メール相談例 63''
以下の例はすべて 脾虚湿勝 (脾の消化機能が衰えると津液が停滞する/脾湿証) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 湿疹 (水疱)
2. 痩せ/さめ肌
3. 肥満/食後眠くなる
4. 肛門ヘルペス
5. おならが多い
6. 瞼がむくむ


★ 湿疹 (水疱)

男  45歳 もっとも治して欲しいこと: 全身の湿疹  水泡が背中、腹部を中心に下半身、両腕に出来、かゆくて掻くと、その水泡が壊れ痛くなります。 全身 : だるい  気がふさぐ  さむけ  寝汗をかく  不眠 顔面 : 白い  鼻づまり 口 唇 舌 : 口が苦い  舌がもつれる  歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  口が乾く   喉 気管 : 切れやすい痰が出る  切れにくい痰がある 胸 脇 : 胸やけがする  吐き気がある  酸っぱい水が上がる 腹部 : 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え  背中が痛い  肘の痛み  腕の痛み            肩の痛み  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  しびれる  足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  斑点(しみ)  かゆい  湿疹   水泡  おできや化膿            にきび  フケ性  かゆい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >水泡が背中、腹部を中心に下半身、両腕に出来、かゆくて 水疱が皮膚に外発するのは脾胃虚弱津液を輸布出来ず集まって水湿となる為です。 >胸やけがする  吐き気がある  酸っぱい水が上がる >食欲が無い >便秘と下痢をくりかえす 脾胃虚弱なのはこれで分かります。 >背中が痛い  肘の痛み  腕の痛み  肩の痛み  手指がしびれる 非生理的な水湿が相当部位の経気の流れを阻害するので起こる症状です。 おすすめの漢方処方 (1) 除湿胃苓湯(じょしついれいとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 痩せ/さめ肌

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : 子供の頃から細い体型で、骨も細いが肉づきも細いです もう少し太りたいと思っています。食事を沢山取ると下痢をしてしまいます。 皮膚は白く薄い感じです。白い粉が吹くようにかさついています。よく下痢もします。 体はあばら骨や肋骨がみえます。それが見えないくらいには太りたいのですが。 全身 : だるい  眠ってばかり 顔面 : 普通 腹部 : 腸が鳴る  食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい(体 乾燥している為)湿疹(手 水を触らなければできない)            さめ肌(足のすね) 婦人 : おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >食事を沢山取ると下痢をしてしまいます。 >腸が鳴る  食欲が無い 「胃は水穀の海」といい、水分や穀物を受納するところです。 一方、脾は水穀の運化を主るところです。 「脾陽不足」で健運が出来なくなると飲食は消化せず、大便は清稀になり、腹痛腸鳴します。 >白い粉が吹くようにかさついています。 >おりもの 脾陽不足のため水湿は生理的な“津液”に変化せず、皮膚を濡養しないので「津液不布」 の皮膚甲錯となります。 おりものも水湿の気化がうまく行っていないためです。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肥満/食後眠くなる

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 肥満。 小さい頃から太っていて、今までいろいろなダイエットをしてきました。 そのおかげで最高で67キロあった体重が50キロくらいまで痩せました。 しかし、そこから体重が上がったり下がったり。それと同時に体調も変化するんです。 二番目。多分、痩せないのはここにあるのかも知れませんが胃腸が弱くお腹に空気が たまり易いんです。疲れやすく肩凝りです。いつもだるいです。 少し仕事で外へ出ただけで手足がガクガクの時もあります。 食べたあとは、良く寝た次の日でもすぐ眠くなります。朝からだるさがずーっとぬけません。 全身 : だるい  気がふさぐ  不眠  眠ってばかり 顔面 : 赤い  頭痛  頭が重い   口 唇 舌 : 口は乾かない 胸 脇 : 胸やけがする 腹部 : 胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 膝が痛い 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : さめ肌 にきび 若白髪 婦人 : 月経痛がある 月経が来ない 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >食べたあとは、良く寝た次の日でもすぐ眠くなります。 こういうのを“穀労”または“飯酔”といい「痰湿」のために脾の陽気が上がらず、 脳の神明が養われないからです。 >肥満 >朝からだるさがずーっとぬけません。 痰湿は肥満の本態です。 前述と同じで脾の陽気が全身にみなぎらない為です。 >月経が来ない 病的な痰湿が子宮や衝任脉を塞ぐ結果、衝任不通・気血運行不利となり、月経が遅れます。 衝脉や任脉とは人体を流れる経絡のひとつです。 「衝は血海である」と言われており、その脈は子宮から起こり気血の作用を調節し、 月経の来潮と密接に関係しています。 おすすめの漢方処方 (1) 不換金正気散(ふかんきんしょうきさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肛門ヘルペス

女  41歳 もっとも治して欲しいこと : 6年前からずっと排卵日から生理が始まるまで体調を崩します。 生理が始まるとけろっと元気になります。 生理前後に肛門付近にヘルペスが出来ます。毎月ですので、これが最大の悩みです。 生理の量は少なく一日で終わります。痛みもありません。排卵日の方が腹痛があります。 体温は低く、風邪をひいても微熱程度にしか上がりません。 風邪のひき方がだだらとしていて、のどが痛い日が数日、鼻に症状が現れて数日、 頭痛の日があり…声が枯れてきて・・というふうに、寝こむほどではないのですが 生理が始まるまで調子が悪いままです。 全身 : 食べ過ぎるとすごく眠くなります 顔面 : 普通 めまい 目が赤い 目が痛い 目が痒い 大便 : 食後しばらくしてお通じがあり、軟便 小便 : 水分をとればすぐトイレにいきたくなる 陰部 : 生理前後、毎月ヘルペス 痔が痛む 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 婦人 : 月経量が少い 子宮筋腫 流産(1度) 乳房にしこり      生理前に胸がかたくなり痛くなっていました。最近は軽くなりました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理前後に肛門付近にヘルペスが出来ます それは次の事から類推されます。 >食べ過ぎるとすごく眠くなります >食後しばらくしてお通じがあります。軟便の方です >生理の量は少なく一日で終わります 脾胃の機能が衰えています。(脾虚) その為に水分代謝が悪くなり病的な「痰湿」が生成します。 その痰湿が月経と関係深い衝脉・任脉をふさぐので月経量が減ります。 また痰湿は下へと注ぎやすく、会陰へ流れるとそこで熱化して「湿熱」になります。 これを「肝経湿熱」といい、ヘルペスの原因になります。 おすすめの漢方処方 (1) 除湿胃苓湯(じょしついれいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ おならが多い

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : 8年前からおならが多い。  食後、胃腸に不快感があり、おならを出すと楽になる。 冷たいものを食べるとガスが多く出る。ほぼ毎日排便があるが、軟便傾向で切れが悪く多少残便感がある。 排便がないとガスが多くなり不快である。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 不眠 顔面 : 白い めまい 鼻づまり 鼻水 クシャミ 口 唇 舌 : 唾液が多い 口は乾かない 喉 気管 : 切れやすい痰が出る シャックリ 胸 脇 : 胸が痛い(月経前) 腹部 : 胃腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 咳をすると尿が漏れる 腰 膝 下肢 : 腰が冷える 足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい 婦人 : おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > おならが多い。食後、胃腸に不快感があり、おならを出すと楽になる。 > 軟便傾向で切れが悪く多少残便感がある。 > 唾液が多い 口は乾かない > むくみがある おりもの 体の中の湿気が過剰です。(脾虚湿勝) 脾胃の機能を強めて内湿を乾かすことが治療法となります。 おすすめの漢方処方 (1) 完帯湯(かんたいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 瞼がむくむ

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 1.むくみ(瞼が特に気になる。下半身も)  朝起きると瞼の上が特にむくみ。二重瞼が1日中一重のままということもあります。  足も1日中むくんでいます。特にふくらはぎの真ん中あたりから足首にかけては痛い位です。  年中喉がカラカラではないのですが、常に何かをチビチビと飲みたいです。  1度に沢山水を飲むと胃に残ります。(ちゃぷちゃぷはしないです)  汗は顔・背中・脇・足の裏にかきます。汗はベタベタしています。  お腹から下は年中冷えています。  舌はぼってりと厚く白い苔があります。ふちには歯形がくっきりあります。 2.下半身が異常に太い。痩せたい。  朝食が特に感じますが、食べたものが胃の中に残った感じは毎食あります。  食べるとすぐ眠くなります。午前中は無気力なことが多いです。 全身:だるい 怒りっぽい さむけ 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面:普通 瞼がむくむ めまい 頭痛 目がかすむ 目がまぶしい なみだ目 目が痒い 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌苔が厚い 口が苦い 口が臭い 舌がもつれる 喉 気管:喉が詰まった感じ 痰は無い 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 胸苦しい 胸やけがする 吐き気がある ただの水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 腹が張る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:小便の出が悪い 尿が濃い 脱肛 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える しびれる 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) かゆい(冬場) 体は鮫肌ぽい フケ性 婦人:月経が早くなる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 食べるとすぐ眠くなります。 > 午前中は無気力なことが多いです。 まず気虚です。 > 朝起きると瞼の上が特にむくみ。 > 1度に沢山水を飲むと胃に残ります。 > 舌はぼってりと厚く白い苔があります。ふちには歯形がくっきりあります。 > 朝食が特に感じますが、食べたものが胃の中に残った感じは毎食あります。 特に脾の気虚で湿が停滞しています。(脾虚水停) > 汗はベタベタしています。 > 下半身が異常に太い。 > 朝は起きたらまず鼻をかむことが多いです。 > おりもの 病的な水湿の具現したもの。 > 年中喉がカラカラではないのですが、常に何かをチビチビと飲みたいです。 > 体は鮫肌ぽい 水分が必要なところになくて不必要なところにあるのを「津液不布」といいます。 おすすめの漢方処方 (1) 六君二朮湯(りっくんにじゅつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次