メール相談例 63'
以下の例はすべて 脾虚湿勝 (脾の消化機能が衰えると津液が停滞する/脾湿証) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 倦怠感と頭痛
2. 月経がだらだら続く
3. 月経過多
4. 足のむくみとしびれ
5. 冷え性/むくみ
6. 生理中足がむくむ
7. 胃下垂で肥れない
8. 頭皮が脂っぽく臭くなる
9. 口臭/舌のパサパサした感じ
10. 極度の疲労感
11. 寝汗
12. 足のむくみと冷え性
13. 慢性疲労症候群
14. だるい/下痢/寝汗
15. 


★ 倦怠感と頭痛

男  26歳 病名と経過 : 午後から来る倦怠感と、頭痛 平熱は36度調度くらいで、午後になると36.5〜36.7くらいの微熱が出てきます。 でもだいたい19時以降になると熱が下がってきて楽になります。 朝起きたときの気分はいいですが午後からだるくなってきます。 全身 : だるい  気がふさぐ  微熱  午後から熱が高くなる      首から肩にかけて張ったような感じ 顔面 : 頭痛  頭が重い  目がかすむ  外にいるとまぶしく目の奥が痛いような感じもある。 胸 脇 : たまに動悸がして、呼吸が浅くなるときがある 腹部 : 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 今はいいが、少し前まで便秘と下痢をくりかえしていた 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >腹部 : 食欲が無い >大便 小便 陰部 : 今はいいが、少し前まで便秘と下痢をくりかえしていた 脾胃は「後天の本」と呼び、全ての臓の基本となる大切な臓腑です。 この脾胃が疲れる原因は何でしょうか? >顔面 : 頭痛  頭が重い  目がかすむ  外にいるとまぶしく目の奥が痛いような感じ >胸 脇 : たまに動悸がして、呼吸が浅くなるときがある 「脾は湿を悪み、燥を喜ぶ」といい、水分(水湿)の余剰は脾を傷つける事になります。 頭痛・頭重・目眩・心悸などはみな「水飲の上逆」による現象です。 水湿の余剰はどこから来るかと言えば当然「飲食の失節」からでしょう。 湿性は重濁ですから湿が過剰になれば「清陽が昇らず」肢体は困頓乏力となります。 これを「脾虚湿困疲乏」の証といいます。 おすすめの漢方処方 (1) 升陽益胃湯(しょうようえきいとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経がだらだら続く

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : 月経が終わって3〜5日したら又1週間ほどだらだら出血が続く。   月経が1週間ほど遅れることがよくあること。にきび。 全身 : だるい 汗をかきにくい 顔面 : 普通  目が赤い  鼻づまり  鼻水  クシャミ 喉 気管 : 痰は無い 腹部 : 腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 背 手腕肩 : 首の寝違え 腰 膝 下肢 : 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経が遅れる  出血が止まらない(月経がだらだら続く)  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >腹部 : 腹が張る >大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす >腰 膝 下肢 : 足がだるい >婦人 : おりもの これは「脾虚・痰湿阻滞」の証です。 >婦人 : 月経が遅れる  出血が止まらない(月経がだらだら続く) 痰湿壅滞のために月経と関係が深い衝脉・任脉の気血の運行が阻害を受けて、 おりもの(帯下)を伴ないつつ「月経后期」となっているのです。 また脾虚のため「中気下陥」になると「脾虚崩漏」といって、月経がしっかりと上がりません。 脾虚や痰湿阻滞を治しておかないと貧血や疲れがたまっていくばかりになります。 おすすめの漢方処方 (1) 補脾調周方(ほひちょうしゅうほう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 益気止血方(えっきしけつほう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経過多

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : 子宮筋腫、卵巣のう腫(チョコレートのう腫)  とにかく出血量が半端じゃありません。それが長期間続くので、貧血もすごいのです。 その他にも自己免疫性の疾患があります。(アレルギー、膵炎、ギラン・バレー症候群など。) 全身 : だるい  さむけ  微熱  不眠または眠ってばかり 顔面 : 下瞼がむくむことがある  めまい  頭痛  目がかすむ  目が痒い  鼻がかわく 口 唇 舌 : 舌がもつれる  アフター性口内炎がでる 喉 気管 : 切れやすい痰が出ることがある 胸 脇 : 動悸がする  吐き気がある 腹部 : 臍の辺りが痛い  脇腹が痛い  腹が張る  食欲が無い  食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  頻尿  夜間排尿が多い  脱肛? 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い  肘の痛み  腕の痛み  肩の痛み            手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  膝が痛い  足が冷える          むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 かゆい  湿疹   抜け毛  フケ性 婦人 : 月経量が多過ぎる 月経が早くなる  月経痛がある  血の塊が混じる    出血が止まらない  子宮筋腫 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >とにかく出血量が半端じゃありません。それが長期間続くので、貧血もすごいのです。 >食欲が無い >便秘と下痢をくりかえす これは「虚証」です。 虚証で出血量が多いのは「脾気虚」からくる「脾不統血」が原因です。 >下瞼がむくむことがある 下瞼は「脾」の機能を映す部位です。 >切れやすい痰が出ることがある >動悸がする  吐き気がある 痰湿の停滞があります。 >目が痒い 鼻がかわく >アフター性口内炎がでる >かゆい  湿疹 痰湿の停滞が長くなると熱化して「湿熱」になります。 >子宮筋腫、卵巣のう腫 腫瘤の形成と「痰湿・淤血」との関係は「子宮筋腫064」を参考にして下さい。 痰湿が血液をうすめているので出血量が多く見えるのです。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 足のむくみとしびれ

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 全身が浮腫みやすい、神経痛 顔面 : 赤い  瞼がむくむ  頭痛  目が赤い  目がまぶしい  なみだ目     目が痛い  目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ  鼻血 口 唇 舌 : 口が乾くが飲みたくない 腹部 : 腹が張る  食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  頻尿  夜間排尿が多い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : しびれる  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 :  湿疹 婦人 :  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >瞼がむくむ >口が乾くが飲みたくない >便秘と下痢をくりかえす >下肢 : しびれる  むくみがある  足がだるい 漢方ではよく「気・血・水」といいますが、この場合は明らかに「水」の病変です。 なぜ病的な水湿が生ずるかというと >腹が張る  食欲が無い ここにその原因が現れています。 漢方では「脾は湿を悪<イ>み、燥を喜ぶ」といいます。 だから脾虚になると水湿の代謝が悪くなります。 それが「諸湿腫満は皆脾に属す」といわれる所以です。 こういう状態を「脾虚湿盛」といい、脾の陽気が不足しているのです。 >目が痛い  目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ これらのアレルギー症状も元を糾せばみな「湿盛」なるがためです。 おすすめの漢方処方 (1) 六君二朮湯(りっくんにじゅつとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 冷え性/むくみ

女  24歳 もっとも治して欲しいこと : @冷え性の改善 Aむくみの改善  B顔や背中に出来やすいニキビを出来にくくしたい。 C血行を良くしたい。 全身 : だるい・気がふさぐ・汗をかきにくい・寝汗をかく・不眠(寝付きが悪い) 顔面 : 白い・瞼がむくむ 口 唇 舌 : 口が臭い・歯茎が腫れる・歯茎から血が出る 喉 気管 : 痰は無い 腹部 : 胃の辺りが痛い 大便 小便 陰部 : 便秘・下痢ぎみ 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る・首の寝違え 腰 膝 下肢 : 腰が痛い・足が冷える・むくみがある・足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経量が少い・出血が止まらない・おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : <漢方まんだら>のページの中の B-3脾>A-3湿 脾虚湿勝063 (脾の消化機能が衰えると津液が停滞する/脾湿証) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「脾失健運・津液停滞成湿」という状態だと想像されます。 これに対しては「温燥健脾・去痰利湿」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 五皮飲(ごひいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理中足がむくむ

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : 眠気、全身のだるさ(夜は毎日疲れて、7時くらいに家に 帰っても眠くなり、動けなくなる。長期休暇中は一日9〜10時間眠る。) むくみ(足を中心として、排卵期以後全身がむくみがち。特に生理中はパンパンになる) 全身 : だるい  気がふさぐ  不眠(寝つき・寝起きが悪い  眠ってばかり(低血圧) 顔面 : 普通  少々なみだ目  鼻水  クシャミ 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  歯茎から血が出る  唾液が多い  口が乾く         舌の側面がギザギザ・白っぽい。中央部はピンク。 胸 脇 : 肩・胸上部ににきびができる 大便 小便 陰部 : 便秘(10年くらいセンナを使用。使用しないと1週間以上でない)   頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い(こりがひどい) 足が冷える(汗をかきやすい)     むくみがある(特に生理中はパンパンにはれる) 足がだるい(むくみで重くなる)     無力で歩けない(たまに)  足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  抜け毛 婦人 : 月経は順調。生理痛もめったにない。  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >舌の側面がギザギザ・白っぽい 舌辺の歯痕は、舌体を栄養できないからで、気虚の証拠です。 >むくみ(足を中心として、排卵期以後全身がむくみがち。特に生理中はパンパンになる) 月経の時は出血と共に「気」も洩れますので、生来が脾気虚弱であるとますます脾気は虚 していき、水湿を運化することが出来なくなり、顔や足の浮腫みになります。 >おりもの おりもの(帯下)があるのも脾気虚弱で帯脉が無力になり、水湿が気化されずに洩れるからです。 >足が冷える  無力で歩けない(たまに) 漢方では「脾は四耳を司る」といい、脾気が虚すると足に現われます。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胃下垂で肥れない

女  25歳 もっとも治して欲しいこと : ひどい胃下垂らしく(骨盤のあたりまで下がってる)全然肥らない。 肥るためにはまず規則正しい生活をしなければいけないと思うのですが、昼夜逆転の生活から 抜け出せません(低血圧で朝起きるのがしんどい)。 全身 : だるい  汗をかきにくい  眠ってばかり  O脚  暑さにめっぽう弱い 顔面 : 白い  めまい(立ちくらみ)  頭痛  頭が重い  耳鳴り(たまに) 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  歯茎から血が出やすい  歯並びがあまり良くない 喉 気管 : 痰は無い 腹部 : 胃の辺りが痛い(たくさん食べた時)  食べ過ぎると胃もたれしてげっぷが多く出る 大便 小便 陰部 : 出が悪い  尿が濁る  激しく運動した後に、少し尿に蛋白が降りる。 頸部 背 手腕肩 : 足の裏や手のひらが熱くほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 若白髪  そばかす 婦人 : 月経が遅れる(通常より1,2週間遅れますが月経はきます)  おりもの      生理と生理との間に茶色のものが少量3,4日続いてでます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >全然肥らない >胃の辺りが痛い(たくさん食べた後に座らず立っている時) >食べ過ぎると胃もたれしてげっぷが多く出る 食後にお腹が重くて立っておれなくて横にならずには居られず、横になるとうとうと と眠ってしまうのを漢方では“穀労”とか“飯酔”といい、「食后困頓」の事です。 胃下垂の人はよくこんな状態になります。 >舌苔が厚い >小便 : 出が悪い  尿が濁る 脾胃が虚弱で消化力が弱く、いつまでも食べ物が胃に停滞しています。 とくに水分や半消化物が「痰湿」という形で残っています。(困脾痰湿) >低血圧で朝起きるのがしんどい >暑さにめっぽう弱い 脾の陽気が少ないので「清陽は上昇せず濁陰は下降せず」という状態になります。 そのために朝なのに元気が出ず、暑さにも弱いのです。(神気不爽,困頓欲睡) 脾胃というど真ん中に「湿邪」がでんと居座っている為に昼夜逆転という悪循環が 余儀なくされています。 >だるい  O脚  足の裏や手のひらが熱くほてる 「胃は四肢を主る」ゆえに起こるのです。 >月経が遅れる(通常より1,2週間遅れますが月経はきます)  おりもの 生理の源である「血海不足」すれば当然ですし、湿邪はおりもの(帯下)となって現われます。 おすすめの漢方処方 (1) 不換金正気散(ふかんきんしょうきさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 頭皮が脂っぽく臭くなる

男  26歳 もっとも治して欲しいこと : 「頭の臭い」と「自律神経失調症」 小学生のころから胃腸の調子は良くなかった記憶があります。 最近の症状は、腸がゴロゴロするし 腹にガスが溜まって食後はガスが出ますし、そのガスが 臭いことが多いです(便も臭い)。 手が震えます、汗も良くかき、夏のこの時期は特に顔(額)からダラダラ流れ、止まりません。 冬は手足が冷たく、逆に夏は胃腸が冷える感じがします。 肌は一年中、顔と頭の脂がひどいです、背中も多少気になります。冬は全身、特に肩、背中か ら腰にかけて乾燥して、保湿クリームを塗っています。 でも背中は脂性なのでにきびができてしまいます。 頭の脂が多いせいか臭います、髪も冬は乾燥しています。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  汗っかき  寝汗をかく  不眠 顔面 : 白い  瞼がむくむ  頭痛  目が痒い  鼻づまり(片方だけ)      鼻水  鼻血(鼻をかむと希に) 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  口が苦い  口が臭い  歯茎が腫れる  口が乾く(唇がネバネバ) 喉 気管 : 切れにくい痰がある 胸 脇 : 動悸がする  胸やけがする 腹部 : 胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る(胃腸が冷える) 大便 小便 陰部 : 下痢  痔の出血がある 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い(みぞおち左下の裏)            手指がしびれる(車を運転した時など長時間緊張状態が続くと) 腰 膝 下肢 : 腰が痛い(寝起き)  足が冷える  足の裏がほてる(車を運転した時) 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  おできや化膿  さめ肌  にきび  抜け毛  若白髪           (頭皮が脂っぽく臭くなる) (皮膚の乾燥) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 顔と頭と背中が油っぽいのに他の部分では反対に乾燥してカサカサしている、という 誠に奇妙な肌の状態があります。 頭皮が油膩なために髪が汚れやすく、臭くなるのですね。 これを自律神経失調症と自己診断されたのは大変適切な判断だと思います。 >瞼がむくむ >下痢 ここには「」の過剰があります。だけど >口が乾く(唇がネバネバすることがある) >切れにくい痰がある >胸やけがする >食べてもすぐ腹が減る >痔の出血がある ここには「」があり、水と熱が混ざり合わずに分離しています。 この奇妙な現象はどうして起こるのでしょうか? 皮膚が乾燥してカサカサしている“さめ肌”のことを漢方では「皮膚甲錯」といい ますが、その原因の一つに「飢飽労碌,思慮過度或五味偏嗜」があります。 (空腹になりすぎたり、或は飽食したりして食事が不規則になったり、 くよくよ悩み事があったり、嗜好のバランスが偏ったりすること) これが原因で自律神経の失調をきたし、とくに脾胃の消化機能の失調から体液(津液) の皮膚への補給が絶たれた為です。 これを「津液不布」といい、津液があるのにそれが正常に分布されないのです。 おすすめの漢方処方 (1) 加味蒼朮膏(かみそうじゅつこう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口臭/舌のパサパサした感じ

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : 口臭・舌の後味、パサパサした感じです。 舌の先以外白っぽく、ガーゼ等で拭き取るとその後少しはいいのですが、時間がたつと又ばさばさ して、変な味がします。特に舌の奥が白いです。 全身 : だるい  寝汗をかく 顔面 : 普通  頭が重い  目が痛い 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い  口が乾く  口が乾くが飲みたくない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 足が冷える  むくみがある  足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび 婦人 : 月経が早くなる  月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >舌の後味、パサパサした感じ >舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い  口が乾くが飲みたくない 「脾は口に開く」「脾気は口に通じ、脾が和なれば口は能く五穀を知る」といい、 口腔と脾胃とは密接な関係があります。 >足が冷える  むくみがある  足がだるい 漢方の古典《黄帝内経》には「脾気が虚すれば則ち四肢は用をなさず、五臓不安となる」 とあり、これを脾の気虚といいます。 脾気が虚すると食物や水分(水湿)の代謝が出来なくなります。 これを「脾は湿を悪み、燥を喜ぶ」といいます。 すると余剰の水湿はますます脾を傷つけることになります。 かくして代謝されない「湿濁が上昇して溢れれば舌苔は白膩となる」のです。 水湿が下の方へ行けばむくんだり冷えたりだるくなったりします。 >だるい  寝汗をかく >頭が重い これも「湿」の特徴です。湿が清陽を遮って、「湿蔽清陽」となると 清陽が頭へ昇らないので頭は重くなり聡明さが失われる事になります。 おすすめの漢方処方 (1) 参耆湯(じんぎとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 極度の疲労感

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 2年近くほぼ毎日のように極度の倦怠感に悩んでいます。 不整脈もあり、立っているのもやっとのくらいぐったりしてしまうこともあります。 全てに対してやる気も起きなくなってきて、最近では、いっそ楽になってしまいたいと 考え込んでしまうようになってしまいました。 全身 : だるい 苛々する  不安感 顔面 : 目が赤い  目が眩しい 口唇舌 : 唇のあれ(かさかさになる) 胸脇 : 動悸がする(脈がはやい) 皮膚頭皮 : にきび  かゆみ (倦怠が現れる前は、にきびが出来たことや肌が脂性になること、 頭皮がかゆくなるなど一切ありませんでした) 婦人 : おりものが多く臭いがある (産婦人科で異常なしとのこと) 食欲は不思議と、大いにありますし生理も正常に来ています。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >極度の疲労感 といえば兎角、虚証ではないかと思いがちです。 >目が赤い  目が眩しい >唇のあれ >にきび  かゆみ >おりものが多く臭いがある >食欲は不思議と、大いにあります が、これを見ると虚ではなく、むしろ湿熱証である事が分かります。 湿邪というものは性重濁でよく気を滞らせます。 そのために清陽(エネルギー)は昇らず、肢体は活力をしない困乏します。 湿が帯脉に侵入して熱化すると白帯(おりもの)となります。(移濁下流) 「体が重くだるくて眠ってばかりいるのは脾経に湿がある」というケースです。 (身体沈重,倦怠嗜臥者,乃脾経有湿) おすすめの漢方処方 (1) 升陽益胃湯(しょうようえきいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 寝汗

男  32歳 もっとも治して欲しいこと : 寝汗をかく。季節の変わり目に風邪を引きやすい。 全身 : だるい  気がふさぐ  汗っかき  寝汗をかく 顔面 : 普通  鼻水  クシャミ 喉 気管 : 咳が出る  切れやすい痰が出る  吐き気がある 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え 皮膚 : かゆい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >切れやすい痰が出る  吐き気がある 「脾は生痰の源」といい、脾が虚して運化が悪くなると痰を生じたり、吐き気がしたりします。 これは脾のもつ昇降機能が働かないからです。 >汗っかき  寝汗をかく 同じように津液の昇降が阻遏されると多汗や盗汗になります。 おすすめの漢方処方 (1) 霍朴夏苓湯(かつぼくかれいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 足のむくみと冷え性

女  30歳 もっとも治して欲しいこと : 1、むくみ 2、汗・尿の出を良くする 3、低血圧 4、冷え性 低血圧は出産後、後は子供のころから。むくみを無くして代謝のいい体になりたい。 むくみは朝からむくんでいる。みぞおちの冷え、と手足のひえ。下半身が太い。(基礎代謝が落ちているような気がする) 全身 : だるい 健忘症 汗をかきにくい 顔面 : 午後から頬が赤い 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 口が臭い ほおの裏に歯形 腹部 : 胃の辺りが痛い 腹が張る みぞおちが冷える。食べ過ぎると背中まで痛い。 大便 小便 陰部 : 小便の出が悪い 尿が濃い 腰 膝 下肢 : 足が冷える むくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 脂っぽい 婦人 : 月経痛がある 月経が来ない 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 1、むくみ 2、汗、尿の出を良くする。 3、低血圧 4、冷え性 > 胃の辺りが痛い 腹が張る みぞおちが冷える。食べ過ぎると背中まで痛い。 > 基礎代謝が落ちているような気がする 基礎代謝を高めるには体の「陽気」を上げなければなりません。 陽気の大元は「脾胃」にあり、ここが冷えていてはいかなる新陳代謝もうまく行きません。 おすすめの漢方処方 (1) 胃苓湯(いれいとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 慢性疲労症候群

女  36歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目 眠くて眠くて何もできない いくら寝ても 朝起きれない  頭が重い 時に痛い 前頭部 体が重い 昨年10月から EBウイルス感染症になってから それまで、とても元気でフルタイム仕事をして帰宅してから毎日1キロ泳ぐのが日課であり楽しみでした。 夜3h寝れば 朝早く起きて 昼間は横になるどころかあくびも出なかった.  病院では 感染症による 慢性疲労症候群と言われた。 その他の身体状況: 太りやすい 寝つきが悪い(元々元気な時から 昔から その為水泳をしていた) ずっと水泳をしていて 肺活量があるはずなのに、階段をあがっただけで息切れするようになった 全身 : だるい 気がふさぐ 健忘症 さむけ 微熱 午後から熱が高くなる 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面 : 白い 頭痛 頭が重い 目がかすむ 耳から汁がでる 口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 呼吸困難 胸 脇 : 胸苦しい 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 腰がだるい しびれる 足が冷える 足がだるい 無力で歩けない 婦人 : 月経量が少い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 眠くて眠くて何もできない > 頭が重い 時に痛い 前頭部 > 体が重い > 太りやすい > 月経量が少い これらに共通するのは「痰湿の阻滞」です。 なかでも湿が壅滞すると陽気が振わず、活力が出なくなります。 湿を取り去れば雲が消えて青空が現れるように復活します。 “幽霊の正体見たり枯れ尾花”という事で、慢性疲労症候群などは大抵これです。 おすすめの漢方処方 (1) 太無神朮散(たいむしんじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ だるい/下痢/寝汗

男  38歳 もっとも治して欲しいこと : 体のだるさ (ここ半年くらい朝起きた時点でもうからだに力が入らない) 体に充電されてない感じで、右のまぶたもくぼみ、動悸もある。 貧血の軽いみたいなのになることがある。 腸の調子が悪い・・・おならが頻繁(1日30回以上)に出て臭いがきつい。 便が泥みたいな軟便で粘り気がきつい感じ。 特に食べたあと腸が張る感じ。 寝汗が毎日滝のように出る。 常に足裏・足先が冷たい。 全身:だるい 気がふさぐ 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:土色 めまい 目がかすむ 目が痒い 鼻づまり 耳鳴り 口 唇 舌:舌苔が厚い 歯茎が腫れる 唾液が多い 口が乾く 喉 気管舌:切れやすい痰が出る 切れにくい痰がある 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 胸やけがする 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 腰 膝 下肢:下肢しびれる 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ここ半年くらい朝起きた時点でもうからだに力が入らない > 腸の調子が悪い・・・おならが頻繁(1日30回以上)に出て臭いがきつい。 > 便が泥みたいな軟便で粘り気がきつい感じ > 特に食べたあと腸が張る感じ。 > 胃の辺りが痛い  臍の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る > 舌苔が厚い > 切れやすい痰が出る  切れにくい痰がある   間違いなく脾胃の病変です。 それも脾の気虚ではなく、「湿邪」の停滞によるものです。(脾虚湿滞) > 寝汗が毎日滝のように出る。 脾胃は中央にあり、気の昇降をつかさどります。 脾胃の機能が虚して運化が正常に行われなくなると気の昇降が狂います。 汗が出るのも、おならが出るのも、下痢になるのもどれも昇降の異常です。 おすすめの漢方処方 (1) 霍朴夏苓湯(かつぼくかれいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次