年) かゆい 頭皮がじめじめするときもあり、かさぶた状のふけ 顔面 : 普通  目がかすむ  目が赤い  目がまぶしい  目がひどく乾く  のぼせ 口 唇 舌 : 口は乾かない  舌は白っぽい 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  痰は無い 胸 脇 : どきどきする   腹部 : 胃が重い(ここ1ヶ月) 腹が張る  おへその周りをおすと痛い 大便 小便 陰部 : 下痢症  頻尿(1日10回) 整理用ナプキンにかぶれやすい 頸部 背 手腕肩  : くびが凝る  背中が痛い(胃の後ろを押すと痛い)            手がほてる  手のひらに汗をかく 腰 膝 下肢 : むくみがある  足の裏がほてる   足の裏に汗をかく 皮膚 頭皮 毛髪 : 頭皮に湿疹  リンパ腫  にきび その他に甲状腺腫(2年)とバセドウ氏病(2年)があり、喉が詰まった感じがするだけ。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >頭皮の湿疹(9年): かゆい 頭皮がじめじめするときもあり、             かさぶた状のふけができるときもある >大便 小便 陰部 : 頻尿(1日10回) 整理用ナプキンにかぶれやすい >頸部 背 手腕肩 : 手がほてる  手のひらに汗をかく >腰 膝 下肢 :  むくみがある  足の裏がほてる   足の裏に汗をかく 湿が体表に欝滞しています。 肝経という経絡は下半身や性器を通っているのでとかくこの湿熱と関係が深い。 足裏の火照りや発汗、むくみ、局部のかぶれは皆肝経に沿って湿熱があるための症状です。 >ドライアイ(2年): とにかく乾く  寝ているとき半目 >顔面 : 目がかすむ  目が赤い  目がまぶしい  目がひどく乾く  のぼせ 肝経はまた上部では目や耳、頭頂へと繋がっているので、それらの部位でも症状が出ます。 >にきび 体内に生じた湿熱は皮膚に流注し欝滞すると丘疹・水泡・潰爛などの「湿毒」となり、 またニキビ状にもなります。 これを「湿勝成毒」の現象と言います。 湿や熱を取り去れば或は甲状腺腫に対しても好結果がもたらされるかも知れません。 甲状腺も肝経の通過路ですから。 おすすめの漢方処方 (1) 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 卑解滲湿湯(ひかいしんしつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★ ニキビ様のおでき

男  37歳 もっとも治して欲しいこと : 顔面の毛嚢炎 全身 : 不眠 顔面 : 赤く、全体がはれてている、毛嚢炎が弾きかけると腫れは引く 口唇舌 : 口が渇き、水分をとりたい 喉気管 : 咳、きれにくい痰 大便小便 : 便秘と下痢を繰り返す 頸部背手腕肩 : チタン使用による前方固定術の頸椎椎間板ヘルニアの手術を受けた 腰膝下肢 : 太股から足底までだる痛い 皮膚頭皮毛髪 : 頭髪の生え際に膿がたまる 今冬に肺炎を起こし、マスクをするようになってからマスクで覆われた部分に ニキビより大きい膿の出来物ができ、その後範囲が広がり顔全体まで広がった。 現在、皮膚科に3月からかかり、膿だし、消毒、塗り薬をしていますが、よくなりません。 膿の検査結果、ブドウ球菌が判明しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : *上の例があなたのケースとメカニズムが似ています。 おすすめの漢方処方 (1) 卑解滲湿湯(ひかいしんしつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ にきび/肥れない

男  25歳 もっとも治して欲しいこと : にきび、十年程前から。赤いやつ(しみになる) 湿疹、体が温まると赤い発疹がでてかゆい(興奮・緊張すると特に) 痩身、食べても肥らない。小学高学年ぐらいから、はっきりと痩せていた 全身 : だるい  気がふさぐ  痴呆(ぼけ) 顔面 : 白い(少々)  めまい(立ち眩み) 頭痛  頭が重い  目が赤い      目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ  耳鳴り(たまに) 口 唇 舌 : 舌がもつれる(どもりやすい)  歯茎が腫れる(虫歯)        歯茎から血が出る(虫歯)  唾液が多い  口が乾く 喉 気管 : 喉が痛い  咳が出る  ゼイゼイ音がする(たまに)       呼吸困難(現在はない) 切れやすい痰が出る  切れにくい痰がある 胸 脇 : 吐き気がある(たまに) 腹部 : 腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘  下痢  頻尿  出が悪い  切れが悪い  尿が濁る(あぶく) 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い(猫背) 腰 膝 下肢 : 腰が痛い(猫背)  腰が冷える  足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  かゆい  湿疹  にきび  フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 歯茎が腫れる(虫歯)  歯茎から血が出る(虫歯)  口が乾く > 目が赤い  目が痒い > 出が悪い  切れが悪い  尿が濁る(あぶく) > かゆい  湿疹  にきび  フケ性 齲齒は口腔内の湿熱によります。 目は肝経がつかさどります。 また肝経は陰器をまとうので尿の出に関係があります。 湿疹は文字通り、湿熱が皮膚に現われたものです。 「肝経湿熱」といって、肝経と湿熱は結びつきやすいのです。 > 痩身;食べても肥らない。小学高学年ぐらいから、はっきりと痩せていた 「火」とか「熱」があると陰分を焼き尽くすのでなかなか肥れません。 (陰陽がバランス良ければ身体は中庸を得ます) おすすめの漢方処方 (1) 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ ニキビ

女  22歳 もっとも治して欲しいこと : ニキビ、汗っかき 全身 : 暑がりで汗っかき 精神的に動揺しやすく、すぐ顔が赤くなり汗がでる 気がふさぐ 顔面 : 赤い  脂っぽい  目のかすみ、かゆみ      膿のある小さいニキビや赤くて大きなニキビができ跡が残る 舌 : 白っぽい舌苔あり 歯の跡でガタガタしている 気管、胸 : 何もしていなくても息が切れることがある、ドキドキすることがある 大便、小便 : お尻だけがすぐに冷えて下痢をする ガスがたまりやすい 尿は近い方 首、肩、背中、腰の凝りがひどい 同じ姿勢が続くとすぐ腰が痛くなる 皮膚・毛髪 : 胸や背中にも少しニキビができる  全身の体毛が濃くなった −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >舌 : 白っぽい舌苔あり 歯の跡でガタガタしている >大便、小便 : お尻だけがすぐに冷えて下痢をする ガスがたまりやすい 尿は近い方 これより「脾の気虚」による「湿」の存在が予想されます。 >膿のある小さいニキビや赤くて大きなニキビができ跡が残る >顔面 : 赤い  脂っぽい  目のかすみ、かゆみ 湿が上部の体表に停滞しているうちに外界の刺激(外邪)と結びついて「湿熱」に変わり、 ニキビや汗っかきになったようです。 根本原因は脾気虚です。 おすすめの漢方処方 (1) 除湿解毒湯(じょしつげどくとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

★ ニキビ

女  47歳 もっとも治して欲しいこと : 吹き出物  30代頃から生理前〜生理が終わるまでがひどく、生理が終わって落ち着いてきたかとおもっているうちに、 生理後1週間もするとまたでき始めます。 ほとんど顎、口の周辺にたちの悪い大きく痛い赤黒い感じのものがよくできます。 最初、表面にはわからないのですが、触ると奥の方が痛い感じがあり、だんだん盛り上がって赤みと痛みが増して膿んできます。 食欲は普通、少食、さっぱり好み、油っぽいものはもたれやすい 足がむくむ(立ち仕事ですが)  全身 : 神経質 気がふさぐ 怒りっぽい 汗をかきにくい 顔面 : 普通 目がかすむ 鼻水(花粉症) 口・唇・舌 : 唇の色が紫色 舌苔が厚い(黄色) 口が乾く 腹部 : 胃のまわりが痛い(おさえると)  大便 小便 陰部 : 便秘(酸化マグネシウムをのんでいる) 頻尿 四肢 : 足が冷える(冬のみ) 皮膚 : にきび 婦人 : 月経量が少ない(1年位前から) 月経痛は昔からあまりなし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ほとんど顎、口の周辺 >胃のまわりが痛い(おさえると) >舌苔が厚い(黄色) 口が乾く 口周は脾胃と関係があり、舌の黄苔は脾胃に「湿熱」の存在を示します。 >たちの悪い大きく痛い赤黒い感じのものがよくできます >触ると奥の方が痛い感じがあり、だんだん盛り上がって赤みと痛みが増して膿んできます 湿熱が高じると毒に変わり「湿毒」となり、膿となります。 >月経痛は昔からあまりなし 湿熱は肝経に生じやすいのですが、月経痛がないので肝経ではなく胃経の湿熱です。 おすすめの漢方処方 (1) 茵陳蒿湯(いんちんこうとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次