メール相談例 49'
以下の例はすべて 肝鬱脾虚 (気鬱や怒りが長く続くと脾の消化機能を悪くする)
肝鬱血淤 (肝欝が長く続き疎泄されないと血行が悪くなる) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 不妊症
2. 肝胃不和
3. ニキビ
4. 食べても肥れない
5. 吐き気と食欲不振
6. 流産癖
7. 潰瘍性大腸炎と喉の異物感
7'. 潰瘍性大腸炎/過敏性大腸炎
8. 心因性の頻尿
9. 顔面痙攣
10. 月経痛
11. 顔面麻痺
12. 目の下のくま
13. むくみ/尿少
14. 下顎の痙攣/腹満感
15. 肩こり/微熱
16. 肩こり/ゲップ/頭痛


★ 不妊症

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : 不妊 治療して4年目。夫婦とも異常なし。 子宮筋腫と内膜症と卵巣チョコレートのう腫の手術を1年前にしましたが、その後も妊娠しません。 この1ヶ月くらい、また、生理痛のような痛みがあります。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  汗っかき 顔面 : 普通  めまい(たまに) 頭痛(たまに) 口 唇 舌 : 口は乾かない 唇が乾燥して荒れる 胸 脇 : 動悸がする(たまに) 腹が張る 以前に十二指腸潰瘍あり 大便 小便 陰部 : 便秘  寒いと思ったらすぐ下痢をする 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 足が冷える  こぶらがえり  むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  フケ性 婦人 : 月経量がやや少い  子宮筋腫  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >子宮筋腫と内膜症と卵巣チョコレートのう腫の手術を1年前にしました >以前に十二指腸潰瘍あり >便秘  寒いと思ったらすぐ下痢をする 病歴から肝気鬱滞,肝失条達,気血不和,胞脉不暢の様子です。 >不妊 よろしく舒肝解鬱,養血益脾の法を取らなければなりません。 おすすめの漢方処方 A: 開鬱種玉湯(かいうつしゅぎょくとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肝胃不和

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : 最近便秘がちでお腹が痛くなったり、 すぐ気分が悪くなって以前のように食事が量的に食べられなくなっています。 子供の頃から夏場はやせることも多く、胃腸も弱かったのですが、今回もう一ヶ月以上 不調が続いていて不安です。丈夫な胃腸にすることはできるのでしょうか。 全身 : だるい  汗をかきにくい  不眠(時々) 顔面 : 白い  赤い(冬は頬だけ赤い)  めまい  頭痛(時々)     目が痛い(疲れる)  鼻づまり  鼻水 胸 脇 : 動悸がする(めまいのとき)  胸やけがする 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  肘の痛み 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 婦人 : 月経が早くなる  月経痛がある  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >最近便秘がちで、お腹が痛くなったり、すぐ気分が悪くなって >以前のように食事が量的に食べられなくなっています。 >顔面 : めまい  頭痛(時々)  目が痛い(疲れる) >胸 脇 : 動悸がする(めまいのとき)  胸やけがする これを見ると胃腸だけが悪いのではなくてもっと悪いのが他にあって、 それが二次的に胃腸を圧迫している様です。 それは何でしょうか? >皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 >婦人 : 月経が早くなる  月経痛がある  血の塊が混じる 肝気鬱結鬱熱(皮膚や衝脉に)が背景に感じられます。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、目は疲れ、 胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 これを「肝脾不和・肝胃不和」といって、欝滞した肝気が脾胃の気を脅かしているのです。 おすすめの漢方処方 A: 加減丹梔逍遙散(かげんたんししょうようさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ ニキビ

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : にきび 全身 : だるい  気がふさぐ  健忘症  怒りっぽい  さむけ  汗をかきにくい     寝汗をかく  不眠 顔面 : 黄色い  めまい  頭が重い  目が痛い  鼻づまり  鼻水  クシャミ     耳鳴り 口 唇 舌 : 舌がもつれる  アフター性口内炎がでる  歯茎が腫れる         歯茎から血が出る  唾液が多い  鼻が乾く  口が乾く         舌に赤くつるつるしたぶつぶつがあり痛い  舌がはれる 喉 気管 : 咳が出る  切れやすい痰が出る 胸 脇 : 胸やけがする  吐き気がある  酸っぱい水が上がる 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす(月経2−3日前は便秘、月経中は下痢)           咳をすると尿が漏れる  陰部が痒い(特に月経前1週間くらい) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い  肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足が冷える  こぶらがえり  かかとが痛い         足がだるい  足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  にきび  フケ性 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい…………怒りは肝を傷つける >顔面 : めまい 頭が重い 目が痛い…………諸風掉眩、みな肝に属す/肝は目に開く >婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの 漢方では「女子は肝を以って先天と為す」と言われているように、 生理と肝の働きは密接な関係にあります。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、 筋肉は固くなり、目は疲れ、胃腸の働きが不調になり、 血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 その為に月経量が多過ぎたり、月経痛や血の塊が混じる事が起こります。 >口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る >        舌に赤くつるつるしたぶつぶつがあり痛い  舌がはれる >皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  にきび  フケ性 肝気が長く欝滞すると「肝鬱化火」といって熱に変化します。 >胸 脇 : 胸やけがする  吐き気がある  酸っぱい水が上がる >大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす(月経2−3日前は便秘、月経中は下痢) >           咳をすると尿が漏れる  陰部が痒い(特に月経前1週間くらい) 「肝鬱脾虚」といって肝気が脾気を圧迫し、脾胃が健全な働きが出来なくなっています。 また陰部は肝経の巡る部位なので肝熱が湿と結んでかゆみになったり、 肺の影響をもろに受けて失禁したりします。 おすすめの漢方処方 A: 丹梔逍遙散(たんししょうようさん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 食べても肥れない

男  34歳 もっとも治して欲しいこと : 食べても肥れない、体力がない。疲れやすい。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  汗をかきにくい  不眠 顔面 : 白い  顔面痙攣  チック  めまい  頭痛  頭が重い  目がかすむ     目が赤い  なみだ目  目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ 口 唇 舌 : 口が臭い  口は乾かない 胸 脇 : 酸っぱい水が上がる  ただの水が上がる 腹部 : 胃の辺りが痛い  臍の辺りが痛い  脇腹が痛い  腹が張る  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 下痢 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え  背中が痛い  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  足が冷える  こぶらがえり          足がだるい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔面 : 顔面痙攣  チック  めまい  頭痛  目がかすむ  目が赤い >腰 膝 下肢 : こぶらがえり これは「肝虚風動」の症状で、「肝血不足」が原因です。 なぜ肝血が不足したのでしょうか? >食べても肥れない 食欲はあるのにそれが血肉にならないのは何故でしょう? >全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい 「肝気鬱結」や「肝鬱化火」もあります。 恐らくこれが本当の原因でしょう。 精神的なストレスがたまって爆発するたびに肝血を消耗します。 ですから「肝血不足」はその結果です。 それで「血虚生風」となり、「風動」が起こります。 >頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え これも筋肉をつかさどる肝血が養筋をしないからです。 >胸 脇 : 酸っぱい水が上がる  ただの水が上がる >腹部 : 胃の辺りが痛い  臍の辺りが痛い  脇腹が痛い  腹が張る  腸が鳴る >大便 小便 陰部 : 下痢 強い肝気が脾胃を責めつけています。(肝剋脾) 肝に抑えつけられた脾胃はゆっくりと消化吸収をするひまがありません。 (交感神経の興奮が続き、副交感神経の出番がない) >全身 : だるい  不眠 それで肥れないし、こうもなります。 肝欝というのは肝気鬱結ということで、本来伸び伸びとすべき肝気が 気鬱や怒りのために鬱結して自律神経の失調を起こし、 それが脾胃の消化器系にまで影響を及ぼしているのです。 これに対して「疎肝補脾・健脾利湿」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 吐き気と食欲不振

男  22歳 もっとも治して欲しいこと : 胃の調子が悪い。 具体的には吐き気と食欲不振。緊張したり精神的疲労が起こるとこれらの症状が強く出る。 また夏になると胃の調子が長らく悪い。 全身 : だるい  気がふさぐ  少し健忘症  怒りっぽい  さむけ(寒がり)  少し不眠 顔面 : 普通  頭が重い  目がかすむ  目が赤い(赤くなりやすい)      目が痒い(3、4、5月に)   鼻血(寝ているときに出ることが多く、一度出ると数日間が癖になり出る)   耳鳴り(ヘッドホンステレオを聞くとまれに。1週間ほど続く。2歳のときに中耳炎に)   耳から汁がでる(耳鳴り項と同じ) 口 唇 舌 : 舌苔が厚い(白色、時々黄緑がやや混ざる)  口が苦い         アフター性口内炎がでる  歯茎が腫れる 喉 気管 : 喉が詰まった感じ(緊張したり、胃の調子が悪くなるときになる)        声がかすれる 胸 脇 : 動悸がする(緊張すると)  胸やけがする  吐き気がある 腹部 : 胃の辺りが痛い(空腹が続くとまれに)  食欲が無い 大便 小便 陰部 : インポ(昨年より性欲が落ちている) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : おできや化膿(できやすい)  にきび  頭皮がかゆい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >吐き気と食欲不振 といえば誰でも直ぐに胃が悪いと見当がつきます。 しかし色々ある胃薬を山ほど飲んでもちっとも良くならない場合があります。 それは胃が原発的な病巣ではないからです。 胃を脅かしている他の存在に気付かなければなりません。 >緊張したり、精神的疲労が起こると と自分でハッキリ言っているではありませんか。 緊張や精神と強い関係を有するのは「肝気」です。 だるい・気がふさぐ・怒りっぽい等は「肝気欝滞(肝鬱)」の症状です。 肝には精神情志の調節をする働きがあります。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、目は疲れ、 胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 これを「肝脾不和・肝胃不和」といって、欝滞した肝気が脾胃の気を脅かしているのです。 >胸やけがする  吐き気がある >胃の辺りが痛い(空腹が続くとまれに)  食欲が無い >舌苔が厚い(白色、時々黄緑がやや混ざる)  口が苦い >喉が詰まった感じ 肝気が過剰で胃気を圧迫しているのです。 >目がかすむ  目が赤い(赤くなりやすい)……肝は目に開く、肝熱があります。 >耳から汁がでる           …………肝経は耳を纏う >インポ               …………肝経は性器を纏う >鼻血(寝ているときに出ることが多く) >アフター性口内炎がでる  歯茎が腫れる >おできや化膿(できやすい)  にきび  頭皮がかゆい 肝気が長い間鬱結すると熱を帯びてきます。(肝鬱化火) >腰の冷え、寒がり、 肝鬱のために陽気が全身に廻らないからです。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 流産癖

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : 流産を3回しています いずれも5週〜10週で、心音が聞こえず育ちません。染色体、リンパ球等の検査の結果夫婦とも異常なし だるい  汗をかきにくい 喉が詰まった感じ  酸っぱい水が上がる  臍の辺りが痛い  腹が張る 便秘と下痢をくりかえす くびや肩が凝る 背中が痛い 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  足が冷える 発疹  かゆい 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  流産しやすい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >喉が詰まった感じ >酸っぱい水が上がる >臍の辺りが痛い >腹が張る >便秘と下痢をくりかえす この消化器系の病理は漢方では「肝脾型」としてとらえられます。 つまり肝気が脾胃の気を剋しているので脾胃が正常に働く事ができません。 詳細は相談例049,049' を参考にして下さい。 >発疹 >かゆい これは日久して「肝鬱化火」となった結果です。 >月経量が少い >月経が遅れる >月経痛がある >流産しやすい これも肝脾失調の結果の一つです。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 潰瘍性大腸炎と喉の異物感

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 喉の異物感 (10年前から潰瘍性大腸炎にかかってます) 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  汗をかきにくい  不眠 顔面 : 普通  めまい   目がまぶしい 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  切れにくい痰がある 胸 脇 : 吐き気がある 腹部 : 脇腹が痛い  腹が張る  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 下痢  血便  血膿の混じる便  頻尿 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  こぶらがえり  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >喉が詰まった感じ  切れにくい痰がある 喉の異物感のことは古い医学書にも記載があります。 「咽中炙らん有るが如し」(炙らんとは焼肉のこと)、「梅核気」(梅の種が引っかかった感じ) と表現しています。 現代の中国では「喉中梗阻」と呼称します。 梅核気は“気滞”によるものと考えられています。 気の中でも特に肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、 目は疲れ、胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 このように肝の疎泄作用は精神状態と関係があります。 気持ちがのびやかで落ち着いていれば人は穏やかで、いつも情緒は安定しています。 しかし情緒不安定や怒り易くなると肝の気を晴らす疎泄作用が悪くなり肝気鬱結が生じます。 肝気の昇降散逸ができなくなり停滞すると、 「喉間如有異物,喀之不出,咽之不下,時或消失,而飲食無妨。 兼見頭暈,心煩易怒,兩脇脹滿等症。」 (喉に異物が引っかかった様で吐き出そうとしても出ず、呑み込もうとしても下らず、 いつもかもずーっとそうではなく、時々は忘れている事も有る。 飲食には差し支えがなく、めまいや不安や怒りなどがあり、脇の辺りが重苦しい。) という事になります。 >月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  おりもの また漢方では「女子は肝を以って先天と為す」といい、生理と肝の働きは密接な関係に あります。だから肝気鬱結があれば当然生理にも変調を来たします。 >吐き気がある >脇腹が痛い  腹が張る 肝気が胃を脅かしています。 これを「肝剋犯胃」といい、脾胃の昇降機能が狂ってきます。 それが長期に及ぶと >下痢  血便  血膿の混じる便 肝のもう一つの機能は蔵血です。 影響が強すぎるとこの蔵血機能が失調して下血する事になります。 おすすめの漢方処方 A: 痛瀉要方(つうしゃようほう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 潰瘍性大腸炎/過敏性大腸炎

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : (1)潰瘍性大腸炎 (2)潰瘍性大腸炎からくる過敏性大腸炎  (3)冷え性 (4)頭痛、吐き気 (5)生理前の体調不良 10年前から潰瘍性大腸炎にかかっています。 それまではろくに風邪もひいたこともなく便秘も下痢もしたことはありませんでした。 しかし、潰瘍性大腸炎になってから全身すべてが調子悪くなりました。 貧血、倦怠感、頭痛、吐き気、疲れがなおらない、痔になる、トイレがないところにいくと 気分が悪くなり、お腹もいたくなりトイレに急に行きたくなります。 冷え性にもなりました。 妊娠中とその後しばらくはとても体調がよかったです(病気を忘れるくらい) でも出産後生理がはじまってからまた体調がだんだん悪くなり ここしばらくは転職や、育児家事の両立で疲れのせいなのかストレスからか また下血やトイレの頻繁に行くようになりました。 あと頻尿で家にいたらあまり行かないのですが、外出先ではよくいきます。 膀胱炎もたまになります。 お腹が痛くてよくトイレに行くときすごく頻尿になります 全身:だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 熱しやすく冷えやすい 顔面:白い 赤い めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が痒い 鼻づまり鼻水(花粉症) 口 唇 舌:唇の色が紫色 口が苦い 口が臭い 舌がもつれる 口が乾く 舌が汚い 喉 気管:痰は無い シャックリ 喉が詰まった感じ 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 胸やけがする 吐き気がある 腹部:腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 血便 血膿の混じる便 頻尿 尿が濁る  尿が濃い 血尿が出る 脱肛 痔が痛む 痔の出血がある 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 冷える 足が冷える 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) かゆい 湿疹 さめ肌 ただれ 抜け毛 フケ性 若白髪 婦人:月経が遅れる 月経が早くなる 月経痛がある 乳の出が少ないかった −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 潰瘍性大腸炎からくる過敏性大腸炎 > お腹もいたくなりトイレに急に行きたくなります。冷え性にもなりました。 > 育児家事の両立で疲れのせいなのかストレスからかまた下血やトイレの頻繁に行くようになりました。 大変なストレスで体が悲鳴を上げています。 腹痛を伴う下痢は、肝気が脾胃を攻撃しているからです。 これを「肝克脾」といいます。 原因はストレスにより肝気が鬱結したからです。 肝に抑えつけられた脾胃はゆっくりと消化吸収をするひまがありません。 (交感神経の興奮が続き、副交感神経の出番がない) > すごく頻尿になります > 胸やけがする  吐き気がある これも肝の疏泄作用が過剰になっているからです。 まず肝気を抑え、あわせて脾胃を守る方法でなければ改善しません。 おすすめの漢方処方 A: 参苓白朮散+痛瀉要方(じんりょうびゃくじゅつさん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 心因性の頻尿

男  44歳 もっとも治して欲しいこと : 心因性の頻尿 20代の始めから20年ほどこの症状が続いています。 特にトイレがない快速列車や高速道路などは不安になり頻尿の症状が出る見たいです。 トイレに行けない状況になると20〜30分ぐらいで尿意をもよおします。量もそこそこでます。 自宅などでくつろいでいると大丈夫です。 一度頻尿になると数時間続きます。半日や1日中と言う事もあります。 精神科でも直せないと言われ途方にくれています。 全身 : だるい  気がふさぐ  さむけ  不眠 顔面 : 普通 口唇舌 : 口が乾く 大小便 陰部 : 下痢  頻尿 腰膝 下肢 : 足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >トイレに行けない状況になると20〜30分ぐらいで尿意をもよおします。量もそこそこでます。 >自宅などでくつろいでいると大丈夫です。 >精神科でも直せないと言われ途方にくれています。 >20代の始めから20年ほどこの症状が続いています。 特殊なケースとして漢方の書物には 「尚有肝気鬱結而尿頻者,因情志失調,肝気鬱結,気机不暢,累及膀胱而尿頻, 特点為尿頻兼有尿后似尽未尽之感,伴見脇肋不舒,少腹脹痛,眩暈頭痛,口苦, 煩躁易怒等症,常因情志変化而時軽時重,治宜疏肝解鬱,」 (その他に肝気鬱結の頻尿というのがある。これは情志が失調して「肝気鬱結」と なり、気機が暢びないためである。特徴としては残尿感ゆえの頻尿と脇肋部の つまった感じである。また下腹部の横の方が脹痛したり、眩暈や頭痛、口苦、易怒 などの症状がある。その時々の感情によって軽かったり重かったりする。治療法は 肝気の鬱滞を解くことである。) >下痢  頻尿 この下痢というのも頻尿と同じく神経性の生理現象でしょう。 精神をリラックスさせるしか方法がないという事ぐらいは誰でも想像できます。 しかし人為的に不可能なことだから悩みもするのですね。 漢方の書物は更に次の様に続いています。 「肝は疎泄を司る」、疎泄とはのびのびと広がる意味で、春の生長の氣・条達 を喜ぶ性質です。このソフトであるべき性質が時としてストレスや過労などによっ て硬化することがあります。 それを「肝気鬱結」といい、悪くするとノイローゼや鬱病などの心身症へ進むこと もあります。自律神経の働きとも密接な関係にあるため、殆どの場合は胃腸障害を 起こします。 これを専門用語では「木剋土(肝剋脾)」といい、肝気が鬱結したために脾胃の働き に制限を受ける事になります。 この肝気鬱結を解消するのが「疎肝剤」という精神安定剤にあたる処方薬です。 現代医学でかなわぬのなら一度漢方を試してみるのも宜しいかと思います。 習慣性はありませんから安心して使えます。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 顔面痙攣

男  48歳 もっとも治して欲しいこと : 顔面の右目の回りの痙攣(2年半ほど前から) 全身 : だるい  不眠 顔面 : 普通  瞼がむくむ  顔面痙攣  頭痛  目がかすむ  なみだ目  目が痛い 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る         唾液が多い 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  切れやすい痰が出る 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い  胸やけがする 腹部 : 脇腹が痛い  腹が張る 大便 小便 陰部 : 尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 水泡 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔面の右目の回りの痙攣(2年半ほど前から) 顔面の痙攣は多くの場合、精神の緊張と関係があります。 精神の緊張が長く続くと肝気は固まって伸びず、「肝気抑鬱」になります。 肝鬱が長く続くと肝血を消耗します。 肝血が消耗すると顔面筋肉が栄養されず、肝血失栄による抽動が起こります。 >目がかすむ  なみだ目  目が痛い 「肝は目に開く」ので肝気が伸びないとこのように目の症状が出るのです。 >尿が濃い 「肝は疎泄をつかさどる」ので疎泄が悪いと尿利が悪くなります。 >胸やけがする >腹が張る 肝鬱の影響が脾胃に及ぶと「肝気犯胃」といって、胃の症状が現われます。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経痛

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : 月経痛(主に腹痛)と月経前のイライラ、乳房が張って痛い。 月経周期が、30〜70日と不順。 基礎体温が全体的に低め。(高温期でも、36.4度くらいで、2週間も続かない。) 婦人科で診てもらったが、異常なしとのこと。(痛みに弱い体質なのでは、と痛み止めだけもらう。) 結婚して、一年になるので、そろそろ子供がほしいが、どんどん性欲が減退している。     全身 : 怒りっぽい (常にイライラしやすい)  寝起きが悪い(眠りすぎ?) 顔面 : 普通 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 腹部 : 胃の辺りが痛い(もたれやすい、大食だが太らない体質) 腰 膝 下肢 : 足が冷える(冷え性) 婦人 : 月経量が多過ぎる  月経が遅れる  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >月経痛(主に腹痛)と月経前のイライラ、乳房が張って痛い。 漢方では「女子は肝を以って先天と為す」と言われているように、生理と肝の働きは 密接な関係にあります。 肝気はのびのびと広がる春の生長の気で抑鬱を嫌います。 それが疎通を欠き条達しなくなると精神は不明朗となり、筋肉は固くなり、目は疲れ、 胃腸の働きが不調になり、血液の流通・調節・貯蔵が狂ってきます。 その為に月経量が多過ぎたり、月経痛や血の塊が混じる事が起こります。 月経の前は胞宮から出ている衝脉がもっとも充実しています。 衝脉は気を上へと引き上げるので平行して走る肝気も共に上昇します。 肝経は乳首を通るので誰でも月経期にはいくらか乳房が張るものですが、痛いほど になるとこれは行き過ぎで、肝気の欝滞が起こっています。(肝鬱脾虚経前乳脹) >怒りっぽい (常にイライラしやすい) 神経がイライラするのも怒りっぽいのもこのせいです。 >寝起きが悪い(眠りすぎ?) >舌苔が厚い >胃の辺りが痛い(もたれやすい、大食だが太らない体質) 同時に脾の気虚もあるので肝気がこれに乗じようとしています。(肝剋脾土) おすすめの漢方処方 A: 逍遥散合参苓白朮散(しょうようさん+)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 顔面麻痺

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : 15歳の時にかかったベル麻痺(右顔面)の後遺症で右顔面 の動きが鈍い事。(麻痺が少し残っているのだと思います) むくみ(特に足)昼夜関係ないようです。指で押して元に戻らない、ということはありません。 全身 : だるい  気がふさぐ (健忘症?)最近忘れっぽい たまに寝汗をかく 顔面 : 普通  顔面麻痺  めまい  頭痛  頭が重い 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  舌がもつれる  歯茎が腫れる  口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  喉が痛い  呼吸困難  切れやすい痰が出る 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い 腹部 : 胃の辺りが痛い 大便 小便 陰部 : 咳をすると尿が漏れる  脱肛 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 膝が痛い  むくみがある  足がだるい 婦人 : 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの      乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ベル麻痺(右顔面)の後遺症で、右顔面の動きが鈍い事。 漢方ではこれを「口眼ロ咼斜」とか「面難」とかいいます。 原因は“外風”です。 外からの風が経絡に侵入したために筋肉が緩みっぱなしになるのです。 「肝は筋をつかさどる」ので筋に入った風を「肝風」といいます。 肝風は何故起こるかというと、「肝虚生熱」が前提になければなりません。 肝虚は「肝陰虚」か「肝血虚」のどちらかです。 15歳なら多分、肝血虚(貧血)だったのでしょう。 虚が長引くと熱に変わります。(虚熱) 火炎が風を巻き起こすのは必然です。 その時の後遺症がいまだにあるという事は「肝虚生熱」の状態がまだ解消していない という事になります。 >だるい  気がふさぐ >めまい  頭痛  頭が重い >舌苔が厚い  口が苦い >喉が詰まった感じ  喉が痛い  呼吸困難  切れやすい痰が出る >胃の辺りが痛い >むくみがある  足がだるい >月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの >乳房にしこりがある これらはみな「肝気欝滞」が脾に及んだ「肝欝脾虚」の現象です。 「肝鬱」の起源は精神鬱悶でストレスの多い女性によく見られます。 肝鬱脾虚はすぐにでも肝血虚になります。 そして肝鬱や血虚が長引くと必ず熱化します。(肝鬱化火) すなわち肝虚生熱の状態が再現するのです。 そしてまた肝風が吹く事になります。 おすすめの漢方処方 A: 抑肝散(よくかんさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 目の下のくま

女  23歳 もっとも治して欲しいこと : 小さい頃から目の下のくまがひどく、コンシーラーを使っていたらさらにしみに なってしまった。そして顔色が悪い 二番目:体重はあまり変わらないのに、ここ1年で頬がこけてきた。 全身 : 気がふさぐ 怒りっぽい 微熱 午後が眠い 午後から熱が高くなる  顔面 : 白い 目がかすむ 目がまぶしい なみだ目 目が痛い 口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 咳が出る 夜息がしにくくなる事がある 胸 脇 : 動悸がする 胸が痛い 胸やけがする(時々) 腹部 : 腹が張る(下腹が出ている) 腸が鳴る(かなりガスがたまりやすい) 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 下痢 頻尿 痔の出血がある(時々) 陰部が痒い 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 足が冷える かかとが痛い 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) かゆい 湿疹 おできや化膿 にきび 婦人 : 月経痛がある おりもの 乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >目の下のくまがひどく……そして顔色が悪い >胸やけがする 腹が張る 腸が鳴る >下痢 …… 陰部が痒い >月経痛がある おりもの 乳房にしこりがある 目の下には脾胃の病変が現れます。顔色も同じです。 下痢もおりものも脾胃の病変です。 そして脾胃をいじめているのは肝気の欝滞です。肝剋脾の関係です。 おすすめの漢方処方 A: 逍遙散(しょうようさん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 女  28歳 もっとも治して欲しいこと: 目の下のくま むくむ、特に足、ひどい時は顔が午後になるとむくむ 全身 : だるい 怒りっぽい 汗っかき 不眠 顔面 : 普通 目がかすむ 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌 : 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管 : 痰は無い 胸 脇 : 動悸がする 胸が痛い 腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : 肩の痛み 腰 膝 下肢 : 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 抜け毛 婦人 : 月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > むくむ、特に足、 > 月経痛がある 肝気は常に疎通していなければなりません。 肝気が停滞すると「気滞」を起こし月経痛となり、気滞は次に「水滞」を起こし浮腫みとなります。 > 目の下のくま 目の下には脾胃の病変が現れます。 肝気の鬱滞が重なると脾胃の機能を妨害し“くま”になります。(肝剋脾) おすすめの漢方処方 A: 逍遙散(しょうようさん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ むくみ/尿少

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目 全身のむくみ。 特に顔は隠せないし、酷いときは怒ったような表情になるし腫れぼったいと気分まで落ち込みます。 2番目 尿の出が悪い。4年程前から極端に量が減りました。病院に行っても異常は見つかりませんがすっきり感がない。 3番目 疲れやすい。特に朝はだるい。また疲れたり寒くて冷えた時など脚がうずくようにいたくなったりする。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 顔面 : 赤い 瞼がむくむ 頭痛(たまに) 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 腹部 : 胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰が冷える 膝が痛い しびれる 足が冷える かかとが痛い むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経が遅れる 月経痛がある おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >全身のむくみ。 >特に顔は隠せないし、酷いときは怒ったような表情になるし腫れぼったいと気分まで落ち込みます。 >尿の出が悪い。4年程前から極端に量が減りました。 >小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い 漢方では小便の通利の良し悪しは「三焦」という組織によって為されると考えています。 三焦とは人体の上から下までに通ずる「水道」のようなもので、膀胱や腎臓とも違います。 この三焦の機能は色々な条件からの影響を敏感に受けます。 なかでも精神的なストレスなどから「気滞」になると、すぐに「気滞湿阻」という小便不利の状態になります。 気滞とは肝気がのびない状態で、長く続くと「肝鬱化熱」となり、熱化します。 すると湿と熱が合わさり「湿熱」に変わり、それで尿が濃くなります。 >疲れやすい。特に朝はだるい。 >舌苔が厚い 湿熱のせいです。 >胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る >月経が遅れる 月経痛がある おりもの 肝気が欝滞して胃気を押さえ込んだり、あるいは月経の道である血海を停滞させるからです。 おすすめの漢方処方 A: 柴胡疏肝散+胃苓湯(さいこそかんさん+)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 下顎の痙攣/腹満感

女  40歳 もっとも治して欲しいこと: 一番目 2年半前から下顎部(のどの脈を感じるあたりから上にかけて)の痙攣 意識を集中して止めようと思えば数十秒間止めることはできます。 しかしその後数秒間は速くドック、ドックと痙攣します。(水を堰き止めた後のようです) 二番目: 1ヶ月前から腹部の膨満感(胃腸の不調は数年来ずっと)  下腹の張り、胃のむかつき、げっぷ、空腹感の減少  少量の食事で満腹になり、食後しばらくして下腹が張ります。  もともと食欲旺盛でしたがあまり食べられなくなり、また食事の時間になっても空腹を感じません。  食後のむかつき、大きなげっぷにも苦しんでいます。口臭も気になります。 全身:だるい 寝汗をかく 不眠 眠ってばかり 顔面:普通 瞼がむくむ 目がかすむ、乾く(目のまわりがただれて痒い) 鼻づまり 鼻水 耳鳴り 口 唇 舌:舌苔が厚い 口が臭い 口は乾かない 喉 気管:(鼻水が落ちてきます) 胸 脇:胸苦しい(充分に意気を吸えない時があります) 腹部:胃の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 大便 小便 陰部:便秘(コロコロ小さい) 頸部 背 手腕肩:背中が痛い (朝起きた時、手指がこわばります)5分ほどで消失。リウマチ反応なし。 腰 膝 下肢:腰が痛い(足首の後ろ側、膝などがこわばります) 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 ただれ 水泡(子供の頃よりステロイドをずっと使用) 婦人: 月経はここ数年周期が早まりました。量は多かったり少なかったり、定まりません。乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 腹部の膨満感 下腹の張り、胃のむかつき、げっぷ、空腹感の減少 > 舌苔が厚い 口が臭い > 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 ただれ 水泡 > 乳房にしこりがある 肝気鬱滞(肝鬱)と脾虚の証があります。 > 下顎部の痙攣 肝鬱による緊張がひと時も緩まないためでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散(しょうようさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肩こり/微熱

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : 肩こり。とくに首筋。脇の上(腕の付け根)が痛いです。  症状は慢性化しており。何年も悩まされてます。  微熱 扁桃腺を切除しないと治らないと言われまして今手術を検討しております。 全身:だるい 気がふさぐ さむけ 発熱 微熱 汗をかきにくい 不眠 顔面:普通 頭痛 頭が重い 口 唇 舌:口が乾く 喉 気管:シャックリ 胸 脇:胸やけがする 吐き気がある 腹部:胃の辺りが痛い 大便 小便 陰部:頻尿 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腕の痛み 肩の痛み 腰 膝 下肢:足が冷える 婦人:月経痛がある 流産しやすい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 肩こり。症状は慢性化しており。何年も悩まされてます。 > 微熱 扁桃腺を切除しないと治らないと言われまして今手術を検討しております。 > 不眠 頭痛 頭が重い 口が乾く 胸やけがする 吐き気がある 胃の辺りが痛い 頻尿 月経痛がある 微熱が扁桃腺から来ていると断定できますか? 気血の運行が悪くて内因性の発熱が出ることもあります。 特に多いのは肝気の停滞が長く続いて肝鬱化熱となる場合です。 あわせて消化器系にも肝鬱による影響が現われています。 おすすめの漢方処方 A: 丹梔逍遥散(たんししょうようさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肩こり/ゲップ/頭痛

女  41歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目、頭痛です。 だいたい生理前後に起こるのですが、寝不足の時も起こります。 首筋の凝り、上半身の火照り、冷やすと少し楽になります。 しかし、冷えピタでおでこを冷やすと冷えすぎるて調子が悪くなります。 仕事中で冷やすこと横になることが出来ない状態が続くと後頭部の付け根からおでこに向かって ズキンズキンとします。もうこうなると熱も無いのに熱くて寝ても眠れない苦しい状態が続きます。 首筋の痛いところを圧すとゲップが出ます。体のあちこち痛みを感じる所を圧すと出ます。 出ないと喉の奥でつかえたようで気持ち悪いです。 あとゲップは、運動というか体操をしても出ます。 二番目、小学校六年生からの便秘です。 その他の身体状況: 冷え性で冬はスカートは履けません。 夏でもエアコンの温度が低すぎると上半身は気持ちよくても足首が冷えすぎると腰が痛くなります。 全身 : だるい・気がふさぎやすい・健忘症・怒りっぽい・汗っかき 顔面 : 普通 チック 頭痛 目がまぶしい 目が痒い・鼻水 口 唇 舌 : 唇の色が紫色 胸が痛い 胸やけ 腹部 : 腹が時々張る 便秘 頻尿の時もある生理の後ぐらい 咳をすると尿が漏れる くびや肩が凝る 背中が痛い 肩甲骨辺り 肩の痛み 冷えると腰が痛い冷えすぎると膝が痛い 足が冷える むくみがある 冷えると足がだるい 手平足の裏がほてる 毛髪 :円形脱毛症に時々なる 手のひらや足の裏に水泡ができて痒い その後白く皮がむける 婦人 : 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 頭痛です。だいたい生理前後に起こるのですが、寝不足の時も起こります。 > 首筋の凝り、上半身の火照り、冷やすと少し楽になります。 > しかし、冷えピタでおでこを冷やすと冷えすぎるて調子が悪くなります。 > 冷え性で冬はスカートは履けません。 > 唇の色が紫色 > 円形脱毛症に時々なる ほてりもあるけれど冷えの方が強いのは「鬱熱」です。 本質は熱でも、気の停滞により冷えを感じるのです。 生理前後に起こる事や首筋の凝りから「肝鬱気滞」でしょう。 肝鬱による血虚もあり、それは唇の色や脱毛とも関連しています。 > 小学校六年生からの便秘です。 これも肝鬱と血虚による大腸の停滞です。 > 首筋の痛いところを圧すとゲップが出ます。体のあちこち痛みを感じる所を圧すと出ます。 肩こりの多くは血虚と肝鬱です。 ゲップは文字通りの気滞で、停滞している肝気を疏泄してやらなければなりません。 おすすめの漢方処方 A: 逍遥散合四君子湯・・・・・・・・・・(煎じ薬
    メール相談例 目次