メール相談例 48
以下の例はすべて 肝鬱血淤 (肝欝が長く続き疎泄されないと血行が悪くなる) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. ニキビ/月経が遅れる
2. 月経が遅れる/月経痛/肥満
3. 肩凝りと頭痛
4. ニキビ
5. 生理痛とニキビ
6. 足のむくみ1,2
7. 不安神経症
8. 生理前の顔のむくみ
9. 生理が来ない
10. 顔のしみ
11. 排卵痛


★ ニキビ/月経が遅れる

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : にきび   この1年半くらいで急にあごや下頬のあたりに大量にできるようになった。 赤くて痒み・熱を伴うにきびが同じところに繰り返しできる。 2番目:下半身の冷え。入浴後10分もたつと足裏が冷たくなる。 逆に上半身は汗をかきやすく、顔は赤ら顔でのぼせることもある。 3番目:生理不順・15年近くずっと生理痛 現在は40日〜60日周期。 生理痛は何回かに1回は、起き上がることが困難な程ひどい。 いつ生理がくるかわからないので、旅行など予定が立て辛い。 全身 : だるい  怒りっぽい  汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 赤い  頭が重い  目がかすむ  目が赤い 口 唇 舌 : 口が臭い  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る 腹部 : 胃の辺りが痛い  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘  咳をすると尿が漏れる  尿が濁る 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  膝が痛い  足が冷える          こぶらがえり  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  斑点(しみ)  かゆい  おできや化膿  にきび 婦人 : 月経が遅れる  月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >40日〜60日周期…………………………肝気欝滞 >生理痛は何回かに1回は、起き上がることが困難な程ひどい……肝気欝滞 >目がかすむ  目が赤い………………肝経鬱熱 >赤くて痒み・熱を伴うにきび 肝鬱化火といって肝気欝滞が長引くと熱化してニキビになるのでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 理気通経湯(りきつうけいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経が遅れる/月経痛/肥満

女  33歳 もっとも治して欲しいこと: 肥満、月経痛、多い白髪、老人性いぼ、赤面症、頻尿 全身 : だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい 汗っかき(手掌と足裏のみ) 眠ってばかり 顔面 : 黄土色 くしゃみをすると目の上がピクピクして直らない めまい 目が赤い      目がまぶしい 目が痛い 目が痒い クシャミ 耳鳴り 口 唇 舌 : 唇の色がグレー 口が臭い 歯茎から血が出る 口は乾かない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 咳が出る 痰は無い 腹部 : 腹が張る(ガスが溜まる) 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 頻尿 咳をすると尿が漏れる 夜間排尿が多い 陰部が痒い 腰 膝 下肢 : 腰が冷える 足が冷える 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : フケ性 若白髪 婦人 : 月経が遅れる(40日〜60日) 月経痛がある おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >怒りっぽい 汗っかき(手掌と足裏のみ) >くしゃみをすると目の上がピクピクして直らない >頻尿  陰部が痒い >足の裏がほてる >フケ性 若白髪 >月経が遅れる(40日〜60日) 月経痛がある おりもの 肝気鬱結が長期に及んで熱化したこと、及び肝経と密接な「湿」が絡んで 「湿熱」が観察されます。 肝気が鬱結すると云う事は情志の鬱結でもあり、気も血も鬱結します。(気滞血凝) そのために月経が遅れたり月経痛があったりします。 肝経は胸を通るので月経の前になると乳房が脹ったりしませんか? また肝経は陰部をまとい、子宮や膀胱とも関係が深いので肝気が鬱結すると 脾胃の気に圧力をかけて「脾虚」にします。 脾が虚すと水湿の運化がうまくいかず、病的な湿痰が生じます。 この湿痰が肝鬱の熱と結んで「湿熱」に変わりやすいのです。 体重が可也あるのは平素から刺激性の食品や味の濃厚なものを好むからでしょう。 この食物からも湿熱は内生します。(肝鬱脾虚,肝鬱生熱,脾虚生湿,湿熱蘊結) 湿熱が胞中に蘊結すればこれまた気血り運行が不暢となり月経痛や帯下となり、 頻尿や咳をすると尿が漏れるようになります。 陰部が痒いのも足の裏がほてるのもフケや若白髪もみな同一の原因です。 おすすめの漢方処方 (1) 加味烏薬湯(かみうやくとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 舒肝理気活血湯(じょかんりきかっけつとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肩凝りと頭痛

男  34歳

もっとも治して欲しいこと: 肩凝り、頭痛 肩凝りがひどくなるときがあります。 疲れたときなどに頭痛になり、ひどくなると吐き気がします。 鎮痛剤を飲む回数が多いので、なるべく漢方や養生で直したいです。 生活は不規則になることが多いです。 今までに飲んだ事のある漢方薬: 排膿散汲湯 小さいころからひどい蓄膿症で、手術も受けましたがあまり良くなりませんでした。 母に薦められて20歳頃に半年間程飲んだところ、黄色い鼻水が減り匂いがわかるようになりました。 全身 : だるい 気がふさぐ さむけ 顔面 : 白い  軽いめまい 頭痛  頭が重い   コンタクトをすると目が乾いてかすんだり目が痒くなったりする  鼻づまり     鼻水  クシャミ  時々濃い鼻汁  鼻がかわく たまに耳鳴り 口 唇 舌 : たまに歯茎が腫れる  ときどき歯茎から血が出る 喉 気管 : 咳が出る 黄色で切れやすい痰が出る 大便 小便 陰部 : 便秘 便秘と下痢をくりかえすときもある 硬い便のあとに出血がある         沢山水分を取ったとき、他のひとより尿が遠い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 背中が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える  疲れると足がむくむ 皮膚 頭皮 毛髪 : 少しフケ性  少し白髪 そばかす 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >肩凝りがひどくなるときがあります。 >疲れたときなどに頭痛になり、ひどくなると吐き気がします。 肩凝りというのは経絡や経筋における気血の淤滞が本態です。 これを「気鬱」とか「気滞」とか言いますが、全身の気を休まず運行させたり血液の 流通・調節をしたり、筋膜を柔軟にしたり、精神を明朗快活にするのは気の総帥である 「」の働きによります。 >顔面 : 軽いめまい コンタクトをすると目が乾いてかすんだり目が痒くなったりする また「肝経は目を巡りよく視る」と言われている様に目にも深いつながりがあります。 肩凝りから来る「かたかい目(眼精疲労)」はよく知られています。 漢方のテキストでは次の様に書かれています。 「肝気が欝滞すれば疎泄機能に異常を来し、胸腹部が脹悶して痛む・月経不調・月経痛など の症状が現れる。 脾胃の気滞になれば昇降機能が滞り、腹部の脹痛満悶・げっぷ・胃酸を嘔吐する・便秘など の症状が現れる。 経絡が気滞になれば営衛の働きが遮られ、気滞が起きた部位の経絡・肌肉・関節の腫脹・痺痛 が現れる。」 >婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの 生理についても次の様に述べられています。 「漢方では“女子は肝を以って先天と為す”と言われているように、生理と肝の働きは密接な 関係にあります。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、目は疲れ、 胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 その為に月経量が多過ぎたり、月経痛や血の塊が混じる事が起こります。」 >顔面 : 頭痛 >皮膚 頭皮 毛髪 : 少しフケ性  少し白髪 そばかす 肝気の停滞は久しくなると「化火」して「肝陽上亢」となり、頭面へ上がります。 >顔面 : 鼻づまり  鼻水  クシャミ  時々濃い鼻汁  鼻がかわく >口 唇 舌 : たまに歯茎が腫れる  ときどき歯茎から血が出る  >喉 気管 : 咳が出る 黄色で切れやすい痰が出る 経絡が気滞になれば営衛の働きが遮られ、外感病にも罹りやすくなります。 つまり「内外の邪が結合する」という結果です。 >大便 小便 陰部 : 便秘 便秘と下痢をくりかえすときもある 硬い便のあとに出血がある 沢山水分を取ったとき、他のひとより尿が遠い 陰部を纏う肝経蓄熱があるようです。 おすすめの漢方処方 (1) 柴胡疎肝散加味(さいこそかんさんかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)


★ ニキビ

女  21歳 もっとも治して欲しいこと : にきび  かぶれやすい 大学に入って一人暮らしになってから 突然にきびができはじめました。  主に あごと 頬の中心にできています。 あごは赤く腫れて痛いものが多く 頬は 赤いものと 赤くないブツブツがでています。 また、化粧品にかぶれやすいのか 無添加のファンデーションや 日焼け止めなど 敏感肌用のものでも顔中に小さい細かい湿疹(赤くはならない)が出るのでとても悩んでいます。  全身 : だるい(疲れやすい)  怒りっぽい  さむけ(寒がり)  汗をかきにくい  顔面 : 普通  瞼がむくむ  頭痛  目がかすむ  目が痛い 口 唇 舌 : 唾液が多い  口が乾く 喉 気管 : シャックリ 腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘  下痢 しやすい 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 湿疹  おできや化膿  にきび 婦人 : 月経痛がある  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >月経痛がある >足が冷える  寒がり >あごは赤く腫れて痛いものが多く いろいろな症状が書かれており、必ずしもつながりがあるとは限らないものもあります。 その中から生理的に関連性があるものだけをピックアップするのは大変難しい事です。 いま仮にもっとも重要だと思われる上の三点から推察する事にします。 月経痛があることより肝経に関係があります。 肝経の気の流れが悪くなり欝滞すると血行も悪くなり淤血が生じます。 この淤血があると冷え性になったり、月経痛があったり、血熱からかぶれやニキビの原因に なったりします。 肝経はまた眼と深く関わりがありますので目の症状や頭痛も出ます。 おすすめの漢方処方 (1) 桃紅四物湯(とうこうしもつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理痛とニキビ

女  25歳 もっとも治して欲しいこと : ニキビ 生理痛 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  月経が来ない ニキビは小学生の時からかなりひどく、だんだん治ってきて今は首に特にでます。 ニキビの跡もいつまでもあります。毛穴が詰まってて鼻の頭は黒く点々としてます。 全く汗をかきません。サウナでも汗はでません。その為一度熱が出ると体温をなかな下れません。 生理は中学の時に始まり最初の2ヶ月くらい正常にきて、その後11年間「1年に1度」と殆 どきてない状態が続きました。 今年の春に産婦人科で強制的に薬で生理をおこさせてみましょうっという事で注射をうっても らってからは毎月一応くるようになりました。 でも生理痛がひどく困ってます。 どんなに暑くしても寒いし、吐気はするし、体が震えて仕事が出来なくなってしまいます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >その後11年間「1年に1度」と殆どきてない状態が続きました。 体内を流れる経脈の内、子宮から起こる衝脈のことを“血海”と言い、月経の来潮 と密接に関係しています。 そして満潮になって経血を疎泄するのはの作用です。 この肝気が鬱結していて疎泄の働きがスムーズに行かないと血海の気血は暢通を欠き、 月経が起こりません。 これは「気滞血淤経閉」にあたります。 >婦人科で強制的に薬で生理をおこさせて……でも生理痛がひどく困ってます。 無理に薬物で調節してもそれが生理的に合っていなければ身体反応で拒絶します。 生理を起こさせるのが目的なのではなく、生理異常を起こしている原因を治す事を 目的にしなければなりません。 ではその原因を探ってみましょう。 >ニキビ跡もいつまでもあります。毛穴が詰まってて >鼻の頭は黒く点々としてます。全く汗をかきません。サウナでも汗 >はでません。その為一度熱が出ると体温をなかな下れません。 >どんなに暑くしても寒いし、吐気はするし、体が震えて仕事が出来なくなってしまいます。 全然“気血”の温かみが感じられません。 これは典型的な「血脉淤滞」の状態です。 淤血(ふる血)が生成したのは長い期間の気滞が原因です。 気をつかさどる大元は「肝」です。 肝気というのは伸び伸びと広がる春の成長の気です。 肝気欝滞が長く続くと遂には淤血を生じてしまうのです。 新陳代謝は停滞してしまい、毛穴は詰まり、汗もでず、体は温まりません。 おすすめの漢方処方 (1) 少腹逐淤湯(しょうふくちくおとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 足のむくみ

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 足のむくみ 5年ほど前から足のむくみが酷く、普通に生活しているだけで朝と夜では足の太さが全然変わ ってしまい、特に座っているとパンパンになって本当に2倍くらい太くなってしまいます。 腰膝下肢:  むくみがある 30分程座っているだけでふくらはぎがパンパンになってしまう。 むくみ以外には特別な症状はなく、汗も普通にかきますし、トイレの回数も少なくない。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >むくみがある 30分程座っているだけでふくらはぎがパンパンになってしまう。 >むくみ以外には特別な症状はなく、汗も普通にかきますし、トイレの回数も少なくない 浮腫みが現われる皮下組織の部分を漢方では「営衛(えいえ)」といいます。 体表と栄血とを結ぶ中間の組織で、「」の通り道である「経絡」が通っています。 ここが正常に働いておれば寒暑の気温変化への順応性やウィルス・細菌に対しても 抵抗力が発揮されます。 ところが姿勢などの生活習慣やストレスによって営衛に気の停滞(気滞)が起こると 経脉・営衛が不通となり、肢体浮腫が起こります。 水腫だと指で押えると凹んだままなかなか盛り上がってきませんが、これは気滞で あるため直ぐに盛り上がってきます。 「気」の大元は「」です。 足という局部的な気滞といえど必ずや大元の肝にも気滞は現われています。 上腹部にもやもやしたものが感じられたり、あくびや溜息が出たりするものです。 (胸脇脹悶,太息) 気のめぐりを良くして滞りを疏導してやらなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 香蘇葱鼓湯(こうそそうしとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 女  30歳 もっとも治して欲しいこと: 下半身のむくみ(特にひざから下) 足がむくみだしてから15年くらいたちます。年中腫れていてぶよぶよしています。 少しの間でも、立っているだけで、ひざ下が象のように寸胴になり、白い斑点が浮いてきます。 サンダルも履けないくらい、いつもぱちぱちになっているので恥ずかしくスカートもはけません。 それから、不思議だった事は、4年前に出産したのですが、(妊娠中はひどいむくみで入院しました) 出産後、1年位は足の冷えも、むくみもほとんどなく、いわゆる、普通の人の足になっていました。 断乳したとたん、生理と極度の冷えとむくみが戻ってきたので、女性ホルモンと関係があるのかと 不思議におもっています。押しても凹むむくみでなく、押しても変化ありません。 その他の身体状況: いつもだるい。スタミナ不足。冬は極度に手足が冷えて、夏はほてる。           上半身はやせていて下半身は肥大。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 顔面 : 白い 瞼がむくむ めまい 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い 口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 痰は無い 胸 脇 : 動悸がする 胸苦しい 大便 小便 陰部 : 便秘 尿が濁る 尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る   腰 膝 下肢 : 膝が腫れる脚が痛い 足が冷える むくみがある 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 若白髪 婦人 : 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 足がむくみだしてから15年くらいたちます。 > 押しても凹むむくみでなく、押しても変化ありません。 水腫ではなく、気腫だと弾性があります。 > 出産後、1年位は足の冷えも、むくみもほとんどなく、いわゆる、普通の人の足になっていました。 気腫は病が「気分」にあるもので、「水分」にあるよりも位置は浅いものです。 病位が浅いだけに腫脹が引いたり満ちたりが素早く、リンパ腺が詰まるなどが主原因です。 リンパマッサージ等で体表の気の停滞を解消することが日頃のケアになります。 漢方では気の大元を「肝気」と考えて、これを疎通させる事から全身の気の流れを良くします。 産後は出産という“大疎泄”をした後なので気の流れも良好になっていたのでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 香蘇葱鼓湯(こうそそうしとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 不安神経症

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : 以前心療内科で診察を受けた時、「不安神経症」と言われました。 頂くお薬は「抗うつ剤」と言うものでした (どうして不安神経症なのに「抗うつ剤」を処方するのか納得出来なくて、通院を止めました)。 現在は緊張がずっと続いてる状態で、なんとかリラックス状態に精神的にも身体的にも戻していきたい。 特に声を出すのに今は緊張します。家族に対してもです。 このままだと酸欠状態でどうにかなりそうで怖いんです(現に呼吸が上手く出来ないです)。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 普通 瞼がむくむ めまい 頭が重い まぶしい 目が痛い 目が痒い  耳鳴り 口 唇 舌 : 舌がもつれる  口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じる  呼吸困難 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い  胸苦しい  吐き気がある 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い 腫れ 足が冷える こぶらがえり 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 若白髪 婦人 : 月経が早くなる  月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >緊張がずっと続いてる状態で、なんとかリラックス状態に精神的にも身体的にも戻していきたい >特に声を出すのに今は緊張します。家族に対してもです。 >このままだと酸欠状態でどうにかなりそうで怖いんです(現に呼吸が上手く出来ないです)。 >月経が早くなる  月経痛がある 肝は精神情志の調節をも司ります。 精神情志がストレスを受けて緊張状態が長いと肝気は停滞して動かなくなります。 これを「肝気欝滞」といいます。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、目は疲れ、 胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 その為に月経が早くなったり月経量が多過ぎたり、月経痛や血の塊が混じる事が起こります。 また「肝欝化火」といって肝欝が長くなると必ず肝火に転じます。 肝火とは肝気亢進の状態です。 >瞼がむくむ >下肢 : 腫れ また「肝は疎泄をつかさどる」といいます。 疎とは疎通、通じること。泄とは発散・昇発のことです。 身体下部で疎泄しなければ足のむくみとなり、 上部で疎泄しなければ瞼のむくみとなります。 >だるい  眠ってばかり これも肝鬱から生じた鬱熱のため疎泄機能が停滞して“春の気”が発揮できないのです。 おすすめの漢方処方 (1) 柴胡疎肝散(さいこそかんさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理前の顔のむくみ

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : 1.顔のむくみ(生理の1週間前から生理初日の間は特にむくみます) 2.エラのところにできるニキビ(とてもかゆい) 3.便秘(コーラックを飲まないと全く出ません) 4.生理前の胸の張り(乳首が痛い) 顔面 : 瞼がむくむ 大便 小便 陰部 : 便秘 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある  足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  湿疹  にきび 婦人 : 血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔のむくみ(生理の1週間前から生理初日の間は特にむくみます) >生理前の胸の張り(乳首が痛い) 乳頭は肝に属し、肝経に気の鬱滞があると乳絡は失暢し、乳頭疼痛・乳房作脹となります。 「女子は肝を以って先天と為す」といい、肝経と月経は深い関係があります。 したがって生理時に乳脹などの変化がよく現われます。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気なのに、精神的ストレス等からよく欝滞します。 更に気滞が進んで血滞が引き起こされると「気滞血淤」という状態になり、気血の通暢 がともに止まるので浮腫になります。 >かゆい  湿疹  にきび >便秘 ともに気滞と血滞の所産です。 おすすめの漢方処方 (1) 八珍湯(はっちんとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理が来ない

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : 生理が来ない……29歳ぐらいまでずっと生理痛 (激痛で鎮痛剤のお世話になっておりました)に悩まされておりました。 でも30歳頃から生理痛はぴたりと治まりました。 生理はいつも4日ぐらいで終わってしまうので少ない方だと思います。 それが去年、転職してからずっと生理が止まったままです。 月経前緊張症として、昔から「乳房が張る、便秘気味、下腹部に鈍痛(ゆるい)がある」 などの症状があり、それが2ヶ月程前に感じられたので、「やっと来たか」と思ってたの ですが、やっぱり来ませんでした。 生理があるのに、子宮の中で滞っていると非常によくないと何かの本で読みました。 全身 : 汗をかきにくい  不眠(眠れるが慢性睡眠不足だと思います) 顔面 : 赤ら顔  頭痛(まれに偏頭痛が起こる)  耳から汁がでる (1年ほど前に耳垂れが出て止まらなくなり耳鼻科に通った経験があります―今は完治)      鼻汁が臭い時がある 口 唇 舌 : 口が臭い(歯肉炎) 口内炎がよくできる  歯茎が腫れる        歯茎から血が出る  疲れてくるとすごく口が乾く        疲れが溜まると唇に熱の華ができることがしばしばある 胸 脇 : 胸やけがするときがある(食べ過ぎ)―食欲はすごくあります 腹部 : 腹が張る  腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘気味  痔の出血がある(切痔っぽい) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え(たまに起こる) 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える  こぶらがえり(時々起こる)         足がだるい(立ち仕事のため) 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹(じんましんがストレスで発生したりする)           斑点(しみ) 湿疹  おできや化膿  にきび 婦人 : 月経が来ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >29歳ぐらいまでずっと生理痛(激痛で鎮痛剤のお世話になっておりました) >でも30歳頃から生理痛はぴたりと治まりました。 >生理はいつも4日ぐらいで終わってしまうので、少ない方だと思います。 >月経前緊張症として、昔から「乳房が張る、便秘気味、下腹部に鈍痛(ゆるい)が >ある」などの症状があり、それが2ヶ月程前に感じられたので、「やっと来たか」と >思ってたのですが、やっぱり来ませんでした。 もともとが「気滞血淤」といって、気の通りが悪くて血流が滞るタイプだった所へ >眠れるが慢性睡眠不足だと思います 仕事がひどくて睡眠時間が不足になるとストレスの為に「肝気鬱結」の状態になり、 生理と関係の深い衝脉・任脉の気血が停滞します。 >生理があるのに、子宮の中で滞っていると非常によくない その通りです、それが次なる症状です。 >1年ほど前に耳垂れが出て止まらなくなり耳鼻科に通った経験があります >鼻汁が臭い時がある >歯茎から血が出る  疲れてくるとすごく口が乾く >疲れが溜まると唇に熱の華ができることがしばしばある >発疹(ストレスで発生したりする) 斑点(しみ) 湿疹 おできや化膿 肝鬱気滞が進行するとふる血(血淤)がたまり、しまいには子宮筋腫や卵巣嚢腫などの 婦人病にまで発展する恐れがあります。 おすすめの漢方処方 (1) 四逆散(しぎゃくさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 顔のしみ

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : 去年あたりから顔にしみ しわ 色素沈着が現れ(身体も黒ずんできた) 色が白かったんですが……。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔にしみ しわ 色素沈着が現れ(身体も黒ずんできた) 褐斑は文字通り「焦げ痕」だと云われています。 精神的ストレス(憂思抑鬱)が続くと気血が弱まり顏の容貌を養う力が弱くなります。 それに加えて情志の抑鬱はやがて「気鬱化火」といって熱象を呈してきます。 それが色素沈着の実態です。(色枯不澤) おすすめの漢方処方 (1) 桃仁四物湯(とうにんしもつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 排卵痛

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : 内膜症などはなく、ただ排卵痛と診断されました。  その後も何回かひどい痛みのため病院へ運ばれ、おなかを締め付ける物は着られず、ひどいときは下着も 付けられないほど。痛みは右下腹部、左下腹部ともに歩けなくなるくらい痛く、歩けても体をくの字に曲げた まま、歩くだけで響きます。 中容量のピルを服用して排卵を止め楽になったのですが、副作用が怖いので3ケ月で服用を止めることに。 排卵期は日常生活も普通に送れないのでとても困っています。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき 不眠 眠ってばかり 顔面 : 普通 めまい 頭痛 頭が重い 口 唇 舌 : 口が苦い 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管 : 切れやすい痰が出る 胸 脇 : 動悸がする 吐き気がある 腹部 : 胃の辺りが痛い 大便 小便 陰部 : 頻尿 夜間排尿が多い 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 足が冷える むくみがある 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい 婦人 : 月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ひどい痛みのため病院へ運ばれ、おなかを締め付ける物は着られず、ひどいときは下着も付けられないほど > 歩けなくなるくらい痛く、歩けても体をくの字に曲げたまま、歩くだけで響きます。 痛みの強さから「実証」の痛みと考えられます。 疎通すべきものが何かに邪魔されて通じないからです。 生理と関係あるのは肝気の鬱滞です。(肝鬱) > 口が苦い 口が乾く この症状も肝鬱と関連づけられます。 おすすめの漢方処方 (1) 柴胡疏肝散(さいこそかんさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次