メール相談例 39

★ 消化器性の風邪 (下痢)

男  35歳

病名と経過 : 5月9日に下痢ぎみになり、翌10日朝、悪寒、発熱(37.5)
下痢(10回くらい) 食欲はないことはないのですが食べませんでした。
午前中は寒気のため布団に入っておりました。熱感はあまりありませんでした。
連休前に風邪をひいており、その時は黄色い鼻水(朝は血がまじる)でした。
最近はよく風邪をひくと蓄膿ぎみになり、その時は葛根湯加辛夷川きゅうを
のんでいました。
そして、治ったとおもったらこの状態になりました。

今日(12日)は熱もなく、だいぶ良いのですが、まだ時たま下痢ぎみ
(今までも水様便ではない形のくずれた便の感じ)
排便前には軽い腹痛がおきます。
まだ口内炎がひとつあります。

全身 : 汗は出ていない
顔面 : 頭痛  鼻水
口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる
腹部 : 臍の辺りが痛い
頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る


返事 :

外感症の風寒に内湿を兼ねています。

<漢方まんだら>のページの中の
A-5寒>C-5食積 因寒滞食039
(寒邪が背中から入り胃を犯し、消化機能を阻害する)

の証パターンが可能性として考えられます。
即ち外感寒邪・食滞胃中という状態だと想像されます。
これに対しては散寒解表・消食和中法を採用するのが良いと思われます。

アフター性口内炎や黄色い鼻水(朝は血がまじる)などは湿欝が長引いて熱化している
ことを示していますがまだ大したことはないのであわてることはありません。
風寒をとばして内湿を乾かせば他は自ずと良くなります。


おすすめの漢方処方
(1) 霍香正気散(かっこうしょうきさん)
(霍香・桔梗・白朮・厚朴・半夏・炙甘草・大腹皮・白止・紫蘇・茯苓・生姜・大棗)

(2) 午時茶(ごじちゃ)
(蒼朮・柴胡・前胡・防風・羌活・橘皮・山査子・連翹・神麹・霍香・白止・枳実・川弓・甘草 3 厚朴・桔梗・麦芽・紫蘇葉 4.5 紅茶 50 生姜汁 面粉)

(3) 霍香正気丸(かっこうしょうきがん) (市販品)

    漢方まんだら