メール相談例 67'
以下の例はすべて 脾胃気虚 (脾胃の消化機能の衰えそのもの)
         脾虚気陥 (脾の消化機能の衰えが進むと清陽が下陥する) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 微熱/頭痛
2. 瞼がむくむ
3. 目の下がむくむ
4. 不妊症 1,2
5. 卵巣嚢腫/再生不良性貧血
6. 肥満/手足冷/口内炎
7. 手足汗
8. 便秘と下痢を繰り返す
9. 血痰
10. 慢性下痢
11. 疲れやすい/軟便/腰痛
12. 脳脊髄液減少症?


★ 微熱/頭痛

女  24歳 もっとも治して欲しいこと : 微熱、頭痛、軽いめまい、生理痛 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  微熱  午後から熱が高くなる 顔面 : 白い  めまい  頭痛  頭が重い 胸 脇 : 軽い動悸がする  たまに吐き気がある 大便 小便 陰部 : 生理前に下痢 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >微熱  午後から熱が高くなる こういう午後から微熱が出るようなのを「午后潮熱」といいます。 >軽い動悸がする  たまに吐き気がある >生理前に下痢 これは脾胃のある中焦が虚して「運化無力」になっているからです。(中気不足) なぜ微熱が出るかというと脾胃の気虚のために気の昇降機能がスムーズに行かないからです。 >めまい  頭痛  頭が重い 本来なら「清陽は昇り、濁陰は降る」のが正常なのに、「清陽不升」なのでスッキリ しておらなければならない筈の頭が重く、「濁陰不降」の状態になっています。 これを「清竅不利」といいます。 上下に昇降できない胃気は胸中の内熱となり、午後に熏蒸して微熱を発します。 おすすめの漢方処方 (1)補中益気湯(ほちゅうえっきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 瞼がむくむ

女  36歳 もっとも治して欲しいこと : お友達と2,3時間お話ししていると目の周りがむくんで きます。 生理の後は尿がでにくく肌につやがありません。 全身 : 汗をかきにくい  寝汗をかく(生理前) 顔面 : 普通  瞼がむくむ  目が痒い  鼻水  耳から汁がでる     (たまに、耳がふさがった感じになる) 口 唇 舌 : 口が乾く 喉 気管 : 切れにくい痰がある 胸 脇 : 動悸がする 大便 小便 陰部 : 便秘 出が悪い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) 婦人 : 血の塊が混じる  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >目の周りがむくんできます。 >生理の後は尿がでにくく肌につやがありません。 >動悸がする >便秘 >足が冷える 漢方医学の「五輪学説」によれば瞼の上下は脾胃に所属します。 上記の症状および体格から考えて脾胃の気虚が存在すると思われます。 脾胃気虚(中気不足)があると水湿の運化が滞り、胞瞼に浮腫が現われます。 >目が痒い これはというもので、脾虚だと容易に風邪が侵入して目痒を呈します。 おすすめの漢方処方 (1) 神効黄耆湯(しんこうおうぎとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 助陽活血湯(じょようかっけつとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 目の下がむくむ

男  37歳 もっとも治して欲しいこと : 30歳を過ぎた頃から目の下が隈ができたような感じで、 むくむようになり、気になって仕方ありません。むくみをなくしたい。 全身 : だるい  怒りっぽい  汗っかき 顔面 : 白い  普通  目の下がむくむ  眼の下が細かく震える 胸 脇 : 胸(脇)が痛い  朝吐き気を催す 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  ひじの痛み −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >目の下がむくむ 漢方医学の「五輪学説」によれば瞼の上下は脾胃に所属します。 この部分が浮腫むのは脾胃が弱っていて水分代謝を充分に行えないからです。 >朝吐き気を催す >だるい  汗っかき 朝のはき気は前の晩の不摂生が原因です。 過食や消化の悪いものを食べた結果、脾胃に負担をかけたからです。(中焦陽虚) 脾胃の陽気が不足すると「寒湿不化」といって、生冷の食べ物は消化されません。 だるいのは当然ですし、汗っかきなのも「気虚多汗」といい、脾胃気虚の結果です。 >眼の下が細かく震える 胞瞼の周囲を脾胃が制約する力を失うと容易に「外風」が侵入してきて ピクピクと眼皮が振跳するようになります。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 不妊症 1

女  34歳 病名と経過 : 3年前に男児を出産後、甲状腺機能低下症と言われ、薬を飲み続けたが、 2ヵ月前に東洋医学の先生に桂枝ぶくりょう丸を薦められ今も飲んでいます。 2人目も欲しいと思ってますができません。 2ヵ月程前に、右の背中が痛むので検査をしたところ、肝臓に1.5cmくらいの血の塊があり、 さらに子宮がいくらか大きくなっているので内膜症の疑いがあると言われた。 痔(出産後から治りません。) 首、肩が凝る 背中が痛い 肘が痛い 手指がしびれる 足が冷える 月経量少ない 不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  不妊症は次の様に分類されます。 1. 腎虚不孕 2. 気血不足不孕 3. 陰虚血熱不孕 4. 肝鬱気滞不孕 5. 痰湿鬱阻不孕 6. 血[病 >甲状腺機能低下症 >足が冷える >月経量少ない あなたの訴えをみますといかにも「気血の虚」が予想されます。 従って 2.気血不足不孕 がもっとも可能性が高そうです。 2. は脾胃兩虚により衝脉・任脉の気血が虧損したためです。 受胎の為には衝脉・任脉の気血が充分でなければ妊娠することは出来ません。 衝脈は血を化して月経の源泉となり、任脈は子宮を主るので妊娠と深く関わっています。 この両脈に必要な「気血」は脾胃の造血機能によって作られています。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 疎麟珠(そりんじゅ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)


★ 不妊症 2

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目:不妊症 病院では、排卵が順調にされていないと言われています。夫の精子には問題はないそうです。 二番目:足の裏の汗 最近足の裏にものすごく汗をかくので靴の中がすぐに汚くなり、サンダル以外の靴をはくとむれます。 全身 : さむけ  汗をかきにくい  眠ってばかり 顔面 : 普通 口 唇 舌 : 口内炎がでる(数ヶ月に1回ずつ) 口が乾く   腹部 : 胃がもたれる  食欲はよい 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす  頻尿(だと思います) 頸部 背 手腕肩 : 肩が凝る  指の関節の炎症、痛み 腰 膝 下肢 : 膝が痛い  膝が腫れる脚が痛い  足が冷える  足の裏の汗 皮膚 頭皮 毛髪 : 若白髪 婦人 : 月経が決まった日に来ない  月経痛がある(1、2日目だけ)  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >最近足の裏にものすごく汗をかくので靴の中がすぐに汚くなり、 >汗をかきにくい  眠ってばかり >足が冷える 体躯には汗をかかず、足も冷えるのに足の裏だけがひどく汗ばむのは矛盾しているようで すが何故でしょうか? 変ですね。 漢方では「脾は四肢を主る,手足は諸陽の本なり」といって、脾胃の働きが正常だと四肢は 温かく、汗ばむこともありません。 それが反対に冷えて汗ばむのは「脾胃気虚」の現われです。 >胃がもたれる >便秘と下痢をくりかえす これもそれを証明するものです。 >口内炎がでる 気虚が長引くと熱が生じてきます。(気虚夾熱) それで繰り返してアフター性口内炎になるのでしょう。 気虚には中気を温養しながら“除熱”しなければなりません。 排卵が順調でないのも脾胃気虚が原因ですから、まず基本的なことから改善されれば如何ですか。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 卵巣嚢腫/再生不良性貧血

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 再生不良性貧血と卵巣のう腫 全身 : だるい 顔面 : めまい 頭痛 目がかわく アレルギー性鼻炎 喉 : 咳が出る 腹部 : 腹がはる 腰 : 腰がいたい むくみがある 足がだるい 皮膚 : にきび 婦人 : 月経量が少ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >再生不良性貧血 >めまい >むくみがある 足がだるい >月経量が少ない これは「気血両虚」の証で、原因は消化機能である脾胃の虚です。 「脾胃は後天の本」と言い、体格や気血の量を決定する決め手になります。(気血生化の源) 漢方では卵巣嚢腫を「腸覃」といい、痰湿[病<徴][病<瑕]に分類し、大抵は水(痰湿)が 溜まるものです。 一方で「脾は生痰の源」といい、痰湿を生ずるのは「脾気虚」が原因です。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肥満/手足冷/口内炎

女  30歳 もっとも治して欲しいこと : 1.肥満です。  以前から手足は冷たく、最近は足がよくしびれるようになりました。  以前から口内炎はよくできていましたが、最近は多発しています。  5月に入ろうとしているのに未だに少し寒いと感じる。 2.以前から手足の汗はすごいです。 ペンを握って仕事をしてるとすぐに汗で握れなくなります。 全身 : 健忘症 さむけ  汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 白い  目がかすむ  目が痛い  耳から汁がでる 口 唇 舌 : アフター性口内炎がでる  唾液が多い  口が乾く 胸 脇 : 動悸がする  吐き気がある 腹部 : 食欲が無い  食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : しびれる  足が冷える 婦人 : 月経量が多過ぎる  月経痛がある  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >以前から手足は冷たく、 >5月に入ろうとしているのに未だに少し寒いと感じる。 >手足の汗はすごいです。 「脾は四肢を主る」といい、手足が温かくあまり汗ばまないのが健康な脾胃です。 手足が冷えるのに何故汗ばむのかというと、ダイエットなどで脾胃の陽気を損ねると 「津液旁注」とう現象で筋肉運動以外の発汗が起こります。 >食欲が無い  食べてもすぐ腹が減る 一見食欲があるように見えても実は脾胃の消化機能は弱っているのです。 >以前から口内炎はよくできていましたが、最近は多発しています。 脾胃気虚になると疲れ易くなり、陰火(虚火)を内生しやすくなります。 そのために繰り返し口瘡を発生します。 ぶよぶよの肥満はだめですが、しっかり締まった肉体になれば同じ体重でも体型は全然 違ってきますよ。 おすすめの漢方処方 (1) 黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 手足汗

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 暑がりで汗っかき、手のひら、足の裏、腋の下に異常なほど汗をかく。 リラックスしている時や意識していない時は汗をかいていない。 電車やバスで少しでも暑いと思うと汗をかいてしまい、人に見られてると思うと余計に汗が出る。 気にしすぎると時々、息苦しくなって、どうやって息をして良いかわからなくなる時がある。 その他、温かいものを食べたりするとすぐ暑くなって顔から汗がすごく出たり 会社にいても家にいる時よりリラックスはしてないので、やはりかなり汗ばむ。 手足はほとんど汗をかきっぱなしで気持ち悪い。 気がふさぐ  健忘症  怒りっぽい  汗っかき 顔面白い  眼の下のクマ  頭痛  鼻づまり  鼻水  耳から汁がでる 唇の色が紫色  口が苦い(たまに) 口が臭い 呼吸困難(ほんとのたまに) 動悸がする(たまに)  胸やけがする  胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る 下痢  尿が濁る(たまに) 陰部が痒い(特に生理中) 腰が痛い  腰が冷える  足が冷える  むくみがある  足がだるい じんましん  ケロイド体質 月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胸やけがする  胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る >下痢 これは「脾胃気虚」です。 >腰が冷える  足が冷える  むくみがある  足がだるい >顔面白い  眼の下のクマ 「脾は四肢をつかさどる」「手足は諸陽の本」といいますから、 これは脾胃の陽気が足りないことを意味しています。 >息苦しくなって、どうやって息をして良いかわからなくなる時がある。 >月経量が少い  月経が遅れる  月経痛がある  おりもの 気血が不足するので冷えてこのようになります。 >手のひら、足の裏、腋の下に異常なほど汗をかく。 脾胃が健康だと手足が温かく、あまり汗ばまないものです。 手足が冷えるのに何故汗ばむのかというと、陽気が不足で筋肉運動以外の発汗、 すなわち「津液旁注」とう現象が起こります。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 便秘と下痢を繰り返す

女  30歳 もっとも治して欲しいこと : 便秘と下痢を繰り返す 尿の回数が少ないこと 胸 脇 : 動悸がする 腹部 : 脇腹が痛い、腹の張り、腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢を繰り返す 尿の回数が少ない 下肢 : 足が冷える 婦人 : 生理の量が少ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理の量が少ない >便秘と下痢を繰り返す >脇腹が痛い、腹の張り、腸が鳴る 「脾胃は後天の本、水湿の運化を主る」といい、脾胃が虚弱だと水湿がだぶついて下痢になります。 また腸の蠕動運動が緩いので便秘にもなります。 同じく「脾胃は気血生化の源」でもあるので、これが怠慢であると月経血が少なくなります。 >尿の回数が少ない 水分が下痢便のほうへ回るとこうなります。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 血痰

女  68歳 もっとも治して欲しいこと : 非定型抗酸菌症を完治させたい。 体の免疫力が高まるように体質の改善をしたい。 胃腸が弱く、肩こりがひどいのを改善したい。 昨年、血痰が出て、11月より微熱が続く。体力が弱まるとこの症状が出る。 全身 : 微熱  不眠 顔面 : 白い  めまい  頭痛  目がまぶしい  耳鳴り 口 唇 舌 : 舌苔が厚い  口が苦い  口が乾くが飲みたくない 喉 気管 : 咳が出る  切れにくい痰 腹部 : 脇腹が痛い  食欲が無い 大便 小便 陰部 : 咳をすると尿が漏れる  小便の出が悪い 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) 抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >非定型抗酸菌症を完治させたい。体の免疫力が高まるように体質の改善をしたい。 >血痰が出て、11月より微熱が続く。 >咳が出る  切れにくい痰 「肺気虚」の状態です。 免疫力を発揮できない原因は何でしょうか。 >胃腸が弱く、 >食欲が無い 脾は胃と並んで消化機能の中心をなしますが、同時に出血と深い関係があります。 漢方では血を統括し血管から漏れないようにする働きを「摂血作用」といい、 それは「脾」の働きに依存するものと考えています。 「脾気虚」になると統血ができず妄行し出血するのです。 すなわち脾と肺の双方の気が虚しています。 おすすめの漢方処方 (1) 帰脾湯(きひとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 慢性下痢

男  37歳  体重:40kg もっとも治して欲しいこと : 5年前頃から体が温まったり温かいものを食べたり飲ん だりした時に腸が鳴り出し下痢をしてしまう。 1日にコップ2杯以上水分を取ると下痢をしてしまうので水分を多く取れるようにして欲しい。 筋肉の病気のためお灸(イトオテルミー)をやっているために体が熱くなりすぎたので冷やして欲しい。 全身 : 不眠 顔面 : 白い なみだ目 鼻水 口唇舌 : 唾液が多い 口が渇く 腹部 : 腹が張る(冷やした時) 腸が鳴る 大便小便陰部 : 下痢 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >体重:40kg >腸が鳴り出し下痢をしてしまう 「久瀉無火」(慢性の下痢は冷えて陽気が不足しているから)といいます。 なかでも「脾の陽気が虚す」と腹滿、腸鳴、餐泄(食事の直ぐ後で下痢する)になります。 こういう下痢は「鴨の糞」のように水様で不消化な便です。 普通は生冷のものを食べるとなりやすいものですが、温かいものを食べてもなるとい うのは余程陽気が不足しているのでしょう。 >不眠 脾気が足りないと気血ともに供給されなくなり「心脾兩虚」にもなります。 心気が足りないと「心神不安」となり不眠になります。 >唾液が多い 「脾は“摂納”をつかさどり唾液が必要以上に多くならないように抑えている」のですが 脾気虚になるとこの抑制がなくなり多唾となります。 多唾は「水邪上泛」であり“気化運行”がうまくいっていない証拠です。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 疲れやすい/軟便/腰痛

男  40歳 もっとも治して欲しいこと : 全身がいつもだるく、疲労がとれない。 朝が起きられない。腰痛。おならが多くてとまらない。 臭気がつよい、柔便が続く。便に熱感がある。 昨年海外旅行で下痢して抗生物質を飲んでから腸の具合がずっと悪い お酒を飲むと悪化する。食事をとると膨満感がある。食欲不振。 油っぽいものを食べるとだるくなったり、嘔吐しやすい(マーガリン、ラードがだめ) 日頃から全身がだるくなりやすい。治ってもまたなる。 時々激しい偏頭痛に襲われる。腰が何もしなくても痛い。 昨年左の股関節が引きつって痛み整体してもらったがまだよくない。 10代の頃、膵臓の調子が悪く、食後ねむくなって動けなくて何年も病んだ。 最近の健康診断で白血球が少なめとかで再検査になった 痩せ型で食べても太れない、スタミナが無い 休みが少なく、かなりストレスフルな職場に居るため、憂鬱なことが多い。 全身 : だるい(午前中が特に)食べると眠くなったりだるくなったりする 顔面 : 普通。時々激しい偏頭痛。目の充血。目が疲れやすい。鼻水が出やすい。  喉 気管 : ときどき痰が出る 腹部 : 腹がやや張る、食欲が無い時が多い。ガスが溜まる、胃が膨まん感がある。 大便 小便 陰部 : 柔便(どろどろ)で出た後ぐったりする。 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い(胃の裏あたり)のでいつも背を曲げている。 腰 膝 下肢 : 腰が痛い、腰がだるい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >食べると眠くなったりだるくなったりする これを“穀労”または“飯酔”といい、《諸病源候論》という書物には 「脾胃が虚弱で食べ物を消化できなくて胃腑・脾臓の気が痞塞するので食後すぐ 横になりたがり、体が重くて嗜眠となる。」と書かれています。 本来、脾の陽気が十分にあれば運化を促して、そこから得られた「清陽」が頭へ上り、 爽明な「神気」が湧いてくるのが正常です。 >お酒を飲むと悪化する。食事をとると膨満感がある。食欲不振。 >油っぽいものを食べるとだるくなったり、嘔吐しやすい >痩せ型で食べても太れない、スタミナが無い >柔便(どろどろ)で出た後ぐったりする。 >背中が痛い(胃の裏あたり)のでいつも背を曲げている。 >全身がいつもだるく、疲労がとれない。 >腰が何もしなくても痛い。 >時々激しい偏頭痛に襲われる。 脾胃の陽気が不足すると飲食物がこなれずに停滞し、寒湿・痰飲などが生成し、 それがあちこちの経絡の気の流れを阻止するので腰痛や背痛や偏頭痛となるのです。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 脳脊髄液減少症?

女  39歳 もっとも治して欲しいこと : (1) 7年前の出産(初産)から徐々に出現した様々な痛み (頭痛・腰痛・背痛・頚部痛・四肢痛・右半身痛)倦怠感(特に台風・低気圧・風の強い日に症状悪化・ 生理周期にも影響を受ける) 痛む箇所・度合いは日々によって違う。 (2) 微熱・手足の異常な汗(体全身に熱がでることもあるが、常に頭・首が熱い) (幼い頃より手足に汗をかきやすいが、症状が悪化すると夏でも手足が冷たく汗がすごい)  全身:だるい 怒りっぽい(生理前) さむけ(悪化時) 微熱 汗っかき 寝汗をかく(悪化時)    不眠(悪化時) 眠ってばかり 顔面:白い 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目が痛い 耳鳴り 耳が痛い 口 唇 舌:舌苔が厚い 口が臭い 唾液が多い 喉 気管: 切れにくい痰がある 胸 脇:脇が痛い 脇が詰まった感じ 吐き気がある(悪化時頭痛と一緒に) 酸っぱい水が上がる 腹部:脇腹が痛い 腹が張る 腸が鳴る(おならが溜まる?) 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:便秘と下痢をくりかえす 頻尿(悪化時) 尿が濁る 陰部が痒い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 肘の痛み 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 膝が痛い しびれる 足が冷える こぶらがえり        かかとが痛い 足がだるい 無力で歩けない(悪化時) 皮膚 頭皮 毛髪:斑点(しみ) さめ肌 にきび 婦人:月経量が少い 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 出産(初産)から徐々に出現した様々な痛み(頭痛・腰痛・背痛・頚部痛・四肢痛・右半身痛)倦怠感 > 特に台風・低気圧・風の強い日に症状悪化 > 症状が悪化すると、不眠・どうしようもない痛み・倦怠感におそわれる。 > 微熱・手足の異常な汗 > 舌苔が厚い 切れにくい痰がある 吐き気がある 酸っぱい水が上がる 出産の時に相当ひどい気力の損失があったのではありませんか? 今は中気不足のみならず水湿痰濁も発生し難症になっています。 > 脳脊髄減少症の診断で現在も通院中 このように診断されるのも尤だと思われますが脳脊髄液が漏れ出している訳ではないでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次