メール相談例 54'
以下の例はすべて 肝血虧損 (肝における蔵血が不足する場合/肝血虚) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 眼の痛み
2. 手荒れ/冷え性
3. 月経量が少い
4. 円形脱毛症/アトピー性皮膚炎
5. 朝方の頭痛/にきび
6. 顔にある小さなブツブツ
7. 抜け毛
8. 口内炎/にきび
9. 月経前のイライラ/抜け毛
10. 湿疹
11. 甲状腺亢進症/湿疹
12. 便秘
13. 肩こり/頭痛
14. 動悸


★ 眼の痛み

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 眼の痛み 3年程前から眼が痛みコンタクトが入れられなくなりました。 眼が熱く乾くような感じがしたり、眼の回りの骨のあたりが痛いという状態が続いています。 (眼球の回りの骨の内側のつぼや、眉毛にそったところをおすと痛い) 視力も変わりません。夜中から早朝にかけてが最も痛みが強いです。 もわっという頭全体の頭痛を伴う時もあり、その時は特に眼の痛みも強いです。 眼のかゆみも時々あります。血液検査、レントゲンを受けましたが異常は認められませんでした。 全身 : 疲れ易い。毎日夢をみる。毎日夜中に目をさます。汗をかきにくい。      太陽の下に長い事いられない。 顔面 : 上瞼の色が黒っぽくくすんでいる。頭痛。頭が重い。眼と眼のまわりが痛い。眩しさに弱い。 口 唇 舌: 唇が乾く。時々口臭がする。舌苔が厚い。舌の脇に歯形がつく。 腹部: 3年前に眼が痛くなった時から、へその右横4ー5cm位のところが時々痛くなる。 大便 小便 陰部: 便秘 頚部 背 手腕肩: 首や肩が凝る 腰 膝 下肢: 時々腰が痛くなる 皮膚 頭皮 毛髪: 頭のつぼを押すと痛い。 婦人: 月経痛がある(生理が始まって2日目が辛い) 血の塊がまじる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >眼が熱く乾くような感じがしたり、眼の回りの骨のあたりが痛い 婦人の肝血虧虚による「睛珠疼痛,眉窩酸痛」と似ています。 >夜中から早朝にかけてが最も痛みが強いです。 >毎日夜中に目をさます。 >太陽の下に長い事いられない。 >上瞼の色が黒っぽくくすんでいる。 >眩しさに弱い。 >月経痛がある(生理が始まって2日目が辛い) 「夜中から早朝にかけて」はもっとも陰分が多い時でなければならないのに、陰分が不足する と「毎日夜中に目をさます」という陰虚心神不寧を起こす事になります。 日射しに弱く羞明を感じたり、眼球(目は肝の竅)周辺に暗影を生ずるのは肝血虚ゆえと説明 ができます。 月経痛も「衝任不足」すなわち「肝腎虧損,営血不足」に外なりません。 おすすめの漢方処方 (1) 当帰養栄湯(とうきようえいとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 手荒れ/冷え性

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 手足の冷え。手荒れ。肌に潤いがすくない。低血圧。 全身 : だるい  汗をかきにくい  不眠 腹部 : 腸が鳴る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  かゆい  にきび 婦人 : 月経量が少い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >手足の冷え。手荒れ。肌に潤いがすくない。 血虚と貧血とは必ずしも一致しませんが、これは血虚による冷え性でしょう。 >汗をかきにくい 「血脈を主宰する」のは心であり、「血を蔵する」のは肝です。 心血と肝血が不足すると津液が不足し、汗も出なくなります。 すなわち皮膚は濡養を得られず、肌荒れ(肌膚甲錯)になります。 夏は汗が出やすいので比較的良いのですが、冬は空気の乾燥が悪い方に影響します。 >斑点(しみ)  かゆい  にきび 一方で血虚は陰陽のバランスでは陰虚になりますから「虚熱」が生じます。 痒いのは「血虚風燥」のためだし、シミやニキビが出るのは「陰虚陽亢」のせいです。 おすすめの漢方処方 (1) 養血潤膚飲(ようけつじゅんぷいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経量が少い

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : 二年前から経血量が減り、先月は激減  歌いすぎで昨年から声帯に結節(血豆が出来ている)話すと喉が痛い 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  さむけ  汗をかきにくい  寝汗をかく 顔面 : めまい  目が赤い  目がまぶしい  目が痛い 口 唇 舌 : 舌がもつれる  唾液が多い 喉 気管 : 時々喉が詰まった感じ  喉が痛い  声がかすれる 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い  疲れたとき胸苦しい、脇が痛い 腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 頻尿ぎみ 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  時々手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 足が冷える時がある 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび  フケが多いかんじ 婦人 : 月経量が少い  月経痛がある  月経が来ない  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >話すと喉が痛い >汗をかきにくい  寝汗をかく 津液が不足して相対的に虚火が生じています。 虚火が津液をおびやかすので盗汗となります。 >月経量が少い  月経痛がある  月経が来ない 津液は「血」より生じます。(津血同源) 先に血虚があるから津液も乏しいのです。 これを「血虚津虧」といいます。 >めまい  目が赤い  目がまぶしい  目が痛い 血を蔵するはずの“肝”に血が少ないので、その目が養われていません。「肝は目に開く」 >舌がもつれる >動悸がする  胸が痛い  疲れたとき胸苦しい >にきび  フケが多いかんじ 血を主どるはずの“心”に血が少ないので、その舌が養われていません。「心の苗は舌にあり」 同じく動悸も、ニキビやフケも血虚・血燥の結果です。 おすすめの漢方処方 (1) 四物湯(しもつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 円形脱毛症/アトピー性皮膚炎

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 10年位前からつねに円形脱毛症ができています。 生えてきたと思うと、また次の場所にできます。それと異常に汗をかきます。 冬でも体が熱くて汗が止まりません。 アトピー性皮膚炎なので汗をかくとすごくかゆく、症状もひどくなります。 夏場は2〜3分ほど外にでただけで全身から汗が吹き出てきます。 始まったのはほとんど同時です。汗をかくのがとにかくつらいです。 その他の身体状況:全身汗っかき・不眠 顔面:白い・目がまぶしい・目が痒い 胸 脇:動悸がする 大便 小便 陰部:夜間排尿が多い 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい・湿疹・抜け毛  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >10年位前からつねに円形脱毛症ができています。 「髪は血余なり」という如く「血虚」になると当然髪は脱落します。 漢方では陰陽をいうとき血液・津液・陰精などの依存物質をとし、体温・体力などの そこから発するエネルギーをとします。 ですからここでいう血虚とは単に貧血だけを指すのではなく陰全体の虚を指し、 通常は「陰血虧損」と表現します。 「肝は血を蔵す」「腎は精を蔵す。腎の榮は髮にあり」といい、陰血の虧損は肝腎の 機能の衰えが根本原因です。 >それと異常に汗をかきます。 異常な発汗は 陰<陽 のようにバランスがくずれているからです。(陰虚陽亢) こうして肌膚のキメが荒くなり汗腺がゆるむと「風」を呼び込み「風盛血燥」となり、 局部的な円形脱毛症が発生します。 陰血虧損による脱髪には常に頭皮痒を伴ないます。 だから昔の人はこれを「鬼舐頭(鬼が舐めたので禿げた)」ともいいました。 >アトピー性皮膚炎なので汗をかくとすごくかゆく、症状もひどくなります。 アトピーは陰血虧損による皮膚の営養不足が基因です。 >動悸がする 心血不足による「虚火内動」です。 おすすめの漢方処方 (1) 神応養真丹(しんのうようしんたん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 朝方の頭痛/にきび

女  37歳 もっとも治して欲しいこと : 1頭痛 2にきび 3胃痛 出産後当たりから頭痛に悩まされる。特に朝方にひどくなり市販の鎮痛剤で楽になる が薬を飲むと一時的に胃が痛み吐き気をともないげっぷがいっぱいでる。胃痛は特に 食後にある。そのせいか、おでこからこめかみとあごにかけて にきびがたくさんで き、治りにくい。 全身:汗っかき 顔面:頭痛 腹部:胃痛 大便 小便 陰部:排便のたびに痛みと出血 皮膚:にきび 頚部 背 :首、肩が凝る 背中が痛い 腰膝:腰痛 腰が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >出産後当たりから頭痛に悩まされる。特に朝方にひどく >おでこからこめかみとあごにかけて にきびがたくさんでき >汗っかき 頭痛が出産後とか朝方というのにいわくがありそうです。 産後は気血が乏しくなるし、気虚の人は朝方にはまだ調子が出ないものです。 汗っかきというのも気血の虚と関連があります。 にきびが出来るのは血虚からくる「虚熱」のせいでしょう。 >排便のたびに痛みと出血 これも血虚の結果であり、原因でもあるのでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 補肝養栄湯(ほかんようえいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 顔にある小さなブツブツ

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 1番目→顔にある吹き出物(?) ちいさなブツブツが額とこめかみから頬にかけてたくさんあります。たまにニキビのような大きな、 頭のほうが白くポツッとしたものが同じところ又はあごや鼻の下(唇の上)にできたりします。 にきびのようなものは少し痛みがありますが、小さなぽつぽつは痛くも痒くもありません。 2番目→手の甲と手首の内側にある湿疹。とにかく痒いのです。痒いと感じると小さな細かい プツプツがかゆい部分に出てきます。それがでるとますます痒くてもっと掻きます。 かくと血が出て皮膚に細かな穴があいたようです。治りかけの時は茶色いかさぶたができています。 3番目→目の痒みです。花粉症ではなく年中痒いのです。アレルギー性結膜炎と診断された。 これは20年くらい前からでとにかく目の縁の鼻よりのところが痒いのです。 時間がたつと糸のような白い目やにがたくさんでます。 全身 : だるい  気がふさぐ 顔面 : 目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ 大便 小便 陰部 : 便秘  痔が痛む  痔の出血がある 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える 皮膚 : 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 水泡 おできや化膿 にきび 抜け毛 若白髪 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >目の痒みです。花粉症ではなく年中痒いのです。 《普済方・眼目門》には“肝経が虚すと風邪がこれに乗じて肝経に入り込み目が痒くなる” 《審視瑶函・目痒》には“目が痒いのは風や火によるもので血虚が根底にある” このように「血虚」による目痒は反復して長年続くのが特徴です。 同時に双眼は干渋で涙が不足し顏色も悪いものです。 >手の甲と手首の内側にある湿疹 >皮膚も色素沈着しているようです。 また血虚であると皮膚が栄養されず「血虚風燥」の状態になり血痂抓痕の掻痒が現れます。 老人に多く年月を経て皮膚は苔鮮様を呈します。 >顔にある吹き出物(?)に悩んでいます。ちいさなブツブツが額とこめかみ >小さなぽつぽつは痛くも痒くもありません。 以上の事からこれも血虚により皮膚が栄養されない為に起こっていると考えられます。 おすすめの漢方処方 (1) 養血潤膚飲(ようけつじゅんぷいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 抜け毛

男  32歳 もっとも治して欲しいこと : 頭髪が抜けること(22歳くらいから継続的に) 二番目、痩せ過ぎているので太りたい(ずっと昔から食べても太らない。逆に食べ過ぎると痩せる) 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい  さむけ 顔面 : 白い  頭痛  頭が重い  目が痒い クシャミ 鼻が乾く 口 唇 舌 : 口が臭い  歯茎から血が出る 喉 気管 : 切れにくい痰がある 胸 脇 : 胸が痛い(肺気胸) 腹部 : 腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘 切れが悪い 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  かゆい  抜け毛  フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 頭髪が抜けること > 痩せ過ぎているので太りたい 陰血虧損証の人は痩せと抜け毛の両方があります。 陰血が少なくなると相対的に陽気が過剰になりエネルギーを消耗して痩せるのです。 ストレスや緊張が大元の原因でしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 生髪散(せいはつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 男  21歳 もっとも治して欲しいこと : 抜け毛。 数年前から慢性的に続いています。 今年の春までは抜け毛も少なく良好でしたが、夏に入ってから大量に抜けるようになり困っています。 最近は頭皮に赤い吹き出物・口の周りに白い吹き出物が目立つようになってきました。 その他の身体状況: ・暑さ寒さに弱い。 ・胃腸が弱い ・パソコンを多用していることで「血が上っている」と言われたことがあります ・顔の肌が乾燥してザラザラになり皮膚がポロポロと剥がれます。 概ね通年ですが、秋〜冬の乾燥する時期は一層ひどくなります。 ・身体は熱しやすく冷めやすいようで、夏の暑さにも冬の寒さにも弱いです。 気温が暑いと大量に汗をかくのですが、すぐに体が冷えます。(首から上の頭部は汗をほとんどかかない) ・主観ですが、風邪を引く頻度から、以前より体力が落ちたように感じられます。 ・神経質で気が高ぶりやすい 全身:怒りっぽい さむけ 熱しやすく冷えやすい 顔面:普通 目が赤い 目が痛い 鼻水 クシャミ 鼻が乾く 口 唇 舌:口は乾かない 喉 気管:声がかすれる 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 尿が濁る 痔が痛む 腰 膝 下肢:こぶらがえり 皮膚 頭皮 毛髪:発疹 かゆい にきび リンパ腫 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 夏に入ってから大量に抜けるようになり困っています。 > 最近は頭皮に赤い吹き出物・口の周りに白い吹き出物が目立つようになってきました。 > ・神経質で気が高ぶりやすい 精神的に緊張していると「心火亢盛」の状態が続くので「血熱」を生じます。 熱がある所まで極まると「血熱生風」といって、一転して変化が生じます。 それが「風動髪落」です。 > ・暑さ寒さに弱い。 > ・顔の肌が乾燥してザラザラになり皮膚がポロポロと剥がれます。 > ・身体は熱しやすく冷めやすいようで、夏の暑さにも冬の寒さにも弱いです。 > 気温が暑いと大量に汗をかくのですが、すぐに体が冷えます。(首から上の頭部は汗をほとんどかかない) 根底に血虚があるからです。 おすすめの漢方処方 A: 生髪丸(せいはつがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口内炎/にきび

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目、口内炎 胃が悪い事もあり、できやすかったが今までは噛んだりしないとできなかったのに、最近は 生理前など数個でき、治るのも2週間かかるので、口内炎がない時の方が少ないくらいで、辛いです。 二番目、背中のにきび 背中のニキビもできやすかったが、丁寧に洗えば治ったのに、1年前から悪化。 全身 : 怒りっぽい  眠ってばかり 顔面 : (めまい  耳鳴り)時々 口 唇 舌 : 口が乾く 腹部 : 胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ)  にきび 婦人 : 月経痛がある  生理不順 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >口内炎 >背中のにきび >口が乾く いずれも「陽熱証」ですが、繰り返し起これば「虚熱証」となります。 陰陽が調和しておれば熱だけが分離して現われることはないのですが、陽気(熱)の母体 である陰気(血)が不足しているので「燥熱」が表面化するのです。 これを「血虚燥熱」といい、慢性的な炎症の根源になります。 おすすめの漢方処方 (1) 四物湯(しもつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経前のイライラ/抜け毛

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : 月経前にあるイライラ感、抜け毛。  10年前に卵巣のう腫で左卵巣摘出後、2人出産、 産後髪の毛がぬけたが生え変わらず薄い感じがあり危機感に襲われる。 月経前のイライラはここ1年ぐらいで始まり些細な事でカーっとなる。 生理が来ると普通に戻る、時期的にはおそらく排卵日を境にイライラが始まる。 全身:気がふさぐ。非常に怒りっぽい。汗をかかない。    顔面:目が赤い、眼がまぶしい、午前中のみ鼻水。 口唇舌:たまに口内炎あり。 腰 下肢:足の冷え 皮膚:鮫肌(乾燥肌)アゴ部分のみにきび 婦人:血の塊あり、抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 月経前は気血がもっとも充実しなければならない時期です。 その時に血虚のままだと陰陽のバランスが狂い、肝気ばかりが独り昂揚 して経前のイライラ感になると考えられます。(肝腎陰虧,肝陽独亢) おすすめの漢方処方 (1) 生髪散(せいはつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 湿疹

女  25歳 もっとも治して欲しいこと : 2ヶ月ほど前から湿疹が首から下の部分(お腹のあたり)に出始める。 湿疹のでき始めは虫刺されのようなかゆみと膨らみがあって 気が付くと大きい物で2センチくらいにまで広がっている。 表面は乾燥してカサカサしていて、かゆみがある。 色は赤みがあって少し盛り上がっている。 全身 : だるい 汗をかきにくい 顔面 : 普通 赤い 瞼がむくむ めまい 頭痛 目がかすむ 目が痒い 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 口が苦い 口が臭い 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 気管 : 声がかすれる 切れやすい痰が出る 胸 脇 : 胸やけがする 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 痔の出血がある 陰部が痒い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 さめ肌 にきび 婦人 : 月経が遅れる 月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >表面は乾燥してカサカサしていて、かゆみがある。 >色は赤みがあって少し盛り上がっている。 炎症としては可愛らしいものです。 >月経が遅れる 月経痛がある なるほど可愛らしいわけで「血虚」が基本にあります。 原因は分かりませんが、何かでアレルギー反応が起こっています。 しかしその反応(火災)も血虚のためにボヤ程度にしかなり得ません。 しかしボヤだからといってもバカには出来ません。 かえって消すには細心の注意を払わねばならず、 大量の水を使って元も子もないようにしてはなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 四物消風飲(しもつしょうふういん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 甲状腺亢進症/湿疹

女  30歳 もっとも治して欲しいこと : 甲状腺亢進症。テニスをしていてあまりに心臓がえらいので病院へ。 動悸はほとんどないが、些細なことで、異常に ドキドキするようになってしまった。 この影響か、人にわかるほどではないが、手の震えが気になる。 首の腫れは 今はほとんどわからない。 体が熱い。今はましになったが、今までの平常時よりは熱い。ただ、熱は36.7度くらいと普通。 便通はひどい時は1日3回あった。今は1日1〜2回。 湿疹。小さいときから花粉症。現在は鼻水は出なくなったが皮膚が花粉の時期にはひどくなる。 乾燥肌。以前にアトピーになったことあり。それは完全に近い状態できれいに 治っていましたが この病気で体が熱いので汗をかいたり、今年は特に夏も暑かったので湿疹になってしまいました。 首、あご下あたりが 赤くほてり かくと じくじくする。しばらくすると乾燥して硬くなり治る。 お腹、中央に楕円にぷつぷつと 痒くて 引っかいたりすると小さく血がでる。肘内、膝裏 時々出ては治る。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき 寝汗をかく 不眠 眠ってばかり 顔面 : 普通 瞼がむくむ 目が痒い 副鼻腔炎 喉 気管 : 痰というか 副鼻腔炎による 鼻水がのどに落ちる 胸 脇 : 動悸がする(たまに) 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 痔の出血 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 肩こり 腰 膝 下肢 : 腰がだるい 膝が痛い むくみ 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい 湿疹 さめ肌 フケ性(シャンプーしても乾燥していてでる) 婦人 : 月経が早くなる(25〜28日) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > テニスをしていてあまりに心臓がえらいので > 些細なことで、異常に ドキドキする > 体が熱い > 乾燥肌・・・・赤くほてり かくと じくじくする > フケ性(シャンプーしても乾燥していてでる) すべて血虚による症状です、いくらかの湿熱も兼ねています。 おすすめの漢方処方 (1) 養血定風湯(ようけつていふうとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 便秘

女  34歳 もっとも治して欲しいこと : 便秘。コロコロした便の時もあれば、普通の時もあり、その時々です。 (ひどい時は最高10日間でなかったことが)また、お腹がパンパンにはり、音がなることもあります。 内科の先生に勧められて桃核承気湯を飲んでいますが特に改善したとは思えません。 全身 : だるい 汗っかき  顔面 : 青白い(くすんだ色) 頭が重い 目が赤い 目が痛い 目が痒い 喉 : 喉が痛い  声がかすれる 切れやすい痰が出る 腹部 : 腸が鳴る 大便 : 便秘  腰 膝 下肢 : 腰が痛い 膝が痛い 腰から足にかけて時々しびれる 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 毛髪 : さめ肌(脚) 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >コロコロした便 >顔面 : 青白い(くすんだ色) >さめ肌(脚) 若白髪 「血虚津虧」といって血虚と津液の枯燥があります。 そのため大腸内が干渋となり、大便が動いてくれないのです。 これを桃核承気湯などで攻め立てては腸道が傷つくだけです。 血液と体液を補充すれば腸道が潤い、自然に排便が起こります。 またそれによって疲れやすかったり、足腰が痛かったり、さめ肌だったりするのも改善されるでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 潤腸丸(じゅんちょうがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肩こり/頭痛

女  57歳 もっとも治して欲しいこと : ・肩こり(慢性的) ・頭痛(前からあるがここ1-2年で激しい頭痛がたまに起こる) ・手足の冷え その他の身体状況: 不眠 顔面 : 赤い 眉毛の部分に吹き出物ができる 頭痛 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 足が冷える −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ・肩こり(慢性的) > ・頭痛(前からあるがここ1-2年で激しい頭痛がたまに起こる) > ・手足の冷え > 不眠 女性の場合、血虚がまず第一に疑われます。 血虚すれば上部を栄養できず肩こり・頭痛・頭暈・心悸・失寝となる。 おすすめの漢方処方 (1) 補肝養栄湯(ほかんようえいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 動悸

女  16歳 もっとも治して欲しいこと : 1番目は動悸です。生理前〜後にかけて激しくなります。 去年の終わりころからなんですが、動悸があると、のどから胸のあたりまでがビクビクと脈打っている ように感じて、それが不快です。 それと若干体温がいつもより高くなります。 2番目は、上と同じ生理の頃に、何だか全身が緊張して、お腹全体が収縮したような痛みを感じます。 最近では生理でなくても、わりといつでもそういうふうになって、不安です。 全身 : 気がふさぐ 微熱 顔面 : 普通 胸 脇 : 動悸がする 腹部 : 胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経量が少い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 1番目は動悸です。生理前〜後にかけて激しくなります。 > それと若干体温がいつもより高くなります。 > 生理の頃に、何だか全身が緊張して、お腹全体が収縮したような痛みを感じます。 「肝は蔵血をつかさどる」といい、肝の蔵血が不足するのを血虚といいます。 貧血と似ていますが(検査数値だけではなく)、主に機能の面をいいます。 > 月経量が少い > 足が冷える > にきび これが血虚による機能面での変化です。 血虚があると冷えと(仮の)熱との両方が現れます。 仮熱(虚熱ともいう)のもう一つの表れが動悸や高体温や緊張です。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次