メール相談例 38

1. 月経が遅れる
2. 冷え性
3. 強皮症/月経が来ない


★ 月経が遅れる

女  24歳 4年前にダイエットで痩せた結果、生理不順・冷え性・便秘になった。 全身 : 怒りっぽい 大便 : 便秘 下肢 : 足が冷える 皮膚 : かゆい 乾燥 婦人 : 月経が来ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 体格は良いけれどダイエットがきつかったのですね。 月経周期が40日以上、ひどい場合は2〜3ヶ月もないものを 「月経後期」といって次の五つの型に分けられます。 一番多いのは血寒型で、血虚型がこれに次ぎます。 1.血寒型 2.血虚寒型 3.血虚型 4.気鬱型 5.痰湿内阻型 あなたの場合は上の分類の内、どれに該当するかお会いしてみなければ分かりませんが、 一応ここでは冷え性でであることから1.血寒型と仮定します。 <漢方まんだら>のページの中の A-5寒>C-4[病<於]血 寒凝血渋038 (寒邪が経絡に壅滞して経脈の流れを止めている) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「寒邪外感・経脈凝渋」といって極端な冷えが原因で血脈の流れが渋滞すると見なします。 月経が来ないのはそのせいかと思います。 便秘も同じ事で、下剤などをいくら飲んでも良くならないでしょう。 冷えの原因は色々でしょうが、食べ物・エアコン・衣服・運動不足などなど 思い当たる節があったら即刻に改めて下さい。 原因を残したままではどんな治療も効果を上げることは出来ません。 これに対しては「温経散寒・温通血脈」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 温経湯(うんけいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)  (当帰・川弓・白芍・肉桂・莪朮・牡丹皮・人参・牛膝・炙甘草) (2) 当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)   (当帰・桂枝・白芍・細辛・甘草・通草・大棗) (3) 温経湯エキス・・・・・・・・・・(市販品) (4) 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス・・・・・・・・・・(市販品)

★ 冷え性

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : 冷え性 20代から手足の冷えはあったのですが、ここ数年冬場は特にひどく下腹部痛(左下腹部)もあり、 内科を受診したら便が溜まっていると言われ恥ずかしい思いをしました。 今年の夏はクーラーの効いた場所がとても寒く感じられ鳥肌がたつほどでした。 とにかく手足も冷たいですが全身が冷たい感じです。体温も36度なく低体温です。 生理の時は初日に必ず頭痛がします。それと時々ですが足の付け根が痛くなります。 全身 : だるい  気がふさぐ  さむけ  汗をかきにくい 顔面 : 白い 頭痛 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  口が臭い  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >手足も冷たいですが全身が冷たい感じです。体温も36度なく低体温です。 「心は血脈を主宰する」というし、また「肝は血を蔵す」ともいいます。 従って「血虚」の方は心血不足でもあり、また肝血不足でもあります。 血脉が濡養を得られないと寒邪を感受しやすく、血脉は運行不利になり、 寒邪はいつまでも四肢に凝滞したままになります。 >口 唇 舌 : 唇の色が紫色  口が臭い  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る >大便 小便 陰部 : 便秘 これらもすべて血脉の運行不利が原因と思われます。 <漢方まんだら>のページの中の A-5寒>C-4[病<於]血 寒凝血渋038 (寒邪が経絡に壅滞して経脈の流れを止めている) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「寒邪外感・経脈凝渋」といって極端な冷えが原因で 血脈の流れが渋滞すると見なします。 月経時の頭痛もそのせいかと思います。 便秘も同じ事で、下剤などをいくら飲んでも良くならないでしょう。 冷えの原因は色々でしょうが、食べ物・エアコン・衣服・運動不足などなど 思い当たる節があったら即刻に改めて下さい。 原因を残したままではどんな治療も効果を上げることは出来ません。 これに対しては「温経散寒・温通血脈」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)・・・・・・(煎じ薬) (2) 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス・・・・・・・・・・(市販品)

★ 強皮症/月経が来ない

女  25歳 もっとも治して欲しいこと : 5年前から強皮症にかかった、 手足のこわばり皮膚が硬くなった、レイノー症状、指が曲がった、 生理が来ない、逆流性食道炎といわれた 全身 : だるい 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面 : 白い 目がかすむ 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 胸 脇 : 動悸がする 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 膝が痛い 膝が腫れる          脚が痛い しびれる 足が冷える むくみがある 婦人 : 月経が来ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >5年前から強皮症 >手足のこわばり皮膚が硬くなった、レイノー症状、指が曲がった 強皮症は漢方では頑痺・風痺・皮痺・肌痺などの“痺症”に属します。 原因は肝腎虧損からくる精気不足か心脾両虚からくる気血不足のいずれかです。 >腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 膝が痛い 膝が腫れる むくみがある >月経が来ない これより前者の「肝腎虧損」のようです。 腎陽不足 (久病あるいは苦寒薬の使いすぎにより陽気が無くなる/腎陽虚証)  の証に該当します。 次のホームページを参照して下さい。 http://www.geocities.co.jp/Beautycare/1013/kmandara2/40.html おすすめの漢方処方 (1) 仙淫通痺湯(せんいんつうひとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 双蛇双参方(そうじゃそうじんほう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次