メール相談例 30
以下の例はすべて 寒湿凝滞 (寒湿の邪が経絡を塞ぐ場合) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 生理痛
2. 腕肩痛(五十肩)
3. 口臭/冷え性
4. 睾丸痛/尿頻(寒疝)


★ 生理痛

女  34歳 もっとも治して欲しいこと: 生理不順(不妊)  生理痛  頭重感  生理がもともと不順ですが、今年の5月には2ヶ月遅れの生理がひきつるような 激痛をともないはじまり、体調がすこぶる悪く家事にも支障をきたしています。  内科、婦人科、脳神経外科、胃の透しなど診察を受けましたが、特別な異常はなく 自律神経失調ぎみで運動をするように薦められました。   婦人科においても子宮後屈以外は異常がないとのこと。 現在は3ヶ月間生理がきていないことと頭が重かったり体が冷えを感じる等の症状があります。   全 身 : 気がふさぐ  さむけ  汗をかきにくい 顔 面 : 普通   頭が重い  目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る 喉 気管 : 咳が出る  切れにくい痰がある 胸 脇 : 吐き気がある 大便 小便 陰部 : かゆみ(肛門周り) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  肩の痛み  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  しびれる  足が冷える  むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  かゆい(足) 婦人 : 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >2ヶ月遅れの生理がひきつるような激痛をともないはじまり、 >体が冷えを感じる等の症状があります。 >腰が痛い  腰がだるい  しびれる  足が冷える  むくみがある >月経量が少い このような劇症は実証に属します。 「寒湿凝滞」による経行腹痛(生理痛)というのがあります。 「経前或経期小腹冷痛,得熱則減、形寒肢冷,月経后期,経量少,渋滞不爽, 経色暗紅挟有血塊」 (月経の前から経期にかけて下腹部が冷えて痛む。温めると痛みは減る。手足は冷え、 月経は遅れる。出血も少なく、黒っぽく、塊が混じる。) 状態がそっくりなように思います。 寒湿凝滞というのは気候の冷えと湿気が体に直接影響を与えている状態です。 月経を起こすのは「血海」と呼ばれる衝脉ですが、この衝脉及び妊娠と関係深い任脉 が寒湿に見舞われ、それが居座ってしまうと寒湿凝滞の状態になります。 >吐き気がある 寒湿はまた脾胃の昇降機能を狂わせるので悪心が起こります。 おすすめの漢方処方 (1) 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 腕肩痛(五十肩)

女  56歳 もっとも治して欲しいこと : 左腕に痛み 4月中旬くらいから痛み始め、夜眠れない程。 痛みは肩から指先までビリビリとしびれるように痛み、温めるとだいぶ良い。 寝ると背中まで痛みがひびく。 左の肩甲骨から腕の付け根にシコリでもあるような感じで、つっぱっているような痛み。 腕は胸の上よりも高く上げられない。 以前より冷え性のためスーパーの冷蔵庫の冷気が寒くて買い物に行けない。 全身 : だるい  気がふさぐ 汗をかきにくい  不眠  胸 脇 : 脇が痛い  脇が詰まった感じ 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い  腕の痛み  肩の痛み  手指がしびれる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >痛みは肩から指先までビリビリとしびれるように痛み、温めるとだいぶ良い。 >寝ると背中まで痛みがひびく。 >胸の上よりも高く上げられない。 >スーパーの冷蔵庫の冷気が寒くて買い物に行けない。 漢方では自然界の風・火・暑・湿・燥・寒の「六気」の過多あるいは不足を「六淫」 といって、外的病因すなわち外邪と考えています。 六淫のうち、寒は痛み、湿はしびれとなって現われます。 外界の寒湿の邪気が腕肩の肌肉、関節、筋脉などに侵襲してその部位の経絡を閉阻する と気血の運行が不通になり痛痺を発します。 おすすめの漢方処方 (1) 烏頭湯(うずとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口臭/冷え性

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 口臭 1.1歳の時から周りの人に指摘され、以来ずっと悩み、行く場所行く場所で口臭をネタに苛めや批判を受けています。 胃腸も弱く、過敏性腸症候群は14歳の時から。 口臭は朝起きたときが一番ひどく、日夜とわず家族に指摘されます。 朝は痰がものすごくたまり、いつも痰を吐くことから朝がはじまります。 歯も歯茎もとても綺麗だといつも歯医者に褒められます。 胃下垂なせいか、肉やにんにくなど食べると匂いが2日は鼻につきます。 2.冷え性 生理痛とどちらにするか悩んだのですが、冬やクーラーの効いた部屋では足が痛いほどひどい冷えです。 第4指も上にそっくりかえっており、カイロが4つほどいつも必要です。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 微熱 汗をかきにくい 顔面 : 白い 頬は赤い 瞼がむくむ めまい たまに頭痛 頭が重い 目がかすむ 鼻づまり 鼻水 鼻が乾く      耳から汁がでる 耳がかゆい 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 口が臭い アフター性口内炎がでる 口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 咳が出る ゼイゼイ音がする シャックリとまらなくなる 胸 脇 : ときどき動悸 腹部 : 胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る お腹がすくと震えがくる 大便 小便 陰部 : ひどく下痢することが月に1回はある。尿が濁る 尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 上腕の痛み 肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰が冷える 膝が痛い 足が冷える 足がだるい 無力で歩けない 夏など足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) 婦人 : 月経が遅れる 月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 口臭といえば普通は胃腸の熱(陽性)が関係するものですが、あなたのはちょっとタイプが違います。 >朝は痰がものすごくたまり、いつも痰を吐くことから朝がはじまります。 >足が痛いほどひどい冷えです。カイロが4つほどいつも必要です。 >月経が遅れる 月経痛がある >ひどく下痢することが月に1回はある。 これらは明らかに内に寒湿(陰性)があることを意味しており、体内の陽気不足が最大の原因です。 >肉やにんにくなど食べると匂いが2日は鼻につきます。 陽虚だと五感が清明になり、匂いに敏感になります。 おすすめの漢方処方 (1) 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 睾丸痛/尿頻(寒疝)

男  44歳 もっとも治して欲しいこと : 左睾丸部の引きつった痛みと座席時の圧迫刺激による尿意切迫感。 二番目、心因性の原因があると見て、極度の神経過敏や、恐怖症。 昨年、突然の強烈な尿意切迫感を感じ、排尿後も3分と持たずトイレに立ちたくなる尿意切迫に遭う。 泌尿器科を受診し、神経性頻尿と診断。さらに慢性前立腺炎とも診断される。 発症当日から不眠が3日続き、動悸、めまい、肩こり、頭痛も毎日併発。 特に就寝時の尿意切迫と動悸が酷く、精神的にも壊れた状態となる。 急激な尿意切迫は2日ほどあるが沈静化。 現在は左睾丸の痛みと、痛み刺激による尿意頻拍感があり、運転仕事や事務仕事に大変支障が出ている。 動悸や足の甲に痛みを感じるほどの冷感、時折眼球奥の痛みと、頭痛、肩こりに悩まされる。 上司、同僚の顔を見て会話することが出来ないほど。 緊張が強い場合、後頚部の痙攣、顔面の引き攣りが生じている。 全身:健忘気味 怒りっぽい さむけ 入眠困難 考えがま止まらない 焦る 緊張時に後頚部がこわばる 顔面:普通 瞼が凹む 顔面痙攣 頭痛 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い 口 唇 舌:口が苦い 口が臭い 舌がもつれる 口が乾く 喉 気管:声がかすれる 胸 脇:動悸がする 腹部:ヘソの奥にも動悸がする 大便 小便 陰部:便秘 頻尿 切れが悪い 痔痛 痔出血 インポ 睾丸痛 鼠径部の冷感 頸部 背 手腕肩:背中が凝る 手指が痙攣する 腰 膝 下肢:足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 左睾丸部の痛みと、座席時の圧迫刺激による尿意切迫感 前立腺炎よりも むしろ睾丸炎に近いものです。 《金匱要略》という昔の書物に「寒疝」という病気が出てきます。 陰嚢が冷痛して腫硬し、痛みが睾丸へと引き、陰茎は挙らず(勃起不全)、暖めるのを喜び寒さを畏れ、 形寒く肢冷等がある。 これは寒邪が厥陰(肝)経を襲ったからである。 例えば湿地に坐臥したり寒い時期に河を渉ったり、雨雪を冒したり磚石(レンガ)の上で臥坐したり、 風冷の処で過労になったりしたのが原因である、と書かれています。 > 足の甲の痛みを感じるほどの冷感、時折眼球奥の痛みと、頭痛、肩こりに悩まされる。 > 後頚部の痙攣、顔面の引き攣りが生じている。 肝経は鼠径部や性器を通って下肢へと降りています。 それで足の甲の痛みや冷感を感じます。 また肝は目・脳天・筋肉をつかさどるので眼痛・頭痛・肩こり・痙攣などを現します。 > 心因性の原因があると見て、極度の神経過敏や、恐怖症が根底にあると思います。 心の問題は二次的に現れたもので、主なる原因ではありません。 余りにも症状が強かったために精神的に煽りを食ったのでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 暖肝煎(だんかんせん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次