メール相談例 67''
以下の例はすべて 脾胃気虚 (脾胃の消化機能の衰えそのもの)
         脾虚気陥 (脾の消化機能の衰えが進むと清陽が下陥する) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 腹が鳴る
2. 歯痕舌/足のむくみ
3. 緊張する下痢、頻尿
4. 下痢をしたあと激しい胃痛
5. 胃ガン
6.  スタミナ不足
7.  手術後へその飛び出し
8. 胃の膨張感
9. 臭いおなら
10. 月経過多
11. 腹が張る
12. 耳が詰まった感じと鈍痛
13. 唾液過多/四肢無力


★ 腹が鳴る

女  26歳 もっとも治して欲しいこと : お腹がすきやすく3・4時間決まってお腹がクルクルと鳴るんです。 またお腹が空いていなくても鳴るときもあります。 食べたばかりなのに、大きな音で鳴るのですごくはずかしいです。 学生の時はそのことが原因でお腹いっぱいご飯を食べては吐くという生活でした。 今でも静かなところに行くと、お腹が鳴るのではないかとすごく不安になります。 少し胃下垂ではないかとも思っています。ご飯を食べた後下っ腹がはるんです。 あと自分ではそんなに神経を使っているつもりはないのですが、何かあると下痢を起こしたりします。 何かお腹が鳴らない良い方法はありませんか? −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >お腹がクルクルと鳴るんです。 >ご飯を食べた後下っ腹がはるんです。 >何かあると下痢を起こしたりします。 腸鳴とは脾胃の気が損なわれて運化作用が上手くいっていない為です。 これを「中気虚弱腸鳴」といい、下腹の墜脹感を伴います。 中気とは人体の中央に位置して要となっている「土性」の脾胃の気の事です。 この気が虚すと下痢をしやすくなります。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 歯痕舌/足のむくみ

女  30歳 もっとも治して欲しいこと : 1番……舌が膨張して歯痕舌なので原因と予防 2番……足のむくみを治したい、12年間立ち仕事です 腰に負担がかかると必ず 左下半身がしびれ足の指先までピリピリしている。 1〜2日普段の生活をしていると治りますが 全身 : 気がふさぐ  汗かき 顔面 : 赤い  瞼がむくむ  つかれているとめまい 腰 膝 下肢 : 足が冷える むくみがある 足がだるい 足のうらがほてる(汗もよくかく) 婦人 : 月経の量が少ない  月経が早くなる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 舌が膨張して歯痕舌 気虚の者は水湿の運化が失調してよく巡らなくなるものです。 これは水湿の気化機能の障碍にあたり、体内の水湿が瀦留して舌に浸漬するので 舌体が肥胖となります。 > 汗かき > 瞼がむくむ  つかれているとめまい > むくみがある  足がだるい  足のうらがほてる 気虚ゆえに汗をかきやすく、むくんだり疲れやすかったりします。 > 月経の量が少ない  月経が早くなる 気虚は脾胃の損傷からきています。 気血不足のために月経過少で、月経と関係深い衝脉・任脉の固摂作用が 弱くて月経が早くなるのです。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 緊張する下痢、頻尿

女  24歳 もっとも治して欲しいこと : 中学生のころから緊張すると下痢、頻尿に悩まされた。 現在も状況は変わらず、トイレのない状況に陥ると(バス、旅、試験等) 下痢、頻尿になり、そのことばかり考え落ち着きません。 現在は、緊張する場面になると安定剤を服用していますが、いまいちです。 根本的に治したく思っています。旅なども、安心していけるようになりたいです。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 微熱 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面全身 : 普通  頭痛  頭が重い 便秘  下痢  頻尿 腰が痛い(時々) 足が冷える 月経が遅れる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >緊張すると下痢、頻尿に悩まされた。 体格が良いのでなかなか虚弱体質だと思われないのか、緊張と安定剤という 方式から離れては考えてくれないのでしょうね。 >微熱 汗をかきにくい 眠ってばかり >月経が遅れる しかしこちらの事も考え合わせると単に緊張性というだけでなく、根底には 脾胃の気虚がでんと居座っています。 下痢も頻尿も共に気が下陥して起きていることです。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 下痢をしたあと激しい胃痛

女  21歳 もっとも治して欲しいこと : 中学生頃から、おなかを冷やして下痢になったり、 緊張して下痢になったり、とにかく下痢になると必ず、下痢が治まった5〜6時間後から 約1日間激しい胃痛がします。 胃痛は薬を飲んでも治らないことが多く、横になるとだいぶマシになるのですが、仕事を している日などは、横にもなれずにとても辛いです。 なぜ下痢をしたあと、必ず激しい胃痛が襲ってくるのでしょうか? 教えてください。 顔面:鼻づまり  鼻水  クシャミ   口 唇 舌:口は乾かない 腹部:胃の辺りが痛い  腹が張る  大便 小便 陰部  :便秘と下痢をくりかえす 皮膚 頭皮 毛髪:発疹  斑点(しみ)  かゆい  湿疹   婦人:おりもの  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > なぜ下痢をしたあと、必ず激しい胃痛が襲ってくるのでしょうか? 長年、便秘と下痢をくりかえす時の便秘は「虚秘」の範疇でしょう。 これは昇降をつかさどる脾胃の機能が衰弱しているからです。 ようやく下痢が収まっても下痢によって陽気を失った脾胃は「気虚」から 更に「虚寒」へと進むので続いてしつこい胃痛に見舞われます。 これは「補気」と同時に温める「温補」を行わないと回復しません。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胃ガン

女  74歳 もっとも治して欲しいこと : 人間ドックで早期胃癌と診断されました。 直ぐに入院手続きをして手術準備をするように言われました。 しかし色々考えた末、手術をしない事にしました。 その代わりにアガリクス・プロポリス・ビタミンC・鮫軟骨の服用を始めました。 今のところ左程食欲も落ちておらず、自覚症状はただ足の冷えぐらいです。  全身 : だるい 怒りっぽい 汗っかき 疲れやすい 眠りが浅くよく目が覚める 顔面 : 白い 普通 瞼がむくむ のぼせ 目がかすむ(老眼) 目が痒い 耳鳴り 口 唇 舌 : 口が苦い 口が臭い 口が乾く 口が乾くが飲みたくない 喉 気管 : 声がかすれる 痰は無い 胸 脇 : 息切れがする 腹部 : 胃が重苦しい げっぷがよく出る 胃下垂 食欲はある 腹が張る 大便 小便 陰部 : 夜間排尿(1回) 痔がある 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 首・肩が凝る 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 漢方ではガンをある種の「邪毒」と考えています。 邪毒とは自然界の六淫(風寒暑湿燥火)や七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)およ び食べ物・房労・外傷という三つの原因(内因・外因・不内外因)が交差して生み 出される悪質な(長期的)病邪です。 本来、脾胃は水穀を“運化”する作用を持っています。 運化作用とは「昇清降濁」のことで、血管から消化吸収した精微な物質(清)を全 身に運び、不要な残渣(濁)を大腸へと降す事です。 上向きの力と下向きの力がバランスよく交差することです。 病因には新旧の2種類があり、新しい病因なら一刻を争ってその病邪を追い出そ うとして正気と邪気が争います。(邪正闘争) しかし長い時間をかけて積もってきた旧い病因だとこの邪正闘争(免疫反応)も不 完全燃焼になります。 これを漢方では「邪の集まるところ必ずその気虚す」と言います。 このように邪毒が脾胃を犯すと脾胃の正気が虚し、臓腑の陰陽と気血が乱れ、 昇降作用が行われなくなります。 その結果、津液は敷布せず積聚して痰となり、痰が凝結すれば気は滞り血もまた 流れず「気滞血淤」となり、次第に積聚や核へと癌腫の形成が進んでいく事にな ります。 また昇降作用の阻害の程度により吐・瀉・滞・脹・痛の五種の病変が発生します。 さて、このように胃ガンの実態を理解してみるとどうすればこれに正しく対処で きるかが分かります。 (1) 邪毒を排除すること (2) 昇降作用を回復すること の二つに尽きます。 現在世間で喧伝されているアガリクスやプロポリスやサルノコシカケなどの単用 や併用はみな(1)に属します。(天然物ではあるけれど漢方薬ではありません) 現代化学の抗癌性薬品と大同小異です。 (1)だけに重点を置いて、自分の体力を省みないと必ずや薬物の副作用に会います。 闘病という長い勝負には(1)よりも(2)の方を優先させるか又は(1)と(2)を併用す ることがより大切になります。 漢方ではどんな病気の場合でも必ず辨証分型という思考過程を通らなければ処方 が決まりません。 胃ガンは次の四証型に分類されます。 (1) 脾胃不和証 (2) 陰虚胃熱証 (3) 気血両虚証 (4) 気滞血淤証 このうちもっとも多いのが(1)脾胃不和証と(3)気血両虚証です。 (脾胃不和とは胃部のつっかえ・脹りや痛み・げっぷ・はきけ・食欲減退・痩せてい く事などです。) 年齢的に考えるとおそらく後者になるでしょう。 まだ体力のあるうちに正確な辨証分型をしてピッタリと当てないと薬効が出ないで 副作用ばかりが出てしまいます。 おすすめの漢方処方 (1) 健脾散(けんぴさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ スタミナ不足

女  42歳 もっとも治して欲しいこと : スタミナが欲しい。 20代のころから疲れやすく、特に35歳位からひどくなりました。 西洋医学で検査したところ、甲状腺機能低下ぎみだといわれ、 補強ホルモンをのんでいますが、他には特に悪いところはないのです。 全身 : だるい 気がふさぐ 痴呆(ぼけ) 健忘症 さむけ 寝汗をかく 眠ってばかり 顔面 : 白い 瞼がむくむ めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目が痛い   喉 気管 : 声がかすれる(小さい) 切れにくい痰がある 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす(時々) 脱肛 痔の出血がある(時々) 腰 膝 下肢 : 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える かかとが痛い 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) 抜け毛 婦人 : 月経量が多過ぎる 血の塊が混じる 子宮筋腫(外部)不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 「月経量が多過ぎる」のは「衝任不固」といって、月経と関係深い 衝脈・任脈の両経絡が血を保つ力(摂血作用)が不足して漏れるからです。 漢方では摂血作用は「脾」に属するものと考えており、 脾の気虚(脾虚)が前提としてあるからです。 脾は中央の力(中気)の元ですから、これが衰えるとスタミナ不足になります。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 手術後へその飛び出し

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : へその浮腫  最近、へその中からの「できもの」が確認できた。 徐々に大きくなり現在、直径1センチ強の半球上になってへそから飛び出している。 患部の組織を取って病理検査したところ、悪性のものではなく、粘液性の浮腫(じゅうじつ性) と診断されたが原因は不明。 CT,エコー検査では腹壁よりずっと深部からつながっていてそれがへそから出ていることが 確認できている。 外科的処置として、全身麻酔のうえ開腹し、内部からすべて切除、腹部を縫合しへそを形成する ことを勧められた。 飛び出している部分のみ切除しても縫合は不可能とのこと。 また、切除せずこのまま放置して、今後さらに大きくなるのか、さらに切除しても再発しないか どうかはまったく不明のため簡単に外科的処置をすることに不安がある。 昨年、胃がんのため、胃、脾臓全摘、リンパ節部分切除 全身 : 気がふさぐ 不眠 顔面 : 普通 腹部 : 臍の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る(胃手術のため) 大便 小便 : 便秘と下痢をくりかえす(胃手術のため) 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 腰 膝 下肢: : 腰が痛い 腰がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : おできや化膿 にきび 婦人 : 月経が来ない(抗がん剤服用のため) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胃がんのため、胃、脾臓全摘、リンパ節部分切除、 >へその浮腫……へそから飛び出している。 小兒によくへその飛び出し(臍突)が見られますが、その多くは先天的な発育不足が原因で 臍孔閉合未全(脂膜突入)のものです。 あなたの場合は胃がんそのものの生成内因や後天的な手術によって腹壁の筋肉が薄弱になり 弛んだため、小兒臍突と同じ状態になったものと思われます。 >さらに切除しても再発しないかどうか 原因をなくしないで切除ばかりしても再発は避けられません。 >臍の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る(胃手術のため) >便秘と下痢をくりかえす(胃手術のため) ここから現状としては脾胃気虚がうかがえます。 これを改善しておかないと免疫力も低下しますから後に色々な問題の元になるでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胃の膨張感

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : もともと胃腸は弱いほうだったのですが、5年前ぐらいから周期的に胃の膨張感 (常に胃に空気が溜まっている感じ)、ゲップを出したいのにうまくだせない、便秘→下痢の繰り返し、 といった症状に頻繁に悩むようになりました。 まとまった太い便がここ最近でていません。 血圧も低く、あまり汗もかかず(運動不足ではありますが)風邪をすぐ引きます。 全身 : だるい 汗をかきにくい 顔面 : 白い 鼻水 クシャミ 口 唇 舌 : 唾液が多い 喉 気管 : 喉が詰まった感じ シャックリ 時々喘息(小児喘息でした) 腹部 : 胃の辺りが痛い 腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頸部 背 手腕肩 : 左手が時々震えます 腰 膝 下肢 : 腰が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : アトピー性皮膚炎(成長につれ軽度になりましたが、時々ひどくでます) 婦人 : 血の塊が混じる 月経は順調です −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胃の膨張感(常に胃に空気が溜まっている感じ) >便秘→下痢の繰り返し、まとまった太い便がここ最近でていません >血圧も低く、あまり汗もかかず 脾胃虚弱が根底にあり、気虚から気滞を起こしています。(脾虚気滞) 脾胃はすべての気の根源です。これが旺盛になればすべて解決します。 おすすめの漢方処方 (1) 大安丸(だいあんがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 臭いおなら

男  31歳 もっとも治して欲しいこと : 16年前からくさいおならが頻繁に出て困っています。 他の方と違うとこは、腹痛も下痢も全くないですし便秘でもありません。 なのに、くさいおならが頻発します。食欲もありますし、声も大きいですし仕事も意欲的にやってます。 休みの日はだるくて寝ています。 その他の身体状況: とにかく疲れやすいです。舌も白い苔ありますし歯型がくっきりついています。 全身 : だるい 怒りっぽい 顔面 : 鼻水 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 口が乾く 腹部 : 腹が張る 腰 膝 下肢 : 足の裏がほてる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 声も大きいですし仕事も意欲的にやってます。 気のキャパシティが小さいので折角意欲があっても長続きしません。 > くさいおならが頻繁に出て困っています。 気虚で気が下へ漏れやすくなっています。(脾虚気陥) おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経過多

女  35歳 もっとも治して欲しいこと : 生理痛 主に腹痛、出血多量、腰痛、肩こり。食事をすると、すぐに下痢をする、食欲不振。 その他の身体状況: 体がだるく、気がふさぐ、怒りっぽい、不眠、体力はあまりない、 顔面は普通、偏頭痛、めまい、耳鳴り、歯茎から血が出る、切れにくい痰がある、 たまに動悸がする、吐き気がする、酸っぱい水が上がる、胃のあたりが痛む、腸が鳴る、食欲不振、 便秘、下痢をしやすい、肩こりがひどい、腰痛がひどい、手足が冷える、にきび・おできができやすい、 月経量が多い、月経が徐々に早くなっている、月経痛がある、 胸に小さいしこりがあったり消えたり、不妊症(結婚七年目でまだ子供ができない) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >食事をすると、すぐに下痢をする、食欲不振。 >吐き気がする、酸っぱい水が上がる、胃のあたりが痛む、腸が鳴る 脾胃の気虚が根底にあります。 >月経量が多い、月経が徐々に早くなっている、月経痛がある、 中央にある脾胃の気が虚すという事は全身の気も全部が虚すことです。 月経と関係のある衝脈・任脈の気も虚すので血を経絡に帰経させる事が出来ず、 月経量が多くなり、それにつれて血虚も起こるので月経痛にもなります。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 腹が張る

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : お腹のはり・胃腸の不調   二番目 疲れが抜けない 子供の頃から寝つきが非常に悪く、胃腸が弱く、慢性的に胃の痛み、下痢と軽い便秘の繰り返し、 下した後のひどい腹痛(ガスがたまる)などの症状がありました。 特に緊張すると必ず下痢をしていましたが日常的にそれほど支障はありませんでした。 ですが、この2ヶ月ほどお腹のはりがひどく、少し食べただけでもお腹がパンパンに張ってしまい、 量が食べれません。(もともとはかなり大食で、めったに食欲はなくなりませんでした) ゲップもひどいことが多く、のどの奥までつまった感じが続きます。 3年ほど前にパニック障害の発作がおき、うつ、過敏性腸症候群なども重なり、予期不安、めまい、 下痢などのため仕事も辞めました。 4月から働き始めましたが、疲れが抜けず、めまい、ふわふわ浮いた感覚、耳鳴りが出るようになり、 またパニック障害のようになったら...という心配と、毎日のお腹のひどい張りがあり、 のどの辺りまでつまったかんじになって辛いのが今の一番の悩みです。微熱っぽいときも多いです。 舌など口内が少し荒れた感じで辛く、常に舌に歯型が残っていてむくみも気になります。 口内炎が痛くて食べるのが辛いことも多くなりました。 また朝起きたときに気分が悪く、一日中だるいです。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 微熱 午後から熱が高くなる 汗っかき 寝汗をかく      不眠 休日は眠ってばかり 顔面 : 普通 瞼がむくむ めまい 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 目が痛い      目が痒い 鼻水 クシャミ 鼻が乾く 耳鳴り 耳が痛い 口 唇 舌 : 白っぽい舌 口が臭い 舌がもつれる 口内炎がでる 舌の先に赤くただれたようなぷつぷつ 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 喉が痛い 胸 脇 : 胸やけがする 腹部 : 胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頻尿 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) かゆい にきび 婦人 : 月経痛がある(排卵日辺りから生理中に数日、ひどい頭痛 腹痛は稀。) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 腹満 ゲップ のどのつまった感じ めまい > パニック障害の発作がおき、うつ、 一番に「肝鬱」と考えやすいところですが、 > 月経痛がある(排卵日辺りから生理中に数日、ひどい頭痛 腹痛は稀。) 腹痛は稀というのに注目され、肝鬱は否定されます。 > 常に舌に歯型が残っていて > 朝起きたときに気分が悪く、一日中だるいです とすれば、この「気虚」こそが主原因だろうと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 耳が詰まった感じと鈍痛

女  45歳 もっとも治して欲しいこと : 1)12年前にぎっくり腰をしてから左耳の奥が詰まったような感じと 鈍痛と左耳下の首の付け根と左の首筋、頚椎の付け根、両肩、背中の凝りと痛みがとれません。 2)眠りが浅く、夢が多く夜中に何度も目が覚めて熟睡できず、朝起きるのが辛く、布団の中で もう起きなければと思い始めると動悸がします。疲労感がとれません。 全身:だるい、気がふさぐ、怒りっぽい、さむけ、汗っかき、寒がりの暑がり、不眠 顔面:黄土色(体は白い)、頭が重い、目やに、時々左目の奥が痛む、副鼻腔炎、耳の奥が痛い 口 唇 舌:舌苔が厚い、口が苦い、左の扁桃腺の周辺の熱感と痛み 腹部:胃は丈夫な方ではない、油物、冷たい物を摂るともたれたり、痛む、時々胃の辺りが重く感じる 大便 小便 陰部:軟便、抗生物質を飲むと必ずカンジタ膣炎になる 頚部 背 手腕肩:首筋、背中、肩の凝りと痛み、右腕の肘から手首にかけて痛み 腰 膝 下肢:左の腰が強張った感じ、ずっと仰向け寝はつらい、足が冷える(冬)、足がだるい 皮膚 頭皮 毛髪:顔のしみ、顔面のみ脂性(手足は乾燥)、小鼻、あごに小さなにきび          頭皮が痒い、若白髪(20代の頃から) 婦人:月経量が少ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 左耳の奥が詰まったような感じと鈍痛 脾気虚弱だと清気が上らず、耳に湿濁が停滞しやすくなり、耳脉が阻塞します。 > 左耳下の首の付け根と左の首筋、頚椎の付け根、両肩、背中の凝りと痛み 気の阻塞です。 > 眠りが浅く、夢が多く夜中に何度も目が覚めて熟睡できず > 月経量が少ない 脾気虚弱から心血や肝血が不足し、心神が不安定になり、月経量も少なくなります。 > 軟便、抗生物質を飲むと必ずカンジタ膣炎になる 湿濁が停滞しやすいので、それが形になると軟便やおりものになります。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 唾液過多/四肢無力

男  61歳 もっとも治して欲しいこと : 緊張しやすい性格。  胃腸が機能して、食事が取れるようになり、体力が戻って歩けるようになりたい。  神経過敏や唾液過多なども治るといいのですが。 経過「5月末に腰痛でスポーツクリニックに行き、結果激痛に。 6月初旬に痛みを取る為に針灸院に行き、神経過敏(音、臭い、味)に。血圧がこの頃より高めに。 6月中旬に甲状腺の細胞検の刺激で血圧が200を越え、下がらないので入院。 降圧剤の点滴、飲み薬、パッチで低血圧、起立性低血圧に。1週間後よりふらつき始まる。 6月末より薬をやめて、1ヵ月後、血圧は落ち着いてくる。フラツキは治らないまま。 家では下は80台、上は130台だが、病院などに行くと、緊張して上160台、下100台になる。 7月8月と寝ている事が多くなったので、食事が進まず、食べても戻ってくるので16キロ体重が減る。 寝ている為、頭痛、腹痛、腰痛、手足のしびれ、あちこち痛い。 いつも口の中が気持ちが悪く、泡でいっぱいです。 もう少し食べて、起きて動きましょう、と言われますが、これがなかなか困難です。 この3ヶ月であっという間にここまで衰弱してしまいました。 全身:だるい 気がふさぐ 健忘症 さむけ 熱しやすく冷えやすい 不眠 眠ってばかり 顔面:普通 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目がまぶしい 目が痛い 鼻づまり 耳鳴り  口 唇 舌:歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 唾液が多い 口が乾く 喉 気管:喉が詰まった感じ 喉が痛い 呼吸困難 切れやすい痰が出る 胸 脇:動悸がする 胸苦しい 脇が痛い 胸やけがする 吐き気がある ただの水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い  大便 小便 陰部:便秘 下痢(下剤服用時) 頻尿 小便の出が悪い 切れが悪い        頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 膝が痛い しびれる 足が冷える かかとが痛い        足がだるい 無力で歩けない 足の裏がほてる むくみ 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい フケ性 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 食事が進まず、食べても戻ってくる > いつも口の中が気持ちが悪く、泡でいっぱいです。 > 切れやすい痰が出る > 吐き気がある ただの水が上がる これは「緊張しやすい性格」とは無関係で、明らかに脾胃の機能失調です。 すなわち脾胃気虚のため津液が全身に輸布されなくなり、 痰や唾液があふれ、水が上がったり吐き気になったりします。 これを「脾虚不斂」といいます。 「緊張しやすい性格」はその結果の産物で、原因ではありません。 > 手指がしびれる > 四肢に力が入らず、ますます歩けなくなり 生じた痰飲が四肢の経絡に迷い込むと、しびれや無力を起こします。 > フラツキは治らない ふらつきは気虚のためです。 > この3ヶ月であっという間にここまで衰弱してしまいました。 一種の虚労です。 ここまで虚脱するのを止めることが出来なかったのは治療の拙さです。 おすすめの漢方処方 (1) 六君子湯(りっくんしとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次