メール相談例 59'
以下の例はすべて 心脾両虚 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる
     /大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 気鬱/不眠
2. 抜け毛
3. 頭痛
4. がん手術後の回復
5. 肥満/生理痛
6. 月経痛/疲れやすい
7. 産後生理がダラダラ続く
8. 呼吸がしにくい
9. 全身性エリテマトーデス
10. 筋無力症
11. 円形脱毛症/失臭


★ 気鬱/不眠

女  20歳 もっとも治して欲しいこと : 定期的に精神不安定になる。イライラしたり、  不眠になったり、周りをとても気にしてしまったりする。 全身 : だるい(無気力になって外出しなくなる) 気がふさぐ(あまり話しをしなくなる)      怒りっぽい  不眠 顔面 : 赤い 胸 脇 : 吐き気がある(少し食べるとすぐに気持ち悪くなる) 腹部 : 食欲が無い 大便 : 下痢 皮膚 頭皮 : おできや化膿  にきび  フケ性 婦人 : 月経痛がある  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >だるい(無気力になって外出しなくなる) 気がふさぐ(あまり話しをしなくなる) 不眠 精神が不安定になるのは何故か? 漢方の古典、《霊枢・本神》篇には 「愁憂(うれい)とは,気が閉塞して巡らなくなった状態である」とあります。 また《普済方》には「多く思えば気が結ぼれる」とあります。 どちらも気の巡りが悪くなると精神不安になるという訳です。 ではその気はどこから来るのでしょうか? >食欲が無い  下痢 《雑病源流犀燭》には「思い沈むのは,脾と心が病むからである」とあります。 脾胃は「後天の本」、消化を司り、全身を栄養する生長発育の根本です。 《黄帝内経》には「脾気が虚せば四肢はだるく,五臓は不安になる」とあります。 すなわち気の源は脾にあります。 神明を主る心は大脳の機能のことですが、この神明が脾気によって栄養されているので、 脾気の虚は「心脾両虚」として現われる事が多いのです。 気が結ぼれて巡らなくならないように、脾気を活発に維持する事がもっとも肝要です。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 すなわち「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対しては「補益心脾・補気生血」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 抜け毛

男  25歳 もっとも治して欲しいこと : 抜け毛 2年ほど前に急性腸炎で6日ほど入院し、それ以来、抜け毛が多くて悩んでいます。 私の場合はひたいが広くなるとか、頭頂部が薄くなるというような男性型の薄毛とは違い、 全体的に薄くなってます。(どちらかと言うと、中年の女性の方にあるような薄毛だと思います。) もともと腸は弱い方でよくお腹を壊したりする方です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >私の場合はひたいが広くなるとか、頭頂部が薄くなるというような男性型の薄毛とは違い、 >全体的に薄くなってます。(どちらかと言うと、中年の女性の方にあるような薄毛だと思います。) おっしゃる通り男性型の脱毛は頭頂或いは兩額角から始り、頭皮には油脂が多く、 毛髮は油で光沢があります。またフケ脱屑があり、発痒するものです。 それに対して女性型の脱毛は干焦無澤で、途中での切れ毛が沢山残っています。 抜ける部分も全頭に及び、枕との摩擦でも容易に抜け落ちます。 >急性腸炎で6日ほど入院し、それ以来、抜け毛が多くて悩んでいます >もともと腸は弱い方でよくお腹を壊したりする方です。 急性腸炎をきっかけに気虚・血虚の両方が続いているのです。 これを「気血兩虚」といい、毛髮を栄潤する事が出来なくなっているのです。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 人参養栄湯(にんじんようえいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 頭痛

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : 偏頭痛 全身・・・汗をかきにくい 顔面・・・普通、頭痛、頭が重い、目がかすむ 口 唇 舌・・・唾液が多い 頸部 背 手腕肩・・・くびや肩が凝る 腰 膝 下肢・・・足が冷える、かかとが痛 皮膚 頭皮 毛髪・・・かゆい 婦人・・・月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >偏頭痛 と言っておられますが、眼の異常や嘔吐などが書かれていないのでこれは普通 の頭痛とどこが変わっているのか良く分かりません。 頭半分の痛みだけで眼の異常や嘔吐などは無いのですね? 以下はその前提で回答しました。 >唾液が多い >足が冷える、かかとが痛い >月経痛がある これらはすべて「内寒」から来ていると思われます。 ではこの冷えは何が原因で生じたものでしょうか? おそらくは体質的な「気虚血虧」の状態があるようです。 「血虚不栄」の結果、かかとが痛んだり月経痛が起こったりしている様です。 そしてその大元は「脾の陽気の虚」でしょう。 気虚のため「清陽不升,濁陰不降」となり、このために脳の清竅が開かず綿綿と して痛むようになります。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 八珍湯(はっちんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ がん手術後の回復

男  71歳 もっとも治して欲しいこと : 肝臓に転移した大腸がん第4ステージの進行を抑えて欲しい。 身体症状:術後2週間の回復期のため、全身疲労感はあるものの特定の症状はなし。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >肝臓に転移した大腸がん第4ステージ >全身疲労感はあるものの特定の症状はなし。 漢方の抗癌剤治療に於いてはおおよそ次のように整理できます。 1.気虚型 2.陰虚型 3.気陰両虚型 4.気陰いまだ損傷せず 状況から見て今は3.の気陰両虚型だと思います。 癌の本質は本虚標実であるといいます。 即ち全身は虚で局部は実の病症です。 基本病理としては“虚”“淤血”“痰”“毒”の四つに概括できます。 淤血・痰・毒は手術によって大半は除去されていますから残りは虚に対してどうするかです。 虚は二つに分かれます。 一つは気虚で、二つは陰虚です。(陰とは血・精・津液などを指します) 両方が虚せば気陰両虚となります。(気陰とは免疫機能の本体です) 手術は生体にとっても大変な犠牲を払うものです。 術後には失われた気と陰を急いで補わなければなりません。 気の本拠は脾・肺で、陰の本拠は心・肝・腎です。 五臓すべてを補佐しなければならないので大変です。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) B-1.5肝.腎>A-2熱 肝腎陰虚050 (気鬱が続くと火を動かし陰液を消耗する) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「気陰両虚・陰虚生熱」という状態だと想像されます。 これに対しては「補気生血・滋水養陰」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肥満/生理痛

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 肥満(体脂肪率43%)、生理痛(4日目がひどい) 全身 : 汗っかき 顔面 : 普通 口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる 大便 小便 陰部 : 便秘 頸部 背 手腕 : 肩くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  足が冷える  むくみがある  足がだるい 婦人 : 月経痛がある 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理痛(4日目がひどい) 生理痛は初日がひどいのが普通ですが、日にちが進むにつれてひどくなるのには特別な意味があります。 多くは体質が虚弱で「気血両虚」であると生理で出血するとそれが後になるほど響いてきます。 >汗っかき >腰が痛い  足が冷える  むくみがある  足がだるい どちらも気血両虚によるものと思われます。 肥満のほうも体質が変われば次第に正常になるものです。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 三才大補丸(さんさいだいほがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経痛/疲れやすい

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目 疲れやすい  二番目 月経困難症 全身 : 健忘症  眠ってばかり 顔面 : 鼻水  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  呼吸困難  吐き気がある 腰 膝 下肢 : むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  斑点(しみ) さめ肌  ただれ  若白髪 婦人 : 月経痛がある  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >月経痛がある >疲れやすい  眠ってばかり 月経痛はどうして生ずるかというと、その機序は次の二通りです。 1.通ぜざれば即ち痛む (気血の通路である経絡を何かが妨害して不通になると痛む) 2.養わざれば即ち痛む (気血が不足して経絡を養わないと痛む) 主訴を見る限りでは2.の可能性が大と思われます。 気血が不足しているので疲れ易く、眠ってばかりということになります。 こういうのを「気血兩虚証」といい、月経痛もひどい痛みではなく、綿々とした 痛みで、手で腹を押えたり温めることを好み、顏色も貧血を呈します。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 三才大補丸(さんさいだいほがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 産後生理がダラダラ続く

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目:昨年 帝王切開で出産、産後の検診では何も異常なく 一月ほどで悪露が止まってすぐ生理が来ましたが、ダラダラと続き現在までほとんど切れがありません。 出血の色は赤褐色 量はごく少ない。これによって体調が悪くなっているということはありません。 妊娠前にもダラダラと続くことがあり病院に通っていましたが、多嚢胞卵巣であるものの特に 治療は必要ないといわれました。その後妊娠し今に至っています。 二番目:母乳の出が悪い               全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい  眠ってばかり 顔面 : 普通(顔色はすぐれない) 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 抜け毛 婦人 : 出血が止まらない  乳の出が少ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理が来ましたが、ダラダラと続き現在までほとんど切れがありません。 >妊娠前にもダラダラと続くことがあり病院に通っていました 漢方ではこのように月経血がダラダラと続く(淋漓不断)のを「漏下(ろうげ)」といいます。 >出血の色は赤褐色 量はごく少ない。 >眠ってばかり 血の色が浅淡質稀で神疲倦臥を伴い、顔色が悪いのは「気血虚弱」があるものと考えます。 その原因の一端は帝王切開手術の時の失血にあるかもしれません。 気血が同時に損傷を受けると、なかでも月経と関係深い任脉・衝脉の二経に影響が出ます。 >母乳の出が悪い 気血という乳汁の化源が不足しては分泌が減少するのは当然です。 気の中枢を担うのは中央の脾胃であり、血脈を主宰するのは心です。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 呼吸がしにくい

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 呼吸困難、胸が息苦しくなり、ホーッと溜息をつく。 寒いと朝から頭痛(後頭部がズキンズキンする)、そのため嘔吐。 しばしば下痢もある。 腹でもどこでも冷えている感じ。とても寒がりで、体全体が冷えている感じで、冷房などはもっての外。 舌の中央が赤く、縁は白苔、歯痕あり。生理痛もかなりひどい。 生理前の乳の張りはない。げっぷや腹脹もない。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >しばしば下痢もある。 >とても寒がりで、体全体が冷えている感じで、冷房などはもっての外。 長い間の気血の虚があるようです。(心脾両虚) >寒いと朝から頭痛(後頭部がズキンズキンする)、そのため嘔吐。 >ホーッと溜息をつく。 また肝気の欝滞もあり、ひどくなると脾への横逆が起こっています。(肝気横逆) >呼吸困難、胸が息苦しくなり、 心気の虚が長引くと「気虚血淤」といって気の範囲を越えて血の分野でも 障害が起こるようになります。 その血行障害のために胸中が窒塞して胸部弊悶となります。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 全身性エリテマトーデス

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 1.手先の血管炎がひどく指先が腫れ、潰瘍ができている 2.鼻の頭にメガネ痕が1年ぐらいのこり今だ消えない。(赤い) 数年前に膠原病の中の全身性エリテマトーデスにかかり3年おきに入院しておりました 昨年から皮膚の潰瘍がめだつようになり、冬場に入りさらに悪化 肘・膝関節をはじめ肩、手先等に潰瘍ができはじめ、その跡は皮膚が黒くなってしまった。 この冬初めてレイノー症状がでました。常にステロイドを服用しております。 爪も薄くなったり、色も黒くなったらりしております。 全身 : だるい 汗っかき 不眠   顔面 : 赤い   口 唇 舌 : 口が臭い   腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  皮膚 頭皮 毛髪 : 湿疹  抜け毛  かゆい 婦人 : 月経痛がある  おりもの  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >全身性エリテマトーデス >皮膚の潰瘍がめだつようになり、冬場に入りさらに悪化 >この冬初めてレイノー症状がでました。 >爪も薄くなったり、色も黒くなったらりしております。 これらはすべて陰性・寒性の様相です。 漢方では「寒湿鬱久化熱」といって、寒湿という陰寒性の状態でもそれが長引くと熱化し、 潰爛すると考えています。 これは陽性の炎症から始った潰瘍とは異なって、大変治りにくいものです。 血行不暢で陽気が回らず、結果的には「火毒蘊結,経脉阻塞,気血凝滞」の状態になって いますが、陰性なので腐肉は鮮明ではなく、夜間に痛みが増すなどの特徴があります。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 托裏消毒散(たくりしょうどくさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 人参養栄湯(にんじんようえいとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 筋無力症

女  34歳 もっとも治して欲しいこと : 顔がこわばり動かしにくく表情が硬い(顔全体押すと痛い)、 瞼が下がってきて目が開けにくい 二番 肩こりというか背中全体が凝っていて首を支えるのもつらい 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  微熱  寝汗をかく 顔面 : 瞼がむくむ  顔面麻痺?(こわばっている、特に口元が動かしにくい)  顔面痙攣(たまに)      頭痛  頭が重い  目が赤い  目がまぶしい  なみだ目  目が痛い 耳鳴り 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  唇が腫れる  舌苔が厚い  口が苦い  アフター性口内炎がでる         歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  唾液が多い  口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 胸 脇 : 胸苦しい  脇が痛い  脇が詰まった感じ  胸やけがする  吐き気がある      酸っぱい水が上がる 腹部 : 腹が張る  食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  痔が痛む(たまに) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  足が冷える  足がだるい 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔がこわばり動かしにくく表情が硬い >瞼が下がってきて目が開けにくい >背中全体が凝っていて首を支えるのもつらい 漢方では「面具臉」という症状で、顔面の筋肉が僵硬になりお面を被ったようだと表現しています。 またこわばる(強直)のは「」に属するものと考えています。(諸暴強直,皆属於風) >食欲が無い >便秘と下痢をくりかえす  痔が痛む(たまに) 気血生化之源であるが虚すと気血が不足して筋脉が濡養されないので拘緊するのです。 従ってこれを「気血兩虚による虚風内動」といいます。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 定振丸(ていしんがん)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 円形脱毛症/失臭

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目・・・最近円形脱毛症に悩んでいる。(500円玉くらい) 二番目・・・蓄膿症 匂いがほとんど分からなく、料理をつくるのにも苦労する。 鼻水はあまりでない。蓄膿からくる頭痛やボーとした感じ、集中力の低下などはみられない。 三番目・・・アレルギー性喘息  温度が急に変わったとき、運動をした時などで、咳がとまらずヒーヒー音がする呼吸になる。 全身 : 怒りっぽい 顔面 : 普通  頭痛  頭が重い 口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる  歯茎が腫れる  歯茎から血が出 る  口は乾かない 喉 気管 : 咳が出る  ゼイゼイ音がする  切れにくい痰がある 胸 脇 : 脇が痛い(たまに) 大便 小便 陰部 : 便秘(たまに) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰が冷える  足が冷える  むくみがある   足の裏がほてる(たまに)  長く歩くと全身の血が足に下がってきたみたいな感覚 になり、痛くて歩けなくなることがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  斑点(しみ)  かゆい  湿疹  抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >円形脱毛症 気血両虚のため髪に栄養が行かなくて脱落する場合が多いものです。 (「抜け毛059'」を参照) >匂いがほとんど分からなく……鼻水はあまりでない。 同じく気血両虚のために鼻竅に通じる経脉が養われないので嗅覚が失われます。 >鼻水はあまりでない。……頭痛やボーとした感じ、集中力の低下などはみられない。 通常の蓄膿とは異なって、虚証の症状です。 >温度が急に変わったとき、運動をした時などで、咳がとまらずヒーヒー音がする この喘息も気温の変化や気力が消耗した時に現われ、呼吸困難が無いのも虚証の症状です。 <漢方まんだら>のページの中の B-2.3心.脾>A-5.2寒.熱 心脾両虚059 (消化不良や心配事や過労によって脾の造血機能が悪くなる/大病や長期慢性病で気血両虚になった) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち、「心脾両虚・微有寒熱」という状態だと想像されます。 これに対して「補益心脾・補気生血」法を取れば良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 八珍湯(はっちんとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次