メール相談例 56

1. 精力減退
2. 動悸と不眠
3. 生理前の気のおちこみ
4. 


★ 精力減退

男  35歳 もっとも治して欲しいこと : 精力減退 現在35歳ですが、ここ1〜2年非常に疲れやすい状態が続いています。 (仕事が忙しい、睡眠不足、運動不足) またSEXをする気が起きません。 しても中折れすることが非常に多いです。 バイアグラも考えましたが副作用や薬への依存が怖くて手が出せません。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >精力減退 >ここ1〜2年非常に疲れやすい状態が続いています。 >(仕事が忙しい、睡眠不足、運動不足) 漢方では“腎は精を蔵す”といい、生殖の機能をつかさどるのはと考えています。 従来は陽萎(または陰萎とも言う)の殆どは老年の腎陽不足によるものばかりでしたが、 近年はストレス性のケースがしばしば見られます。 その一つに「驚恐傷腎の陽萎」というのがあります。 それは“恐れは腎を傷(やぶ)る”という原則があるからです。 日常の「焦慮不安」や「卒遭驚恐」というストレスが腎精を損なうのです。 もちろん原因が心因性ならその原因を無くすのが根本療法になります。 しかし感情とは必ずしも心(こころ)にばかり宿るものではありません。 漢方では情志は五臓すべての気によって支えられていると考えます。 例えば喜・怒・憂(思)・悲・恐(驚)はそれぞれ心・肝・脾・肺・腎の配下に置かれます。 ですから七情の乱れは五臓の調節によって整える事もできると考えています。 “神・魂・魄・意・志”を「五志」といいますが、その内もっとも指導的な位置に ある心と腎に宿る神と志を取り上げて、情志の安定を図る事を「安神定志」の法と言います。 バイアグラなどの薬物は単に物理的な作用をもたらすだけです。 もし原因治療を目的とするなら五臓の調節から始めた方が宜しいかと思います。 <漢方まんだら>のページの中の B-2心>A-5寒 心気虚弱056 (心労過度により心神は疲弊する/心気虚証) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「心気不足・気虚生寒」という状態だと想像されます。 これに対しては「補益心気・温補去寒」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 安神定志丸(あんしんていしがん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 動悸と不眠

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : ここ数週間、疲れると動悸が治まらなくなっています。 一年前、就寝中に息苦しくなり動悸が激しく治まらなかったことがあり、 その後全く眠気がこなくなり不眠症になりました。 その時は神経科に通い、安定剤、睡眠薬の服用で三ヶ月ほどで症状が改善しました。 一週間ほど前、外出から戻り横になっていても動悸が静まらず、夜も息苦しく眠れず、 朝になり内科の診療を受けました。 一通りの検査を受けましたがやはり異常はありませんでした。 お医者さんの話では疲れだろうとのことです。 その時は間もなく治まりましたが、その後も同じ症状がひんぱんにあります。 その2〜3日後、風邪を発病し声が全く出なくなりました。(喉は普段からとても弱いです) 全身 だるい  健忘症  怒りっぽい  不眠 顔面 白い  瞼がむくむ  目がかすむ  鼻水 口 唇 舌 歯茎から血が出る 喉 気管 喉が痛い  声がかすれる  咳が出る  切れやすい痰が出る 胸 脇 動悸がする  胸苦しい  胸やけがする 腹部 腹が張る 大便 小便 陰部 出が悪い 頚部 背 手腕肩 くびや肩が凝る  首の寝違え 腰 膝 下肢 腰が痛い  足が冷える  むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 発疹  しみ  かゆい 婦人 月経量が少ない  流産しやすい(二度あり) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >就寝中に息苦しくなり動悸が激しく治まらなかったことがあり、 >その後全く眠気がこなくなり不眠症になりました。 息苦しいのを「少気」または「短気」といい、同時に「心悸」もあるとこれは「心気虚損」 に相違ありません。 不眠は心気虚弱のため「神を養わず」の状態です。(心は脈を蔵し、脈は神を舎す) >(喉は普段からとても弱いです) 声が出なくなったのも心気が弱くて声量が乏しいからでしょう。 >月経量が少ない 流産しやすい(二度あり) 「心は血脈を主る」ので心気虚弱であれば当然有り得る事です。 くれぐれも体力の温存に心掛けてください。 <漢方まんだら>のページの中の B-2心>A-5寒 心気虚弱056 (心労過度により心神は疲弊する/心気虚証) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「心気不足・気虚生寒」という状態だと想像されます。 これに対しては「補益心気・温補去寒」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 養心湯(ようしんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 琥珀養心丹(こはくようしんたん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理前の気のおちこみ

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : 排卵から生理までの期間、気持ちが沈んでしまいます。 全身 : 汗をかきにくい 顔面 : 普通  なみだ目 胸 脇 : 動悸がする 大便 小便 陰部 : 便秘  排尿が多い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) にきび 婦人 : 月経が早くなる  血の塊が混じる  不妊症(以前) 気になること #1普通の生理が5日くらいで終わった後、10日くらい少量の出血がある。 #2生理前1週間くらいはかなり精神的なバランスを崩して、   ・自分に自信がなくなり自分の言葉や行動が気になり何もしたくなくなる。   ・涙もろくなる   ・仕事に影響するほど気持ちが落ち込む −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >排卵から生理までの期間、気持ちが沈んでしまいます。 >自信がなくなり自分の言葉や行動が気になり何もしたくなくなる。 >涙もろくなる 《霊枢》という書物には“心気が虚せば則ち悲しむ”、“悲しめば気が消える”とあります。 これは「心気虚」になります。 >普通の生理が5日くらいで終わった後、10日くらい少量の出血がある。 気虚は心気のみに止まらず、脾気もまた虚しています。 おそらくは労倦過度かまたは生来の「脾虚気弱」という体質によって、生理と関係が深い 衝脉・任脉の気血がしっかりと保持されなくなり(気虚失固,衝任失約)、 月経延長が起こっているのでしょう。……(脾不統血) <漢方まんだら>のページの中の B-2心>A-5寒 心気虚弱056 (心労過度により心神は疲弊する/心気虚証) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「心気不足・気虚生寒」という状態だと想像されます。 これに対しては「補益心気・温補去寒」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 挙元煎(きょげんせん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次